三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:中学校

昨日は娘の中学校の社会見学という行事で、3年生は東京ディズニーランドへ行きました。そして16時ころ学校へ帰着。昨日の学校はそれで終了です。

学校が終了してから、再入場しに再びディズニーランドへ行く子もいます。息子の時にはサッカーがあったので当然練習へと行きましたが、娘は行きたがっている様子。さて、どうするかなあ。

中学校ももうこれで最後です。仲の良い友達との思い出となるでしょう。行くことを許可しました。しかし、条件もあります。夜遅くに女の子だけで帰ってくるのは問題が多すぎです。送迎は私の車にグループで乗ることと、それぞれの自宅まで送り届けること。

で、ここへ迎えに来ました。
イメージ 1

車寄せがあり、10分を限度に駐車場内に設けられたスペースへ無料で入れてくれます。
イメージ 2

帰りは4人の少女たちは眠っていました。疲れ果てるまで遊んだようです。みんな高校はばらばらだけど、この日のことはいつまでも忘れないでしょうね。

しかし、私的にはこの行事をあまり好意的には思っていません。なぜならまだ受験が終わっていない子もいるからです。その子たちは遊んでいる場合ではないので不参加になるそうです。ただでさえ焦りがあるのに、一方でこうして遊ぶ受かった組のはしゃぎを見るのはさぞかし辛いことでしょう。

この時期にまだ決まっていないという子は、より高いレベルを目指しているという子ばかりではありません。家庭の経済的に公立高校にしか行けない子たちがほとんどです。私の時代にもなかなか決まらないやつもいましたが、みんな私立への進学をしていましたね。30年で貧富の格差が大きく開いてしまっているのです。

明日、都立の2次募集の試験がありますが、倍率は1倍を超えています。こぼれてしまった子はどうするのでしょうか。頼みの綱の定時制も減らすという暴挙に出ていますから、今後が本当に心配になります。

娘の運動会に行きました。今時珍しく、組体操や棒倒しのある気合の入った運動会です。

名前消すの面倒だから写真は1枚だけにします。
イメージ 1

中学3年だから、運動会行くのもこれが最後かな。運動会は保育園時代から、どれも楽しかったなあ。仕事で行けないこともあったし、せっかく休みとれたのに雨で日がずれたこともあったのは本当に残念でしたね。

今回の運動会は最後に相応しい素晴らしい運動会でした。これだけの企画、準備、指導をしてくださった学校と関係者の皆様には最大級の賛辞を送りたいと思います。

そして、生徒の皆様いい運動会になってよかったですね。娘のクラスの皆さん、優勝できてよかったですね。

来週は私と妻の運動会、霞ヶ浦サイクリング大会です。

中学3年生の娘が学校から進路についての書類を持ってきました。本人の書く欄と、親の書く欄がありました。

○進路に向けて、生活面で今頑張っていることはなんですか?

さて、親の欄には何を書けばいいのでしょう。偉そうに書きたくても、両親と同居している私にはボロが出てしまいます。そのころの私は、自転車ばかり乗っていました。今も一緒か。

「よくやっていると思う。中学時代の私と比べて。」

○中学卒業後の進路はどのように考えていますか?

保護者の意見、という欄がここにもあります。進路ねえ。親が口を挟んでも反発するだけでしょう。私だってそうしてほしくはなかったですからね。

「自分の生きたいように生きれば、それでよい。そして、それがいい。」

学校としては、やりにくい親かなあ、とも思います。他に適当な文言が浮かばないし、時間がありません。なにしろ締め切りは5月7日です。あれ、これ今日じゃん。おい、見せるの遅すぎ!!!!!

のんびり育った娘の将来はやはり案じられます。担任教諭さま、提出遅れて申し訳ございませんでした。



今日は娘の運動会でした。

カメラはPENTAX K100、レンズはF☆1:4.5 300㎜EDとFA☆1:1.4 85㎜です。

校長先生が今時珍しく、生徒のけがを恐れずにガンガンやらせるタイプですので、やっている方も存分に戦え、見ている方も迫力あり、大変に楽しめました。

顔の映り込んだ写真はブログで使えないのは残念ですね。
イメージ 1

今時珍しくなってきた棒倒しもやっています。
イメージ 2

蛇の皮むきという競技です。この砂ぼこりの舞う校庭に寝転がっていくというすさまじい競技で、けが人も出たようです。
イメージ 3

冷めているように見える生徒達も、真剣に競技に取り組み、そして声を嗄らして(からして)応援していました。

そして感動的なことのが、閉会式でもありました。応援合戦の結果発表で、賞に漏れたことが分かった途端、団長をしているごっつい男が、男泣きに泣き、涙が乾ききった校庭を濡らしました。

