三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:ブラッカン

今日のコロナウイルス感染者は東京都だけでも221人が確認されています。いつから活動を開始してよいやら悩んでしまいます。

さて、活動の再開はこちらに置いておいて、このような製品を購入いたしました。
PA290078

campingmoonと言うブランドの、ガスステーション セイフティースタンド型 3本連結式 Z30と言う製品です。





袋から出してみましょう。ここにカセットガスをセットします。脚のついている方を下にします。上にしてしまうと液出しになってしまいます。
PA290080

裏側(こっちが表かな?)はこうなっています。中央のブランドマークはスクリューキャップになっています。
PA290081

キャップを外してみました。ここにはOD缶の接続バルブが出てきました。
PA290082

これだけでは使いにくいので、こちらも一緒に購入しました。こちらも同じくcampingmoonのマルチガスホースラインです。



PA290083

oリングの予備が付いていました。良心的かもしれません。長さは107㎝の物を買いました。
PA290085

OD缶用の延長ホースという事です。
PA290084

カセットガスを付けてみましょう。3本まで付けられます。このように、1本、2本だけだとガスが漏れそうですが、バルブが付いているようで全く漏出はありませんでした。
PA290086

これをどう使うかと言うと、アウトドアの床暖房ブラッカンの燃料供給として使用してみようと思っているのです。OD缶を使うのが本来の使い方ですが、カロリー当たりの価格を考えればできればカセットガスを使用したいところです。しかし、極寒の野外で使用するのでかなり無理があります。OD缶でさえ、寒冷地用は最低必要となります。そこでこのガスステーションの出番です。たっぷり使っても夜中にガス切れを起こさない3連、気化しやすい温水マットの上でガス缶を保温して使えます。延長ホースでの放熱も心配されますが、お湯の通るラインに沿わせれば大丈夫でしょう。

OD缶使用時のブラッカン。ボイラーで湯を作り、熱膨張を使って温水マットに温水を循環させるアウトドアの床暖房です。OD缶でも保温した方がいいので、ブラッカンの温水ホースを巻いてさらにその上にウレタンを巻いていました。
USER7999 (500x281)

さて、もう一つ荷物が届いていました。千葉ロッテマリーンズからです。
PA290087

届いた日は皮肉にもホークスに敗れて彼のチームが優勝を決めた日でした。中身は大きな箱には似つかわしくない、この小さいものです。
PA290088

マリンスタジアムの場内アナウンス担当、谷保さんの30周年を記念したボイスラバーストラップです。
PA290089

ぽちっと押すと、
「ただいまのは今シーズンの初ホームランです。」
と鮮明な谷保さんの声が流れてきました。30年前と言うと、ロッテはオリオンズ、球場は川崎球場ですね。そう考えるとずいぶん長い時間にも感じられます。

実は私もこの9月で勤続30年を越えました。まだまだ頑張れるかな?






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2019年12月9日

6時6分、目が覚めました。寝袋の下は冷え込んでいます。下からテントのフットプリント、テント本体の床、K-MAT、ブラッカンの温水マット、一番上にファミリーキャンプ用のテントマットを敷いているのですが、それでも容赦なく冷たさが伝わってきます。つまりはブラッカンが停止してしまっているのです。

外へ出ると、朝日が昇ってくるところでした。地面は凍っています。もちろんテントのフライも裏表、両面が凍っています。
PC090024

マナスルに火を入れ、湯を沸かします。コッヘルの中にはサトウのご飯新米とレトルトハヤシライスが入っています。
PC090026

ブラッカンの再着火を試みましたが、できませんでした。このままではブラッカンに使用している水も凍ってしまいます。分解し、水抜きをしました。停止していたわけは明瞭でした。つまりはOD缶のガスは空っぽになっていたのです。この寒さに大面積の温水マットですから、やはり燃費は落ちるようです。その分安定して温かくなるのではありますが。

寒い、と言いながら息子も起きてきました。カチンカチンに凍った地面に驚いていました。
PC090027

朝ごはんを食べたら片付けて、パッキングをします。ペグは凍り付いていてなかなか抜けません。素手で触ると張り付くくらい冷えています。

それでも7時10分にはエンジンに火を入れました。しばらく暖機をして、フロントスクリーンのくもりを取りました。それでは、スタート。

那珂川を対岸に渡り、東へと進みます。途中水郡線を見かけました。台風の被害を受けたという情報がありましたが、現在も西金ー常陸大子間はバスの振り替え輸送だそうです。
PC090029

ビーフラインを通過。この道はもう4年も前になりますが、同じく道の駅かつらで一泊した後極寒の早朝にモーターサイクルで走ったことがありました。今日は快適な車内なのですが、何か物足りなさを感じるのはなぜでしょうか。息子に、自動二輪免許取れよ、というとヤダ、と言われました。
PC090033 (640x480)

最初の立ち寄り場所は、茨城県の観光名所と言ったらここを外せないでしょう、袋田の滝です。市営無料駐車場に車を入れました。
PC090036 (640x480)

40ランクルとプレジデント!40はミドルホイールベースなのでBJ46V でしょうか。
PC090037 (640x480)

