三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:ひつじの郷

まーそのー、あー、つまり早い話が~、先日アップした計画を今日実行したという事なのですが~

集合は10時守谷SA!という事で、時間前行動を実践している私は当然10分前に到着したのですが、これがなんとダントツのビリの到着という不思議から旅ははじまりました。次の不思議はインカムの接続!M-1sPRO2台と4ridersV4を1台の合計3台なのですが、これが色々あって(次回インカムについて新たな展開があるのでまとめます)かなりてこずり、結構な時間を喰ってからの出発となりました。

それともう一つ、実は先日駐車アラームの配線をやり直したのですが、そのときにどこがどうなのだか現在は分かっていないのですがドラレコの電源が入らない事態になっておりますので、走行シーンの写真は無しです。まあね、ちょっとその辺走ってくるだけですからね。

谷和原ICで降りて、R294を北上します。信号で停まっていると、あれ、九太郎さんが何か言ってくるな。ん、インカムが切れているか。それならインカムボタンで復帰を。だめか、それなら一旦電源をオフ、10秒待って電源オン。落ち着くまで待ってインカムボタンを押して待ちます。5秒ほどで無事、復帰。

「つながった?ああ、つながったね。山のmochiさんは?ああ、大丈夫だ。まいったね、またこの症状だよ。復旧の仕方を覚えたから何とかなるけどね。」

やすらぎの郷しもつまを右に見て、信号で停車。あれ、ここで左折じゃないか。たまたま信号で止まったけど、青だったら行っちゃったかも。実は昨日、母の傘寿の祝いで父と弟と、私の家族とで守谷の百香亭に行ったのです。帰りが遅くなってしまったこともあり、道路の情報を十分に仕入れることができていなかったのです。

県道56号を西に進み、大形橋で鬼怒川を渡ったらやがて看板が見えてきました。
「筑波サーキット左」

見学車両の入り口が分からずに行きすぎてしまい、ぐるっと回って着いたところにジムカーナ場がありました。せっかくだからちょっと見て行きますか。
P1190100 (640x360)

おお、走っていますね。見事なドリフトを決めております。
P1190098

でも、できればコース2000の方を見てみたいよね。もう一度戻りながら見ていくと、なんだ、入り口から見える所に見学者駐車場があったじゃん。そこへ停めさせていただきました。
P1190101 (640x360)

ダンロップブリッジの脇にある観戦席へ上がらせてもらいました。タイヤが哭き、エンジンがうなりをあげています。
P1190104 (640x360)

おお、おおおおお!最上段へ上がりました。金網が邪魔になりませんから。
P1190105 (640x360)

ぬおおおおお!
P1190139

インテグラVSランエボ!
P1190122

きましたポンポンポーン!ポルシェにテールトゥノーズのポルシェ!バイブスいとあがりけり~。
P1190142

まるでサーキットの狼の世界じゃないですか。いつまでも観ていたいくらいですが、残念ながら昼食は予約してあるので、早々に退散することにしました。それでも遅れ気味、あまりにも遅くなったら店に電話入れておくかな。

来た道を戻り、大園木交差点を直進します。前にノロノロ運転の軽バン、後ろからビッグスクーターとカブ2台が迫ってきます。どうする?譲ろうか?と思ったら、教員研修センター北の直前の交差点で左折していきました。なんだあっちか。こちらはR408に出て左折、次の信号で引っかかて停まっていると目の前を先ほどの3台が通過していきました。なんだ近道だったのか!

西大通で左折して北上し、道はやがて真壁へと入っていきます。石屋さんの前にいったん車両を停め、ひつじの郷へ電話を入れました。
「すいません、遅くなってしまいました。必ず行きますので、待っていてください。」

そうは言っても、もう湯袋峠を越えればすぐなんですよね。ん、インカム切れているぞ。インカムボタンを押して接続しました。電話をかけ終えたら、自動で復帰にハズなのですができなかったようです。

さて、田の交差点で右折と。嫌な看板があるな。なになに、げげげ!湯袋峠通行止め!その先では道路にはバリケードがしてありました。どうする?もなにも、上曽峠へ迂回するしかないじゃん。

そんなこんなで、上曽峠を越えて石岡側に一旦降りてから再びひつじの郷を目指します。こちら側は通行止めは無しです。無しなんですが、一部舗装がはがされて砂利道になっていました。慎重に、ゆっくり走ります。3台とも無事通過。そして、見えてきましたひつじの里。車両を駐車場に入れた所でインカム越しに九太郎さんの声が聞こえました。

