三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:ボランティア活動

ボランティアで出前講座の講師をしているのはすでにご承知の通りだと思います。私は今までに3種の口座を受け持ちました。ひとつはアイマスク・ガイドヘルプ体験、一つは福祉講話。そしてもう一つが高齢者疑似体験講座です。この最後の高齢者疑似体験こそ私の長年の高齢者福祉施設勤務が活かされると思っていたのですが、実は最も苦手なのです。理由は簡単、高齢者疑似体験キットが小学生には脱着が難しく、時間がかかってしまってこれだけで1時限をほぼ使ってしまうからです。それに小学生ですから、学校によって、あるいはクラスによって違いはありますが、全般にわちゃわちゃになってしまって感想も「面白かった!」というがっかりな反応しか返ってこないこともありました。やはり、感想を聞き、高齢者の立場を考えさせ、福祉で働く楽しさを伝えられなければ私がやる意味がないと思うのです。

高齢者疑似体験キットは10セットしかありません。一クラスの人数は30人を超えることもあります。一人が体験し、次の人へ付け替えて、がスムーズに出来れば時間に余裕ができることでしょう。そこで、私的に考えて製作することにしました。

1 視野狭窄と白内障再現ゴーグルはキットのまま使います。付け替えもスムーズだし、ぼんやりとした視野になる辺りがうまく再現できているようです。

2 強制円背器は高齢者が立ったり歩行するのが困難になる事を理解できるのでぜひとも使いたいのですが、首を下げる支点にもなる膝の曲がりを制限するニーパッドの付け外しが難しくて最も時間を使ってしまう物になっています。

3 肘の曲がる、伸ばすの制限をするエルボーパッドは曲げたまま、伸ばしたままの2種類がありますが、児童からの感想からほとんど意味のないことがわかりました。特に3~4年生では腕が細すぎて制限にもなっていないようなのです。

4 腕に付ける錘は利き腕だけでもよいのではないでしょうか?また、もっとつけやすい形にした方が良いでしょう。足に付ける錘は円背強制器があれば歩きにくくなるので不要ではないかと考えます。

ということで、作ってみました。

これがひざ下に付ける円背強制器の支点になります。膝の行動制限機能を取り除いて、ただの支点に特化しています。膝は制限をかけなくても円背になれば必然的に歩きにくくなります。
イメージ 1

小学生に、Dリングのある方を上に、と説明しても理解できない子や忘れてしまう子も案外多いものです。そこで支点は中央に付けました。上下をどちらにしても使えるようにしたのです。
イメージ 2

ひざ下に巻いてみました。バックルを留め、ストラップを引き絞ればOKです。先に説明したとおり、上下左右はありませんからどの向きで付けてもOKです。首にかけるストラップはつけっぱなしでも大丈夫でしょう。これを後から首にかけるのです。
イメージ 6

50㎜幅面ファスナーのストラップを半分の長さに折り、ミシン掛けしました。両面雌になるので、どの長さでもくっつけることができます。腕の太い子、細い子、なんでもござれです。一本のストラップなので一人で付けることも難しくはありません。錘は今回は手っ取り早くダイビング用のソフトウェイトを使いました。安価に(ただで?)大量生産するとなると布の袋に砂をつめるなどの方法が良いかもしれません。
イメージ 3

腕を通し、こんな具合に留めます。面ファスナーオスの始まり部はリングからの抜け止めを施してあります。
イメージ 4

体に装着してみました。腰が痛いです。腕も重たいです。これで十分ではないでしょうか?
イメージ 5

これは試作品ですので、講師の皆様方に批評していただき、改良していきたいですね。用意するなら20セット位は用意したいところです。

  • 顔アイコン
    高齢者疑似体験講座
    聞いたことがない(^_^;)介護職員でさえ車椅子に座ってみる、おむつを付けて見るだけとかぐらいしたやってないような・・・長年やっていても背抜きの言葉すら知らない、学校でも教えてないようですね凹もっと高齢者のことを知って欲しいものです。自作素晴らしいですね。 削除
    2019/2/14(木) 午前 6:38
    返信する
  • 顔アイコン
    > じじくんさん
    じじくんさんも同業者でしょうか?高齢者介護の仕事は3K、曰く、(体力的に、さらに夜勤があって)きつい、給料が安い、腰が壊れると敬遠されがちですから、小学生から高校生相手にこの仕事の楽しさと案外普通に生活できる待遇であることを伝えることも目的の一つとして、ボランティアで出前講座の活動をしています。

