三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: モーターサイクル用品

ついに出ました、高級機B+COM SB6X!

持ち主はこの方、ヤマハのスクーターとカワサキニンジャ400の2台持ち、会社の同僚のお金持ちさんです。
P5060416

4台4機種揃ったところで色々試してみました。
P5060414

まずは3台を接続します。B+COM SB6X=M1-S PLUS=M1-S PROと、M1-S PLUSをブリッジにしました。そして、ブリッジ機をここにおいて二人そろって会話しながら歩きます。ヘルメットを被り、歩きながらしゃべる二人はちょっと気持ち悪いかな?でも下の写真のような「さらし首」よりましですよね。
P5060415

直線で207m離れたところでノイズが酷くなり、デジタル崩れ(ぴぼがもぶうでまぽぴ、と聞こえる)を起こして何を言っているのかわからなくなりました。2台ともほぼ同時でした。

さらに離れて370mまで離れましたが「ぱぶもねきがらむ」などと言うノイズは聞こえ続け、一応はつながっているようです。そこで建物の陰に入りました。さすがに接続は切断されました。

今度はブリッジ機に向かって近ずいていきます。私の被るM1-S PROは直線路に入るとすぐに接続を回復し、デジタルノイズが聞こえてきました。しかし、B+COMはつながらないままでした。さらに近ずいてもB+COMは再接続せず、207m地点で再接続操作をしてもらいました。しかし、それでも接続には至りませんでした。
「他のインカムとつなげるのは初めて。」
という方ですので操作に間違いがあった可能性は否定できませんが、少なくとも自動での再接続はできないという結論を得ました。

次は私のマイクの位置を検討しました。あまりクリアではなく、こもった音になっていて聴き取りづらいという事なのです。

マイクは口元へセットすると音割れが発生してしまうのでこめかみ辺りに移動したのですが、色々と試すとやはりもう少し口に近づけた方が良いことが判明しました。場所を変え声を出して試してみましたが、最良の位置を特定するには至らず今後の検討とすることにしました。ヘルメットをとっかえひっかえして聞いてみましたが、M1-S PLUSの音はM1-S PROで聴いた方が、B+COMで聴くよりクリアに聞けるという事が分かりました。B+COMは独自のB+LINKで使うことを前提としているのでしょうか、他社機との接続では十分な性能を発揮できないようです。逆にB+COMの音声はM1-S PLUSではクリアに聴くことができました。

今日はこうしてインカムで色々と試させていただきましたが、まだまだ研究する必要性を感じる結果となりました。







にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ライディング中は車両のメーターに時計が表示されているので要らないと言えば要らないのですが、下車した時に不自由を感じていたのが腕時計が見えなくなる問題です。袖の中に隠れて見えなくなってしまうし、生地がごついので袖もめくりにくいのです。袖の外に付けたいところですが、中に何も着なくてもG-Shockのベルトはギリギリというか、きつきつです。
P4130010

息子がかつて使っていた腕時計のベルトを交換してライディングジャケットの上から付けられるベルトを自作しててみるか。

こいつのベルトを外して付け替えればいいのです。しかしこのデザインかぁ。中二病だからな、息子は。
P3240089

まずは動くかどうかの確認。裏ブタを開けます。
P3240098

電池交換すれば何とかなるかな。
P3240099

電池は買い置きがあるし。
P3240103

時計は電池が切れていただけで、正常に動いているようです。あとはこの文字盤なんとかしましょう。
P3240105

染Qの残りがあるので、これで塗装しました。
P3240106

まあまあですか。
P3240112

娘、
「ドクロ消えてもまだ中二病だよ。」
いいから、そこは。
P3240114

しかし、やらかしてしまいました。短針が動かなくなってしまいました。どうやら過大な力をギアにかけてしまったようで、空回りするようになってしまいました。やらかした~。

