三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:M1-sPLUS

ついに出ました、高級機B+COM SB6X!

持ち主はこの方、ヤマハのスクーターとカワサキニンジャ400の2台持ち、会社の同僚のお金持ちさんです。
P5060416

4台4機種揃ったところで色々試してみました。
P5060414

まずは3台を接続します。B+COM SB6X=M1-S PLUS=M1-S PROと、M1-S PLUSをブリッジにしました。そして、ブリッジ機をここにおいて二人そろって会話しながら歩きます。ヘルメットを被り、歩きながらしゃべる二人はちょっと気持ち悪いかな?でも下の写真のような「さらし首」よりましですよね。
P5060415

直線で207m離れたところでノイズが酷くなり、デジタル崩れ(ぴぼがもぶうでまぽぴ、と聞こえる)を起こして何を言っているのかわからなくなりました。2台ともほぼ同時でした。

さらに離れて370mまで離れましたが「ぱぶもねきがらむ」などと言うノイズは聞こえ続け、一応はつながっているようです。そこで建物の陰に入りました。さすがに接続は切断されました。

今度はブリッジ機に向かって近ずいていきます。私の被るM1-S PROは直線路に入るとすぐに接続を回復し、デジタルノイズが聞こえてきました。しかし、B+COMはつながらないままでした。さらに近ずいてもB+COMは再接続せず、207m地点で再接続操作をしてもらいました。しかし、それでも接続には至りませんでした。
「他のインカムとつなげるのは初めて。」
という方ですので操作に間違いがあった可能性は否定できませんが、少なくとも自動での再接続はできないという結論を得ました。

次は私のマイクの位置を検討しました。あまりクリアではなく、こもった音になっていて聴き取りづらいという事なのです。

マイクは口元へセットすると音割れが発生してしまうのでこめかみ辺りに移動したのですが、色々と試すとやはりもう少し口に近づけた方が良いことが判明しました。場所を変え声を出して試してみましたが、最良の位置を特定するには至らず今後の検討とすることにしました。ヘルメットをとっかえひっかえして聞いてみましたが、M1-S PLUSの音はM1-S PROで聴いた方が、B+COMで聴くよりクリアに聞けるという事が分かりました。B+COMは独自のB+LINKで使うことを前提としているのでしょうか、他社機との接続では十分な性能を発揮できないようです。逆にB+COMの音声はM1-S PLUSではクリアに聴くことができました。

今日はこうしてインカムで色々と試させていただきましたが、まだまだ研究する必要性を感じる結果となりました。







にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

先日のツーリングではM1-S PLUS、同PROを4台接続、概ね良好なおしゃべりを楽しめたのですが、問題点の一つとして音割れがありました。早い話が声が大きすぎてマイクの設計音圧を越える入力があるのです。しかし、小声で話すというのは案外難しく、風切音のする中ではどうしても大きい声を発してしまいがちです。また、非常、緊急の場合などつい声が大きくなるのもこれは仕方がないことです。

色々と現地でも工夫をしたのですが、どうしても音割れは最後までついて回りました。さて、どうした物かなあ。アッテネーターがあればいいのですが、適合するものが用意できるかどうか。それに防水、極小でヘルメットに仕込めるなど要求は厳しいものがあります。いっそ抵抗器を直列につないじゃう?

色々と考えていると、Nチェブさんから「こめかみの部分にマイクを設置したら、音割れはしなくなり、また十分声も聞こえました。」というメールをいただきました。そうか、その手があったか!

ツーリングはこの位置にマイクを設置してありました。音割れを指摘され、下の方へ移動したのですが改善はほとんどしなかったようです。唇を尖らせるとスポンジにかすかに触ります。
PB260057

そこで、ここに付けてみました。被ってみましたが、視界を遮ることはなく、まあかすかに存在を感じる程度の影はありますが、視覚的な違和感はありません。
PB260059

効果の懸賞をしましょう。もう一つのヘルメットとペアリングさせます。
PB260060


もう一つのヘルメットのスピーカー部にボイスレコーダーアプリを起動したスマホを置き、違う部屋から声をかけてみます。

まずはマイクを今までの位置に戻してしゃべります。
「これはマイク至近です。これはマイク至近です。これはマイク至近です。

次に、ヘルメット被って新たにセットした位置でしゃべりました。
「これは新たな設置です。これは新たな設置です。これは新たな設置です。

そして、録音を聴いてみました。マイク至近でも音割れしたのは声を大きくした時だけでした。乗車中、結構大きな声を出していたことにびっくりしました。そして新たな設置場所では音割れはしませんが、声を小さくすると聞き取りができませんでした。

