三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: モーターサイクルツーリング

緊急事態宣言が明けたと言っても安心できる状況ではないわけで。

でも、人とすれ違うことも少ない平日、近隣の低山ならまあいいかな。交通機関はもちろんこいつ、CB250Fです。
IMGP0070 (640x427)

平沢駐車場から歩き出します。目の前にもう山頂が見えています。ポツンと尖って見える、電波塔がそれです。
IMGP0071 (640x427)

11:26スタートです。まずは舗装路歩きから。10月とは思えないほどの暑さです。日向を歩くのは苦痛でしかありません。
IMGP0072 (427x640)

ここからようやく登山道らしくなります。そして樹林の中で真夏のごとく強い日差しを避けることができるようになります。
IMGP0073 (640x427)

コースは新寺コースを選びました。いつもの逆コースになります。
IMGP0075 (640x427)

稜線に出ました。思ったより強い風が吹きつけてきました。
IMGP0077 (640x427)

最後の急坂、ここを登りきると頂上です。
IMGP0080 (427x640)

登頂!
IMGP0081 (427x640)

霞ヶ浦は霞の中でした。
IMGP0090 (640x427)

時刻は12:43です。けっこう空腹を感じています。お昼ごはんにしましょう。メニューは妻の作ってくれたおにぎらずです。本当は朝ごはん用だったのですが、ここで食べるために取っておいて朝は違う物を食べてきました。
IMGP0084 (427x640)

ザックは中華ブランドのUTOBESTです。非常に軽量で体へのフィット感もよく、値段も激安となかなか良いザックです。トレラン用に作られているようですが、走らなくても使えます。軽量な分耐久性には欠けるかもしれませんが、それは重量とのトレードオフでしょう。右の黒いバッグはK1markⅡを運ぶために持って来た、誕プレです。こんかいのしゃしん、すべてK1markⅡを使用しています。
IMGP0085 (640x427)

筑波山は笠を被っています。雲の状態からも風が強いことが分かりますね。あっちに行かなくて本当に良かったなあ。
IMGP0092 (640x427)

13:03、下山開始。下山の道は山口コース1を使用しました。
IMGP0095 (640x427)

ところどころ開けている部分では眺望が楽しめます。なかなかいいコースです。
IMGP0096 (640x427)

上りでは2パ―ティとすれ違いましたが、下りでは誰とも会いません。感染予防の観点からコース選びと時間帯は正解だったと思われます。
IMGP0098 (640x427)

下りも舗装路へ出てしまいました。ここからは太陽光線との戦いです。でも午前中よりいくらか涼しさを感じます。
IMGP0100 (640x427)

おっと、蛇がいますね。小さくてかわいい蛇さんです。
IMGP0102 (640x427)

14:03、平沢駐車場に到着しました。2時間半程度の本当にぬるい山登りでしたが、久しぶりの登山ですから満足感はあります。自然の中でスポーツができることは、ほんとに幸せなことなんだなあ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

三毛ジャガーツーリングクラブの皆様へ

先日アップした計画の中から今回のツーリングは3案を採用することが決定しました。これに修正を加えてより楽しく走れるようにしてみましたので、ご一読ください。

日時 現時点未定 グループLINEで協議の上決定。

コース

08:30 七畝割ファミリーマート集合 
11㎞
09:00 R464鎌ヶ谷市コンビニ休憩9:15
41㎞
10:45 空の駅風和里しばやま 休憩11:00  
29㎞
12:00海の駅九十九里(昼食と見学)13:00
1.6㎞
九十九里道路片貝IC
=17㎞
13:30一宮PA(休憩、昼寝してもいいし、展望台や海岸歩いてもいい)14:15
=7㎞
九十九里道路白子IC
15㎞
15:00外房有料道路
16㎞
15:30千葉東金道路大宮IC=京葉道路=外環道
=38㎞
松戸IC 入浴希望しない人はここで解散
16:30笑顔の湯矢切店 入浴後解散

マピオンで計測したら175㎞になりました。

国土地理院の地図より。青線が予定コース。
地図3


ドレスコード:ライディングジャケット、ライディングパンツ、ライディングブーツ、ライディンググローブ、もしくはプロテクターセット。無い場合には三毛ジャガーまでご相談ください。

持ち物 運転免許証、財布、ETCカード、合羽、入浴セット、携帯電話、インカム(各自フル充電しておいてください。また、携帯電話とのペアリングも忘れずに。)、インカム用充電ケーブル、あとは自由。もし海産物をお土産に買うなら保冷バッグと保冷剤や氷玉も。
 




にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




緊急事態宣言はさらに範囲を広げました。一体いつになったら収まるのやら。

悲観的な情報だけが報道されています。そしてそれが正しいであろうと言うことは、今までの専門家の予測が外れていなかったことを考えれば疑う必要もなさそうです。でもさ、いくらかマシになってくればきっと感染に対して安全な方法でちょっとしたお出かけくらいなら許される日も来るよね。少なくても9月12日以降にはなるけど、3つツーリングコースを考えたので三毛ジャガーツーリングクラブのメンバーの皆さん、ご意見をください。

1 秩父バイク弁当を食べる旅

集合 8:00三芳SA8:15=関越道42.2㎞=9:00花園ICーR140 18㎞ー9:30宝登山ロープウェイ下の方の駐車場(9:40始発ロープウェイで宝登山へ、山頂までわずかだけど登山)11:00宝登山発ー34㎞ー12:15大滝食堂(バイク弁当購入)ーわずかに戻りー道の駅大滝温泉(バイク弁当で食事と休憩、寝てもいいし、入浴しても良い)13:45発ーR140 来た道を戻り 22㎞ー14:30道の駅ちちぶ14:45ー14㎞ー定峰峠通過ー県道11号ー落合橋交差点 右折通過 27㎞ー16:15嵐山小川IC=関越道、外環道で流れ解散、帰宅 

総距離 三芳SAから最後の三郷南で約240㎞

解説 ちょっと朝が早めですね。ワインディングはこの3案の中で最も楽しめます。帰路の渋滞はちょっと心配。

宝登山ロープウェイ 
bf690efd.jpg



2電車を止めるな、銚子電鉄応援ツアー

集合09:00幕張PA下り=京葉道路=千葉東金道路=圏央道=銚子連絡道路==幕張PAから45㎞==ーR126ー県道286ーー松尾横芝ICから39㎞ーー11:30外川駅前駐車場(モーターサイクル駐輪)11:44銚子電鉄銚子行き~~11:59観音下車~徒歩10分~銚子漁協直営万祝(昼食)13:00飯沼観音見学~13:16銚子電鉄外川行き~13:34外川着ーR356ーー57㎞ーー16:00発酵の里こうざき16:15=神崎IC=圏央道=常磐道=三郷ICー神崎から73㎞ー葛飾区解散

総距離約215㎞

解説 銚子電鉄に乗って支援しようというプランです。昼食は銚子漁協直営万祝(まいわい)にしてありますが、現在コロナ禍につき休止中です。

銚子にて 2016年12月20日のブログより
e99024b4.jpg




3飛行機と波乗り道路

08:30松戸七畝割ファミリーマート集合ー和名ヶ谷交差点ー八柱霊園横通過ーR464ーー七畝割から52㎞ーー10:30空の駅風和里しばやま10:45ーー風和里しばやまから29㎞ーー12:00海の駅九十九里(昼食)13:00ー=17㎞九十九里有料道路=13:30一宮PA(休憩、昼寝、観光等)14:15=九十九里有料道路を戻って==7㎞==白子ICーー15㎞ーー外房有料道路=大宮IC=16:00幕張PA解散

総合距離およそ150㎞

解説 最も手ごろで無理の少ないプランです。久しぶりのマスツーリングなのでこれくらいがちょうどいいかもしれません。

一宮PAの丘の上から 2015年7月4日ブログより
d76e4e6d.jpg

いつになることやら。

今日はST250Etypeで試乗を兼ねてポタリングしてきました。

まず跨って感じるのはシートのやわらかさです。厚みがたっぷりしていてふわっと沈み込みます。シート高はそもそもが低いのですが、シートが柔らかくて沈むのでさらに低くなります。

エンジンをかけてみました。セルで一発です。この気温ですからチョークは引かなくてもかかります。アイドルは1100RPMくらいにしてみましたが、もう少し低くしても大丈夫そうなので途中で1000RPM まで下げてみました。アイドルでは振動をほとんど感じません。音はドルルルルとやや野太い感じがしますが純正マフラーですから静かな部類だと思います。

クラッチを握ってローに入れます。ウインカーを右に出し、スタートです。スタートはあっさりとできます。トルクが太く、車両を前に押し出す力を強く感じます。そのままアクセルを開いていくとあっという間にエンジンがシフトアップを要求する音を出してきます。低回転域でのトルクが図太い代わりに高回転側で伸びがあまりない感じです。すかさずセカンドへ入れます。