今までどんな思いで練習してきたのか、その思いは伝わってきます。

解散式で、団長はやはり泣きながら挨拶をしていたそうです。
「最優秀賞を取るという約束で、みんなにかなり無理して練習に参加してもらっていたのに、その約束を守ることができませんでした。3年生はこれが最後だからと、わがままをいっぱい通してきました。本当にごめんなさい。勝てなかったけど、笑顔は我が団は最高でした。」

もらいなきする下級生も続出、いい思い出になったことでしょう。来年は我が娘も最高学年になります。先輩たちに負けない、素晴らしい運動会を作り上げてほしいものです。


ウチの学校も、棒倒しや最上級生の団長の涙のある学校でした。卒業してからも毎年同窓会をやることが出来るのも、そのおかげだと思っています^^ 削除
やまさん
2014/6/1(日) 午後 0:39
返信する
顔アイコン
やまさん、コメントありがとうございます。

毎年の同窓会はすごいですね。さぞかしいい涙を流せたのでしょうね。息子や娘も、将来そういう付き合いのできる友人があってほしいものです。運動会がそのきっかけになることもあるかもしれませんね。 削除
2014/6/1(日) 午後 5:14
返信する
顔アイコン
一生懸命やる姿は、みんな感動して一生懸命
応援しますよね(*^_^*)
チョット見習わなきゃ(⌒-⌒; ) 削除
2014/6/2(月) 午前 5:04
返信する
顔アイコン
kikuさん、むしろ「無理し過ぎ」でしょう。 削除
2014/6/2(月) 午前 10:55
返信する
顔アイコン
運動会の季節ですね。みんな真剣に取り組むって(・∀・)イイ!!
ボクも騎馬戦で一度でいいから一番上に乗りたかったな。 削除
2014/6/3(火) 午後 6:12
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

騎馬戦ですか、私も上はないのです。体重があり過ぎたのが原因でしょうね。 削除
2014/6/3(火) 午後 10:58
返信する

陸上部員はロードレース大会出場が義務付けられています。短距離を専攻する娘も、中学女子2㎞に出場しました。先日あみアウトレットで買ったウォーキングシューズにはまっている妻が、歩いていくことを主張し、一緒に徒歩で柴又公園まで出かけてきました。
 
土手の上は寒風が吹いて結構つらいものがありました。ロードレースの大人の部がすでに走っていました。
イメージ 1
 
柴又公園ではアップを終え、防寒着を着て召集されているところでした。娘はどういうわけか他学校の生徒と親しげに話しています。この物怖じしない性格は私譲りなのでしょうか。
 
短距離ならともかく、2㎞となると娘には上位入賞の可能性はまずないでしょう。スタートについて、号砲一発一斉にスタートしました。
イメージ 2
 
予想通りの順位で戻ってきました。予想外なのは、同じ短距離種目専攻の「カヌーの美少女」が入賞したことです。走る姿も美しく、素性の良さを感じさせます。短距離だけでなく、中距離も行けるんじゃないのかな?
 
まだ歩き足りない妻につきあって、柴又を抜けて家まで徒歩で帰ることにしました。柴又は初詣客でしょうか、ものすごい人出でした。
イメージ 3
 
屋台の韓流スイーツ屋でホットクを購入し、歩きながら食べました。私はチーズ入り、妻は甘味を選択。妻が美味しい美味しいと、今でもまだ言い続けているほどのおいしさでした。
イメージ 4
 
熱々です。韓国旅行に行った人、皆が口をそろえる言葉が「おいしい」ですが、なるほどね。ますます楽しみになってきました。
 
裏通りを歩くと、今まで素通りしていて気が付かなかった物が見えてきます。その一つが、この「もぐらそば」。もぐらそばって、なんだろう?
イメージ 5
 
自転車でかっとんでいくのは、案外物を見逃しているのかもしれませんね。
 
自宅に帰ってから、昼食の準備です。昼食は頂き物の蕎麦と、ワッフルです。プラスドゥグリレはゆったりと置くことができますので、いっぺんに作るときも便利です。
イメージ 6
 
このワッフルメーカが使えるのはガスならではです。やはり、IHよりレパートリーはずっと広がります。
イメージ 7
 
 
午後は妻の仕事の買い出しの為にアリオ亀有に行きました。ん?誰か来ているのかな、凄い人ごみだぞ。あ、ハリセンボンか。すると娘、
「見たい見たい!」
と近づきました。しかしすでに見える所には人垣ができているので、エスカレーターからちょこっと覗いただけでした。
 
写真撮影は禁止ということで、撮れませんでした。
イメージ 8
 
夜は野菜の低温蒸しを作りました。
イメージ 9
 
昨日届いた本はすべて読み終えました。その話は、また今度。

↑このページのトップヘ