「危ない、山のmochiさんが転倒です。」
車両を安全に留めたことを確認し、急いで山のmochiさんの所へ駆け寄ります。ST250は右を下にして横たわってしました。山のmochiさんは下敷にはなっていないようす。立っていました。九太郎さんがキルスイッチ!と叫んだのを聴き、まずはキルスイッチをオフに切り替えました。九太郎さんに通行車両へアピールをしてもらい、二次被害を避けます。サイドスタンドを出し、引き起こしをします。軽い車両なので楽勝です。

駐車場へ車両を入れて安全に駐車させたところで、九太郎さんがレバーの先を拾ってきました。それはブレーキレバーの先でした。どうやら今の転倒でブレーキレバーの先が折れたようなのです。ハンドルカバーの中なのに、不思議ですが本当なのです。

まずは食事にしましょう。店に入り、遅れた詫びを入れてから席に着きました。
P1190146

焼きながら、肉は焼くのではなくあぶりながら、店主とおしゃべりをしながら、じっくりと美味しいラム肉を堪能しました。
P1190147

食べ終わったら、車両の点検をします。ブレーキレバーは掛けられる程度はしっかり残っているので問題なし、その他は傷ひとつついていない感じです。それでは、出発。

再び未舗装部分を越え、ゆりの郷を右に見て互橋を越えたところで九太郎さんから通信が入ります。
「ガス欠!え、もうか?ちょっと待ってください。リザーブに切り替えます。」

「あれ、おかしいな。来るとき満タンにしてきたんだけど。まだ100㎞ちょっとしか走っていないのに。」

タンクキャップを開けて中を覗きますが、結構入っているとのこと。もしかして機関故障か?とりあえず、目の前にガソリンスタンドがあるのでそこで給油しましょう。セルを回すとちょっと嫌がりましたがエンジンは無事かかりました。走行してガソリンスタンドに入りました。ついでに山のmochiさんも給油しました。

給油を終えた九太郎さん、ボルティのセルを回すと一発でエンジンがかかり、アイドルも安定しています。一体なんのエンストだったのでしょうか?減速中にクラッチ握るとエンストは私のCB250Fの持病ですが、伝染しちゃったのかな?

とにかく大丈夫そうなので、南下して土浦北を目指します。この辺りからしょっちゅうインカムがフリーズしてしまい、その度にオフオン、インカムボタンと操作を強いられます。何か対策はないかなあ。

R125に出る所で、混乱します。あれ、これどっち行けばいいのかな?右か?
「これ左です。左行けばすぐ土浦北です。」
と山のmochiさんから通信が入りました。インカムに気が行っていたこともあり、現在位置を見失っていたようです。インカムがつながっている時でよかった~!

土浦北ICから乗り、谷田部東PAで休憩しました。九太郎さんは家族へ鹿児島産茨城県のお土産を購入していました。そして、頻繁にフリーズする私のインカムの全リセットを試みました。清算も済ませ、後は流れ解散にします。

高速も渋滞なく、山のmochiさんとは柏でお別れ、三郷で降りた私と九太郎さんは東京都に入ったところでお別れしました。

短時間、短距離でしたが、色々あったし楽しいツーリングになりました。


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

せっかくのツーリング計画も雨予報では台無しです。中止かなあ。いやいや、秩父地方を諦めれば、何とかならないか?前日夜にチャットで打ち合わせ、今日の朝に電話で決行するかどうかを決定することにしました。同行者はおなじみ九太郎さんです。

朝、7時30分に電話します。雨も降っていないし、降水確率も30%だから、行きませんか。

集合は9時守谷SA。5分前に到着しましたが、ずいぶんと早く到着していた九太郎さんは手を振ってくれました。
01 (640x354)

インカムをペアリングしたら、走り出します。ぽつぽつと感じることもありましたが、メッシュジャケットでさえ通さないほどで止みました。前後録画のできるドラレコを搭載しておりますので、ボルティの走行風景も切り出せますぜ。
02 (640x360)

谷田部で常磐高速を降ります。
03 (640x360)

北へ向かい、筑波山の裏へと回り込みます。
04 (640x360)

真壁から上曽峠へ向かいます。
05 (640x362)

