三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: モーターサイクル用品

雨天用ネオプレンライディンググローブの傷みがひどくなってきました。
P4110089

さすがに更新しましょう。今度買ったのは同じブランド、モーターヘッドのネオプレングローブです。写真で見て分かる通り、ずいぶんと大きさが違います。手のサイズが小さくなったわけではなく、薄い生地の物にしました。
P4110088

特に手のひら側には滑り止めの生地が使われ、親指と人差し指の先端にはスマホ操作ができる素材が貼られています。
P4110090


以前の物は縫い目が当たり、肌への刺激が強くて参りました。ひどい部分にはさらし布で養生を施して使っていたくらいですが、今度のは肌触りもよくそんな必要は全くありません。生地は薄めですけどネオプレンは保温性が高いし、これで寒ければオーバーグローブを上から被せるという手がありますからこれくらいでちょうどよいと思ったのです。

ウォームオーバーグローブGK-211
3430e479.jpg






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

5年前に自分で作ったレッグバッグを日ごろ愛用している私です。
7ac07098.jpg


このバッグを原型に、問題点を改善しさらなる機能を盛り込んだレッグバッグを作ってみることにしました。

せっかくの防水生地で製作をしていましたから、メインコンパートメントの口はロールアップにしました。しかし、使ってみるとやはり出し入れに面倒くささを感じるシーンが多くありました。また、当時はスマホではなくガラケーだったので前面のファスナーポケットに収まりましたが、現在では入れる場所さえないのです。また、モーターサイクルに跨ると太腿を上げた状態になるわけで、その状態ではバックの上部をねじらせることになってしまいます。

そこで、以下のことを念頭に設計しました。
〇メインコンパートメントは長財布が入れられること
〇出し入れのしやすい閉じ方であること
〇スマホ専用ポケットを用意すること
〇腿を上げても違和感のない構造にすること

で、完成したのが下の写真です。ウエストベルトからのフックで吊っていますから腿上げでもバッグの変形はありません。口折れで閉じているのでメインコンパートメントへのアクセスも用意、合皮のポケットはカバーをかけたスマホが丁度収まるサイズです。その上にファスナーポケットがありますが、ここは肩掛けとして使う時にレッグループを仕舞っておくのに使ったりすることを想定して深めに作りました。3色のストラップの裏にはコシを出すために黒いストラップを縫い付けてあり、マグネットホックで開閉するようになっています。
IMG_1490

皆様、どうでしょうか?ちなみに、これは私用ではなくある方の誕プレとして製作いたしました。

参考にしたレッグバッグ






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

九太郎さんが、ご自身がお持ちの簡易メンテナンススタンドを教えて下さったのはもう3年も前の話でしょうか。便利そうではあるけど、数か月に1回のチェーン&ホイールメンテの為に買うのも何だし、自動車用ジャッキでなにも困ることなく使えていることだし。と購入せずにいました。

昨年11月に伊豆にキャンプに行った時、駐車スペースが混雑していて不安定な場所へ停めざるを得なくなった時のこと。右側からつっかえ棒があればいいのになあ。

そんなことを思っていた時に、ふらりと立ち寄った2りんかんでこれを見つけて買ってしまいました。
DeltaDirect、MOTOメンテナンススタンドです。
P3040085

これは2りんかん専売品ということですが、似た物はAmazonではカエディアの物が販売されています。


早速使ってみましょう。ここの所跨る機会が大幅に減っていることもあり、チェーンメンテは久しぶりです。

説明書を読みながら作業します。まずはフロントブレーキをロックします。ハンドルにレバーを引き付けたままストラップで縛ればOK。専用品もあるのですが、必要を全く感じないですね。

次に本体を取り出します。程よい長さになるようにネジを回して伸ばしていきます。下部は正ネジになっていて、ロックナットが付いています。
P3040086

上部のスイングアームを乗せる部分は逆ネジになっていて、中央の本体を回すと両方とも伸びて行きます。
P3040087

適当な長さになったら、車両へかませます。
P3040089

本体の穴にドライバーなどを突っ込んで回していけばリフトアップすると書かれていますが、そんなことせずに車両を左へ押しながら回せば手で簡単に回りました。左へ傾き過ぎるのを防ぐためにスタンドの下に材木をかませておきました。
P3040095

最後にロックナットを回して本体側に押し当てたらリフトアップ作業自体はこれで完了です。

チェーンメンテ、ホイール掃除を終えたら降ろします。降ろす時も左に押しながら回せば手で楽々回せます。

嵩張らないので、キャンプや登山へのアクセスに使う時には持って行くことにしましょう。山岳地帯では風が強いことなんてざらにあるし、風向きが変わって左からの風を受けるとひとたまりもありませんから。下山後に車両がこけていたら大いに悲しいです。

長く乗るなら下のこれもそろえておいた方がいいのでしょうけどね。リアホイールを抜く作業などは簡易スタンドでは禁忌事項になっています。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

2014年、車両を買う前に購入したバイクカバーの傷みが目立つようになってきました。

PB150076

ところどころかぎ裂きが見られるし、生地の防水、撥水も心もとなくなってきています。
PB150074

車両の事を考えればもう更新した方がいいでしょう。
PB150068

結構ずっしりした商品です。ケースが付属しているのは出先で使う私にはありがたい配慮です。まあなければ作っちゃいますけど。
PB150069

裏の銀の生地がボロボロ取れて張り付くという評価をAmazonではよく目にしますが、これはどうでしょうね。
PB150071

中央下部にバックルがありますが、長さ調節のできないタイプです。まあね、ほとんど使ったことなかったからなあ。
PB150072

それともう一つストラップが付属。長さ調節の通し方が間違っておりますがな。通し直せば済むことですが。これ下部バックルと同一なので延長する時にも使えるし、ロックを通す部分で固定することもできそうです。でも要らないかな。
PB150079

