今朝、両親と娘は京都へ旅行へ行きました。朝食は昨日山のMochiさんから頂いたお手製のパンとジャムです。パン焼き機で作るパンは切るのが難しいのですが、これさえあれば全く問題なし、パンカッターガイドとパン専用包丁です。
イメージ 1
 
撮影用に左親指で包丁を支えています。指詰めをしているわけではありません。ジャムはご自宅で栽培されている果実から作られたそうで、さわやかな甘みのおいしいジャムです。
イメージ 2
 
さて、息子は某高校のサッカー部に入部なのですが、髪型は原則自由、ただし、新入生は最初だけスポーツ刈り、もしくはボウズという決まりがあるそうです。で、お願いされたのでボウズにしました。バリカンにアタッチメントをつければ誰でも丸刈りが可能です。12㎜コームをつけて刈りましたが、きわなどは6㎜、耳の部分やもみあげはアダプターなしでやってみました。
イメージ 3
 
みっともないくらいぼさぼさにしていることを好み、床屋に行ってもそろえる程度でよくよく見ないと切ったかどうかわからないくらいだったので、久しぶりの丸刈りは新鮮は雰囲気です。
 
次は車の洗車です。雨の直後に煙霧にやられ、それからも風の強い日が続いてとんでもなく汚れていました。例によって雨水タンクの水を高圧洗浄機で使用して、ササッと洗いました。拭き取りには息子も動員。
 
午前の部はまだまだ続きます。昨日お借りしたガイガーカウンターで家の周りの線量を測定してみました。地面から50㎝での数値ですが、いずれも異常値は示しませんでした。
 
問題は雨のたまるところからすくった砂を保管しているところです。
 
1つ目の袋は、ガレージの樋にたまっていた土状の埃です。50cm離れたところで線量を図ると、0.49マイクロシーベルト毎時、HIGH RADIATION BACKGROUND、そして黄色いカラーが表示されました。3回計って平均を取るそうですが、0.49、0.53、0,50とほぼこの程度の数値でした。
イメージ 4
 
2つ目の袋は2つの雨水桝にたまっていた砂を集めたものです。
イメージ 5
 
なんということでしょう、50㎝離れていても1.51マイクロシーベルト毎時、赤い表示が現れ、DANGEROUS RADIATION BACKGROUND と出るではありませんか。何回計測しても、数値こそ違えど赤い表示は消えませんでした。しばらくこの袋は人の近づかないところに保管しましょう。しばらくとは、専門外なので詳しくわかりませんが、うーん、安全を見込むと1万年くらいかな?2年経ってこれですからね。
 
子供の集まるところなど、計測してみたいですね。で、原発再稼働するって?ほう、おまいらバカだろう!


  • 顔アイコン
    全世界でこんなにガイガーカウンターを個人所有している国は
    ココだけだろうな。
    人間は便利と不便がくっついた世界を作ったなぁとつくずく思う。

    しかし、ぶどうパン(でいいのか?)と厚揚げの組み合わせって
    メニューとしてアリなのか?
    植物性タンパク質で持久力UPの野望が見え隠れ........|∀・).。oO(チラッ) 削除
    2013/3/26(火) 午後 7:38
    返信する
  • 顔アイコン
    そうなんです! (放射線のこと)
    あちこち測って、ぜひblogで報告して下さい。
    千葉県北西部数市は、今も除染に必死です。江戸川ひとつ超えた東京の人は、ゴミより危険で汚いものなのに、平気な気分でいられるような太っ腹に見えます。
    本当は、放射性物質の本来の所有者に引き取らせるべきですが、落とし主も、落とし主と一蓮托生の国も回収に来てくれません。
    葛飾区には、(断ったうえで、が無難ですが)区役所の植え込みの蔭にでも置かせて貰ってはいかがでしょう。 削除
    2013/3/26(火) 午後 9:21
    返信する
  • 顔アイコン
    う~ん、やっぱり雨樋で集積したものの数値は高いね。
    もう二年経ってみんな忘れかけているけれど、下水処理場の汚泥と関東平野中の表土は河川を通じて東京湾に注ぐので、これからは東京湾が「旬」かな。とりわけヒラメとかハゼとかいう底にいる魚からはいい数値が「公表されれば」出るでしょうね。
    集めた土は東京電力の前に捨てたいですね。所有権を主張しなければ「無主物」でしょうからね。東電はこの論理でゴルフ場の主張を退けたのですから、問題ないはずです。 削除
    2013/3/26(火) 午後 9:42
    返信する
  • 顔アイコン
    皆様、コメントありがとうございます。雨水桝さらいをした時に、直感的にこれはやばいだろうなと思っていたのですが、やはり想像通りでした。改めて確認が取れて本当に良かったです。室内、庭などはすべて正常値だったのですが、つまりそれはどこかへ流れたことを意味するわけで、その行先はshi*さんの言うように最終的には東京湾、いつかは口に入る可能性が高いわけです。

    放射性汚泥の集積を不織布マスクとビニール手袋でやってしまった私は放射能汚染されていたわけで、およそ30年後に発癌する可能性が高くなったわけです。すぐに忘れちゃうおめでたい人の多いこの国にあって、「俺は絶対にこの恨みは忘れないからな!」の気持ちをなるべく多くの人が持ち続けていただきたいものです。

    くまそんさん、ブドウパンと厚揚げはなかなか良いコンビネーションでしたよ。 削除
    2013/3/27(水) 午前 10:38
    返信する
  • 顔アイコン
    オッシャルトオリデス。

    マトモニショウメンムイテ大人しくして、はなすだけではらちがいきません。

    企業は、口さきだけでツギノモウケバナシヲカクサクスルダケデス。

    例えば放射能がたいへんだ、ソウイッテジョセンガイシャとクウキセイジョウキがもうけます。


    サァ、デンリョクフソクダ景気が落ちる、といってアベノミクスが大儲けです。


    デスカラ、東京電力の社員は、サラリーマンの平均を給料とし、ツキニイチドはボランティアで事故の後始末の作業に従事する。

    このくらいのことしてもよいでしょうに。 削除
    [ ぜオッシャルトオリデス。 ]
    2013/3/27(水) 午後 3:58
    返信する
  • 顔アイコン
    ぜオッシャルトオリデス。さん、コメントありがとうございます。

    東電社員のボランティア、いいですね~。出来れば役員たちの多額の寄付と労働が欲しいですね。もちろん原発を推進した役人と政治家(政党単位で)、学者たちにはそれ以上の物があって当然でしょう。 削除
    2013/3/27(水) 午後 9:39
    返信する