三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:登山

2018年10月9日 2日目

4時、起床。食事を作りながら空を見ます。夜半にテントから出た時には満天の星空でしたが、もうガスが出ていて何も見えませんでした。

身支度を整えて、5時01分歩き出します。登山者の少ない山で、なおかつ平日とあれば誰にも会わない可能性もあるでしょう。そこで装備はそれなりの物を用意しました。アマチュア無線機と予備バッテリー2本、国土地理院地図とコンパス、ガーミンE-trexハンディGPSと予備バッテリー2回分、それにもちろんツェルトや非常食、ファーストエイドキットは大袋の方を。圏外がほとんどであるでしょうが、一応携帯電話も。

5時09分、将監峠到着。ここを左に行きます。まだ暗いのでヘッドランプはつけています。
イメージ 1

やがてほのかに明るくなり、山の神土に着くころにはヘッドランプは必要なくなってきました。計算通りです。ここから先は道がはっきりしない部分があるということなので、明るくなってから歩きたかったのです。

山の神土からは東仙波、白石山方面へ足を踏み入れます。笹が覆い茂り、夜露が脚を濡らします。合羽の下を着た方がいいか一瞬迷いましたが、蒸れて中から濡れても同じなのでこのまま突っ込むことにしました。
イメージ 2

思ったよりは踏みあとがはっきりしていて道に迷う心配は少ないのですが、笹の高さが膝上まであるところもありかなりズボンの裾を濡らしてしまいます。
イメージ 3

紅葉もきれいな所が散見されます。いい季節に来たのかもしれません。
イメージ 4


紅葉の向こうにピークが見えてきました。リンノ峰でしょう。イメージ 5

視界が開けました。リンノ峰で間違いなさそうですね。ここで、大きな人の声が聞こえました。
「寮母さーん」

ん、誰か俺を呼んだのかな?もしかして転倒事故か、また報告書書かなくちゃいけないのか。

「寮母さーん」

何回聴いてもそう聞こえてしまいます。職業病でしょうか。
イメージ 6

声はリンノ峰の方から聞こえてきます。そちらへ向かうので、声の主と遭遇することができるでしょう。しかし、すぐに見えるリンノ峰ですが、胸まである濡れた笹に行動速度を遅くさせられてしまいます。そして脛を何かにヒット!痛ってー!
イメージ 7

5時55分、とっくに日の出時刻は過ぎていますが、厚い雲にさえぎられていて太陽が顔を出してくれません。このあたりでようやく、「寮母さーん」が実は「ダイゴさーん」であることが判明。遭難者の捜索でしょう。またですか、昨年来た時にも同じようなものに遭遇しましたね。
イメージ 8

リンノ峰を西側に巻きます。振り返ると太陽が上がってきました。
イメージ 9

ここで声の主、埼玉県警山岳救助隊の2名と遭遇しました。
「遭難者捜索ですか?」
「そうです。醍醐さんという方です。何か情報はお持ちでしょうか?」
「いえ、初めて聞きました。」
「今日はどちらからですか?」
「昨日将監小屋で宿泊し、今日は和名倉山を往復します。」
「あ、テントの方ですね。」
「もし、この先で遭難者と遭遇したら保護して連絡いたします。携帯は圏外でしょうから、アマチュア無線で呼び出しますが、周波数は何を使えばいいですか?」
「我々は業務無線しか持っていないのです。ところどころ携帯は使えるところがあるようですから、そこで連絡するか、アマチュア無線でつながる方と連携して連絡をしてください。110番通報でお願いします。」
「山梨県警ですか?」
「いえ、我々は埼玉県警ですが、山梨県警も合同捜索に加わるのでどちらでも大丈夫です。」