やはりワインディングはいいですね。気持ちよく走れます。安全第一、目の色を変えて攻めるような走りはもちろんしませんよ。江戸っ子ですから、粋にはしりたいのです。(本当はまだ2代目、息子から江戸っ子)
06 (640x360)

「ここで右折します。いや違った、もう300m先だ!申し訳ない。」
07 (640x360)

こっちでした。そうそう、看板が目印だったね。
08 (640x360)

苔の生えた、しかも濡れた路面に落ち葉が散らばっているという最高の滑りが楽しめる道ですから、なおさら慎重に車両を進めます。
09 (640x360)

「あいつがここにいたら、絶対言うだろうな、苔でこけそう。」
昔なじみの九太郎さんとインカムでつながっているのは愉快です。インカムなしにはもうツーリングしないでしょうね。
10 (640x360)

西光院駐車場へ到着しました。関東の清水寺と言われているこの寺に来るのは私は2度目です。ここでひつじの郷へ予約の電話を入れました。
P9211331

2度目と言っても、1回目に来たのはわずか2週間前でしかありません。しかし、大きな変化がありました。看板が壊れていたのです。前回来たのは7日、9日に台風が通過しました。恐らくその時にこうなったと思われます。
P9211332

さあ、入りますよ。
P9211333

写真撮影は禁止なので、前回同様写真はありませんがなかなかにすごいお寺です。崖を利用してあり、高く足を組まれた構造は清水寺のような雰囲気は十分に感じられます。景色もなかなかに良いですね。しかし、展望台ではなく信徒のお祈りの場なので写真やヤッホーなどは固く禁止とあります。また、高さ6mの「十面鬼ゴルゴス」もあったりと見ごたえ十分です。ちなみに、九太郎さんは若すぎて仮面ライダーアマゾンを知りません。残念!

さて、再び走りますよ。
12 (640x360)

南に下りる道はさらに狭く、さらに濡れていて、さらに険しいのです。
13 (640x360)

降りたら、湯袋峠に向かって走ります。ひつじの郷前到着。でもちょっと早すぎますね。一旦通り過ぎます。
14 (640x360)

国民宿舎つくばね方面は自動2輪は通行止めなのがざんねんです。仕方がないので、真壁に下りて、引き返すことにしました。
15 (640x360)

11時30分、予約を入れていた丁度の時刻にひつじの郷到着しました。
16 (640x360)

素朴なロッジを思わせる店内と、ぜいたくにも木材をふんだんに使ったテーブルに薪ストーブと、この雰囲気だけでも来た甲斐を感じます。
P9211334 (640x360)

これが店主特注のフラットジンギスカン鍋。重さ6㎏もあり、蓄熱性は十分、おいしくひつじ肉を焼くことができます。
P9211335 (640x360)

関東の清水寺から電話したこともあり、清水の舞台から飛び降りる覚悟で150g!のひつじ焼き定食を注文しました。(実はそれほど高くはないです。)
P9211336 (640x360)

焼いては食べ、食べては焼き、この幸せな時間はじっくりと取りたいものです。日程にせかされて早く早く!とやってはもったいないですね。
P9211338 (640x360)

食べ終わったら、今後について相談します。計画では湯袋峠を越えて帰るだけでしたが、何とか雨は持ちそうです。

実は今回マピオンの地図をプリントして持ってきているのですが、まさにこの辺りしか持ってきていません。雨に降られた時に濡らしたくなかったのです。

「石岡に行けばダチョウ牧場があってダチョウ肉が食べられるんだよね。」
「羊肉あれだけ食べておやつにダチョウ肉って、重たくないですか。」
「うん、入りそうもない。」

とにかく、石岡方面へ走ることにしました。
「こんな緩やかなワインディングを流すのっていいですね。」
17 (640x360)

なんだあれ、獅子頭があるぞ。寄ってみますか。
18 (640x371)

これだ、これ。
P9211339 (640x360)

入り口がありますね。入って見ましょう。
P9211340 (360x640)

口の中は展望台になっていました。
P9211341 (640x360)

さらに階段が上に続くので登ってみると、あれ、なんか祭りの展示がちょんぼりとあるだけでした。展望台より高い所で、外が覗けない!どういう構造なんだ、これ。しかもこの展示、ただ飾ってあるだけで何の説明もないし、日本の祭りで使われている物が羅列されているだけで脈略さえ感じられません。
P9211342 (640x360)