さて、どっちがいいか?そりゃ、音割れしない方ですよね。それと不意な独り言が聞かれずに済むというメリットもありそうです。

ということで、マイクはこの位置にセットすることしました。せっかくマイク一直したんだから、早くツーリング行きたいなあ。Nチェブさん、いいアイデアをありがとうございました。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今日は晩秋の茨城かんせん(感染、幹線)を避けたツーリングを決行しました。当初の計画では大洗のかあちゃん食堂で昼食の予定でしたが、混雑が予想されたのでシーサイドステーションに計画変更、さらに本日11時になって大洗方面への渋滞から、現地の人出に感染の危険を感じ取り急遽人のこなさそうな場所へで昼食にしたという三段逆スライド方式といたしました。まあその話は写真の整理がつかないので明後日に書き込むとして、今日はタイトルの通りFODSPORTS M1-S PLUSを3台とM1-S PRO1台の計4台をつないで走った感想と今後に向けての対策についてまとめてみました。正直、まだ使いこなせておりませんので、色々なご提言、ご助言をいただけると大変ありがたいです。
PB220010 (640x360)

1 まずは順番にペアリング

走行フォーメーション順にペアリングしていくのが順当ですから、先頭から順番に接続しました。前3台がPLUS、一番後ろがPROといたしました。

◯1番機のインカムボタン、2番機のファンクションボタンでペアリング
◯2番機のインカムボタンで切断
◯2番機のインカムボタン、3番機のファンクションボタンでペアリング
◯3番機のインカムボタンで切断
◯3番機のインカムボタン、4番機(PRO)のファンクションボタンでペアリング
◯4番機のインカムボタンで切断
◯2番機のインカムボタンで順次接続、やがて全機接続。

2 高速道路走行

4番機の声に割れが発生、聴き取り困難でしたが、マイクと口の距離を十分に開けると非常にクリアな音質で聴くことができるようになりました。

そのうちに2番機の声が割れるようになりました。速度をあげると風切音が大きくなり、声を大きくしてしまいがちなためのようです。

3道の駅で電源を切り、再接続

説明書では、「接続されているスマホ全ての電源を落とす」ことを手順1としていますが、正直面倒なのでそのままやってみました。見事に失敗、メモリー接続機能はやはり機能しませんでした。そこでまた一から接続しました。1番機から順に接続しました。休憩の度に繰り返すことになりましたが、なぜか前2機、後ろ2機と別れてしまうこともあり、2、3番機のインカムボタンを押したり、1番機、4番機で切断してから2番機のインカムボタンで全機接続を試みたりしてみましたが、結局最初からやり直すことが最も早い解決方法だったようです。

4 一般道路走行

郊外がほとんどですが市街地も一部走行しました。やはり人のいる所ではブルートゥースと同じ周波数帯の通信機器があるせいでしょう、ノイズが混じることがありますが、V4などのような頭痛を引き起こすような強烈なキーン音ではなく、デジタル系のノイズがかすかに聞こえる程度でした。音質的にはほぼ良好な状態ですが、フルフェイスメットを被る私の声が割れがちだそうで、心して小さめの声で話すなどの対応をしました。

5 LINEぶら下がり

ラインのグループ通話を利用してもやってみましたが、音質的にもやや劣る程度で4G回線が使える環境ではこれはこれでよいと感じました。距離がどれだけ離れても通信できるので、自宅を出た時からリアルタイムでお互いの位置を知ることもできて面白く使えました。また、ギガの消費もわずかな物でした。

6 その他

マイクの感度がかなり良く、小声でも十分拾ってくれる上にノイズキャンセル能力がかなり高くて風切音や排気音は音声信号にほぼ乗ってこない感じでした。問題は音声が割れてしまうことで、声の過大入力に対する対策がほぼないように思われます。対策として、口元ではない所へマイクを持ってくる方法が手っ取り早くて良さそうです。オープンフェースだとマイクブームを短めに出して頬の辺りにすると良いかもしれません。フルフェイスだとこれもマイクの貼り付け位置を口から遠い所にすることを検討しています。

