三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:その他家電

今日は大雨です。でもまずは選挙に行かなければなりません。息子の運転で投票所のすぐそばのスーパーへ行き、投票を終えたら昼、夕食の買い出しをしました。そしてそのまま私と妻は体育館のトレーニングルームへ。

トレーニングマシンから降りたら、
「こんにちは。」
と声を掛けられました。息子の小学時代からの友達、M君でした。近況の報告と息子の様子を話しましたが、ツイッターなどでよく知っていましたね。M君は同じサッカーチームだったので、彼には当然、お父様にも大変にお世話になったのです。こうして声を掛けてくれるのは大変に嬉しいものですね。

90分ほどトレーニングマシンで汗をかいたら、家に帰りました。そして昼ご飯にしました。

さて、これからどうする?洗剤とかクッキングシートなどの消耗品が欲しいと妻。それならホームセンターに行ってくるか、丁度5%/10%割引になる期間だし。私も車のスマートキーのバッテリーが切れたので、それも欲しいのです。たまたま同じ電池だったので、買い置きをLEDライトに入れちゃったのです。

すさまじい雨降りですね。
イメージ 2

結果、こんなに買っちゃいました。真ん中にあるオレンジ色の箱が、今回のブログネタです。

イメージ 1

アイリスオーヤマのスチームクリーナーSTM-306です。
イメージ 3

付属品が多く、色々なシーンで使用できるようです。
イメージ 4

早速開封してみました。
イメージ 5

まずは検品。物がそろっているか、破損品はないかを確認します。
イメージ 6

早速使ってみましょう。今まで持っていたスチームクリーナーはタンク別体タイプだったので簡単に入れられたのですが、この製品は付属の漏斗と計量カップで水を入れます。ちょっと面倒ですね。
イメージ 7

コンセントを入れて、スイッチオン!
イメージ 8

換気扇の掃除をしてみましょう。まずはパネルを開きます。
イメージ 9

油煙でべっとり汚れていますね。
イメージ 10

ブラシを付けて、スチームを吹きかけていきます。
イメージ 11

今まで使っていた物は本体に吹き出し口、ブラシがついていたので、重たくて長時間の高所作業はきつかったのですが、今回のはホースがついているので楽々ですね。
イメージ 12

ブラシにべっとりと油がついてしまうのはお約束、拭き取りながら作業を進めていきます。
イメージ 13

ちょっと私にもやらせてよ、と妻。
イメージ 14

外せるパネルなので、ある程度油が溶けたら洗剤で洗いました。
イメージ 15

ターボファンも外せるからまずは外して、
イメージ 16

スチームで油を浮かせます。その後洗剤で洗いました。
イメージ 17

問題は外すことが出来ない本体の内側です。何回もブラシの油をぬぐいながら作業しました。
イメージ 18

使用してみて、やはりタンク直結タイプよりホース式の方がずっとやりやすかったですね。水の補給がやや面倒なのと、残りの水量が見た目でわからないのは比較すればマイナス要素ですね。前回のはホームセンターのPBだったので安かったのですが、ブラシが摩耗してきた時に補修品が手に入らなかったことは困りました。蒸気漏れが発生してしまったので処分してしまいましたが、今度のはどれくらい持つでしょうか?

家の掃除だけでなく、車、モーターサイクル、自転車、登山用具などのメンテにも使う予定です。時々ブログに顔を出すことでしょう。

那珂川のカヌーを終え、DVDビデオ用に当日撮影した動画の編集をしていた時のこと。母が乾燥機に息子の短パンの紐が挟まってしまい、引っ張っても取れなくなったとSOSを出してきました。

我が家の乾燥機はドラム式洗濯機兼用です。紐は中心部の灰色のディスクに引っかかっていました。引っ張っても取れないはず、ぐるぐる回っていたので、反対側に回したら簡単に取れました。

