三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

タグ:その他家電

皆様におかれましては良い新年を迎えられていることと存じます。当家は儀祖母死去のため、喪に服しておりますので新年のご挨拶を控えさせていただいております。

さて、タイトルの件をご紹介。ポータブル電源は望遠鏡赤道儀のモータードライブ用に購入したのが初代、でもほとんどが車載冷温庫や電気工作のテストなどへの使用でした。これが4年ほどでダウン、全く同じ物に買い換えたのが5年ほど前です。しかし、こちらもやはりダウンしてしまいました。

大自工業MELTECブランドのこれです。ホームセンターなどで一般的に売られている製品だと思います。
イメージ 7

48時間充電しても、バッテリーインジケーターはLOWまでしか光らなくなってしまいました。
イメージ 8

さて、どうするかなあ。リチウムイオンの製品なら、値段は高価ですがずっとコンパクトで軽量、深く使っても傷みが少ないといいことずくめですね。それに高価といっても、これだってけっこくいい値段がするのですよ。7,000円くらいだったでしょうか。
イメージ 9

とりあえず、中を見てみようかな。開けてみます。
イメージ 10

ネジは中央に前後から1本づつでした。でも開きません。いや、これもケースを閉じるのに使っていたんですね。この金具を引き抜きます。
イメージ 11

シールドバッテリーと制御部が出てきました。
イメージ 12

端子はこの通り平潟端子です。それなら、このシールドバッテリーだけ交換できないかな?寸法を計測して検索をかけます。すると、
イメージ 13


数日後にこの箱が届きました。早速開けてみましょう。
イメージ 1


LONGというブランドでベトナム製、容量は0.2A多い7.2AHでした。12Vですから、86.4Whという事になります。元のバッテリーより2.4Whも大きいことになりますね。
イメージ 2

端子キャップを外します。元のバッテリーと同じ平型端子です。
イメージ 3

これを差し込むだけなので、簡単で安全ですね。
イメージ 4

ケースに納めてみました。万全の収まり方で、なんの加工も必要ありませんでした。
イメージ 5

ケースを戻せば、完成です。
イメージ 6

今回、ケースを割って気がついた事があります。左右で構造が違のですが、前後に割れるケースは全く同一の形状なのです。中央のネジが2本ですが、向かって右にネジが入っています。制御部も違う基盤ですが形は一緒、ケースのかみ合わせの位置も互い違いになっているし、充電ランプの位置がGOODの位置になっていたりと、実にち密な計算をして作られていることが分かりました。コストを下げるための工夫が見て取れて、設計者に尊敬の念を抱きました。
イメージ 14

それはともかく、チェッカーを押すとGOODまでインジケーターランプが点灯しました。完璧ですね。
イメージ 15

付属のACアダプター充電器もあるのですが、せっかくですからOptimate4で充電しておきましょう。
イメージ 16

こんなに簡単に直るなら、1代目がダウンした時にもこの方法を取ればよかったなあ。今回買ったバッテリーは3000円くらいでした。この値段なら、重いのも大きいのも我慢できます。

インクジェットプリンタが故障しているので、ばらしてみませんか修理をしたいのでお手伝いをお願いいたしますという、何とも魅力的なお誘いを受けてのこのことやってきました、山のmochi邸へ。

******************************
その前に、お断り

ケースを開ける行為は、専門の教育を受けた技術者のみに許されている行為で、今回私たちの行っていることはメーカーの推奨していない行為になります。また、方法手順も手探りで求めたものでマニュアルとの相違点があると私自身が感じています。よって、感電、怪我、故障、火災などの恐れがありますので、絶対にやらないようにお願いいたします。私たちは自己責任において行っています。このブログを参考にされた方が作業して、何かしらのトラブルが発生したとしても(おそらくすることでしょう)一切の責任を負いません。ご了承の上、それでも読みたい方だけどうぞお読みください。

****************************

今回バラすのは、いや、もとい、修理するのはこれです。EPSONPM-G4500です。
イメージ 1

印刷すると黒と黄色に印字されない部分ができてしまうという事です。その場合普通はヘッドクリーニングを数回するとほとんどの場合直るのですが、何回やっても一向に症状が改善されないとのこと。山のmochiさんの推量では、ヘッドにゴミか乾燥したインクが詰まっているのではないか、ということですので、ヘッドのインクを飛ばす部分にアクセスできるようにするのがまず第一段階です。