シームテープはしっかりと付けられている様子。あとは耐久性だなあ。
PB150080

ハンドルバーの上あたりに謎のストラップのループが付いています。何に使うのでしょう?
PB150082

下部のバックルで留めてみました下を引きずらない絶妙な寸法でした。
PB150083

サイズはXLでCB250Fにぴったりでした。
PB150081

実は、これPAYPAYフリマで購入した物です。半額補助(上限1000円)キャンペーンとポイントを利用して実質負担500円程度だったのです。アマゾンで販売している中で一番近のはこれかなあ。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

以前、FODSPORTSと思わせるサイトから更新版とされるファームウェアのダウンロードを試みたところ、ウインドーズディフェンダーが立ちはだかりダウンロードが出来なかったことが有りました。



ヤフー知恵袋そっくりさんの偽サイトからの誘導もあり、ダウンロードの方法に「アンチウイルスソフトを停止してダウンロードせよ。」というありえない文言も書かれていました。

さて、時は流れ、FODSPORTSブランドも動いたのでしょうか、偽サイトは消えたようです。私は知らなかったのですが、先月テツさんから教えていただきました。早速ファームウェアの更新をしてみました。これがアップデートになるのかどうかは実はわからないのです。説明書きにも、「不具合が生じている場合に試せ」というようなことが書いてあります。私の場合不具合は感じていたのでやってみましょう。

まずはM1-SPROを付属のUSBケーブルでPCとつなぎます。ただ端子を差すだけですからこれは簡単です。差したらマイナスボタンとファンクションボタンを同時に5秒長押しします。これでファームウェア更新モードに入ります。

次にFODSPORTSのサイトにアクセスします。




下のページにアップデートの方法が記されています。ソフトウェアダウンロードからM1-SPro Software JapaneseVersionのDownloadボタンをクリックします。


ダウンロードしたファイルはRARという形式で圧縮されているようなので、これに適合する解凍ソフトを使用して解凍します。解凍が終了したら、自動でファームウェアを更新するようです。わずかな時間で終了しました。


ファームウェアのアップデートは簡単な物でしたが、ここのところ無茶苦茶な忙しさだったので試すことができませんでした。ようやく本日暇を作って色々試すことにしてみました。まずはPROの安定性を試します。

電源を入れます。「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ」
何も変わることなくガイド音声が流れました。音質も特に変化は感じられませんでした。

それでは接続しましょう。

下の写真、左からT9S=M1-S PLUS=ファームウェアを更新したM1-SProと接続しました。T9Sのファンクションボタンと(こいつはブリッジ機能を持っていないのでこれしかない)PLUSのインカムボタン、PLUSのファンクションボタンとPROのインカムボタンで接続しました。
PB110014

接続したあと、PLUSのインカムボタンを押します。T9SとPLUSは接続できましたが、PROはできません。PROのインカムボタンを押すとT9SとPLUSの接続を維持したままPROも接続できました。

次は安定性を見ます。T9Sのマイクの前にラジオを置いて放送を流します。
PB110017

PLUSをブリッジにしてPROで聞きます。この二つのへメットはここに置いたままにして、PROを被って歩きます。200mほど歩くとボヨヨ~ンとデジタル崩れしはじめラジオが聞けなくなります。さらに歩くと音が途切れ途切れになり、やがて音が消えます。さらに歩くとポンと音がして、一瞬サーというノイズが入ります。

再び近ずいていきます。かなり近くなっても自動再接続はしませんでした。インカムボタンを押すと再接続できました。これを繰り返し5回やってみたのですが、いずれも同じ状況でした。

以上の事からファームウェアの更新について以下の結論を導き出せます。

1 ファームウェア更新前は3回に1度ハングアップしていたが、それが無くなった。あるいはするのかもしれないが頻度がかなり下がった。

2 自動再接続機能を持たないPROだが、更新前にはPLUSの性能で再接続出来たこともあったが、更新するとそれはできなくなる。あるいはできるのかもしれないが、頻度がかなり下がった。しかし、インカムボタンを押せばスムーズに再接続できる。

3 音量や音質などは更新前と何も変わらない。ガイド音声の女性の声も一緒で、日本語でしゃべるのも一緒。

4 3台接続の場合ブリッジ機のインカムボタンでは接続できず、PROのインカムボタンを改めて押す必要が生じる。更新前には出来ていた気がするのだが。

4はもう確認できなくなったのでどなたか解明してください。まあどっちでもいいと言えばいいことでしょうけど。

さて、テツさんからの情報で、ブリッジしているPLUSに電話の着信があるといきなり電話につながってしまう現象が確認されたという物がありました。PLUSをブリッジにしてあるので、そこへ自宅の固定電話からかけてみました。

何回か試した結果、電話の着信はできませんでした。ブリッジとして使用している時には接続は維持しながらも着信はできませんでした。携帯電話のみが着信していました。インカムボタンを押して接続を切ると着信することができました。着信約5秒ほどで自動的に回線をつなぎました。

マニュアルにも2台のインカムと接続中には1台のスマホとペアリングできるとあるし、どれでも着信すると前後の接続は切断され、電話回線を切断すると自動で復帰とあるのでおそらくT9Sという本来2台での運用を前提に作られている機種を入れていることなどがスマホ着信を拾えない原因かな、と考えています。FODSPORTSのサイトでも、他社機種とは2台接続とありますからね。

という感じですが、テツさん、いかがでしょうか。また疑問などがございましたらお知らせください。私でできる実験なら喜んで致します。

今回のネタM1-SPro


M1-SPro買うなら、アップグレード版のこちら、M1-sPLUSを買った方がいいと思います。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