三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:ライダースジャケット製作

ほぼ完成して来ています。最後の仕上げを。

まずはアクションプリーツが出たまま引っ込まずにぐずぐずになってしまう対策です。ゴムで引っ張る方法もあるようですが、接着芯を貼って張りを持たせても戻るようになるようです。今回は後者を採用してみました。

これが加工前です。アクションプリーツにしわが寄っているのが見えます。
PA200059

これが接着芯を貼った後です。このように、パリッとしているので中に戻ります。ですが、完全出てしまうと綺麗に戻らない時もあります。しばらくこれで使っていて、あまりにもダメなようならゴム方式へ切り替えるかもしれません。
PA210065


次は袖です。袖が計算より短かくなってしまったの、カフの延長で凌ごうと思っていたのですが、急にある考えが思いつきました。

私にはやや袖が短めですが、それが丁度いい人もいるのでは?

その対象となる方とは、現在普通自動二輪免許の教習中の同僚です。息子より若いこの男ですが、彼なら普通に着れるのではないでしょうか。そうなると足りないものはバック&チェストプロテクターです。そもそもボディプロテクターを付けて着る前提で製作したので、それの入れるポケットを付けていなかったのです。

それなら、付けるまでさ。まずは構造を観察し、設計をします。いくつかのパターンが思いついたのですが、
1 背中と胸に縫い目が出ない
2 今ある縫い目以外の縫い目を作らない
3 (洗濯などの為に)プロテクターを外すことができる
4 実績あるコミネの方式を取り入れる
という観点から、背だけ裏地をいれてそこにポケットを作る方式にしてみました。

まずは設計と部品取りです。型紙を作り、線を引いてカットします。
PA210066

切断面処理は三巻縫製を施しました。縁かがりより確実で、糸の大幅な節約にもなります。
PA210067

ポケットの下部だけは面ファスナーを付けるために三つ折りにしてミシンで叩きました。
PA210068

裏地にポケットを待ち針で固定しました。中にはプロテクターが入っています。そのままでは縫えないので、プロテクターは一旦外します。
PA210069

こんな感じに縫えました。下部は縫い付けておらず、ここからプロテクターを出し入れします。
ジャケットに当てて原寸でカットします。
PA210070

裾の部分はその縫合糸で一緒に縫い付けます。ゆえに、対象となる部分の縫合をほどきました。
PA210071

左右はアクションプリーツの根元へ、上は襟の中央から吊るようにしました。よってここも縫い目をほどきます。
PA210072

開いたところへ裏地の生地を差し込み、再び縫い付けます。するとこんな感じに出来ました。裏地なのに派手目な柄が入っているのはで贅沢禁止令のさなかの江戸庶民の様ではないですか。
PA210073

さあプロテクターを入れてみましょう。
PA220074

そしてこの面ファスナーで留めます。ここもコミネ流です。
PA220075

これで背中は完璧でしょう。胸は面ファスナーでホンダの一枚物プロテクターを装着します。
PA220076

プロテクターを入れた状態で着てみました。
PA220077

写真を頼んだ娘から、
「なんかカメックスみたいだよ。プロテクターが浮き出ている。」
と言われました。カメックスだかペンタックスだかはこの際関係なく、きちんと背中の保護をしていればいいのです。

******************************
今日、これを着て会社まで走ってきました。案外風を通さずに、今日くらいの気温では(朝8時に摂氏15度)快適でした。

そして、同僚に着てもらいました。エルボー、ショルダー、それにバックプロテクターの位置はばっちり、袖の長さも違和感はないようです。ただし、胴回りにもう少し余裕が欲しいとのこと。

それなら、左右の側面を幅広に交換するかな。ん、まてまて、そもそもこれ、試作品だったよね。だから余り物の生地が盛大に使われていて色がちぐはぐだし、あちこちにやり直した跡がついているよ。

そうだ、こうすればいい、もう一着彼のサイズで作るんだ!

ということで、先行試作品は今回で完成、連載も終了となります。最初から読んでくださった方、お付き合いありがとうございました。あ、彼の免許取得と購入車両の納車が次回作より早かったら当面これのレンタルをいたします。いやなに、余裕が少ないだけで着れないわけじゃないからね。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今日から自宅に工事が入ります。実は、温水便座からの漏水があったのですがそれを放置されてしまって3階床から2回廊下まで裏に水が回ってしまったのです。

PA200039

工事業者が作業中に家を空けるわけにはいかないし、かといってリビングにいると廊下が通過できなくなるのでトイレにも行けなくなります。そこでタンス部屋へミシンを持って引きこもりました。

さて、腕の仮縫合をしたのですが、やはり腕を前に伸ばしたり交差させたりすると背中に突っ張り感があります。無理すると破れてしまうでしょう。そこでシャーリングを入れること思いついたと前回までのブログへ記したのですが、昨夜九太郎さんから
「アクションプリーツと言う手もある。」
という助言をいただき、早速調べてみました。
PA200024

