三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:レシピ

暑いですね。べらぼうな暑さが続いています。

キッチンでガス火を使うと尚更暑くなります。そこで活躍するのがヘルシオのセットメニューで、機械お任せで2~3品が同時に作れてしまうので大変ありがたいものです。

でも、やはり煮込んだ料理も食べたいよなあ。そこで活躍するのがダッチオーブンです。何しろセットしたら後は火から離れても大丈夫、自動で火加減をして時間が来たら加熱を止め、余熱で調理が完了するのです。火のついたガス台の前に立つことは全くないのです。

この日はモッツァレラチーズが日切れが近くなって4割引きでした。そこで、じゃがいもとハムとモッツァレラチーズのグリルを作ってみました。ハムは買い置きがあると思っていたらなく、代わりにさつま揚げを使用してみました。

じゃがいもを薄くスライスし、さっとゆでます。オリーブオイルを塗ったダッチオーブンにじゃがいも、さつま揚げ、じゃがいも、さつま揚げと交互に重ねていき、一番上にモッツアレラチーズを乗せます。黒胡椒と中華だし、塩と醤油を加え、グリルのオーブン機能で15分加熱します。
イメージ 1

余熱調理分を入れて25分後、蓋を開けるとこんな具合にできていました。
イメージ 4

この日はもやし、ブナシメジ、茄子の上に豚バラ肉を乗せ、塩、胡椒に練り中華だしを入れて加熱。完成したら、最後にオイスターソースを少量掛けて完成です。ちょっとしょっぱくなっちゃいましたけどね。
イメージ 3

今日は鮭のアラが150円と安かったので、もやし、キャベツ、エノキタケ、その上に鮭のアラを乗せました。味付けは塩胡椒はいつもと同じ、それに紹興酒とみりん、しょうゆで味を付けてみました。
イメージ 5

上からの加熱で焦げができるところが良い所です。香ばしくておいしく食べられました。
イメージ 6

水は入れていないのですが、紹興酒とみりん、しょうゆ、鮭から出た油、圧倒的に量が多いのは野菜から出た水分で、このようにおいしいスープになっていました。
イメージ 7

このように、私的にはダッチオーブンは猛暑の夏こそ活用しているのです。皆様はいかがでしょうか?

刺身が安くなっていればこちらもいいですね。
イメージ 2

今日は妻も私も公休です。こんなことめったにないのですが、リフォームの為に全員では、でかけられないのです。仕方がありません。妻は銀行信金郵便局巡り、私は家事の合間にレッグバッグ作りと午前中は別行動です。

午後は一緒に過ごせましたが、それぞれやること、やりたいことがあるので喋りながらも手は動かし続けていました。

で、夕食です。妻は上京してきている両親と食事に出かけました。俺も連れて行けと言ったのですが、だめと言われてしまいました。そして食事作りの大役が与えられました。明日は息子の誕生日、じゃあ、鯛飯でもやるか。

三毛ジャガー式鯛飯の作り方

材料      
米 3合
鯛 1尾
出汁 540ml
醤油 30ml
みりん 60ml
酒 30ml
麺つゆ 30ml

作り方

米を研ぎます。研いだら、ざるにあげて1時間置きます。

イメージ 1

鯛にバーベキュー串を差し、直火で焼いて焦げ色を付けます。この時点でもういい匂い!
イメージ 2

材料を入れた土鍋に鯛を乗せ、蓋をします。
イメージ 3

強火力で一気に加熱!
イメージ 4

音を聞き、ぐつぐつと音がしてきたら火を中火に。噴く予感がして来たら火を最弱に。ここで失敗するとガスレンジが大変なことになりますよ。それでもおいしく炊けますけどね。

最弱まで落としたら、タイマー15分にセット。あとは余熱で20分蒸らします。

すると、こうなります。
イメージ 5

高齢者のいる世帯ですから、一旦鯛を取り出して骨と身に分けます。そして身だけを土鍋に戻して混ぜます。
イメージ 6

できあがり!娘はおいしいおいしいとお代わりをしていました。
イメージ 7

ダッチオーブンでは野菜の煮物を、ヘルシオのウォーターグリルでゴマサバの塩焼き、蕪と白菜の味噌汁も作りました。

美味しくできたとは思いますが、でもなあ。私も上野「水車」で食べたかったなあ。

今日の夕食は私が作りました。赤いグリーンカレーです。

まずはこれを用意します。買い置きのタイ グリーンカレーのセットです。美味しくなるシール、「本体価格の半額」が貼られています。これがあるとおいしさ3割増しですね。
イメージ 6

袋を開けて中身を出してみました。一番右の銀の袋はココナッツミルクの粉です。今回は使いません。マジックで「ココナッツミルク 湯300mlで溶く」と書いておきました。次に何か作る時に利用します。その隣がグリーンカレーのペーストです。その左の葉っぱはバイマックルートだそうです。初めて聞く名前です。一番左はナムプラーです。
イメージ 7