また、通信距離ですが、マピオンの距離測をしようして音がぎりぎり拾えるところを計測したところ、直線距離でおよそ200mでした。4台接続だと最大600mとなりますが、各車がギリギリの所まで離れることは考えにくいのでこれは意味のない数字でしょう。

7 まとめ

M1-S PLUSは、私の使用した、あるいは接続した1万円程度以下の低価格帯製品の中では音質とノイズの少なさ、使い易さでは最上位の製品です。同PROの弱点だった、通信の自動再接続機能がない、接続が不安定になりがち、音量ボタンとファンクションボタンが近すぎて押し間違える、FMラジオがない、通信中にハングアップする、などが全て解決されています。ただ、使いこなしに癖もあり、音割れしやすいなどの点は変わっていませんでした。また、バッテリー残量のアナウンスを聞くのにマイナスボタンとファンクションボタン3秒押しなどはPROと比べると後退したといえるでしょう。

本日4名のマスツーリングを行なった感想として、このようにまだ万全ではない部分も残るし、また自動経路探索機能は持ち合わせてはいませんが、低価格帯においては現時点最上のインカムの一つとして紹介しても良いと思いました。また、価格差は800円程度なので、今あえてPROを買う意味は見出すことは私には出来ません。











にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

FODSPORTS M1-S PLUSついてですが、昨日のソロ篇に続き、今回はマスツーリング編を記述します。






0 充電
(前日までにやっておくと忘れなくてよいと思います。)

0-1 タイプCジャックへプラグを差し、充電する。
0-2 充電が完了したら、ヘルメットへ取り付け、ヘルメットスピーカー&マイクの端子をタイプCジャックへ差し込む。

PB130052


1 電源を入れる

1-1 ファンクションボタンとインカムボタンを同時長押しで電源を入れる
1-2 「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。 デバイスの接続に成功しました。」と音声ガイドが流れる。

2 ラインぶら下がりの準備(自宅を出る直前)

2-0 スマホにグループ通話の開始が通知されていたら、その通知をタップし、出てきた画面の「参加」をタップします。

もし、グループ通話の開始が通知されていない場合(自分が一番早かった場合)、以下の操作を行います。
2-1 スマホのラインアプリを起動する
2-2 トーク→三毛ジャガーツーリングクラブグループと選択する
2-3 いちばん上の電話の受話器のマークをタップする
2-4 音声通話、ビデオ通話、Liveと現れるので、一番左の「音声通話」をタップする

すると、全員に通知が行きます。そこへ以後の人は参加していきます。

2-5 参加者が出るとヘルメットスピーカー&マイクで通話ができます。

3 集合場所でインカム同士を接続する

ラインぶら下がりは携帯電話が圏外になると使えなくなるし、わずかとはいえギガを消費するのでインカム同士をブルートゥースで接続します。M1-S PROに比べると手順が圧倒的に少なくなっています。ペアリングしていない機の電源を落とさなくてもよいからです。

3-1 全機電源を入れます。(ライン通話ですでに入っているとは思いますが。)
3-2 1番機のインカムボタン長押し、2番機のファンクションボタン長押ししてペアリングします。
3-3 青い点滅の波長がそろったら、2番機のインカムボタンを押して接続を切断します。
3-4 2番機のインカムボタン、3番機のファンクションボタンを長押ししてペアリングします。
3-5 青い点滅の波長がそろったら、3番機のインカムボタンを押して接続を切断します。
3-6 3番機のインカムボタン、4番機のファンクションボタンを長押ししてペアリングします。
3-7 青い点滅の波長がそろったら、4番機のインカムボタンを押して接続を切断します。

3-8 どれかのインカムボタンを押すと、全機が接続します。

4 走行中、通話が途切れた場合の復旧

パターンが3つあって、そのどれかを見極める必要があります。

A 距離が離れすぎたり、障害物によって接続が切れた場合
4-A1 接近するまで待つ

B 機がハングアップした場合
4-B1 インカムボタンを押す 復旧すれば完了 もう一人との接続が切れたなら、もう一度インカムボタンを押す

 インカムボタンによる復旧が失敗した場合、再立ち上げが必要です。

4-B2 電源を落とす インカムボタン、ファンクションボタン長押し

4-B3 もう一度電源を入れる インカムボタン、ファンクションボタン長押しする。
「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。 デバイスの接続に成功しました。」と音声ガイドが流れる。