アクションプリーツ、初めて聞く言葉でしたが、ジャケット類では案外メジャーな構造でそういえばそんなジャケットあるよね、という感じでした。これみんな知っているのかな?で、シャーリング自体の製作に苦労していたので、それよりむしろ簡単に出来そうな気がしてきました。また、肘にシャーリングは入れたので背には違う物を入れてみたかったというのもあります。

寸法を計測し、折り込んで出来上がりを想像してみました。こんな感じかな?
PA200025

しかし、問題はもうそんなに手元に生地がないことです。買いに行く?いやいや、家を空けられないぞ。どこかに生地はないものかなあ。傷んだジーパンでもあれば。PA200026

おお、まさに今穿いているこれバラせばいいじゃん。早速着替えて鋏を入れました。色が合わないのはもうその前からですので(゚ε゚)キニシナイ!!
PA200027

PA200030
アクションプリーツの形が分からず、憶測で形を作りました。結論から言うとちょっと短く、形も違う方が良かったようです。

後ろ身頃の方プロテクターケースの下に切り込みを入れ、アクションプリーツを縫い付けます。
PA200032

次はここを元の袖取り付け位置に合わせて縫っていきます。
PA200033

下の方は側面の継布へ合流させました。というのも、九太郎さんから脇下もプリーツを入れた方が腕を上げやすくなるアドバイスを頂いたからです。
PA200034

そこへ腕を縫合しました。今度は仮付けではなく、しっかりと糸にテンションをかけて縫い付けました。
PA200036

こんなふうになりましたよ。
PA200040

ショルダープロテクターケースは腕の方にだけ縫合してありました。腕を胴に付けたので、ようやく前部縫うことができるようになりました。
PA200041

ショルダープロテクターの蓋は娘のジーンズの残りから、ポケットの部分をいただきました。これを外して移植しました。
PA200042

こんな感じに付きました。ショルダープロテクターはファスナーから出し入れします。ボタン留めの蓋はフェイクです。
PA200058


腕が付けられたのでもう着ることができます。中にSK-822+SK-809ボディプロテクター、肘はSK-811 CE2プロテクター、肩はコミネBeetle、ジーパンはコミネWJ-741Sです。
PA200053

後ろから。ちょっとタイトすぎたかな。
PA200054

もう一日あれば完成させられそうです。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


今日は娘の成人式写真前撮りの日です。まずは送迎業務から。そして撮影係です。プロのスタジオ撮影を目の当たりにしている家族からは白けた感じではありましたが、約1か月かかるスタジオ写真より早く実家に送れるメリットだけは感じてもらえたでしょうか。
IMGP0020-640

女の子はとにかくお金がかかりますね。息子の時には何もなかったのになあ。おとっつあんっまだまだ仕事は頑張らなければなりません。やがて娘の彼氏も合流し、和装を着替えたら4人で食事へ行きました。

彼氏と娘がお出かけをしたらいよいよ自分時間です。ミシンを取り出し続きに取り掛かります。今日はショルダープロテクターを付けてみました。

まずは位置の確認です。ミシンで縫製ができるのは袖を胴に縫い付ける前、しかし腕と肩にまたがって配置しなければなりませんから、工夫が必要です。ショルダープロテクターはコミネのBeetleにしました。買った物ではなく、他からの移植です。
PA180001

立体にしないと弛みができてしまうので、このようにしてみました。
PA180002

前回のエルボープロテクターケースはオレンジの糸で折り返しを縫い、さらに同色の糸で生地へ縫い付けましたが私の技術ではその2本の糸を平行にすることができずぐちゃぐちゃになってしまいました。そこで今回は折り返しは黒糸を使用し目立たないようにしました。

生地への縫製はオレンジの糸です。
PA180003

袖を胴に付けてみましょう。
袖の方の部分にはいせ込みをいれました。元紳士服縫製技術者のアドバイス、
「いせ込みはしわが見えるほど入れるんじゃないぞ。」
の通りこの程度にしてみました。
PA180004

ようやく着れるのです。が、糸調子を最弱にして仮付けにします。ここで着心地の確認をして、プロテクターの蓋の位置と構造の検討もするのです。シャーリングも入れますしね。
PA180005

着てみました。ちょっと袖が短い?
PA180009

エルボープロテクターの位置はまあいいかな。
PA180010

肘上のシャーリングは肘を曲げるとちゃんと伸びていますよ。
PA180011

背に入れるシャーリングは違う構造、工法を考えてみましたが、どうもうまく行きません。
PA180017

まだゴムカタン糸を使用した方がましかなあ。
PA180019

6日目に続く





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

4日目はシャーリングの製作と肘上への設置です。

まず、シャーリングを作るための知識収集から始めます。いくつかの方法があるのですが、一般的にはゴムカタン糸を下糸に、上糸はカタン糸で縫うようなのですが、「ボビンの調節を緩める」ということができる垂直釜である必要があるようなのです。私のような家庭用ミシンは水平釜ですので違う方法を探してみました。するとあるブログで
「ゴムカタン糸を真っすぐに置き、上下普通のミシン糸でジグザグに縫っていく。縫い終わったらゴムカタン糸を手繰ってシャーリングを作る。」
という方法を見つけました。これなら水平釜でも問題なくできそうです。