しかし、母が力づくで引っ張ってしまったので、隙間が大きくできてしまっていました。早い話が、壊してしまったのです。

下の写真、中心部の灰色の円盤左側に大きな隙間ができてしまっているのが分かるでしょうか。
イメージ 1

固定されているネジは3番プラスネジですが、ドライバーではびくともせず。レンチをかましてもトルクが不足しているのか外すことが出来ませんでした。
イメージ 2

思い切っていくか、インパクトドライバーでガツン!
イメージ 3

取れた!あれ、なんだこりゃ?汚れがいっぱい出てきたぞ。下にもばらばらと沢山落ちています。
イメージ 4

乾燥行程で出るわたぼこりに水道水のカルキが絡みついたような感じですね。がちがちなので、ドライバー等を使用してできるだけ落としてみました。
イメージ 5

ものすごい量があのディスクの裏にたまっていました。時々は外して掃除した方が良いでしょうね。
イメージ 6

ある程度きれいになったところで、曲がってしまったディスクの修理をします。まずはこっちも掃除から。
イメージ 7

ドラム内は掃除機をかけ、全ての汚れを集めてみました。驚くべきことにこの量が入っていたのです!
イメージ 8

このが曲がってしまっていたので、叩いて変形を直しました。すこし飛び出てしまっているようでもあります。
イメージ 9
イメージ 10

幸いネジはゆがみがなく、再使用しました。
イメージ 11

ディスクを戻して強めにネジを締め付けて完了です。その後槽洗浄をかけました。
イメージ 12

その後も洗濯機はガンガン使っていますが、問題は出ていないようです。

ラジカセ修理の依頼が入りました。電源は入り、ラジオは使えるけどカセットテープの再生、録音ができないということです。

これがその依頼されたラジカセです。まずは現況の確認。再生ボタンを押してもテープは走行しません。しかし、モーターの回る音がします。開けてみなくては何とも言えませんが、恐らく駆動ベルトが破損、もしくは外れたのでしょう。
イメージ 1

開けてみます。最近はサービスマン以外に開けさせないために、特殊な工具が必要なネジ頭のビスを使うことがありますが、この製品は全てプラスドライバーで外せました。
イメージ 2

ネジも全部同じ長さ、同じ種類でした。ありがたいですね。ソニーもなかなかやりますね。
イメージ 3

次にテープデッキ部を外してみます。これもプラスネジ2本を外すだけで取れました。
イメージ 4

思った通り、駆動ベルトが切れていました。こうなると問題は二つ、一つはどのようにかかっていたのか、そしてもう一つは代わりになるものは手に入るのか、です。
イメージ 5

ネットで検索しても、良い物は高いか、もしくは輪ゴム程度の性能のようです。それならいっそ、輪ゴムを使ってみましょうか。
イメージ 6

何回か試すうちに、このようにかけると正常に動くことが判明しました。
イメージ 7

ドライブプーリー部でも交差させます。
イメージ 8

ベルトの組み付けが済んだら、組み立てます。抜いた(抜けちゃった)カプラーを戻して、
イメージ 10

あれ、この部品は何に使うんだろう?
イメージ 11

色々と考えているうちに、リバースモードセレクターレバーであることに気が付き、このように付けると問題なく収まることが判明しました。
イメージ 12

さあ、組み立て終了です。電源ケーブルをつなぎ、カセットテープを入れて、再生ボタンを押します。
イメージ 13

♪はぁるぅのぅぅうらぅぅうのぅう すぅみぃだぁぁあぐわぁああ~
ダメだこりゃ。ワウフラッタ―が盛大に発生しています。やはり輪ゴムではかわりはできないのですね。

ん?

切れたベルトをいじっていてあることに気が付きました。すべすべしている!

そう、ベルトは交差させてかけているのでお互いに干渉しています。そこで伸び縮みを発生させているのではないだろうか?

よし、再分解だ!

そして、バリコンの操作用べべルギアの余っているグリスをいただきます。それを輪ゴムに塗りたくりました。十分なテンションがかかっているのでプーリーとの間にスリップは発生しないでしょう。そして輪ゴム同士の摩擦は減じられるので、きっとスムーズに動くのではないでしょうか。
イメージ 9

再び組み立てます。何度も分解、組み立てをしているのでスムーズにできるようになってきました。この機種に慣れてきたのです。そして、空転させてしまってずれちゃったチューニング目盛りとバリコンの位置合わせをしてからケースに納めました。
イメージ 14