いやいや、左右に丸い窓があるよ。しかし、曇ってしまっていてほぼ見えません。上の部分にかろうじて透明な部分があるので見てみましたが、駐車場にかっこいいモーターサイクルが2台見えるだけで特に何かがあるわけではありませんでした。ちなみに、日本一の獅子頭だそうで、そりゃそうだ、こんなばかばかしいの他所で作るとは思えないよ。
P9211343 (640x360)

隣は風土記の丘ですね。ちょっと寄ってみましょう。あれ、関係者以外立ち入り禁止!それと不思議なのはトイレ→の看板です。矢印に進むとトイレがあるのは間違いないのですが、後ろを振り返るとそこにはもっと近くにトイレがありました。
P9211348 (640x360)

藤棚?いや違う、なにかマメ科の実がなっていました。何の実かな?山のmochiさん同行ならなあ。
P9211350 (640x360)

さて、走り出すと風土記の丘こっちの矢印が。あれ、もう一つあるのか?いや違った、正門がこっちだったんだ。

どっちへ走ったらいいのかよくわかりません。まあいいでしょう。方角さえ間違わなければね。ここは左折しますか。
19 (640x360)

ここは右折と。
20 (640x360)

偶然千代田石岡ICに出ました。雨降る前に帰りますか。
21 (640x360)

「ぽつぽつ感じますね。守谷SAで合羽きますか。」
22 (640x360)

守谷でちょっと休憩しました。あれ、九太郎さんのボルティ、シートカバー作ったんだ。
P9211352 (640x360)

「裏は熱を吸収する生地で、後ろ側はウインカーに引っ掛けて、前はマグネットを入れてタンクにくっつけるんです。これつけてから外付けゲル状シートクッションが熱くならずに済むようになりました。」
P9211353 (640x360)

このシートカバーは右サイドのバッグへ収納するとのこと。考えられていますね。
P9211354 (640x360)

お茶を飲み、売店で買ったシャークジャーキーを食べました。
P9211355 (640x360)

案外おいしい味でした。アンモニア臭も全くしませんでした。
P9211356 (640x360)

ちょっと三郷まで高速を走り、自宅方面へ直行。早めですが、流れ解散といたしました。九太郎さん、今日は寝不足の中ご同行ありがとうございました。ちょっとしか走れませんでしたが、なかなか楽しいツーリングとなりました。
23 (640x360)

結局雨は未だに降っておりません。

昨日ドラレコ車載作業が完了したCB250Fで、動作テストを兼ねてプチツーリングに行ってきました。走行画像はBlueskyseaDV688からのキャプチャーです。

なんだかんだと出発は昼近くになってしまいました。かなり気温が高くなっています。上下フルメッシュのライディングウェアですが、走っても涼しく感じません。

三郷から常磐道へ入ります。
001

ランプウェイを走行中、前方に渋滞の列が!私は十分止まれましたが、後続がそうとは限りません。やや左向きに留め、いざとなったら側道へ逃げ込む用意をします。しかし杞憂に終わり、後続のトラックはゆっくりと走ってきて十分な距離を取って止まってくれました。
002

渋滞中にグラディウスさんと一緒になりました。
003

後方カメラもあるので、前からの写真もありますよ。
004

動画はGセンサーによる衝撃を感知した時とリモコンを操作した時にはSOSフォルダへ記録されます。普段の動画はVIDという名前のフォルダへ保存されます。VIDAに前、VIDBに後ろの動画が記録されます。前方動画と対になる後方動画を探すには、日付、時刻の一致するファイルを探すことになります。正直、面倒な感じがしますね。交互に記録されているとわかりやすいんですけどね。ちなみに、リモコンで撮影した静止画は交互に、それぞれファイル名の後ろにA、B、と付くのでわかりやすかったです。

渋滞の原因は右に見えてきました。乗用車3台による事故だったようです。この暑い中、本当に勘弁してください。
005

料金所を過ぎればすいすい走れました。
006

今日は夜間走行はできませんでしたが、代わりにトンネル内の画像をどうぞ。照明のあるトンネルでは十分な撮影ができていますね。暗い所から明るい所へ出る時に短い時間ではありますが、真っ白になってしまうことがあります。
007

高速を気持ちよく走っています。後方カメラからの映像です。しかし、気温は高く、メッシュを通して侵入する熱風が体を痛めつけます。巨大ドライヤーを吹き付けられている感じです。
008