端切れで実験します。押さえは中央に溝の有る物を使用しました。中央にゴムカタン糸を置き、その左右をジグザグで縫っていきます。
PA160458

こんな感じに出来ました。さあ、手繰って寄せて行きますよ。
PA160459

糸でしっかりと締め付けられているので、滑りが悪くなかなかの固さです。
PA160460

しわが寄り、伸び縮みができるようになりました。まあ成功かな?いやいや、表に無数の糸が出てしまって見た目に綺麗ではありませんね。これでは失敗です。
PA160462

次の方法は、ゴムカタン糸の説明書きにある「水平釜の場合は上糸の調整が必要です。」を参考に思い切って下糸にゴムカタンを使ってしまいましょう。

指示通り上糸にはカタン糸(コットンの事らしい)を用意しました。他の材質ではだめなのかどうかわかりませんが、指示があるのだから取りあえず従って置けば無用のトラブルは避けられるでしょう。
PA160467

下糸は手でボビン巻きしないといけないという何とも原始的な方法をとるしかないようです。引っ張りながら丁寧に巻いていきました。
PA160470


先のジグザグ工法と同じように端切れでやってみた結果、上糸を緩めにすれば何とか縫えることが判明しました。

それなら寸法に作ってみましょう。
PA160465

さて、どんな感じになるのかな?ゴムカタンを引っ張っていきます。

PA160477

あまりきれいではないけど、なんとかできたでしょうか?
PA160478

引っ張るとちゃんと伸びます。
PA160480

肘にはプロテクターポケットがあるので、その蓋のキワからシャーリングがはじまるようにしたいとことです。ギリギリに加工するなら、一旦蓋を外した方が良いでしょう。
PA170482

そして、ここへ穴を開けるのです。位置決めは慎重に。
PA170483

線を縫って中央で切り開き、裏へ返します。
PA170486

その穴へシャーリングを当てて待ち針で留めてみました。
PA170487

下の縫合は先ほどほどいた蓋の裏からシャーリングごと行いました。
PA170488

肘シャーリングの完成です。
PA170489

肘を曲げるとちゃんと伸びますよ。
PA170490

5日目に続く





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

3日目は裾と襟を付けました。裾はどうという事もなく付けられたのですが、襟は結構難渋しました。

長すぎて困っていたのですから、裾はなるべく短くしたいので、ファスナーの始まりが裾の半分より下になるようにしました。これ以上上だとポケットに干渉してしまいます。
PA150453

続いて襟です。どのような形、サイズがいいのか厚紙を使って検討しました。走行風が首元から入らないようにしたいのですが、かといって首が振れないようでは困ります。
PA140435

いくつかの形で試して、後ろはまっすぐに立ち上がり、前の方は緩く内側に倒れ込むデザインにしてみました。
PA140436

生地を寸法に切り出したら接着芯を貼って中表で縫い合わせます。角はしっかりと出したいですね。でも内側にすぼまっているので直角では収まりが悪いので、鈍角にしました。角度は計算ではなく厚紙で実際に当てて作り出した角度です。
PA140438

アイロンをかけて襟の形を整えます。
PA140439

しつけ糸で仮縫いしてみました。あれ、ちょっと短いな。なんでだろう。
PA140441

さあどうするって、もう一度作り直すしかないよな。あれ、もうこの長さ、幅の生地がないや。じゃあ他の生地でもいいよ。あれあれ、デニム生地ではもうないぞ。

それなら、禁断の大技を繰り出すまでさ。真ん中に継を入れました。ついでに、さらに30㎜長くして面ファスナーで留められるようにすることにしました。
PA140444

端から一気に縫うほど自信過剰ではないのです。中央から(丁度良いことに生地をつぎ足したところだ)左右に縫いました。
PA140445

出来た、けど何か不自然。あれ、左前になっているじゃん!死んだ人じゃあるまいし、縁起悪いなあ。いや、女性物には左前の物もあるからまあいいか。なんで間違えたかって、そこまで気にしなかったから!縫い目の綺麗な方をつい表にしてしまったんだよなあ。失敗です。
PA140446

面ファスナーを縫い付けました。
PA140447

こんな感じにできました。あとは袖を接合するだけなのですが、これもそのままだと腕が前に伸ばせません。ピッタリサイズ過ぎるのです。処方箋は、背か腕にシャーリングを入れる事。というか、持っているライディングジーンズにはシャーリングが入っているのでこちらにも入れてみたかったのです。
PA140451

4日目に続く。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