三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:スキー

朝4時30分、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めました。
 
まずはキッチンで湯を沸かします。ポットに入れるお湯と、紅茶を淹れてテルモスに詰めます。湯が沸くまでの間に着替えを済ませ、髭剃りします。そろそろ妻と娘も起きてきて着替え終了。5時丁度、車に乗り込みます。が、しまった、携帯充電するの忘れてる!充電器充電器、ああちょっと遅れたあ。
 
高速で地平線から登る(正確には新幹線から登る)太陽を見ながら車は北へ走ります。白河で降りたらあとは30㎞、すぐ、と言いたいところですが、峠道になっていて、ヘアピンカーブもいくつかあり、あまり飛ばせません。しかも積雪あり。
イメージ 1
 
これくらいスタッドレス+4輪駆動ですから、ゆっくり行けばどうということはありませんけど、チェーンで走る人は着け時、外し時が難しいかも。
 
現地到着8時20分くらいでした。SAでの休憩を除けば3時間調度くらいだったでしょうか。意外に近いものです。リフト券は5時間券を購入しました。
 
リフト券をケースに入れます。妻はウェアの腕についているし、私のは主に冬山用なのでそんな便利なものはなく、ケースを使用。娘のウェアはケースが付属、していると思ったらクリアー面がなく、スイカのようなタッチ式専用!仕方がないので、娘にパスケースを貸して妻と先に上に上がって滑っていていいよ、と言って車にケースを取りに行きました。
 
私のブーツケースのポケットにはいくつかのケースがあるのですが、その中に羽鳥湖の物を発見!あれ、俺は来たことないぞ???妻が来たことあったのかな?
 
リフトを降りたところで合流し、妻に聞いてみると来たことないっていうではありませんか。ケースはかなり古そうです。誰だろう???もしかして父かな?東葦達高校御一行様で来たかもしれませんね。
 
コースは初級、中級、上級と別れています。まずは娘のレベルでと、初級コースを滑っていましたが、大丈夫そうなので中級、終いには上級にもシュプールを描きましたが、結論から言えば全く問題なく滑れました。このスキー場の上級コースは、例えばマウントジーンズの中級よりぬるいです。そもそも距離の割には高低差があまりない上に、よく整備してあるので初めて板を履く人を除けばだれでもほとんどのコースを安全に滑れるでしょう。
 
イメージ 3
 
プロムナードコースを行くと、これは漕がなければまともに進まないような緩斜面もありました。その下は第一ペアリフトです。しかし、クワッドリフトの高速を味わってしまうと遅くて参ります。その分ゲレンデは空いているので動画撮影などには打ってつけです。娘や妻のはもちろん、私のも撮影してもらい、滑りの向上に役立てられます。向上するかどうかはともかく、ですけど。
 
クワッドに娘と乗っていると、相席した山のMochiさんと同年配のオジサマ同志で、私のスキーを見てシール登行用の板、という会話をしているのを耳にしました。
「山スキーをやられているのですか?」
「いや、若い頃ね。カンダハー使っているころ。」
カンダハー!懐かしい響きです。5分の乗車中、山スキーの話で盛り上がりました。スキーで国体にも出たことがあるという御仁で、相当な腕前のようです。
 
色々場コースを滑っていると、あっという間に5時間経過。やはりちょっと物足りない、と娘。でも、今シーズン最初だからなあ。私と妻は明日も仕事だし。温泉も入りたいし。
 
これが最後の1本を滑るところです。気温-5度、雪は1日降り続いていて、圧雪の上にふかふかのパウダー、滑りやすいことこの上なしですね。自分がうまくなった気がしてしまいます。
イメージ 2
 
滑り終わったらまず食事です。値段はまあ普通のスキー場並みで、仕方がないかなあ。でも、結構おいしかったですね。
イメージ 4
 
福島県の観光地にお金を落しに行ったと思えば、安すぎるくらいでしょう。
 
そして入浴もしました。入浴の券は売店で購入します。525円ですから、これも4月から値上げで540円になってしまうのですね。参っちゃうね。
 
ここに入浴施設があります。ゲレンデのすぐ脇で、駐車場の目の前です。宿泊もできるのかな?きれいでいい施設ですね。
イメージ 8
入浴は私一人でしたが、出ようとしたところ、若者が数人立て続けに入ってきました。皆さん、そろそろ帰る時間なのでしょう。
イメージ 5
 