※帰宅後、ネットで調べると醍醐さんという方は和名倉山から山の神土へ向かう途中、神土付近で道に迷って救助要請をしたということでした。無事保護されたそうです。

紅葉を楽しみながらも、山の仲間がどこかで救助を待っていると思いながら、がけ下などを覗きながら歩きました。
イメージ 10

まるでトトロに会いに行く道のように、腰をかがめながら出なければ歩けない藪のトンネルを行きます。
イメージ 11

ここを上がると西仙波です。
イメージ 12

うん、絶景。富士も見えました。
イメージ 13

そして今まで歩いてきた道と、右は唐松尾山です。
イメージ 14

6時52分、東仙波通過。行動開始2時間になる所ですが、マラソンのトレーニングも兼ねているので休憩はしないのです。水はハイドレーションで適宜補給しています。
イメージ 15

踏みあともしっかりしていて、思った以上に登山者がいることを思わせます。
イメージ 16

吹上ノ頭の先が八百平、その向こうが目指す和名倉山です。まだまだあるなあ。
イメージ 17

日が昇ってくるとガスは急速になりを潜め、視界が開けてきました。
イメージ 18

奥に行けば行くほど紅葉も濃くなってくるようです。
イメージ 19

アップダウンが連続しますが、傾斜が緩やかなので苦痛な感じは全くありません。問題は倒木です。あちらこちらに倒木があり、正規ルートを塞いでいます。迂回するにはやぶ漕ぎが必要です
イメージ 20

イメージ 21

ルートが不鮮明な部分もところどころにあります。ワイヤーが延々と打ち捨てられていて、目安にはなりますが正規ルートではない所にある場合もあるのでこれを頼りにしてはいけません。この辺りでヘリが飛ぶ音が聞こえました。捜索なのか、あるいは遭難者が見つかったので回収しているのか。
イメージ 22

広い所へ出ました。さて、コースはどこでしょう。赤テープや踏みあとを探しますが、見当たりません。正解はここを左に曲がるでした。左に曲がると踏みあとに出ます。一事が万事そんな感じでなかなか思うように距離を稼げません。
イメージ 30

8時01分、川又分岐通過。分岐とあり、左に踏み跡がありますが国土地理院地図にも昭文社の山と高原地図にもルートの記載はありません。
イメージ 23

緩やかに登っていきます。この辺りを右に行けば水場とありますが、正直よくわかりませんでした。最初から行くつもりもなかったというのもありますが。
イメージ 24

8時14分、二瀬分岐です。秩父湖へつながる二瀬尾根からの道とここでぶつかります。どちらから来ても和名倉山山頂方面にはここから向かいます。
イメージ 25

踏みあとはこの辺りもしっかりしています。
イメージ 26

ホタルブクロでしょうか?
イメージ 27

さあ、もうちょっとですよ。
イメージ 28

8時30分、和名倉山登頂しました。思えば、この山を知ってから35年と半年かかっての登頂となりました。知ってはいましたが、眺望は全くなくうっそうと茂った樹林に囲まれた非常に静かな山頂でした。ここでお昼ご飯を食べます。いや、ちょっと早すぎるか?ま、いっか。
イメージ 29