ポジション的にゆったりしていてのんびりトコトコ走るのには最適でしょう。ややステップが前気味で上半身は直立するほど起きていて、長距離が楽に走れそうです。

ただし、この車両には問題がいくつかありました。フロントブレーキはマスターシリンダーがスムーズではなく、ギシギシとした感覚があり実際音も出ています。リアブレーキはクリアランスを大きく取り過ぎで、かなり踏みこまないとかけられません。チェーンもたるみ過ぎで、エンブレをかけてから加速する時にぎくしゃくします。

暑い暑い、あまりの暑さにコンビニで小休止。水分補給します。
P8040463-1

ST250Etype前期型のキャブレター車です。一部オーナーさんにより改造されています。
P8040464

高速も走ってみました。80㎞/h走行時にエンジンの回転数は4000RPMくらいでした。振動は大したことはなく、音もドドドドといい感じに回ってくれます。いつまでも聴いていたくなる音です。守谷SAで再び休憩です。向こうに見えるは同じく空冷単気筒を積むライバルのSR400ではないですか。
P8040465


ゆるいワインディングも走ってみました。ステップがわずかながらも前よりなので積極的なステップワークをすることはタイプじゃないようです。また、ヒールプレートがなく、左右のエンジン下部を直接ホールドすることになるのですが、左右で形が違うので母指球でステップを踏んで踵でホールドするのは難しいです。土踏まずでステップを踏んだままゆったりまったりと走ることを意識して設計されたようです。しかし、ワインディングが苦手かというとまったくそんなことはなく、目で見た方向に自然に曲がって行く感覚があり、変な小細工をしなくてもちゃんと車両がライダーの意思をくみ取ってラインを決めてくれます。私のCB250Fと決定的に違うのはエンジンの特性で、コーナー出口から加速する時のギアは一つしか選べないCBに対して、速度に関係なく2~4速の間ならどこにいれていてもちゃんと加速していきます。3000回転も回っていればひたすらスムーズに、それ以下の回転域からでもノッキングする気配なしに回転を上昇させます。これはすごいエンジンですね。

試乗を終え、帰宅したら問題点の解決をするために整備しました。まずはマスターシリンダーから。このダストブーツの奥に注油すればいいんじゃないかな?
P8040469

じゃあまずレバーを外しましょう。うげげ、狭くてだめだ。
P8040470

なんのこれしき、私にはスナップオンのS字レンチがあるのさ。
P8040471

これでまわせるのさ。
P8040472

いや上側は無理じゃん。だってボルトが出てくるスペースがないから。最初から面倒がらずにハンドガード外せばよかったなあ。
P8040473

マスターシリンダーに注油します。
P8040477

再びレバーを付けて握にぎしてみます。いいね。ギシギシしなくなりましたよ。

次はチェーンの弛みを調整しましょう。アクスル固定ナットを緩めます。
P8040478

リアアクスルに部分にマフラーが来ていますが、レンチが掛けられるように逃げの凹みが付けられていました。さすが純正です。
P8040479

チェーンの弛みを適正値に調整したら、アクスルを締めます。レッドバロンで整備を受けているそうですが、かなり強めにアクスルが絞められていました。スズキのマニュアル通りのトルクだったのかな?一応手の感覚ではありますが同じくらいの締め付けをしておきました。
P8040481

そしてリアブレーキの調整です。踏み込み加減を調整した後は後輪を浮かして引きずりがないことを確認しました。
P8040486

調整したところでもう一度試乗してみましょう。また違った感じが得られるかもしれません。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

線状降水帯が東海から関東南部にかけて長時間かかり、各地で土砂災害が発生しました。皆様もご承知の通りですが熱海ではひどい土石流が発生して海まで流れてしまったという事です。地図で確認しましたら、ああ、それここじゃないか!という場所をまさに我々イケメンライダースがかつて走っていました。

この先でしょう。
20191201_112435A (640x360)

後部カメラから。今渡ってきた赤い橋の先が土石流が流れ着いたところだと思われます。伊豆山港にかかる熱海ビーチラインの橋です。
20191201_112521B (640x360)

この2枚の写真はドライブレコーダーからの切り出しで、2019年の”忘年会ツーリング”でしたね。美しい海と青い空の下、4人はインカムでふざけた話をしながら楽しく走っていました。そこがまさかあのような悲惨な被災をしてしまうとは。

亡くなられた方はのご冥福とまだ救助されていない方の無事を祈るばかりです。






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