三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: モーターサイクル用品

帆布生地を買ってきて作ったフロントバッグですが、端布が結構出ました。これで小さめのバッグなら作れるんじゃないの?

どんな形、サイズ、構造にするのか検索をして検討しました。すると尾道彩工房という帆布バッグ製作所の商品カタログの中にこれを見つけました。


これを参考に、自分なりのデザインで作ってみました。

部品を切り出し、硬めの接着芯を貼り付けて組み立てていきます。後ろの面はまんまパクリです。
P1298341

前の面上側にファスナーポケットを付けました。ポケットの生地はチェック柄の生地を使いました。見えないところのおしゃれ?いや、たまたまちょうどよいサイズの端布があったのです。この上に裏地をつけます。
P1298340


フロントポケットの表面は本皮を使用しています。もちろんフロントバッグの残りです。本来四角く切って使った残りが端布なのですが、自然な端布感を出すためにフロントバッグではあえて端を使ったので四角く目一杯取ることができました。ポケットの裏地はライディングパンツの残りのかつらぎを使用しています。
P1298348

本皮にはミンクオイルを塗布しました。ガサガサだった皮もオイルを塗ると見違えるようにつややかになりました。
P1298350


バッグ芯を入れました。入れるとピンとして使いやすいし、見た目的にも良いですからね。背面は芯用のポケットを作り、上を面ファスナーで留めるようにしました。その下部にはポケットを設えました。ここもパクリです。
P1298347


芯のサイズは現物合わせで取りました。それにしても内側は汚い仕上がりですね。バイアステープはそもそも得意ではないのです。だから今回練習と思って使ったという面もあります。縫い目は裏地がつくので見えなくなるので問題ないでしょう。
P1298352

横から底にかけては今回は曲面にしたので(これもパクリの成果)、バッグ芯の長さが不足してしまいました。わざわざ買いにくほどのこともないので2枚に分けて入れました。
P1298353


最後にひねり金具を設置すると完成です。蓋を閉じた時、ちょうど良くなる場所にマーキングをして生地をブスリと刺し、その穴にひねり金具の足を突っ込んで裏から金具で留めます。
P1298345


完成したのでちょっと見ていきましょう。

サイドにはデイジーチェーンを付けました。モーターサイクル乗車時にも使う予定なので、グローブをぶら下げたりすることを想定しています。あるいはザックや他の荷物にくくりつけるときにも使えそうです。100円ショップの商品ですが、反射材も付けられているので自転車乗車時には安全に寄与することでしょう。サイドの上の部分が生成りなのは生地の長さが不足してしまったからです。せっかくなのでフロントポケットの始まりと切り返し位置を揃えてみました。デザイン上かえってよかったかな?ただ、この構造だと折り返して厚くなった部分が重なってしまうので、縫合を考えるとずらしたほうが良かったようです。
P1308360

今回裏地は袋状にはせず、表地に縫い付けて縫合しました。バッグ芯を入れる都合があるためです。そのため、縫い代はバイアステープで覆いました。これが横、底のバッグ芯の押さえにもなっています。

内ポケットは免許入れと思って作ったポケットになんと入らない!という自体に。なんでだろう?でもiPhone8を入れるのにちょうどよい大きさだったのでまあいいことにしましょう。免許証入れは右側の大きい方のポケットには余裕で入りました。その他財布、メガネを入れてみました。ティッシュとハンカチ、マスク、消毒液くらいはまだ入りますね。
P1308363


先程も書きましたが、フロントポケットの上にはファスナーポケットを付けました。
P1298351

腰につけてみました。普通に使えそうですね。サイズもなんとか大きすぎないでしょう。中に入れるものを考えるとこれが最小サイズとも言えます。
P1308364

フロントバッグの端切れで作ったので、デザインの統一感がありますね。さて、これからどこ行きましょうか?
P1308365






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村br />


コミネGK-804カシウスを購入したのが2016年ですから、もう7シーズン使っていることになります。外見的にくたびれてきているうえ、電熱に異常が発生しました。左手の小指の付け根にターボモードにすると火傷するほど熱い点ができてしまったのです。また、右手の温まりがかなり遅くなっています。なんでかなあ。
P1258322