4-B4 インカムボタンを押して接続する

C 電話がかかってきて切れた場合

4C-1 電話がかかってくると自動でつながり、他機との接続が切れる
4C-2  電話通話が終了すると、自動で他機との接続が回復する

5 くしゃみ、咳、独り言などをしたいなどの時にはマイクミュート(マイクオフ)させることができます

5-1 プラスボタンを3秒長押し→マイクミュートになる
5-2 プラスボタンを3秒長押し→マイクミュート解除

******************************
マスツーリングは以上のような操作で走行中にコミュニケーションを楽しむことができます。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

インカム初心者がFODSPORTS M1-S PLUSを手にすると、どう使っていいのか面食らうかもしれませんね。そこで、初心者向けに使い方の解説をしてみることにしました。今日はソロで行動する時に使う機能を解説します。
PB130052

0 充電する

0-1 タイプCジャックへ充電用ケーブルを奥まで突っ込んで充電する。充電中はファンクションボタンが赤く光り、満充電すると消灯します。

0-2 ヘルメットのベースに取り付け、ヘルメットスピーカー&マイクのタイプCプラグを差し込みます。

1 電源を入れ、スマホ(携帯電話)と接続する

事前準備 インカムとスマホをペアリングします。一度ペアリングしてあれば次へ進めます。

1-1 インターコムボタンとファンクションボタンを同時に3秒長押しします。

1-2 スピーカーから「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。」とアナウンスが流れ、起動したことが確認できます。ヘルメットを被っていない時にはファンクションボタンが光ることで確認できます。

1-3 すぐさま「デバイスの接続に成功しました。」とアナウンスが流れます。つまり、電源を入れると自動でペアリングしていたスマホと接続するのです。

1-4 以後、スマホのスピーカーとマイクは使用不可となり、代わりにヘルメットに仕込んだスピーカーとマイクがその代わりをするようになっています。

2 乗車中に電話をかける

事前準備:出発前に、掛けたい電話番号に一旦電話をかけます。つながる必要はなく、相手が出る前に切っても大丈夫です。

2-1 ファンクションボタンをダブルクリックします。

2-2 自動でリダイヤル(最後にかけた電話番号へ電話する)機能が働き、電話をかけてくれます。

2-3 相手が出たら通話します。音量が小さい時にはプラスボタンを、大きすぎる時にはマイナスボタンを短く押して調整します。長く押すと違う機能が働いてしまいますので注意。

2-4 通話が終わったら、ファンクションボタンを短く1回押します。これで電話を切ることができます。

3 乗車中に電話に出る

3-1 電話がかかってきたら、しばらく待ちます。

3-2 インカムが自動で電話を取りますので、そのまま通話してください。

3-4 終了する時にはファンクションボタンを短く一回押します。相手が切っても大丈夫です。

4 ラジオを聴く

4-1 マイナスボタンを3秒長押しします。

4-2 「ラジオオン キュウゼロテンゴメガヘルツ」など周波数のアナウンスが流れ、ラジオを番組を聴取できるようになります。チューニングはプラス、あるいはマイナスのボタンをダブルクリックします。

4-3 ボリュームはプラス、マイナスボタンを短く押して調整します。

5 有線AUXを使う

事前準備 ナビゲーションシステムや音楽プレイヤー、電波探知機など音声をAUX端子へ出力する機器と、接続するケーブルを準備し、インカム本体下部の2.5㎜プラグへジャックを差し込みます。

5-1 つないだ機器から音声を流せばそのまま聞こえます。音量はつないだ機器の方で調節します。


より高度な使い方もあり、スマホを2台接続したり電話に出るのを手動にしたりすることもできますが、標準的な使い方に慣れて来てから挑戦した方が良いでしょう。やはりライディング中は運転に集中することが何より大切で、そこがおろそかになってはいけませんから。ライディングの支援機器でもあるので、うまく使いこなせると交通安全にもつながると思います。次回は他のインカムとの接続、切断と、ラインぶら下がり通話について記述します。





 にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