まずは感謝の気持ちコーナーから。

こんな男ですが、これでもバレンタインデーに頂き物をしてしまうのです。お心遣いをして下さった会社の同僚様には心よりの感謝を申し上げます。

一人目は、ゴディバです。
イメージ 3

イメージ 4

お二人目、こちらは柴又の名店、ビスキュイのマカロンです。うれしいメッセージ付きでした。
イメージ 1

イメージ 2

大変に美味しかったです。お二人への感謝の気持ちでいただきました。

さて、息子は現在実習中です。今日はお休みでした。私も公休です。息子に誘われて出かけてくることにしました。どこまで?え、区役所!年金の手続きに行くのに、一人では不安だと二十歳とは思えない言葉を平気で吐きます。仕方がないなあ。

ランで行く、というので私もランニングシューズを履き、一緒に走っていくことにしました。
「父さんが本当にフルマラソン走れるかどうか、俺が確認してあげるよ。」
と余計なチェックが入ることになりましたが、ばてることなくおよそ6㎞の道のりを走って到着。

手続きが済んだら、区役所内の食堂で食べるか。野菜も多め、五穀米もついた鯖のフライの黒酢ソースがけを注文。うまいね、これ。
イメージ 5

食べたばかりでまた走るのはちょっときついので、区役所近くのコジマに立ち寄りいくつかのお買い物をしました。よし、帰るか。帰りは同じ道ではつまらないから、ちょっと遠回りして帰ろうぜ。

帰りは奥戸の総スポを経由して、9㎞ほど走って帰りました。さすがに疲れたなあ。

「じゃあさ、お風呂入りに行こうよ。」
と息子。いいね。

と行ったのが矢切の笑顔の湯。サウナで汗を流し、壺湯に寝湯、筋肉疲労に効くと温浴と冷水浴を繰り返して、さらに電気風呂まで行ってのんびりと過ごしました。ここのところ公がやけに忙しくて、過労気味だったので良い休養となりました。

さて、精神的にも疲労が溜まっているので気晴らしにペーパークラフトに挑戦してみることにしました。オートメカニック誌の付録、ランドクルーザー40超精密ペーパークラフトです。この雑誌、実はエスティマのドアに傷ができてしまったので、最新の塗装リペア術を学ぼうと購入したのです。
イメージ 6

説明のページに従って部品を切り出していきます。
イメージ 7

インクの出なくなったボールペンを使って折れ線を引いていきます。この小ささではとても私の不器用な手ではまともに折れそうもありませんから。
イメージ 8

箱型に折って、糊で固定したら片側のウインカーの完成です。さすがは超精密を謳うことだけあり、この小ささです。
イメージ 9

完成までどれだけ時間がかかることやら。でも、完成しちゃうと楽しみ半減かもしれませんね。作っている時間が何と言っても一番楽しいですからね。