グリーンカレーペーストを皿に開け、大さじいっぱいの油で溶きます。
イメージ 8


大さじ2の油をしいたダッチオーブンでおよそ1分、溶いたペーストを香りを発たせるように炒めます。
イメージ 9

そこへ鶏肉を入れて、表面を焦がします。
イメージ 1

これまた買い置きの賞味期限切れ缶詰ココナッツミルクを入れ、茄子、バイマックルートを入れて火を通します。
イメージ 2

これでグリーンカレーは完成ですが、やや刺激の強い味なので、辛い物が苦手な娘に合わせて赤く染めます。ホールトマトを一缶入れます。ダッチオーブンに蓋をして45分、最弱の火でじっくりと煮込みます。
イメージ 3

完成!
イメージ 4

娘も「これ美味しい!」と言ってくれました。
イメージ 5

今日の夕食は私が作りました。寒いし、体が温まる料理がいいなあ。

冷凍庫から取り出したのはこれです。
イメージ 1

中身です。
イメージ 2

材料:ブロイラー丸ごと、ナツメ、、が手に入らなかったので見た目が似ている豆が入っているサラダビーンズ、特価だったマッシュルーム、その辺に転がっていたネギ。塩、コショウ、にんにくしょうが、洗ってざるにあげたもち米。水1.5リットル。すべてを圧力なべに入れて加圧し、10分。あとは火を止めて圧が抜けたら弱火で30分煮込みます。
イメージ 3

こんな感じにできました。
イメージ 4

明洞の参鶏湯はおいしかったなあ。でもこっちだって、あんまり負けていない気がするぞ。
イメージ 5

  • こんばんは!

    暖かそうですね!

    この料理は中華?ですか!

    寒い日には温かい料理がおいしいですよね♪ 削除
    ぽぽめぐ
    2016/2/16(火) 午後 8:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぽぽめぐさん
    これは韓国料理です。適当に作っても、素材のうまみがたっぷりあるのでおいしくできますよ。寒い時には特にいいですね。 削除
    2016/2/16(火) 午後 9:13
    返信する
  • 顔アイコン
    プロの調理人です。
    褒め方が違うのかな、「男の料理」の達人なんだ。 削除
    2016/2/16(火) 午後 11:00
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    いやいや、本当に適当に放り込んでもおいしくなるのです。圧力なべ、ダッチオーブン、保温鍋、それに中華鍋がないと何もできなかったりします。それに毎回違う味になり、また作ってと言われてもまず無理なのが現状ですから、達人と呼ばれるところから遠いところにいます。

    山のmochiさんこそ、達人の域に達していると尊敬をしております。 削除
    2016/2/16(火) 午後 11:33
    返信する
  • 顔アイコン
    これイスラムのお祈りされたお肉だね、、、 削除
    2016/2/17(水) 午前 0:24
    返信する
  • 顔アイコン
    自宅で参鶏湯とは!!!

    すごいですね!

    (#^.^#) 削除
    2016/2/17(水) 午前 10:44
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    はい、ハラルチキンです。ファントムさんも安心して食べられることでしょう。 削除
    2016/2/18(木) 午後 9:24
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    お褒め頂くと嬉しいですが、本当に簡単にできてしまった料理なのです。ぶーぶーさんも、ぜひ作ってみてください。 削除
    2016/2/18(木) 午後 9:26
    返信する
  • 顔アイコン
    ハラル肉祭りで韓国料理。
    国際色豊かな食卓になろましたね~!
    圧力鍋って仕事が早いですね。
    ギミックがすごいので洗うの大変そうにみえますが
    実際どんなもんですか?気になってます。 削除
    2016/2/19(金) 午後 7:57
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    圧力なべの洗浄は全く簡単です。おっしゃるとおり、圧力を上げ過ぎないように部品がありますが、簡単に分解、洗浄、組み立てができます。これを使うとブリ大根なんか、骨まで食べられるほど柔らかく煮込めますよ。おすすめしたい鍋の一つです。 削除
    2016/2/19(金) 午後 10:39
    返信する

昨日息子に約束した通り、もう少し手の込んだ料理を朝食に用意しました。

もうかさめのアクアパッツアです。夜のうちに調理し、朝は温めただけです。

材料

もうかさめ
もやし
白菜

オリーブオイル
クレイジーソルト
黒コショウ
練り中華だし
ワイン

作り方はもやしを下に、その上に白菜、さらに上にもうかさめを入れ、上から調味料を入れます。

後はプラスドゥグリレのグリルに入れて「オーブン」で15分加熱します。後は朝まで放置。

朝、コンロの方に乗せて弱火で熱し、ぐつぐつしたら終了です。

イメージ 1

サメはパサついていると思っている人はこれを試してみてください。美味しくできますよ。昼の鶏胸肉よりは手が込んでいるでしょう?もやしと調味料が増えただけであまり変わりないか。
イメージ 2

↑このページのトップヘ