帰りは浦和で事故渋滞、久喜で降りて下道で帰りました。それでも4時間かからないくらいで帰れました。三郷まで帰ってきたら、消防車で片側通行に。中川にボート浮かべて棒で突っついていました。何か事故でもあったのでしょうか?
イメージ 6
家に帰ったら荷物を降ろし、洗濯物を分別、ウェアやブーツ、手袋などは干します。そしてこのひと手間。板のエッジに油を塗ります。
イメージ 7
 
エッジの錆はひどくなるとどうにもならなくなりますからね。娘は、楽しいスキー場だった、またあそこに行きたい!と言っています。今度行けるとしたらいつかなあ。できれば泊りがけで行きたいところだなあ。日帰りでも無理はあんまりなかったので、日程調節してみるか。


顔アイコン
つらつら思うに、スキーはマメでないと出来ません。
出発前の準備、現地到着までの道中、現地での気配り(お父さんが大変)、みんな疲れての帰路、お父さんが運転、帰宅後の片付け、翌日の仕事。
ボクは、子供が生意気になり、スキーからスノボーに宗旨替えしてしまって以来、スキーに出かけなくなりました。
松戸市には白樺湖の奥に保養所があり、数年連続して使いました。終りの頃からスノボーがゲレンデで幅を利かせるようになり、ボクも「そいつは面白そうだ!」と思いました、ゲレンデの保守派には嫌われていましたが。スキーでも「ストックなし」でかなり滑れるので、スノボーのセオリーは何となく分かります。経験はゼロですが。 削除
2013/12/23(月) 午後 8:49
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。

スキーだけでなく、登山も相当マメでなければできない遊びですね。山のMochiさんレベルのマメさがあればこそ、遭難せずに単独日本アルプス縦走が出来得るのだと思います。私も山行十話の読者として、その教えをよく守っているだけです。カヌー、シーカヤックも準備、後片付けには登山以上の手間がかかりますが、それがまた楽しかったりします。

我が家ではスノーボードに乗る物は今のところ居りません。ゲレンデでは半分程度混ざっていますが、若い人に交じって年配でもスノボの人がいました。おっしゃる通り、ある程度スキーと交通する技術で滑れるようです。でも、また道具揃えると置く場所に窮するし、スキーと使い分けるほど回数行けないし、シール登行できないし、それにスキーもまだまだ拙い技術ですので、手を出していません。でも、いつか娘はそっちに行っちゃうかな? 削除
2013/12/23(月) 午後 11:08
返信する
顔アイコン
中川の事故は、やはり自動車の転落で2名の水死が確認されたということでした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

車には、水中転落時の脱出用ハンマーは常備しておいた方がいいですね。 削除
2013/12/23(月) 午後 11:44
返信する
顔アイコン
人間は冬に寝ずに沢山遊ぶんだね。
ボクは雪山に行ったら.......多分寝ちゃうな(・∀・)!
新雪は気持ちよさそうですね。中国からの来訪物がなければ
苺シロップとスプーン持ってけるのにね。 削除
2013/12/25(水) 午後 5:46
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

中国の大気汚染は深刻ですね。新疆のシルクロードを旅したものとして、また行きたい気持ちが強いのですが、さすがにあの空気では行く気がそがれます。歴史的文化財も汚れてしまうのではないかと心配ですね。早くどうにかしてほしいものです。

月着陸もそれなりに意味はあると思いますけど、まずは大気汚染に注力してほしいですね。 削除
2013/12/25(水) 午後 6:56
返信する

ただ今帰着しました。
 
*********************************************
2013年2月18日
 
S先生の仕事終了を待って2台の車で出発。中央道で須玉まで、降りてしばらく行った蕎麦屋で昼食にしました。コシが強く、のどごしも良いおいしい蕎麦でした。そしていよいよ小海リエックスへ直行します。高速から降っていた雨はどれだけ標高を上げてもやはり雨、リエックス到着してもやはり雨でした。
 
雨の中では滑る気にはならず、S先生はもともと不可能ということもあり、ウェルカムドリンク&ケーキをいただきながらおしゃべりして過ごしました。このホテル、お菓子で有名なシャトレーゼの経営なので、なんと飲み物、ケーキ類が食べ放題という驚きの大サービスぶりです。
イメージ 2
 
 
このメンバーで会うのは10年ぶりくらいでしょうか、話題は尽きることなく、日本の教育現状を嘆き、政治経済のむちゃくちゃぶりに悲観し、そして今何を出来るか、など前向きな話も当然あり、あっという間に時間は過ぎていきました。
 