その車両はどこにあったのかと言えばここ、ジビエ料理屋でした。息子は車には興味を示さず、もっぱらイノシシやシカを撮影していました。
PC090038 (640x480)

シラサギが飛んでいました。
PC090039 (640x480)

さあいよいよ袋田の滝ですよ。その前に、ここへ立ち寄りますか。恋人の聖地だそうで、以前こんなのあったかなあ。歴史ある滝なのにむしろだんだん安っぽい観光地になってきているような気がします。
PC090040 (480x640)

第一観瀑台から。
「マジ、なにこれ!すっげーな、こんなにすごい滝だと思わなかったよ。」
PC090045 (480x640)

そしてエレベーターを使用し、第二観瀑台の頂上へ。
PC090046 (640x480)

残念ながら氷瀑という訳にはいきませんでしたが、この迫力ある滝はやはり見ごたえのあるものです。
PC090048 (480x640)

さあ、次行くぞ。
「お腹すいた、朝何も食べていないから。」
おい、ハヤシライス食べただろう。忘れちゃったのか?
「いやあれ、少なすぎだから。」
これだから21歳の男は厄介なんだなあ。仕方がないなあ。


一旦反対側へ車を走らせ、道の駅奥久慈だいごへ立ち寄りました。
PC090050 (640x480)

レストランは残念ながらまだ空いていません。仕方がないので暖かいお焼きを購入。一つ150円なので600円でした。そうだ、そこのテーブル借りて食べていくか。いやちょっと待て、確認してからだ。
「すいません、そこのテーブルで食べていきたいのですが、消費税変わったりしますか?」
「大丈夫です。どちらで食べても一緒です。」

それなら安心ですね。かぼちゃとりんごひとつづついただきました。
PC090052 (640x480)

元来た道を一旦戻り、R461を南下します。ナビは使わずに私が地図を読んで案内します。
「紅葉がいいね。」
と息子。よそ見はいいからちゃんと運転していろよ。ブラインド―コーナーを曲がったら路面凍結も考えられるから、ゆっくり進入するんだぞ。
PC090054 (640x480)

竜神大吊橋に到着しました。
「ほんとにバンジージャンプするの?」
「あんまり高かったら考えちゃうけどなあ。5千円程度ならやってみようぜ。」
「マジで言ってる?」
PC090055 (640x480)

がしかし、残念ながらバンジージャンプは私の予想をはるかに裏切る値段だったので、それこそ「清水の舞台から飛び降りる」覚悟がないと飛べませんでした。まあね、安全対策や人件費を考えたらしょうがないでしょうけどね。まあいいや、バンジージャンプは飛べなくても橋は渡ってくるか。

「すっげー怖えー!見ているだけで足がすくむんだけど。」
PC090056 (480x640)

まあね。紅葉もきれいだし、安上がりに済んでよかったかな。
PC090057 (640x480)

あれ、カヌーがあるよ。いやあれカヤックだから。アクリルで下がのぞけます。
PC090060 (640x480)


ここからバンジージャンプのポイントまで降りていくようです。
「マジ無理!ここから出るだけでも絶対無理!」
PC090061 (640x480)

対岸へ渡ってみました。誰か飛ばないかなあ。
PC090063 (640x480)

反対側に渡ったら本来ハイキングコースが整備されているのですが、現在封鎖中。台風の影響でしょうか。
PC090064 (480x640)

竜神大橋を楽しんだら、すぐ側にある竜っちゃんの湯へ立ち寄りました。ここで温泉とサウナを楽しみました。サウナ7分水風呂1分休憩7分のサイクルを3セットこなし、「整う」感覚を味わいました。
PC090065 (640x480)

風呂から上がったらちょうど12時です。ここで食事を食べてもいいのです。なにしろ奥久慈は軍鶏やコンニャクがおいしいのですから。しかし、茨城県の美味しい物はそれだけではありません。海を目指しましょう。
PC090066 (640x480)

道は空いていて、50分ほどで道の駅日立おさかなセンターへ到着。やっぱりここに来てしまいました。
PC090069 (640x480)

寿司にするか、自分で乗せる海産物を選べる勝手丼にするか、もしくは2階にあがって御膳を食べるか。
「寿司食べたいなあ。」
やっぱりここだなあ。
PC090072 (640x480)

ランチ1.5人前税込み980円という破格なセットにしました。これに味噌汁が付くのですから驚きです。
PC090073 (640x480)

さらにお土産にアンコウを買いました。

「寿司うまかったなあ。あとは甘いものが食べたい。」
面倒な奴だなあ。それならこれはどうだ。
鯛焼きです。
PC090076 (640x480)

海沿いを走り、南下していきます。曇り空なのが何とも惜しいなあ。
PC090077 (640x480)

阿字ヶ浦辺りに来ました。ここいらでちょっと海に出てみようぜ。
PC090078 (640x480)

濡れてて滑る!
PC090081 (480x640)

ふう、やっと戻ってこれた。
PC090082 (640x480)