さあどうだ!
イメージ 15

♪はぁるぅのぅうらぁらぁの~すぅみぃだぁがぁわぁ~

ずいぶんましになってきました。もう音楽と呼べる範囲でしょう。でも、これじゃあ聴きたくないなあ。ましにはなってもまだまだワウフラッターがひどいのは明らかです。純正かそれに近い駆動ベルト買うくらいなら、新品買っちゃったほうがいいかも。オーナーにはそうお伝えしましょうか。

物を大事にすると言っても、限度がありますね。でも、面白かったなあ。

  • 顔アイコン
    こんばんは

    素晴らしいですね~使い捨てって言われる時代に分解修理なんて! そんなところが大好きです 削除
    ぽぽめぐ
    2017/2/15(水) 午後 9:52
    返信する
  • 顔アイコン
    やりますね!

    ボクが直すのを諦めて捨てた、自動式スライドプロジェクターと8mm映写機はこの手の駆動ベルトでした。 削除
    2017/2/15(水) 午後 9:53
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぽぽめぐさん
    好きでいてくれて、ありがとうございます。なんてね。おじさん同士でなにやっているのでしょうね。 削除
    2017/2/15(水) 午後 10:20
    返信する
  • 顔アイコン
    こんばんは
    大きな声では言えませんが、私はメカ音痴なんです。それだけで尊敬しています。肝腎なパソコンもチンプンカンプンです。
    何もない環境の中から、あれれと思っているうちのこんなに近代化してきました。
    50年前では信じられない世の中です。当時のものは畳と、箸と、茶碗くらいなもんです。 削除
    a87427 ]
    2017/2/15(水) 午後 10:21
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    音響製品でなければ、スムーズさに欠けても動けばいいので安物の駆動ベルトでよかったかもしれませんね。それより、自動式スライドプロジェクターを個人でお持ちとは、そっちの方が凄すぎます。学校の備品以外にそれが必要な環境があったのか、それとも物欲だったのか気になります。 削除
    2017/2/15(水) 午後 10:25
    返信する
  • 顔アイコン
    > a87427さん
    昔の物の方が直しやすくて良かったという面もありますね。今は電気釜でさえ故障したら基盤交換と言われる始末です。昔はサーモスタットでがっちゃんだったので直せたんですよね。 削除
    2017/2/15(水) 午後 10:28
    返信する
  • プーリーのベルトは古い機械の鬼門ですねぇ。モノによっては輪ゴムでも代用できるのですが厳密な回転数制御が必要な部分だと伸びちゃうんですよね。
    実は自分では試してないけど暖めてるアイデアがありまして・・・自転車のタイヤのビードなんですが(古くなってくるとペリペリ剥けてくるアレ。コンチネンタルのタイヤが特にひどいアレ)・・・ケブラー製で丈夫で伸びない(たぶんラジカセのモーター程度の力では)素材なので同じ長さになるようにはじっこ1cmくらいの所を瞬着で繋いだら上手くいきそうなんですよね。
    自分の頭の中では。ちょっと試してみてください(笑)。 削除
    九太郎 ]
    2017/2/16(木) 午前 1:36
    返信する
  • 顔アイコン
    すごいですね~

    大昔、うちにも動かなくなったラジカセ、ウォークマン、ビデオカメラがありましたが、開けるとどうせ組み立てられなくなるので結局捨ててしまいました笑 削除
    2017/2/16(木) 午前 10:41
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    ケブラーベルトか~。ものすごいアイデアですね。完全に趣味の融合ですね。ケブラーの場合、接合と伸びが全くないという2点をどう攻略するかですね。モーターマウントに遊びを付ければ大丈夫かな?接合は接着剤ではもたなそうです。私が考えていたのは、糸で補強されたゴム板を円形に切り取り、そのまま縦に入れたらどうかな、なんて考えていました。それか牛革かなあ。 削除
    2017/2/17(金) 午前 10:42
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    接着や溶着していなければ、組み立てられますよ。何しろ製品として製造する過程では組み立てているのですから。むしろばらす方が難しい場合が多いです。押し込むだけで固定されるようなクリップやピンを使っていたりしますから。だから、安心してばらしてください。それに、どうせ捨てるなら一度は挑戦してみてもいいのではないでしょうか。 削除
    2017/2/17(金) 午前 10:45
    返信する
  • これ、自分模うろ覚えなのでまともに信じてもらってもちょっと困るのですが、大昔雑誌で読んだ自作修理の記事で「代替のベルトが手に入らないからギア駆動に変更した」なんていう大胆な修理があったんですよね。
    ホントにうろ覚えなんですが、「ヘッドクリーニングカセット」っていうのあったじゃないですか。カセットの形してて「ガシャガシャ」っていいながらヘッドのクリーニングをしてくれるやつ。
    その中から適当な大きさのギアを取り出して・・・いたような?
    すみません、マジでうろ覚えなので信じないでください。 削除
    九太郎 ]
    2017/2/17(金) 午後 0:03
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    そんな手もあるんですね。カムギアトレインみたいですね。高級デッキなら試す価値もありそうです。