    明日の出前講座も頑張ってきます。 削除
    2019/2/15(金) 午前 10:28
    返信する
  • 顔アイコン
    今日の出前講座、お疲れ様でした。
    実物を見せてもらい、これなら私も作るのを、お手伝いできそうです。20セット作って早く試したいですね! 削除
    [ 高木 ]
    2019/2/16(土) 午後 4:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > T講師さん
    コメントありがとうございます。そして本日は講師お疲れさまでした。もうすこし練ってより安価で、装着が簡単、よりリアルに高齢者になり、さらに大量生産が可能な形を求めて試行していきたいと思っています。良いお知恵をお貸しください。また、製作でもよろしくお願い致します。 削除
    2019/2/16(土) 午後 6:29
    返信する

3日月曜日 あ、これは書きましたね、恋するレオパレスの日でした。

4日火曜日 仕事です。家に帰ったら夕食を作り、夜は娘の小論文の問題作りと添削をしました。もう1か月ほど続いていましたが、父の前ではなかなか素直にはなれない娘。苦手意識があり、いやいややっている感じ丸出しでした。しかし、S先生の面接授業でようやく娘も目覚めてやる気が出てきた様子。悪い態度を私にも示さなくなってきました。論文を書いている最中に私は公園でラン。マラソンが近いですからね。

5日水曜日 もちろん仕事です。夜は小論文の問題作りと添削をしました。この日はようやく1時間以内に仕上げることができるようになり、内容も及第点をあげられるようになってきました。それからラン。時間もないし、軽めに流してきました。

6日木曜日 仕事です。会社では大きな行事があり、私も駆り出されて過労気味でした。でもそんなの関係ない、この日は私から娘への最後の授業です。といっても問題を作っただけ、メールでS先生へ送り、最後の通信教育を受けさせます。過労気味なのでランは無しに。

7日金曜日 当直です。娘へS先生からのメールを受信して読むように言っておきました。

8日土曜日 昼前に帰宅。娘は受験中です。さあどうなるか。しばらく昼寝をして睡眠不足を補います。やがて娘が帰ってきました。やや落ち込み気味。小論文は裏を突かれた、昨年と同じネタの物だったそうです。「小論文は、受験者は一度はみんな練習しているだろうから差がつかない。面接ではうまく答えられなかった。」
さてさて、受かっているでしょうか?夕食は妻が作ってくれたので楽でした。夜はラン。

9日日曜日 受験の一応は終わった娘、もし受かっていなかったら再び受験生です。そして息子も家にいます。もう家族4人がそろう休日なんてないかもしれないから、昼食は一緒に外食しようじゃないか。

クレジットカードのポイントと引き換えた食事券があるから、レイクタウンの四六時中へ行きました。
イメージ 3

海鮮はおいしいよね。最後にだし汁でお茶漬けにするのがまたうまいのです。
イメージ 1

これは余計だったかな?太っちゃったらトレーニングしている意味なくなっちゃうからね。出も美味しいんだよね~。
イメージ 2

そしてアウトレットへ行き、アシックスでマラソンシューズを購入しました。この靴についてはまた今度、改めて書きます。

そして夜。会社の同僚と百香亭へ行ってきました。
イメージ 4

アルコールを飲まない私はノンアルビールを。飲んだところを見たことが無い人たちはちょっとびっくりだった様子。古くからの付き合いのある人たちは飲んでいる時の私も見ているので今更驚かなかったですけどね。
イメージ 5

そして本日、10日月曜日

出前講座で中学校へ行きました。アイマスク・ガイドヘルプ体験が本日のメニューです。初めて講師として教壇に立たせていただきました。独特の構造の教室でなかなか思うような講座にはなりませんでしたが、生徒の反応が良く、また静かに話を聞いてくれたのでやりやすかったですね。お手伝いいただいた会社の同僚、8頭身美女のNさんには心よりの感謝を申し上げます。

Nさんと京成高砂のエキナカ喫茶で反省会をしました。
イメージ 6

ふう、なんとも忙しい一週間でした。今週は少しゆっくりさせてもらうとしましょう。

今日は公休ですが、研修に行ってきました。行先はここ、ウェルピアかつしかです。
イメージ 1

研修は3月まで不定期に続きます。結構ハードな内容なのですが、終了後には小中高校、あるいは会社や町会などへ「出前授業ボランティア」に行けるのです。出前授業は内容は主に障碍者、高齢者の特性や社会福祉の現状などの授業で、講義、もしくは体験型の授業を求められている現場に合わせて実施するものです。