9時06分、名残惜しいのですが山頂を後にしました。もう来ることが無いかもしれない山ですからね。

9時20分、二瀬分岐、9時27分、川又分岐通過。

下山途中、2名の単独行とすれ違いました。一人目はこの方、登頂後に二瀬尾根を秩父まで下るのだとか。やりますね。
イメージ 31

またガスが上がってきました。山の景色は本当に一期一会であることを強く感じます。
イメージ 32

帰り道の方が余裕があるのか、紅葉を眺めることが多いように感じます。しかし油断は禁物、下りで道迷いが昨日発生しているのですから。
イメージ 33

10時27分、東仙波でちょっと休憩します。
イメージ 42

これが結構おいしかったですよ。
イメージ 43

10分休憩し、再び歩きだします。
イメージ 44


この辺りは笹が深かったですね。今は乾いていますが、朝に通過した時にはびっしょり露が付いていました。
イメージ 34

11時40分、山の神土、11時54分、将監峠通過。そして11時59分、テントに到着しました。
イメージ 35

シュラフを干して。
イメージ 36

醍醐さんが気になっていたのでワッチしていましたが、情報は得られませんでした。
イメージ 37

そうそう、ささやぶの中で倒木に当ててしまった脛は出血していましたね。処置を施しました。
イメージ 38

ちょっと昼寝して起きた14時40分、鹿駆除の猟友会が午後の仕事に向かいました。
イメージ 39

今日のおやつはきな粉餅です。
イメージ 40

このところ異常な忙しさだったので、無為に過ごす時間は本当に良い物でした。もっとグダグダしていても良かったぐらいですが、16時20分には夕食の準備を始めました。
イメージ 41

明日はもう帰る日です。

3日目に続く

  • 山を堪能してますねぇ!
    僕はスタミナと根性が無いから
    まだまだ山歩きは訓練しないとなぁ…
    ちょっとずつ頑張ってみようか! 削除
    tatsundo3 ]
    2018/10/13(土) 午後 9:40
    返信する
  • 顔アイコン
    > tatsundo3さん
    スタミナ、根性は私に最も不足している事柄でもあります。ちょっとづつですが、頑張っている最中です。是非、ご一緒に。 削除
    2018/10/13(土) 午後 9:45
    返信する
  • 顔アイコン
    お目出度う、ついにやりましたね、さすがです。

    迷う人が多いので知られた山ですが、その通りですね。
    天気が良いのは10日だけで、まさか和名倉山とは思いませんでした。
    ボクは秩父の二瀬ダム側から入れないかと考えていたことがありましたが夢が叶わぬまま。
    いずれにせよ安全登山の為には3日用意しなければいけない手強い山ですね。 削除
    2018/10/13(土) 午後 11:33
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    ありがとうございます。以前から狙ってはいましたが、天候の安定と暑過ぎず雪の降らない時期でなければ私の技術では安全に登れないと判断してなかなか行けずにいました。ようやく本懐を遂げたということになります。

    すれ違った方が二瀬ダム側へ抜けているので、そちらのコースも行けないことはなさそうですね。調べてみようかと思っています。 削除
    2018/10/13(土) 午後 11:39
    返信する
  • > 三毛ジャガーさん
     削除
    tatsundo3 ]
    2018/10/14(日) 午後 2:50
    返信する
  • 顔アイコン
    > tatsundo3さん
     削除
    2018/10/14(日) 午後 3:51
    返信する
  • 顔アイコン
    山で時間気にせずグダグダ 最高ですね! 削除
    2018/10/16(火) 午前 11:45
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    全くその通りで、その時間が欲しくて登っていると言っても過言ではないかもしれません。 削除
    2018/10/16(火) 午後 2:11
    返信する

7日夜勤明けに息子の所へ荷物を届け、家に帰ったらもう22時です。でも寝ていられません。そう、8日からは3連休なのですから。

2018年10月8日

三の瀬の民宿みはらしに車両を停めさせてもらいます。2泊3日で1000円でした。
イメージ 13

窓の側に停めて、とおばちゃんに言われて駐車しましたが、砂地なのでサイドスタンドがめり込んで立てられません。サイドスタンドプレートをかませて何とか倒れない様にしました。
イメージ 14

民宿のお客さんが調理しているのは鹿肉だそうです。
イメージ 1

登山の準備を整えたら、早速歩き出します。11時28分スタート。
イメージ 2

え、通行止め?ニホンジカ駆除のためだそうです。いや今日は体育の日だから大丈夫、明日の行程もかからないし。問題は最終日か。いや、よく読むと何とかなりそうだ。
イメージ 3