電源は普通に入るので、その先の電気回路に何らかのトラブルが発生しているのでしょう。
P1258323

掌側の傷みはここまで来ました。もっとも、親指の付け根は自分で縫合を解いて生地を足しています。XLを買ったのですが、それでも指の長さが足らずにクラッチやブレーキを握るとこの部分が浮いてしまうのです。また、指先にも縫い目が常に当たっていて窮屈でもありました。
P1258324

そこで、アマゾンアフィリエイトのたまっていたポイントで購入したのが同じくコミネの電熱グローブ、アドバンスドプロテクトエレクトリックグローブ EK-205です。
P1258325


またまたコミネにした理由はもちろんブランドへの信頼です、だけではなく、一番大きな理由はバッテリー、充電器、シガーソケットアダプターが使い回せるからです。買い足す必要がないので結局安上がり、ということになります。同じカシウスにしなかった理由は、値段です。アマゾンでカシウスは25%引き、アドバンスドは31%引きだったのです。その他の理由としては、カシウスの後に発売されていて細かい箇所で工夫が凝らされてきているのではないかと。メーカーからは指先の温かさを増した、と言っていますがそれがカシウスからなのか、それともカシウスの前モデルからなのかは定かではありません。

低温やけどにご注意くださいというコーションプレートがつけられています。ターボモードを室内などで使っているとこれはなるでしょうね。
P1258334

さて、2つを比べてみましょう。よく似たデザインですね。ナックルガードは内蔵式、ファスナーでカフを開くことができるようになっているところ、手を入れるところをドローコードで絞れることなど。違いはスイッチの位置が変わりました。また、シャーリングが無くなって左右に開く絞りが付きました。指の耐衝撃クッションが小指にも付きました。よく見るとファスナーがやや斜めにもなっていますね。

下の写真、上がGK-804カシウス、下がEK-205アドバンスドです。
P1258328

使ってみました。XLで指の長さに不足があったので2XLを買ってみました。親指の先端がちょっと余ってしまうかな?他の指はまさにちょうどでした。電源を入れると数秒で温かみを感じます。指の先まで温かいのは確かですが、カシウスと比較して更にそうなったかどうかはちょっとわからないですね。

SmartTIPというスマホを操作できるパネルが親指、人差し指の腹に付けられているのもカシウスと一緒です。これは残念だなあ。指の腹ではなく、先端につけてほしいのですよ。そうじゃないとまともに操作できませんから。進化していてほしかったポイントでした。
P1258338

さて、もしかうとしたらどっち?と尋ねられたら、これはアドバンスドでしょう。いやどっちでも大した違いはないのですが、カシウスは表面の毛羽が剥げてしまったので、最初からそういう加飾のないアドバンスドのほうが気持ちよく長持ちさせられそうです。違いはあまりないようなので、値段の安い方でいいんじゃないでしょうか?

寒い毎日が続いています。自転車通勤に早速活躍させています。

最初に買ったGK-804カシウス


今回買ったアドバンスドプロテクトエレクトリックグローブEK-205
 
バッテリーと充電器のセット



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コミネのレザーライディングシューズSB-2を使っています。軽登山ぐらいならこれでこなせるので便利に使っていますが、先日雨のキャンプツーリングで使ってずいぶんと傷んでしまったので手入れをすることにしました。

水洗いした後乾燥させ、登山靴用のワックスを塗り込みます。
IMG_2230

左足用は作業終了、次は右足用に取り掛かります。塗り終えたらブラシをかけました。手がぬるぬるなので写真は無しです。
IMG_2231

ビーワックスというクリームを使用していますが、今回で使い切ってしまいました。これ今売っていないのかな?検索しても出てこないのです。

コミネ本社アウトレットで買ってもう6年目です。傷みが目立ってきましたから、そろそろ更新の時期でしょうね。でも愛着があるし、履き心地はいいので手入れをしてもう少し引っ張ってみます。




にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ヘルメットの修理、加工は人命にかかわることなのでやらないに越したことはないのですが。

でも、この程度ならいいかな。コミネのヘルメット、HK-168PLUTO Xの首周りの生地が傷み、ひび割れて剥がれて来てしまいました。
PB180110


拡大してみました。これはひどい。
PB180111

チークパッドをヘルメットから外し、件の部分をリッパーで取り外します。
PB180112

作業しているそばからぽろぽろと剥がれていきます。加水分解されちゃったかな。ということはポリウレタン製でしょうかね。
PB180113

首周りの部分の裏にもスポンジが貼り付けてありました。これどうするかなあ。
PB180114

チークパッドのスポンジは意外にも3層になっていて、それぞれしっかりとした材質でした。非常に安価な製品なのですが、作りは良いようです。
PB180115

とれました。
PB180117

これの代わりになる物は、何かないかと探してみました。色々ありましたが、色合いや材質的に比較的近いカバンを作った時のフェイクレザーの残り布にしました。形に切り出します。
PB180118

その裏に剥がしたスポンジを貼り付けようと思ったのですが、スポンジがどうしても剥がれません。仕方がなく元の生地に接着剤でその上から貼り付けました。
PB180119

ミシンでは2枚の縫い目両方に正確にトレースできないので手縫いで頑張りました。
PB180122

帽体の隙間の入れるフラップを縫い付けます。
PB180124

どうもうまくできませんね。まあ見える部分ではないからいいかな。
PB190125

ヘルメットに戻せばほら、こんな感じになりますからね。ただ、やはり生地が厚すぎますね。フェイクレザーを追加してしまっていますから。むしろスポンジ諦めてフェイクレザー生地だけで作った方が良かったかな?右側はそうしてみますか。
PB190126










にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

「ワークマンプラスに行きたい。」
と娘。じゃあ行くか。何が欲しいの?

「防水の靴。通学で使うのに防水の靴今ないからびしょびしょになっちゃう。」

一番近いワークマンプラスは松戸二十世紀が丘ですね。娘と二人、15分のドライブです。

私は軍手とモーターサイクルライディングに使える防水靴、防水防寒ライディングパンツを物色しました。軍手は店の外にあるワゴンからなので即決でした。ライディングパンツは試着させていただきサイズMのがピッタリであることを確認しつつも、いくつかの点で私と合わない所があり購入を見送りました。見た目にどうも安っぽさを感じる点はまあ許せるとしても、合わない一番のポイントは膝のプロテクターポケットがあり得ないほどの高さにあるということです。立った状態で恐らく丁度くらいなので、ライディングポジションでは腿の上に来てしまいます。

じゃあ靴は?いくつかの候補の中から選んだのがこれです。
PB160103

全天候型防水シューズだそうですが、それもそのはず靴の材質が長靴の様な合成ゴム(タグではTPEと表記)でできているのです。
PB160105

ピントが出ていませんが、なんと税込み1500円!
PB160104

1500円にしてインソールは交換式です。ブーツの内側には柄のついた生地が貼り付けられています。
PB160109

私の場合、靴のサイズは普段26.5㎝~27.0㎝程度なのですが、LLでぴったりでした。外側のくるぶし部分にブランドマークが付けられていて、あたかもガードの様に機能しそうです。シフトパッドがないのはちょっと残念ですが、まあ後付けもできますからね。

もう一つ残念なのは長靴としては使えません。タンが留まっているのは靴紐の上から3番目まで、その上からは浸水してしまいます。ここは折り畳み式のベロ付けて上まで防水構造であってほしかったところです。でも合羽を着ますからね。まあいいかな。
PB160108

ちなみに娘は欲しい商品が欠品中で取り寄せてもらうことになりました。なんと私と同じブーツのサイズと色違い!父娘でお揃いです。たまたまですけど。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