研修が終わったら、そのまま帰るにはやや早いので水元公園へ行ってきました。水元公園葛飾菖蒲まつりが実施中です。
イメージ 2

もちろん、菖蒲は見頃ですよ。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

紫陽花も、ね。
イメージ 7

日が暮れない前には帰りますか。
イメージ 6

またまた仕事の内容です。会社から離れた遊びがまだ仕事になってしまうのは仕事が好きだからなのでしょうか。そんなはずはないのですが、、、、、。

当直明けですが、寝てばかりはいられないのです。まずは修理に出していた車が仕上がったので、引き取りに行きます。

それからライディングスーツに着替えます。ジャケットは今回が実用初回となるコミネフルプロテクトメッシュジャケットJK‐100、ジーンズも初のJK-739S/Fスーパーフィット プロテクトメッシュジーンズ、ブーツも初となるSB-2です。つい先日まで寒さ対策が必要だったのに、もうジャケットはフルメッシュになってしまいましたね。
イメージ 3

まずは小岩公園の一角にある甲和亭へ行ってみました。会社からは30分もかからないくらいですが、河川敷のマイクロバス駐車場まで1.5㎞くらいの距離があります。送迎した後は、駐車場までは折り畳み自転車「トラ次郎」で移動すれば問題ないかな。
イメージ 1

残念なのは庭が猫の額ですね。これをどう評価するか、皆様のご意見を聞きたいところです。
イメージ 2

もう一カ所行ってみましょう。今度は遠めです。行船公園へ行ってみました。ここにマイクロバスを停めさせてもらえれば、便利ですね。
イメージ 4

それでは見てみましょう。
イメージ 5

おお、これはすごい庭です。あの建物が源心庵です。ここ借りられたら面白いだろうな。
イメージ 6

まるで庭の付属品かのように、鷺もいました。いつもそこにいて欲しいくらい、きれいに風景にはまっていますね。
イメージ 7


入り口はここかな?あれ、段差と飛び石だ。これでは歩行の安定していない方々は困るな。いや、こっちから人が出てきたぞ。と枝折扉の方へ行ってみると、あれれ、勝手口だって。そして、職員に入らないように注意を受けました。
イメージ 8

事情を説明したところ、正面からの入り口を教えていただきました。ただし、車椅子や歩行器は玄関まで、そこまでの道も石畳でバリアフリーというわけにはいかないようです。今時これかよ。
イメージ 9

庭に出て、というわけにもいかないでしょうね。
イメージ 10

さて、これで吟行の候補は5つにまで膨れました。過去に使った所もありますが、全部見てきたのでそれぞれの特徴と問題点が分かってきました。あとは俳句の会で検討することにしますか。

水元公園で秋刀魚まつりが開催されました。父が秋刀魚を焼く係なこともあり、覗いてみました。おお、早くも凄い人だかりだ!
イメージ 1

秋刀魚をどんどん焼いています。焼く係は保護眼鏡をしています。
イメージ 2

ヒップホップダンスも披露されています。
イメージ 3

驚くべきことに、中国中央電視台の撮影がありました。レポーターが喋っている間、その後ろをうろちょろしていたのでおそらく今日のニュース映像に私も映っていたことでしょう。
イメージ 4

さらなる驚きは、偶然妻の叔母一家と遭遇したことです。
イメージ 5

元気がいいね、空手技を私にかけてきます。でも負けないぜ、まだまだ君にはね。
イメージ 13

秋刀魚を手に、うれしい娘。この後すぐに売り切れとなりました。とにかく早くいかなくてはダメなんですね。
イメージ 6

帰りは少し歩いてから帰りました。
イメージ 7

さてそろそろ昼だなあ。
「もんじゃ焼き食べたい!」
と娘。よし、やるか。先週行ったファルトの部品の手入れをしていたのを中断し、ツーバーナーを用意しました。
イメージ 8

こういう時だけチームワーク抜群の家族です。
イメージ 9

ちょっと鉄板(本当はアルミ板)が傾いて、土手が決壊!
イメージ 10

美味しく食べた後は片付けです。そうそう、椅子が1客壊れました。でも捨てないよ。この骨組みと生地は、ある物に使う予定です。
イメージ 11

夕方から自転車に乗って買い物と、江戸川堤で1時間ほどトレーニングをしました。ここ最近全然自転車乗れていません。11月3日のもてぎは大丈夫かなあ。まあ、5月のもてぎ耐久レースは熱中症気味で吐き気もする中、何とか走れたんだから、今回だってどうにかなるかな。あの時には帰ってからも、次の日でさえも気分がすっきりしなかったっけなあ。

イメージ 12

↑このページのトップヘ