このところ雨が続いたせいでしょうか、この日も朝には結構な雨に当たっています。道を横切る水はずいぶんな水量でした。
イメージ 4

11時58分、牛王院下分岐。ここから時間通行止めになる区間です。ただし、土日祝日は除かれ、平日も時間指定なので、そこを外せは通行できるというので何とかなるでしょう。
イメージ 5

12時14分、ムジナの巣通過。
イメージ 6

まだまだ色濃くはありませんが、うっすらと色づき始めています。葉っぱが赤くなると喜ぶという、人間とはなんとも変な生き物ですね。
イメージ 7

今にも崩れそうな大岩が!その向こうはすでに崩れています。大雨や地震の直後は気を付けた方がよさそうです。
イメージ 8

このところマラソンの練習で鍛えているせいか、全く息が上がりません。ガンガン歩けます。道が歩きやすいというのもあるでしょうが。
イメージ 9

おお、この辺りはかなり色づいていましたよ。
イメージ 10

最後の分岐に来ました。ニホンジカ駆除の通行止めはここまでだということです。
イメージ 11

12:49、将監小屋到着です。無人でしたが、中へ入ると宿帳とテン場代の徴収を自主的に行えるようになっています。登山計画書と一緒に2泊分の料金を箱へ入れました。ちなにみテントは一人1000円です。高い!けど、トイレの処理が一回500円くらいかかるらしいのでまあ妥当な線でしょうかね。
イメージ 12

今回のテントはMtDAXのヌプカ2です。一人で使うには贅沢すぎる感じですが、ほぼフルメッシュで部分シングルウォールのTAGAR1を使うには寒いのでこれにしました。担ぎ上げるのはここまで、張りっぱなしにして(2日分料金入れているしね)明日にはアタックザックのみで行動するのでこれでもよいのです。
イメージ 15

張ったらしばらくお昼寝。このところ猛烈な忙しさだったので、テントの中で無為に過ごす時間は何にも代えがたい至福の時なのです。

目を覚ますと16時30分でした。ガスが濃く発生中。明日は大丈夫かなあ。
イメージ 16

記録の整理をしていたら、ずいぶん暗くなってきました。そろそろ夕食を作りましょう。

この日の夕食はizameshiという非常食シリーズから。レトルトは重いけど、やはり美味しいですね。味噌汁はカインズのほうれん草ですが、これ昨日に息子の買い物ついでに買った物です。5つで1パックだったので、そのうち4つを持ってきました。朝晩4回同じ味噌汁になってしまいます。そして分葱も4つ。
イメージ 17

熱い鯖の味噌煮を口に入れて、ハフハフしていたらクマよけの鈴を鳴らした男性が到着。時刻を見るともう17時30分です。質問されましたが、口に熱いのが入っていたので喋れません。ちょっと待っていただき、質問お答えました。

「テントはこの段にどこへでも適当に張ってよさそうです。受付に人はいませんが、料金と宿帳がありますのでそちらを提出してください。どちらからいらしたのですか?
「はい、三条の湯です。」

それほど遠くないんだけど、なぜこんな時間までかかったのでしょう。詳しくは聞きませんでした。その彼、暗がりの中、テントを張りだしました。

食べ終えた私は歯を磨き、水分を摂ってから寝袋の中へ。

一旦深く眠ったら、人の声で目を覚ましました。あれ、上に張ったあの彼が何か質問を受けているぞ。やだなあ、こっちにも来るかなあ。もう眠いし。しかしこちらに来ることはなく、足音は山小屋の方へと消えていきました。

10月9日に続く

  • 顔アイコン
    マラソン前に基礎体力の充実にはテントを背負っての山歩きは凄く良いんじゃなかろうかと思います。
    ボクはここの稜線をここから雁坂峠だけ歩き残しています。
    数年前だったら連れて行ってもらえたかな、と残念。
    下の411号線は8月に通り抜けたばかりで、とても気になるエリアなんです。 削除
    2018/10/11(木) 午後 10:37
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    仰るとおり、高地トレーニングとしての効果を期待して行ってみました。もっとも、マラソン無しでもきっと行ってきたので、いいわけが一つ増えただけではありますが。