夕食はほっこりプランに合わせて追加料金でコース料理にしましたが、これが盛りつけも綺麗なら給仕のお姉さんも綺麗と言うことなしのおいしい料理でした。
イメージ 5
 
部屋に帰ってからは風呂にもいかず話の続き、それでも日付が変わる前にはなんとか布団の中。
 
イメージ 1
*********************************************
2013年2月19日
 
夜半から雨は雪へと変わり、朝にはパウダースノーが待っています。朝食はバイキング、湯豆腐やレタスしゃぶしゃぶなどお腹いっぱい食べました。
 
昼食を食べて帰ろうと思い、ホテルでランチはやっているか尋ねると、ゲレンデのレストランのみとのこと。足の悪いS先生には無理なので、こっちで何か食べるものは売っていないかと聞くとびっくり、事情が事情なので、特別に用意しますと嬉しい提案がありました。その場でメニューと提供時刻を決め、お願いしました。なんという温かいサービスでしょう。「ありません」で済ますこともできたはずなのに。お礼はやはり、再度の利用がよいでしょうね。絶対また来ますね。
 
準備を整えたら、いよいよゲレンデへ行きます。ホテル直結なのでこれは便利です。が、ガスが出ていて真っ白、どこに向かっていけばリフト乗り場か見えません。おそらくすぐ前の坂を下ればいいのでしょうが、もしちがって登り直しになると面倒です。お兄さんに尋ねてみたら、やはりあっているとのこと。ビューと下ってクワッド乗り場へ。
 
リフト降りたらまず1本。昨日の雨がマイナス10度以下の環境でガリガリになっていて、コンディションはよくありませんでした。3歳から滑っているという道産子の御大、還暦とは思えない鋭い滑りで、そんな斜面にきれいなシュプールを刻んでいきます。15歳も年下の私はついていくのがやっとです。そして体力もすごい。滑り終わるとすぐにリフトの上、降りるとまた怒涛の滑りの繰り返しです。
イメージ 3
 
昼までガンガン滑って上がり、いよいよ昼食へ。これがまたうまい。2色オムハヤシです。
イメージ 4
 
リエックスで御大とは別れ、私たちは帰路、彼は次の目的地へと車を進めていきました。食べて笑って、そして滑って、大変に楽しい旅行になりました。また、次も企画したいなぁ。次はMくん、君もだよ。
 

明日から男3人で小海リエックススキー場に一泊で行きます。もし、このブログをご覧の方でこちらにおいでの方、よろしかったらお声がけください。
 
まずそんな方はいないと思いますけどね。
 
メンバー 御大(私の中学校の時の担任)
      S先生(時々このブログに登場する、高校時代の友人)
      私(三毛ジャガー、言わずと知れたこのブログの主。)
 
うーん、いずれ劣らぬイケメンぞろいだ。

私のスキーにはブレーキがなく、流れ止めはベルト出足に留めていました。しかしゲレンデで滑る時にはやはりブレーキが欲しいので、オプションを購入しようと思っていたのですが、価格が7000円くらいして躊躇してしまいました。
で、オークションを探していたら、ディアミールエクスプローラー用ブレーキが出品されていました。中古で十分、しかしチターナルには装着不能とあります。フリッチのサイトでは全機種対応となっているのですが。
 
どう合わないのか質問しました。すると、早速返事がきました。ネジ径が合わないのだそうです。なら、ネジを合う物に帰れば済むこと、早速入札開始。ライバルが出てきて価格は上がってしまいましたが、それでも送料入れても半額をかなり下回る価格で落札できました。
 
そして今日、商品到着です。さっそくつけてみました。
 
イメージ 1
 
まずは台座のカバーを取ります。折損させると突起がネジ穴に残り、面倒なことになるらしいので慎重にとります。
イメージ 2
 
うまく取れました。そして出て来たネジ穴に付属してきたネジを入れてみると、ぴったりのサイズです。タッピングタイプなので少々違っても大丈夫のはず。
ところが、説明書にない突起がビンディングの方にあり、付けられません。
イメージ 3
 
よくよく観察して、取り出したのはディスクグラインダー。思い切って削り取ります。写真左側の三角は頂点だけ削ればOK,、右側は完全に平らにしました。こんなことしていいのでしょうか?ま、いっか。で、何とか無事に装着。
イメージ 4
 