これはもうダメだなあ。何とかならないかなあ。そうだ、超Paypay祭りを利用してカシオスタンダードでも買っちゃうか。
P4130013

アマゾンでも売っています。


カシオスタンダード、通称チープカシオでもそれなりの箱に入っていてびっくりしました。
P4130015

高級感はありませんが、防水も10気圧と十分な性能です。また文字や針が老眼でも見やすい色と大きさなのがいいですね。
P4130017

開封直後、まずやるのはベルト外しです。いくらスタンダードとはいえ、ベルトはもったいない気もしますね。
P4130019

次はベルト接合部の計測です。ミリ数ではなく、ストラップの目数で測ります。これだけ切れば丁度でした。
P4130022

両端を折って筒状に縫い、そこへピンを入れます。
P4130023

時計に付けてみて問題がないことを確認したら、もう一度時計を外してストラップへ縫い付けます。
P4130025

時計本体とピンに負担を与えないように両端は浮かせました。
P4130028

ストラップの端にはD環を二つ入れて縫合します。
P4130029

組立て腕に付けてみました。うん、いいね。
P4130030

ダブルDリングも腕に当たる感じはあまりありません。
P4130031

次は、ベルトの長さを決めます。ライディングジャケットはメッシュから冬用の綿入りインナー付きまで、さらに雪山用ジャケットも試してみて寸法を割り出しました。
P4130032

ここ、という長さで切断し、面ファスナーを縫い付けます。
P4130033

Dリングで折り返して余った部分は面ファスナーで貼り付けます。
P4130034

最後にガラス保護シートをはがせば完成。
P4130035

日付と曜日、時刻を合わせます。りゅうずのノッチも確実で、その回転も適度な重さがあります。なかなか精巧に出来ています。スタンダードのカシオもなめてはいけませんね。ベゼルも回転式で、その固さも丁度良い感じです。
P4130037

でも、やはりG-SHOCKと並べてしまうと軽薄な感じは否めません。
P4130038

久しぶりに夕食は蕎麦を打ちました。二八で打ちましたので蕎麦の香りは楽しめましたが、今日も今一つの出来だったのは残念です。
P4130039

そうそう、OLYMPUS PENはモルト切れを起こしているので試写はお預け、張り替えを検討しています。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

先日作ったライディングパンツですが、納品したところ不具合が2か所ありました。
IMG_0581

1つはニープロテクターに位置が内側に寄ってしまっていること、もう1つがウエストがきつすぎてボタンが留められないことです。
IMG_0581-1

私が穿いてみて大丈夫な部分だったので思ってもいなかったところなのですが、対策はできそうなので再びお預かりしました。

ウエスト部分を縮めるのはタックを入れたりすれば済むので簡単ですが、広げるとなると何かしら生地を増やす必要があります。生地を挿入するなら一番目立たずにシルエットも壊さないのはやはり前後パンツの継ぎ目でしょうね。
P2050365

工法を決めたらリッパーを入れてばらしていきます。
P2050366

ウエストのベルト部にも継を入れなくてはいけないので、ここも切断します。継ぎ目はベルトの裏になって目立たないのでどうでもよい気もしますが、一応前後パンツの継ぎ目の延長線に継ぎ目が来るように、その線から縫い代分10㎜ずらして切断しました。
P2050367

ここへ三角形のマチを入れます。
P2050369

こんな感じでどうでしょうか。ウエスト部で片側30㎜、左右両方で60㎜の余裕を作り出しました。
P2050370

こんな感じにマチが入りました。ベルト部の継目は結構目立ちますね。
P2050372

膝プロテクターは縫い目をほどいて、布用両面テープで新しい位置に固定しました。穿いて不具合があったら再び張り直せるし、縫い目を表側に出さないようにするには今からでは下半分をばらして補強部をめくらないといけないからです。もしちょうどいい位置だったらアイロンで圧着するとさらに接着強度があがります。アイロンで圧着すると生地を傷めずに剥がすことはもうできないでしょうね。
P2050373

今日こっそり納品してきました。さてどんな具合でしょうか?