    この山域は手軽でありながら山深さを感じられる良いエリアですね。それゆえ遭難者が多発しているので慎重な行動は求められると思います。 削除
    2018/10/12(金) 午前 7:33
    返信する

一週間ぶりの更新です。いやー、とにかく猛烈に忙しくて。

先週は、ガマの油売りが自分の腕を切って見せてそのついでに人体切断をやり、ガマの油で見事!(でもなくちょっと曲がっちゃったけど)くっつけるという難業に挑みました。これの準備に相当な時間を使っています。

娘の小論文指導は毎晩です。こちらはつまらない突っ込みを入れたりしてなかなか言うことを聞かなかった娘でしたが、S先生の添削を受けた私の小論文が効果を発揮し、実力を認めて素直に聴くようになりました。

もうひとつ、介護プロフェショナルキャリア段位制度アセッサーeラーニングを現在受講中なのです。テキストを読んでウェブサイト上でテストを受けていくものなのですが、これが間違い探しの様なもので細かく読んで行かないと意外な所に落とし穴があったりして結構厳しいのです。一応「~迄にここまでは進めて」という指針通りには進めておりますが、この先の日程を考えると早めに進めておきたいところです。もうすぐ夏が終わってしまいますからね。

そうそう、こちらも少しだけですが進捗がありました。アウトドアワゴンです。現在テーブル兼壁兼張り出し荷台を作成中です。

例によって安いSPF1×2材を使います。
イメージ 1

相欠き継で接合します。
イメージ 2

テーブルはこんな感じです。天板の部分の長さが違うのは、まあいろいろと計算があるからでこの通りに作るわけではありません。イメージです。
イメージ 3

こんな感じに付けます。天板はまだ付けておりません。付けると壁のようになり、荷物を落とすことを防ぐのに役立つでしょう。
イメージ 4


これを持ち上げて、イメージ 5

270度回転させればこうなります。
イメージ 6

仮に天板を置いてみました。
イメージ 7

270度回した部分は二つを蝶番でつなげて、広げるとワゴンの前後を天板が覆うようになります。完成イメージは下の写真です。
イメージ 8

熱中症予防のためにも作業時間は長くとれないし、またその他もろもろがあってなかなか進まないのですが、頭の中で設計を楽しみながら、実作業もポチポチやっております。

引手を作る予定が床の剛性不足発覚でまずはそちらの対策を講じることにしました。

処方箋はいくつか考えられます。床板の剛性自体を上げる方法、これは現在の桟を太い物に換装して床板の中央部分が下に下がらないようにすれば、木製のステーを下に引っ張らなくなるので解決できるかもしれません。しかし、重量が重くなるし、床板制作作業をやり直すのはうんざりです。

床を高い位置にするとか、いっそ木製ステーをつないでいる全ネジボルトを廃するという手も解決策の一つかな?ただし、重いのを乗せると中央部の支えがなくなるのでよくないでしょうね。

金属ステーを丈夫なチャンネル材に換装する手もあります。そもそもここの剛性が不足しているのが原因なのです。ここの横方向の剛性が十分ならこんなことにはならないのです。ただし、結構高価なチャンネル材を買うか、もしくはアングル材で横方向に出っ張らせるか。後者なら積載面積を減少させ、収納状態を大きくしてしまいます。

