三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:レシピ

妻の実家が大豆を送ってくれました。これで納豆作りに挑戦します。普通の大豆に比べてかなり小ぶりです。納豆に最適な品種だということです。
イメージ 3

水につけて1昼夜つけて、戻します。
イメージ 4

戻した大豆を圧力鍋で5分茹で、水けを切ったら消毒した容器に入れます。少量の市販納豆を混ぜます。あとは40度程度に保温して一昼夜寝かせれば、このようになります。
イメージ 2

うん、できてる!この後は冷蔵庫で数日熟成させるとおいしい納豆になるでしょう。
イメージ 1

40度の保温はアルミ蒸着シートでできた保冷バッグに入れて、使い捨てカイロで保温しました。温度計で計りながらやったのですが、なかなか40度を保つのは難しかったです。少々低くなっていました。でも、何とかなっちゃうみたいですよ。

昨日作ったチャーハンの作り方を記します。

まずは残りご飯の処理から。生卵を入れてかき混ぜ、ご飯一粒一粒に絡むようにシャリ切りをするようにからめていきます。

料理人は熱した中華鍋に卵を入れ、半生くらいになったらご飯投入ですが、手際が良くないとうまくできないので火の無いところでできることはやっておきます。
イメージ 1

具材は油通しをしてザーレンにあげて油切りをします。
イメージ 2

続いて調味料を用意します。今回はこれを使用しました。下の調味料はあらかじめ必要量を(目見当)皿に入れて混ぜ合わせておきます。炒めはじめてから蓋を開けて、分量を取って、とやっていると焦げ付いてしまいますから。
イメージ 3

こちらは味を見ながら入れますので、このまま置いておきます。
イメージ 4

準備ができたら、一気に作ります。ガスコンロのセンサーを解除します。強火で中華鍋を熱し、うーんと熱くなって煙が出て来たら油を適量入れ、ニンニク生姜のみじん切りを投入、香り出しをしたら焦げる前に卵を回したご飯を投入します。ここからは玉杓子は止めてはいけません。

玉杓子の背でご飯をほぐしながら、強火で炒めていきます。焦げ付かない様に時々鍋をあおりますが、プロの様にあおってかき混ぜようなんて思ってはいけません。素人は素人らしく、無理のない範囲でやるのです。

ある程度火が通ってくるとご飯がパラパラになってきます。そのタイミングで具材、混ぜ調味料を投入。ごま油を鍋肌から回し、スープの素、塩コショウで味を調えます。
イメージ 5

この段階で鍋にご飯がくっついていたら失敗、パラパラになっていたら成功です。良く炒めたら後は盛り付けるだけです。

鍋のサイズに対してやや量が多すぎなきらいはありましたが、何とかパラパラ状態へ持って行くことができました。
イメージ 6

2月4日朝、妻と今日の夕食をどうするのか話していると、たまたま点けていたTVがモーニングバードで、陳健太郎さんが麻婆春雨を作っていました。

妻が言いました。
「いいこと考えた、今日の夕食はあなたがこれ作ればいいのよ。」

それはいい考えだ。さっそくメモを開始。番組途中からだったので今一つ不明確ではありますが、調味料の配合などはしっかりメモしました。

番組では2人分だったので、6人分へ材料を3倍にしました。辛い物が苦手な娘がいるので豆板醤を半分程度まで控えたこと、調理がプロ中のプロと私の違いがある事などはありますが、見た目は番組と同じような具合に出来上がりました。
イメージ 1

それともう一品、イカともやし、豆苗の炒め物も作りました。イカは油通しをして処理しました。参考レシピはなく、味つけは毎度おなじみのなんとなく調味料を放り込むだけです。
イメージ 2

こちらは妻が作った揚げ出し豆腐です。
イメージ 3


さて、味はどうでしょう?うん、番組と一緒!かどうかは確認できませんね。でもおいしくできていました。豆板醤は半分でもまだ辛めの味つけでした。さすがは四川料理です。

ポイントは、春雨は緑豆を使うことと、ぬるま湯で2分だけ戻すことらしいです。緑豆は味を吸いやすく、完全に戻さない春雨はまだ水分を吸うので味を吸いこむ余地を残しておけるのだそうです。

陳健太郎は中華料理界のサラブレッドですが、解説が分かり易いですね。私でも理解できる説明でした。おやじ(陳健一)を超える日も近いかもしれませんね。

今日のお昼ご飯は、長野新幹線車内で食べた横川の釜めしの釜を使い、炊き込みご飯を作りました。
 
レシピ(すべてあまりものです。適当に入れただけですので、本気にしないでください。)
 
米 無洗米 1合
だし醤油  18ml
水     198ml
人参    薄切り少々
舞茸    少々
玉ねぎ  薄切り少々
ベーコン  2切れ
塩      少々
イメージ 1
火加減は弱、時間にして15分くらいかな?蓋の上には重しとして瓶を乗せました。少し焦げ臭いにおいがしてきたら放置します。蒸らせば完成です。
 
結構おいしくできました。
 
午後は娘を連れてプールに行きました。いつもは葛飾区か足立区のプールなのですが、お盆で道路も空いているだろうと江戸川プールガーデンまで足を延ばしました。道はがらがらで、すいすい行けましたが、プールは超混みでした。ウォータースライダーは40分待ち、流れるプールは人波に流されるプール、それでも結構楽しく遊べました。

↑このページのトップヘ