    いつかやってみますか? 削除
    2017/2/17(金) 午後 10:11
    返信する

オ―ディオのスピーカーは、既出の通りパイオニア CS-X3をキッチンカウンターの上に壁付けして使っています。このスピーカー、小さいサイズの割には音が良く、お気に入りでしたが、問題点が2つあります。一つは右で使っているスピーカーの音がこもってしまっていることと、重量が片側で3.5㎏ととてつもなく重いことです。石膏ボードフックの耐荷重の余力があまりありません。もしこんな重たい物が落ちれば怪我では絶対済まないでしょう。
イメージ 1

新三郷のハードオフで、3000円という価格につられて業務用壁掛け、天吊りスピーカー、マッシヴのAV-635を買ってみました。中古ですが、外観はきれいな物でした。重量は片側1.5㎏程度でした。まずは試しにつけてみました。
イメージ 2

このように、右だけAV-635にしてバランスつまみで左右を選択して聞いてみました。うん、なるほどね。
イメージ 3

息子と娘がいたので、聞き比べをさせてみました。

「残念、前の方が音いいね。こんどのは音が軽いよ。」
「全然音が違うね。今度のはちょっと乾いた感じがする。」

まあ、不評です。

さて、私の耳ではどうでしょうか?

CS-X3は何しろ重量のあるダンピングした金属ボディ密閉2ウェイですので、静かな鳴りっぷりが特徴です。余計な振動を加えない、忠実に信号を鳴らしている感じがします。それに対し、AV-635はやや明るい音色ではありますが、余分な音を加えてあるようなドンシャリする傾向にあります。フルレンジバスレフの素直な響きなので聴き疲れすることはないでしょうが、もうすこしエンクロージャーのダンピングをしっかりしたくなります。

本来、このスピーカーは飲食店などの業務用BGMスピーカーということですから、音作りもそれに合わせているのでしょう。値段と重量もね。

とりあえず両方ともAV-635に換えて、音楽を楽しんでいこうと思います。どうしても音に納得が出来なければ、ブチルと鉛でエンクロージャーをダンピング、それでだめならスピーカーユニットを交換、、、いやいや、これやるとまた重量がやばいことになるぞ!壁掛けであることを忘れてはいけません!


愛用のミシンが不調です。縫っていたら、針がやたらと折れるようになってしまいました。

私にできることは、清掃と給脂です。
イメージ 1

トップカバーも開けて給脂します。いただきものなので詳細は不明ですが、ずしりとした良い材質の金属が精密に加工されています。カムなどは恐らく相当高価な物でしょう。車用と比べても引けをとらないように見えます。
イメージ 2

裏側も清掃と給脂をします。下釜も点検してみます。異常はなさそうなんだけどなあ。
イメージ 3

組みつけてみました。いや、奥は結構汚れがたまっているぞ。
イメージ 4

針板を外してみました。ホコリが堆積していました。
イメージ 6

歯ブラシでほこりをとっていきます。奥の方は綿棒で。
イメージ 7

再度組み付けたら、試し縫いです。おお、スムーズに針が動くようになった!
イメージ 8

けどだめだあ、今度は上糸が切れるようになってしまいました。そして下糸の方はこんな感じに絡んでしまいます。
イメージ 9

ちなみに、このミシンブランドは日立、タイプはZS650と銘板にあります。直線とジグザグしかない完全機械式のミシンです。丈夫で壊れるところなんてなさそうなんですけどね。やはり部品の摩耗が限界を超えてきたのかなあ。
イメージ 5

↑このページのトップヘ