いっそ、全く違う処方はどうだろう?四角だから動いちゃうんだよ。こんなのはどう?
イメージ 1

スチール家具の補強金具を加工して作りました。
イメージ 2

こんなふうに、関節のネジを緩めて置いてそこへかませるのです。
イメージ 3

補強材は4枚同じのが無かったので、このようにしてみました。ディスクグラインダーで切って、適当なネジ穴を開けただけです。
イメージ 4

63㎏の荷物を載せても大丈夫!一番安上がりで手間もかからず、そして効果的な方法だったのではないでしょうか。
イメージ 5

かかった費用は0円、増加した重量は気になるほど重くはなく、組み立て、分解にひと手間かかるだけで済みます。そして得られる剛性は実用まで上がりました。
イメージ 6

追加ステーも畳んだ床板の上に収まります。これで行きましょう。さあ、次こそ引手を制作ですよ。
イメージ 7

今日は私の誕生日、妻が洋風料理ナカムラへ注文しておいてくれたオードブルを取りに行きました。
イメージ 8

懸念事項だったアウトドアワゴンの床剛性も実用十分になったし、おいしい食事で楽しい夕餉、さらに同僚から頂いた寄せ書きの誕生カード。実によい誕生日になりました。
イメージ 9

鋸を入れてからもう1か月です。まだ完成には至っておりません。しかし、ゴールは随分近くに見えてきました。

床に貼る板は部屋の間仕切りを作成した時の残りの5.5㎜厚ベニヤ板です。依って変な形に切られていますが、寸法的には問題ないのでこれから切り出します。
イメージ 1

荷物の重量から考えると板厚が十分ではないので桟を付けます。桟は19㎜×19㎜の棒を使用しました。
イメージ 2

桟は蝶番に合わせて10㎜奥に入るので、溝を切ります。
イメージ 3

相欠き継で接合します。
イメージ 4

うまくいきました。きつめの接合で、しっかりと固定されます。
イメージ 5

ちょっときついなあ。一旦外して削ろう。あ、ぽろっと逝っちゃった!
イメージ 10

なんのなんの、こっちなんてバラバラだぜ。でもキニシナイ、接着剤で付ければOKです。
イメージ 11

こんな感じになりました。
イメージ 6

次は蝶番のヒンジ部の出っ張る分を切り取ります。
イメージ 7

うん、いい感じ。
イメージ 8

できました。さあ、もう一枚行くぞ。
イメージ 9

今度こそ丁寧に。
イメージ 12

錐で下穴を開けます。
イメージ 13
木ビスを打っていきます。
イメージ 15
蝶番も設置。
イメージ 14

さあできました。
イメージ 16

次は、この2枚を蝶番で接合します。
イメージ 17

出来た。裏返します。
イメージ 18

要らないストラップからループをいただきます。だからこの手の物は捨ててはいけないんですよね。切断面はライターであぶってほつれ止めを施します。
イメージ 19

桟を留めていた木ビスを一旦外し、長い物と換装します。そして先ほどのストラップのループを共締めします。
イメージ 27

これが無ければ折りたたむときに下に手を入れなければならなくなるのです。
イメージ 20

ワゴンに入れてみます。床板が傾かないように、折りたたんだ時にひずみが出ないように、精密に寸法を計測し、そこへ蝶番で床板を固定します。
イメージ 21

こんな感じになりました。
イメージ 26
前後の柱につけてある板を前後にオフセットさせてあるので、センターがずれて桟の位置に全ネジボルトが来るようになっています。正直、ぴたりの位置ではないのですが。
イメージ 22

ビス固定が完了したら、一旦畳んでみます。
イメージ 23

スムーズに畳めます。
イメージ 24

床板を入れてもこの厚みまでたためます。計算通り、そして十分でしょう。
イメージ 25

イージータープを乗せてみました。いい感じ?いえ、問題点が発見されました。重量物を乗せると、黒い金属のステーの横方向の剛性が不足して、前後の上がすぼまるように歪んでしまうのです。積載荷重は10㎏がいいところでしょうか。何とかしなければいけませんね。
ただの板状ですからね。断面積を増やしたりリブを立てたりすると小さく畳めなくなるし、それ以外の方法で対策は現在考え中です。
イメージ 28

それ以外にもまだまだ考えることが山積しております。でも、今日はここまでにしましょう。

↑このページのトップヘ