まずはよく観察します。整備マニュアルはもちろん手元にないので、勘を最大限に活用することになりそうです。
イメージ 2

表側の化粧パネルを外せそうです。ネジを探し、一本一本外していきます。

いや、サイドパネルは別体ですね。左右のこれを外してしまいましょう。矢印のある穴があるので、そこへマイナスドライバーを突っ込んでフックを外します。
イメージ 3

手前に引き、さらに上や後ろに引っ張ると外れました。やはり、ここへ化粧パネルのネジが隠されていました。
イメージ 4

どんどんネジを外していきます。
イメージ 5

違う種類のネジが出てきた時には、写真を撮っておきます。
イメージ 6

さあ、開きましたよ。
イメージ 9

開いたはいいのですが、この先もどう進めたらよいのか皆目見当がつきません。
イメージ 7

ヘッドが左右に動くためのシャフトを上に持ち上げられれば何とかアクセスできそうです。それなら、ここのCリングを外して抜き取ってみましょう。
イメージ 8

焼き鳥のくしみたいなピンを抜く前に、メモ代わりに一枚。
イメージ 10

ヘッドはこのガイドにも当たってあげられません。これも外しましょう。
イメージ 11

いや、駆動モーターが当たってしまうぞ。これも取りましょう。あれ、ヘッドが邪魔でアクセスできないぞ。手では動かすこともできないし、かといってヘッドの位置決めを変えてしまうわけにもいかないから、(どうやって位置決めしているのかもわかっていない私たち)一旦シャフトやギア、カムなどを戻して電源を入れてヘッドの位置を動かしましょう。

ほらほら、こうすれば駆動モーターを外すことができますよ。
イメージ 12

左側のカムやクリップなどを抜き、それでもどうしても抜けないので最後の手段、シャシーをゆがませて力技でシャフトを外しました。すると、ようやくヘッドのインクを飛ばす面を目にすることができました。
イメージ 13

インクジェットプリンタのヘッドを私は初めて見ます。鏡のように見えますが、縦にごくごく小さい穴が並んでいるのが観察できました。
イメージ 14

拡大してみました。
イメージ 16

ティッシュを当てて、毛細管現象を使ってインクを染み出させ、ノズルのつまりを確認します。左側にブラックとイエローがありますが、どうやらシアン、マゼンダなどと同様な出方に見えます。これ、本当につまっているのかなあ。濡れティッシュで数回浸して水分を吸い取る作業を繰り返しました。
イメージ 15

なんとなくではありますが、大丈夫そうな感触があったので再組立てをします。バネのかけ方やカムの裏表などは撮影しながらばらしているので、それを見ながら組み立てたので万全だと思うのですが、どうでしょうか。
イメージ 17

組立が完了したら、PCとつないでユーティリティでヘッドクリーニングを実施します。え、インク無いの?それじゃあ、まずはインクタンクの交換からですね。
イメージ 18

ヘッドクリーニングが終了したら、いよいよ印刷します。テストパターンを印刷しました。さて、結果は?

残念、やはりイエローとブラックの上の部分に印刷されない所が出てしまいました。改善は無しでしたが、構造は分かってきたし、開発した人の気持ちに触れられて楽しい時間でした。
イメージ 19

昼食を食べたら午後は江戸川堤でインラインローラースケートで滑走しました。北風に乗って豪快に!往きは辛いものがありましたが。
イメージ 20

見た目には楽そうに見えるローラースケートですが、実は大変な運動量を要求されるのです。トリックスラロームの練習などをして、小1時間で大汗をかいてしまいました。17時に土手の入り口は閉鎖されますが、疲労したのでその1時間も前にギブアップ、帰ることにしました。
イメージ 21

  • 顔アイコン
    今日は貴重なお休みの日を使って頂き、ほんとうにありがとうございました。
    もしかすると直るかなと思い、三毛ジャバーさんに治して頂けるなら儲けもの!、でしたが、部品の交換が必要でしたね。
    それでは新品を買ってしまう方が合理的で、お手間を頂きましたが結果は残念でした。10年も使った旧式マシン、捨てる前に「もしかするとと、」無理なお願いでしたが、交換が必要なプリンタの核心部分の構造と原因が分り、とても勉強になりました。埃でもひっかかったのかと単純に思い込んでいたのでした。 削除
    2018/12/15(土) 午後 8:06
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    いやー、本当に残念でした。でも、いろいろなことが分かって楽しかったですね。右側のカムを駆動するのにヘッドのレールをシャフトとして兼用しているなんて、すごい発想だと思いました。これを考えついた人は、「こうすればできる!」と大いに盛り上がったことでしょう。

    また何かこの手の物がありましたら、ぜひお呼び下さい。 削除
    2018/12/15(土) 午後 10:00
    返信する

ドライヤーが不調なので新調したのは以前書きました。しかし、息子は断線しているドライヤーを使い続けています。音が静かなのと風量が適切なのだそうです。断線はしていても、ケーブルをいじっていると何とか使えるのだとか。でも、それ危ない行為なんだぜ。火花が出るかもしれないし、電気火災の原因にもなるのです。

「でもさ、来週から実習でまた2か月レオパレス住むからさ、これ持って行きたい。何とかならないかな。」

なるんだなー、これが。断線はおそらく本体の根元の方でしょう。そこをいじるとついたり消えたりするからです。

製品はこれです。日立ioncareHD-KN1225FGです。
イメージ 1

早速開けてみます。開けないことには何もわからないのです。

※サービスマン以外は開けてはいけないことになっています。私は自己責任においてやっております。また、修理を推奨しているわけではありません。マネしないようにお願いいたします。コメント欄は閉じました。
イメージ 2

