三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:夏

暑い、、、、、。今度娘が友達を家に呼ぶことのなったというので、季節外れの大掃除をしました。でも暑い。とにかく暑い。午前中で適当に済ませ、この灼熱からの脱出を試みます。妻と娘、私の3人で車に乗って出発です。

流山橋を渡ります。台風5号の影響でしょう、江戸川は河川敷が水没していました。
イメージ 1

車内は冷房を使用しているので快適ですが、車外温度計は40℃を差しています。なんてこった。
イメージ 2

来たのはセブンパークアリオ柏です。
イメージ 3

小人になったような錯覚を覚える巨大な日用品がありました。
イメージ 4

柱なんかを上手く使っていますね。
イメージ 5

食べられないのが残念なくらいうまくできています。
イメージ 6

ブリキのロボットは腕を上下に動かかすギミック付。
イメージ 7

だるま落としの微妙なずれ加減に、製作者が楽しんで作っていることを感じます。
イメージ 8

妻と娘がいるので北原コレクションルームは今回もお預け。
イメージ 9

「何食べる?」
さんざん悩んで、結局今回も串屋物語へと行きました。串揚げ食べ放題で楽しくておいしい店ですよ。
イメージ 10

その後は妻の買い物に付き合ってハンプティダンプティという雑貨屋で買い物、島村楽器を覗いたりした後、満天の湯へ行きました。ゆっくり湯につかり、よもぎミストサウナで汗を出しました。
イメージ 11

妻と娘より一足早く上がったので、館内の探検をしました。あれ、これはメッサーシュミットKR200?いや後輪が2つあるな。それにフロントの造形も近代的過ぎるし。
イメージ 12

あれ、これミニカーナンバーがついていますね。バッテリーカーでしょうか。これで公道を走れるのというのは大いに魅力的ですが、やはり後輪は一つにしてキャノピーが欲しいですよね。
イメージ 13

ちょっと帰りが遅くなったので、夕食は手抜き、スーパーで弁当を買っておしまいです。昼はいっぱい食べてしまいましたからね。

昨日帰宅後、入浴したら綾瀬に行くまでのわずかな時間にテントは干して行ったのです。濡れっぱなしでおいておくわけにはいきませんから。

今朝は5時に目が覚めました。まだ時差ぼけしています。そこで、山道具の手入れをしました。靴は汚れを落として新聞紙を詰めます。テントは乾いていたので、日が照らす前に取り込んでたたみました。ナイロンより紫外線に対して強いポリエステルですが、やはりできる限り当てない方が良いでしょう。食器は妻が洗ってくれていました。

そして仕事も異常なほどハードで、残業までしてもうヘロヘロです。
家に帰ると、父と息子、娘が丁度家を出るところでした。
「これから松戸の花火を見に行ってくる。」

食事を食べていると、花火の炸裂する音が聞こえてきました。よし、食べたら俺も行こう。

土手に出て息子に電話、誘導してもらって合流しました。なんと、打ち上げているすぐ目の前で、風上という最高の条件の場所でした。火薬の匂いもしてくるし、打ち上げの音は至近に落雷した様な音圧で体をゆすります。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

カメラを忘れたので携帯電話で撮影しました。やはり、難しいですね。3世代で、土手まで出て花火を見るのは初めてでした。残業がなければ最初から付き合えたのになあ。勤め人の悲しさ、です。


  • 顔アイコン
    親子三世代ですか
    羨ましいです❗️😊
    ウチも娘が早く結婚して欲しいのですが
    こればかりはね~😅 削除
    2014/8/4(月) 午前 5:57
    返信する
  • 顔アイコン
    kikuさん、コメントありがとうございます。

    娘さんの結婚、早くても心配、遅くても心配、丁度良いと思いきや、そのあたりではまだ早い、これが父親ですね。 削除
    2014/8/4(月) 午後 0:00
    返信する
  • 顔アイコン
    花火大会、今年はボクも行くぞ!と思っています(・∀・)
    太鼓と花火は腹で感じるモノですね。あぁ、たまにはご飯以外のものを腹で味わいたいと思いましたよ。 削除
    2014/8/5(火) 午後 6:53
    返信する
  • 顔アイコン
    くまそんさん、コメントありがとうございます。

    あの腹に響く音が快感なのは平和であってこそ、これがガザだと恐怖の対象ですから、早く平和になってほしいと心から願っています。 削除
    2014/8/5(火) 午後 8:16
    返信する

↑このページのトップヘ