「いこいの村涸沼って、どうなっているのかな?」
そこは仕事が休めない私に代わって両親が息子と娘を連れて毎年遊びに来ていた施設です。それじゃあ、寄ってみるか。

ほれ、ちゃんと営業しているじゃないか。
PC090086 (640x480)

最後に道の駅たまつくりに寄って行方バーガー食べて行こうか。
PC090089 (640x480)

ナメパックンは残念ながら売り切れ、息子は無難に豚パックン、私も無難に鯉パックンを頂きました。
PC090090 (640x480)

鯉は泥臭さもなく、ハンバーガーによく合いました。
PC090091 (640x480)

帰りにスーパーによって食材を仕入れてから、18時に帰宅。
「俺が荷物降ろしておくから、夕食作ってよ。」
よし、任せろ。

煤だらけのダッチオーブンを洗ったら、日立おさかなセンターで買ったアンコウで鍋を、肝は蒸してからナンプラーで仕上げました。
PC090092 (640x480)

「昨日から食べたもの全部おいしかった。」
と息子。まあこれでしばらく仕事も頑張れそうだな。

2019年12月8日

夜勤明けです。勤務が終了したら早々に帰宅、用意していた荷物を積み込みます。今回の同行者は息子です。彼の運転で行くので父の車を借りました。でもその前に溜まっていた洗濯物を息子にやらせなくっちゃね。洗濯機が回っている間に買い出しも済ませました。
PC080001

11時、ようやく出発準備完了です。よし、行くぞ。が、お腹が空いたとドリアを食べだす息子。何考えているんだよ、それじゃあ俺が守谷SAまで運転するからコドラシートで食べてろ。

守谷で運転手交代です。コーヒーを買って飲みながら運転するという息子。私は寝に入ります。
PC080002

うつらうつらしながらドライブを楽しみ、洪水で閉鎖されていた水戸北ETC ICで降ります。そして途中のJA-COOPに寄って食材の追加購入をしました。洪水被害の支援のつもりです。ここで鯨肉、焼きそば、飲み物など数点を購入。

到着したら、まずはバーベキューグリルに炭を熾します。熾きになる間、テントの設営とブラッカンのセットアップをしました。今回使用したテントはプロモンテK405で、ブラッカンマットはマミー型ではなくホットカーペット型を使用しました。
PC080005

※ブラッカン=アウトドア用の床暖房器具。OD缶型ガスカートリッジを使用し、温水をマットに循環させる物です。

そろそろ焼きにかかるか。串に刺して、まずは鮭とカボチャをあぶりました。
PC080008

鮭がいい感じになってきたところで鯨も焼きます。鮭はものすごくおいしかったです。遠赤で焼いた感じがとてもよく出ていて、息子は夜テントの中でも、鮭がおいしかったと繰り返し言っていました。
PC080010

焼き鳥、ソーセージなども追加。
PC080011

そろそろ鯨肉も食べようぜ。硬いけど味わい深いなあ。
PC080017

エリンギ茸も忘れずに。
PC080013

日が傾くと冷え込みが厳しくなってきます。
PC080018

ここは結構暖かいのですけどね。グリルの周りから離れられないなあ。
PC080019

本日のエース、黒毛和牛のカタ登場。
PC080020

焼き物が終わったら、炭を足して火力をあげます。そしてカット野菜と豚肉をダッチーブンで蒸し焼きにします。
PC080021

そこへ焼きそばを投入。
PC080022

これがまたうまいんだなあ。
PC080023

17時には食べ終わり、片付けをしてテントの中へ。

ピンクのマットがブラッカンの温水マット、その上に緑色のテントマットを敷いてあります。
PC080006


テントの中はあらかじめ点けていたブラッカンで暖かでした。それはいつも以上に暖かく、温水マットの上にテントマットを敷いているにもかかわらず暑すぎるくらいです。寝る前に温度調節を一番下げて種火も最低にしました。歯磨きをして、18時、お休みなさい。

夜半、息子がトイレに起きました。帰ってきた時に声をかけます。
「いま何時?」
「9時。」
そうか、もう3時間も寝ちゃったのか。一瞬に時間が飛んだ錯覚を覚えました。背中はまだ暑すぎるくらいです。バルブでさらに火を絞りました。
「星が綺麗だったよ。」
そうか、それなら朝の冷え込みは厳しいだろうな。どら、俺も見てくるか。
一緒に星を眺めます。オリオン、冬の大三角が見えました。残念なのは橋の照明がきついことだなあ。

テントに入り、寝袋に入る息子、しばらくもぞもぞやっていましたが、
「なんか眠れなくなっちゃったよ。」
と言ってきました。そうだなあ、しばらく起きていてもいいか。まだ世間では寝るのは早いとされている時刻だからなあ。仕事の話、これからの趣味の話、彼女の話、などしゃべっていると、息子はなんだか甘いものが食べたくなったと言い出しました。そうか、幸か不幸かここに朝用に用意してあるお汁粉があるぜ。今食べるか。

マナスルに火を入れ、フリーズドライお汁粉を作り食べました。食べたら再び歯磨きをします。もうじき日付が変わろうかという辺りで再び消灯しました。ようやく眠くなってきたね、お休みなさい。

↑このページのトップヘ