あれ、ピントが出ていないや。ま、いっか。なかなかきれいに収められています。
イメージ 3

この辺りが怪しいですね。インシュロックを外してみます。
イメージ 4

カバーをスライドさせると、断線箇所が出てきました。やはりここでしたか。黒くなっていますから、結構長いことこの状態だったことが分かります。
イメージ 5

カバーを抜いて再び通そうとしますが、ケーブルが通りません。???あ、この金具がカバーの中に入っていました。ラジオペンチでまさぐって抜き取りました。場所から考えると、これがケーブルをいじめて断線の原因になったようです。抜け止めは他で行えばよいので、金具を外したままにしました。
イメージ 6

断線箇所を切断し、ケーブルをはんだ付けで留めます。
イメージ 7

再組立てをします。抜け止めの金具は抜いていしまったので、大きめのインシュロックで抜け止めを施しました。大きな力で引っ張らなければ大丈夫でしょう。
イメージ 8

接合箇所を絶縁テープで巻き、ケースへ納めます。短絡しないように慎重に。
イメージ 9

右ケースをはめてビスで留めれば完了です。2つのスイッチの動かし、異常がないことを確認しました。そして、早速息子に使わせました。もし、火花が出たら躊躇なくケーブル引っ張ってコンセントから抜け。

「おお、直っている!完璧じゃん。」

ま、そうだとは思ったけどさ。実習地に持って行っていいよ。

妻が言うには、大掃除は夏が良いのだそうです。恐らく何かの番組か新聞記事の受け売りだと思われますが。

たしかに、油汚れは温度を高くするといいので蒸気をかけて清掃しています。そのための清掃具はスチームクリーナーですね。これが夏ならば、太陽光線に当てておくだけで触れないほど熱くなるので、スチームなんかかけずに同様以上の効果が得られるというのです。

換気扇を分解します。旧式のターボファンタイプなので、最新型のように油汚れが簡単に清掃出来たりはしないのです。油汚れが外へ漏れないようにビニール袋へ入れておきます。そこへマジックリンを吹きかけておきます。
イメージ 1

ファンも同様に。こちらも油がべっとりです。こちらもビニール袋へ入れてマジックリンを吹きかけておきます。
イメージ 3

ネットはうまくマジックリンを吹きかけられないので、キッチンペーパーを乗せた上から吹きかけます。
イメージ 2

さて、これを炎天下に出して3時間放置しました。アチチと触れないほど高温になっています。袋から出してみると、おお、綺麗になっています!写真は妻が嫌がるので撮らせてもらえませんでしたが、本当に新品のごとくきれいになっていました。

やはり油汚れには温度、そして夏ならば外へ出して置くだけで簡単に得られるのでこれはいい方法だと思いました。

リビングのテレビが壊れました。電源が自動で切れたり点いたり、音が出なくなったりしてまともに見られなくなってしまいました。

使っていたのは日立のWooo!UTシリーズでした。丁度10年使ったことになります。UTシリーズの最大の特徴は、チューナー部を別体にした超薄型であることです。そもそもは両親世帯用へ買ってあげた物なのですが、設置する場所にこだわりがあり、どのような条件でもきれいに設置できるという観点からこれを購入しました。しかしその後、シングルチューナーモデルなので録画中に裏番組が見られないという苦情があり、買い直してあげました。そしてUTは裏番組録画でも困らないDVDHDDデッキがある私世帯へ引っ越してきました。

その時に大変便利だったのがiVDRSです。溜まっていた録画をそのまま新しいテレビへ移すことが出来たのです。また、iVDRS機が2台になったので、片方で録画してある番組をもう他方のテレビで観るなんてことも簡単にできて便利でした。設置場所は超薄型にもこだわらなくてもよくなっていたので、UTシリーズにはしませんでした。

壊れたものは仕方がありません。引き取ってもらうために車に積みます。
イメージ 1

改めて、この薄さは感動的です。
イメージ 2

画面サイズは同じ32インチ、今度はシャープのアクオスにしました。iVDRS搭載機はまだあるにはあるのですが、日立がテレビ生産事業から事実上撤退していて、安売り競争に参入していないのでえらく高額になってしまっています。
イメージ 3

そして、UTはドナドナド~ナドーナ~♪
イメージ 4

エレベーターにて。この10年、本当に楽しませてもらったなあ。
イメージ 5

配線をしてスイッチオン、チャンネル設定とHDDの初期化をすれば完了です。

驚いたことが二つあります。点けたテレビで、オウム真理教首謀者7名の死刑執行の報道をしていたこと。そしてもう一つは、UTシリーズに対して画質で劣ること!もちろん普通に見る分には何にも困ることはないのですが、色味につややかさが欠けるのは否めません。写真でいえば、光沢紙からフォトマット紙になったようなかんじでしょうか?
イメージ 6

画面の枠が小さくなったので、全体的に小振りになったような感じもします。そこはいいですね。リモコンもやや安っぽいかな~。画質も含め、普通に使うにはこれで十分ですけどね。



↑このページのトップヘ