来月前出のS先生と、私の中学校の担任U先生とスキーに行く予定です。ともに山好きな社会科教諭です。いや、担任は過去形ですが。なぜ私の回りには山好きな社会科教諭が多いのでしょうか?そういえば高校ワンゲル部顧問も社会科の人がいましたね。
 
同行者ほんのり募集中。
ちなみに日程は2月18日東京昼立ち、八ヶ岳の小海リエックスホテル宿泊。19日スキー滑走の予定です。平日だし、メンバーがメンバーなのでそうそうはいないでしょうね。元同級生か、退職している社会科教諭の方くらいでしょうか。

2013年1月15日 北の風 風力1 快晴 気温4度
 
10:30、歩行開始。雪はかなり固く、歩くたびにギュッ、ギュッと音を立てて足の形にもぐる。アイゼンはもはや不要であった。天候は快晴、サングラスを通しても反射される光がまぶしかった。桜土手で担いでいたスキーを下し、履く。シールはすでにつけてある。
 
スキー歩行は快適に進んだ。シールはよく利いた。雪面は温度が低く、表面が凍っていたが板は滑るように前へと進んだ。
イメージ 1
 
夏道は喪失し、赤布も見えない。方角だけを頼りに道を切り開いていく。
イメージ 3
 
 
やがて山のふもとへと到達した。登りになっても、シールは前へと滑り、どんどん標高を稼いだ。最もきつい傾斜ではクライミングサポートを1段あげた。
イメージ 2
 
そして登頂。しかし絶景を楽しむ暇は少ない。日没までに下山しなければ、待っているのはビバークである。
イメージ 4
 
**********************************************
 
そんな感じで水元公園でスキーツアーを楽しんできました。カレンダー通りの休みが少なく、なかなか休日が世間の人と合わない勤務なのですが、本日はやっと合わせた公休日、楽しみにしていたS先生とのMTBライドの予定でした。ところが前日の大雪の為にできなくなり、世界一不幸な男だと自分を思っていたのです。しかし、塞翁が馬とはこのこと、雪が積もればそれなりの楽しみ方をすればいいのです。
 
驚いたことはあちらこちらの大木の枝が折れていたこと。雪の重みのすごさをを恐怖を持って感じました。
イメージ 5
 
野鳥観察舎からは、凍りついた湖面の上に立つアオサギの姿が見られました。寒くても鳥は元気です。
イメージ 6
 
中央広場の山の頂上でシールをはがして滑降してみましたが、雪が圧雪でないので漕がないと滑りませんでした。残念。やはり雪国の雪は違いますね。
 
冬のソナタのような景色です。そっくりさんでも、チェジウがいればね。ん、ヨン様?ああ、撮影に回ってしまっています。何か台があればセルフシャッターで撮るんですが。
イメージ 7
 
3時間ほどスキー散歩を楽しみました。スキーに行くことはハードル高くないですよぉ。それに山スキーも、行先次第で難易度は変わってくるので、それほど尻込みする必要はなし。だって、ここならみんなOKでしょう?ビバークだってここでしている方もいらしたし。
 
新雪にシュプール描けます。
イメージ 8
この気持ち良さ、わかる人だけわかってください。
 

これ、東京の公園なんですか?首都圏はめちゃめちゃ雪が積もったんですねぇ。私の自転車記事にグローブの評価を毎日記入(同じブログ内に追記)していますので、ご参考になるかわかりませんが、読んでみてください。 削除
たかさん
2013/1/16(水) 午後 5:32
返信する
顔アイコン
たかさんさん、コメントありがとうございます。グローブの記事も拝見いたします。

首都圏は大雪で交通網が大打撃を受けました。でも、その代わりの楽しみもありました。 削除
2013/1/16(水) 午後 10:15
返信する
顔アイコン
懐かしい水元公園の雪景色と雪遊び、歩くスキーとは喜ばしいことです。
当方、昔は、途中の年から一通になった桜並木の土手を20年間ほどバイク通勤していました。お花見(サクラもショウブも)にも野鳥観察にもよく行きました。おおらかな造りの開放感ある公園は貴重ですね。 削除
2013/1/17(木) 午前 11:20
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。水元公園は放射線量が高いことで知られていますが、それなりの除染を施されたそうなので(手抜きの可能性もなくはないのですが)お孫さんを連れてお越しください。その際には我が家にもお立ち寄りいただければ幸いです。 削除
2013/1/17(木) 午後 9:42
返信する

↑このページのトップヘ