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ライディングパンツ完成し、納品してきました。納品先は山のmochiさんです。

このところこのパンツ製作に取り組んでいて、ブログを書くことも忘れておりました。パンツ自体はオールシーズンのメンズ服からチノパンツの型紙、作り方を参考に、ライディングパンツとしての機能を盛り込んで設計しました。


ライディングパンツとして必要なことは、丈夫な生地であること、熱で溶けない事、乗車降車の時に脚上げがしやすいしなやかさを持ち、風をはらまないようになるべく細身であること。もちろん膝と腰にはプロテクターが付いていることは必須です。

生地は厚手でもしなやか、熱にも強く家庭用ミシンでも縫える綿のカツラギ生地にしてみました。生地は通販で買いました。

生地が到着したのは1月15日です。次の日から早速作業開始。まずは水通しをして干します。
P1160070

そして、目を整えながらアイロンがけをします。
P1160071

型紙をハトロン紙に写し、それをさらに生地へ写して縫い代を付けて切り出します。
P1160072

後ろパンツはオーナーとなる方のウエストよりワンサイズ大きめの型紙を使い、ダーツを10㎜づつ2か所、計20㎜つめてみました。これは腰のプロテクターを内蔵するので、その分の余裕を得る為です。
P1170073

体に当てたりと試してみたりと、設計しながらなので部品を切り出すまでにずいぶんと日にちを食いました。部品の切り出しをしたらもう大丈夫、どんどん組み立てていきましょう。まずは後ろパンツにダーツを入れて、力布を縫い付けます。

本ではチノパンツは切りポケットになっているのですが、尻部の保護を狙ってパッチポケットに変更しました。生地が2重になるからです。
P1170074

カーゴパンツと同じようにポケットにはボタンで留めるフラップを付けました。乗車中に物を落とすと困るだろうし、万が一後続車両の事故を誘発してしまったら大変ですからね。
P1170075

後ろパンツができたら前パンツに取り掛かります。膝の位置を計測します。しかし、そのままではいけません。乗車姿勢を取ると膝が曲がり、プロテクターは上にずれてくるのです。慎重に検討します。色々と試しながら検討したのですが、頂いた数字ではどうやらそれを加味した数字の様でした。私の方が背は高いのですが、膝位置は上になるからです。
P1190077

プロテクターは私の不要となっている物を供出しました。どっちがいいでしょうか?右の方が安全性は高いのですが、位置のずれに敏感で少しでもずれると非常に不快なのです。ご本人に合わせながら作ることが憚られるこのご時世ですから、より柔軟性に富み、それでいてCE規格の左のプロテクターを入れることにしました。
P1190078

このプロテクターが丁度入る袋を作りました。色は同じで紛らわしいのですが、ポケット用のスレキの代用品を使用しています。
P1190079

コミネに倣って下に出し入れ口を作り、面ファスナーで蓋をする方法を採用しました。また、袋は上下方向に10㎜ほど大きめに作り、上下位置の調整幅を持たせました。
P1190080

そして、膝位置にプロテクターの膝中心が来るように待ち針で留めます。
P1190081

縫いました。表に縫い目が出てしまいます。が、心配ご無用。
P1190083

下部も面ファスナーの左右を縫い留めます。縫い目は表に出ますが、こちらも心配ご無用。
P1190082

上から補強のパッチを当てるのです。中表で縫い合わせてから返して、ステッチを入れます。上下とも中表で合わせています。下部は難易度が高かったので、布用両面テープで留めてから縫い付けました。
P1190084

こんな感じにプロテクターポケットが付きました。上のポケットはズボンの脇ポケットです。
P1210085

表から。膝の補強パッチは上部は斜めにしてみました。南海のライディングパンツには上下とも地面と平行に縫い付けられているのがあるのですが、そのデザインだと脚が短く見える気がするのです。
P1210086

後は前パンツ、後ろパンツを縫い合わせ、股の部分を作り込みます。ここは前回カーゴパンツを作った時と一緒ですから簡単、かと思ったら今回はかなり苦戦しました。前回はうまく行ったのになあ。生地が違うからでしょうか、それとも設計に変更を加えたからでしょうか、あるいは思い込みで間違えて縫ってしまったこともありました。ほどいてまた縫っての部分があるせいもあり、あまりきれいな仕上がりになりませんでした。針目、しわ、生地の傷み、縫合線の曲がりなどがあります。ちょっとがっかりです。