渋滞でかなり時間を使ってしまったし、ここで水分補給しておきましょう。守谷SAで休憩しました。
009

谷田部ICでおり、つくば方面に向かって走っていきます。数台のモーターサイクリスト集団が盛大に手を振ってくれました。
010

今日は裏筑波へ向かいます。
011

真壁から湯袋峠へと向かいます。
012

峠を越えると、センターラインも出てきて格段に走りやすくなります。
013

湯袋峠を石岡側に下りたところに、今日の昼食ポイント、ひつじの郷があります。
P9071180

ここでひつじ焼き定食を食べました。今回予約はしませんでしたが、できれば予約をしてから来て欲しいと店主からのお願いが貼ってあります。店主のおしゃべりを聞きながら、ジンギスカン鍋で羊や野菜を炒めながら食べました。ここのジンギスカンはよくある丸くて薄い羊肉ではなく、厚みがある肉でとてもジューシーです。まだ食べていない方、ぜひ一度食べてみてください。定食についてくるボルシチもこれまたおいしいですよ。
P9071181

お腹がいっぱいになったら、再び走ります。道はいいワインディングです。存分に車体を寝かしましょう。かといって飛ばすのは無粋という物です。安全に、じっくり景色と一緒に楽しむのが粋ですね。
014

ゆりの郷側通過。ここで入浴していきたいなあ。今日は出発が遅くなったので、もう無理。
015

コンビニの交差点で左折します。このコンビニはかつてサイクリングイベント、ツールド真壁、後にツールド桜川で休憩所として開放してくれていた店です。ここを通過する時には感謝の気持ちを込めて何か買って行こうと思っているのですが、今さっきお腹いっぱい羊を食べてきたので今日はごめんなさい、パスさせてください。
016

後方から隼が接近、道を譲りました。あっという間に見えなくなりました。
017

稲が実っていますね。もうじき稲刈りなのでしょう。この真っすぐな道はツールド真壁のコースだったこともありますが、自転車で走っても、モーターサイクルで走っても、とても気持ちの良い道です。
018

この交差点を左折、今度は上曽峠を抜けます。
019

DV688は逆光にはやや弱いかもしれません。西日が差すようになってくるとこのように白飛びする部分ができてしまいます。
020

ちょっと立ち寄りたいところがあるので、峠の手前で左折します。
021

この道は自転車のトレーニングでマサマサ師匠と走った道です。
022

東筑波ユートピアを通過したところで左折します。
023

立ち寄りたかったのはここ、西光院です。
024

関東の清水寺と言われる所以はこの作りにあります。
P9071184

西光院を見学したら、上曽峠を越えて県道41号線を右折、国道50号を目指します。

この道も快走路です。気持ちよく流せます。
025

ん、イエローカットして強引に抜いてきました。事前に何の合図もなしです。しかも前から車は来ています。危ないなあ。後ろだって遡ってみることができるんだぜ。さて、どんな追い越しかけてきたのかな。
026

かなり後方を走っています。車間距離は十分でしょう。
100

あるところから急速に速度を上げ、一気に黄線を越えてきます。
101

こちらは抜かれなくてはいけないほど遅く走ってはいないんですけどね。
102

まあこんな奴ほっときましょう。しかし、信号で追いつき、R50もすぐ前をこいつは走っていました。

50号線を羽黒駅付近で離れ、田園風景を楽しんでから笠間西ICから北関東道に乗りました。
027

最後に水分補給と、ちょっと頂き物をしているのでその方へのお土産を買う目的で笠間SAへ立ち寄りました。
028

あれ、ここって内回り、外回り共通の施設なんですね。
P9071187

並んで買っているのは、ここでしか買えないアイスクリームでしょうか。
P9071188

それじゃあ私も、並ばずに買えるレモン牛乳ソフトクリームをいただきました。
P9071189

セルフシャッターで。まだまだ気温は高いので、水分は十分に補給しておきました。
P9071191

常磐道上り線においてもっとも有名になったであろうこの地点、守谷SA入り口です。何度もテレビに登場しましたね。
029

三郷で降りたら自宅はもうすぐ。あれ、初代MR-2スーパーチャージャーだ!
030

17時40分頃自宅に到着しました。さあ夕食を作ったら、コンサートに行くぞ!

↑このページのトップヘ