腰のプロテクター袋もつくりました。これを仮止めしてからベルト部を付けます。
P1220087

最後にベルト通しを付けて、裾を始末すれば完成!これが昨日、すなわち1月25日でした。
P1240088

後ろから。
P1240091

さあ、今日は納品してくるか。いやいや、カツラギの生地が変な形で余ってるじゃないか。これ使って納品用のバッグを作ろう。
P1250093

裏地は例の会社同僚のシートカバーの残り生地です。いよいよこれも残りこれだけになりました。バッグの裏地としてはこれが最後ですね。
P1260094

さあ、できたよ。
P1260095

ここへライディングパンツを入れます。
P1260097

ほらね、万全。それでは行ってきます。
P1260098

このコロナ禍の真っ最中ですから、乗車用フルフェイスヘルメットを被ったまま、ご挨拶だけして置いてきてしまいました。寸法が合うか合わないか、それは後のお楽しみ。ちなみに、サイズ調整は案外簡単にできる物なのでお声がけください。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

毎日寒いですね。モーターサイクルライドでは尚更寒さを感じます。手先はグリップヒーターと電熱グローブでぬくぬくですが、足先は冷たくなってしまいます。そんな時には貼るつま先用懐炉を使用していました。でもこれ、運用コストが嵩むしブーツの中が酸欠になってくると温度が下がってしまいます。じゃあ、電熱にしてみる?アマゾンでぽちっと。

買ったのはこれです。



本日商品が到着しました。早速開梱して商品の確認をします。
IMGP1492

しっかりした厚手の生地で、土踏まず部分はサポーター状になっています。フィット感もよさそうです。充電はUSBのタイプCですが、入力側端子から2本タイプCが出ている充電ケーブルが付属していました。
IMGP1493

足のつま先部分に電熱部があり、そこまでの電線がありますね。
IMGP1494

この靴下はつま先の上の部分にも電熱部が設置されています。こちら側の方が寒さをより強く感じるのでこれはありがたい配慮です。
IMGP1495

まずはバッテリーを充電します。リポバッテリーですから小さくて軽いのですが、最長で連続7時間の使用ができるとされています。
IMGP1499

充電したら、早速使ってみましょう。付属のバッテリーに端子を差してポケットへ収納します。この靴下から伸びてくるケーブルは伸縮性があり、断線に強いと謳われています。
IMGP1497

ポケットのサイズは丁度良い感じです。
IMGP1498

履いてみました。メンズサイズを買ったのですが、サイズ感は26.5㎝の私で丁度良い感じでした。
IMGP1501

ボタンを長押しして電源オン。生地を透かしてインジケーターが見えます。さらに2回押してインジケーター1つ点灯にしました。ローモードで、靴の中で使う場合にはこのモードを使うように説明書では指示されています。
IMGP1502

コミネのGTXショートブーツグランデを履くと、丁度ブーツの上にバッテリーが来ることになるので邪魔な感じは全くありません。
IMGP1505

松伏まで用事があったので、ひと乗りしてきました。インプレしなくては読む価値ないでしょうから、正直に書きます。

①温度について 
温度はローモードで十分暖かかったです。あっちちには程遠く、ややぬるめな感じですがブーツの中では程よくて非常に快適でした。つま先周辺に暖かい空気がたまっているような、そんな感じがしました。低温火傷の心配はしなくてよいでしょう。

②質感について
質感はかなり良好です。ただし、生地にやや厚みがあるのでブーツをもう0.5㎝大きいサイズのした方がいいでしょう。普通の靴下で丁度良いブーツではちょっと足が窮屈な感じがしました。

③気になるところ
正直、これはいただけないという部分がありました。それは配線です。上下ある電熱部の下部から電線がふくらはぎに向かって伸びているのですが、一部が足の裏を通過します。要するに配線を踏んづけていることになります。バッテリーが外側に来るように履いたのですが、非常に違和感を覚えまました。そこで左右逆にしてバッテリーが内側になるように履いてみました。そうすると土踏まずに配線が来るようになります。これならまあ許せる範囲かな。

下の写真は裏返しています。
IMGP1509

上側を通すと全く気にならなくなるのになあ。裏返しにして、踵を上にして履いて見ました。
IMGP1511

もう一つ、洗濯できるようにするために仕方がないのでしょうが、制御部がバッテリーと一体型なので、バッテリーの寿命と共に製品は使えなくなります。もっとも靴下にも寿命はあるから穴が開くのが早いか、バッテリーかの競争かもしれませんけどね。

これからの季節には活躍してくれることでしょう。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