三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: クルーソー460コックピットP

ここ1週間ほどの作業をまとめました。前回は先月31日、パテ盛り行程までの記録でした。このパテ盛りも、一回では痩せ、引きができてしまい、2回目も実施しました。

ステンレス管にねじの貫通穴を開けます。ドリルはこのために買い換えたようなものです。今のところ、ですけど。
イメージ 9

中にバリが盛大に出てしまいました。
イメージ 10

表面のバリはドリルに砥石を付けて落とせば完了しますが、
イメージ 11

中はぎりぎりの寸法でした。
イメージ 12

パドルの接続部の固定は、一般にはボッチを使いますが、私の工作技術では困難なのでねじ止めにしました。

ナットはスクリュー式鬼目ナットを、ボルトは普通の六角頭ですが、それだとレンチが必要になってしまうのでノブスターをつけます。
イメージ 13

鬼目ナットの下穴を開けます。鬼目ナットは20㎜の深さの物ですが、下穴は21㎜堀さげました。頭が平面なので、ぴったりだと弧の部分が飛び出てしまうからです。これは前回の教訓です。
イメージ 14

ノブスターを付けた6㎜φ20㎜長のステンレスビスです。
イメージ 15

鬼目ナットにたっぷりエポキシ接着剤を付け、6㎜アーレンキーでねじ込みます。はみ出た接着剤は接合部に塗ります。それだけでは全面を覆えないので、さらにたっぷり塗ってコーティングします。
イメージ 4

中央ピースの差し込みにエポキシ接着剤を塗ってステンレス管を差し込みます。ステンレス管の端には段差をなくすようにエポキシパテで埋めます。手が引っ掛かって痛い思いをしたくないですから。

穴の位置を出すのにセンターの線を書き入れてあります。その線と、パドルのセンターの線が一致するところで固定しました。
イメージ 5

でも、なぜか微妙にずれているかな?フェザー角度1度30分といった感じでしょうか。ま、いっか。漕いでいて気になるならステンレス管の穴をいくらか広げてやればことは済みます。

乾燥したら、平らにならして行きます。パドルの形の修正もいよいよ大詰めですが、細かいところを気にしていると切りがないので適当なところで切り上げます。
イメージ 1

寒い寒い、マナスルヒーターで暖まりながらの作業です。
イメージ 2

余っているオイルステインがあったのでまたこの色です。ラダーとお揃いになりました。

鬼目ナットにねじを入れ、ステンレス管の穴ともどもにスポークを付けて吊るします。
イメージ 3

次の日、ニスを塗って乾燥させます。
イメージ 6

1度目のニス塗行程終了しました。#400サンドペーパーでざらざら取りをしたら、2度目のニス塗をします。
イメージ 7

こんな感じに仕上がりました。
イメージ 8

あとはコンパウンドで磨きを入れてやり、ジョイントの差し込みがスムーズになるように整形すれば完成です。

ジョイントのボッチを作ろうかと現在思考中ですが、このままでも困ることはあんまりないのでおそらくこのまま使ってしまうでしょう。

パドル製作はいよいよ大詰めになっておりますが、さすがに毎日だと読む方も面倒でしょうから数日をまとめて書きます。

今日はシートの話題にします。クルーソーのシートはなかなか凝ったつくりなのですが、どうも尻が痛くなります。私とは合わないのでしょう。坐骨だけが上半身の重量を支えるような感じになるのがいけないのだと感じ、座面の下側の硬ウレタンと上側の軟ウレタンの間に坐骨の収まる穴を開けたウレタンマットを入れてほんのりバケットのような形にしたことはブログで報告いたしましたね。

下の写真のように重ねてシートの袋に入れていました。座面がくぼみ、点ではなく、面で尻を支えるようになりました。
イメージ 1

今回は灰色のやわらかい方の座面を使わず、テントマットを切って使いました。
イメージ 2

まず、一番下の先端にこれを入れます。
イメージ 3

続いて純正の硬質ウレタン。
イメージ 4

この形の物を入れます。
イメージ 5

純正に比べると薄いので、3枚重ねて厚みを出しました。
イメージ 6

その、四角の穴にスポンジを入れます。
イメージ 7

裏から見た図です。前部が持ち上がっているのが確認できます。
イメージ 8

さらに、先端に2枚のウレタンマットを入れました。横から見た図です。
イメージ 9

わかりやすいように線を入れてみました。

黒線:キール

青線:純正硬質ウレタンマットの下の面(その前側下にキャンプマットが入っているので前が上がっています。)

赤線:シート座面の角度

黄色:スポンジ
イメージ 10

青線、赤線は違う意味もあるようですが、他意はないです。

図で書くとこんな感じです。

黒:純正の軟質ウレタン
濃い灰:純正の硬質ウレタン
薄い灰:キャンプマット
黄色:スポンジ

イメージ 11

床に置いて座っている分にはかなり快適です。尻と太ももの一部で体重を支えるので、痛みを感じません。水の上ではどうでしょうか。また、海水に浸かったスポンジがどんな感触になるのか、それもやってみないとわかりません。

早く水の上に出たいものです。


顔アイコン
漕いでて、尻の痛いのは辛いですからね~σ(^_^;)
ナイスなシートで、これで長時間大丈夫ですね!
長時間?どこまで漕いでしまうのでしょう?(笑) 削除
2014/11/3(月) 午前 6:02
返信する
顔アイコン
kikuさん、いつもコメントありがとうございます。

腰痛持ちなのでシートが合わないのはことさら辛いのです。一回海の上に出ると上陸するまで同じ姿勢ですから、シートへの要求は殊更厳しくなりますよね。 削除
2014/11/3(月) 午前 8:46
返信する
顔アイコン
合法、違法ですね(違っ
古いなあ。本当は年ごまかしてるんじゃない?
バケット化かあ。スターンズの尻だけ沈むのも何とかしたいものです。長時間漕ぐと腰が痛くて。
「尻が沈んで出っ張った部分が擬似的なスケッグになって直進安定性が良くなる」ってアレ絶対後付け設定ですよね。 削除
[ 九太郎 ]
2014/11/3(月) 午前 10:08
返信する
顔アイコン
九太郎さん、宮城県から?コメントありがとうございます。

スターンズの腰の沈みは座布団状の物を敷くくらいしかできないかも。何敷いても底のでっぱりがスケッグにはなるでしょう。

でも本当はドーム形のものが出っ張ってもスケッグにならないんですよね。最低でも前後に長くないと。

何とかできないこともないなあ。いろいろ考えられるぞ。我が家の子供用スターンズも何とかしてみるかなあ。 削除
2014/11/3(月) 午後 0:25
返信する
顔アイコン


顔アイコン
私もオリジナルのままでは1時間半経つと尻が痛くなってきます。先日も辛抱たまらずに上陸しましたが、改善が必要ですね。尻が痛いと疲れも倍増して危険な状況になりますからバカにできませんね。
10ミリ厚のウレタンを見つけたのでとりあえずそれに穴をあけて入れてみたところです。どんな感じになるでしょうか。 削除
viento ]
2014/11/4(火) 午後 8:10
返信する
顔アイコン
vientoさん、コメントありがとうございます。

やはり私だけではないのですね。今回の試みがうまくいったら、もっときちんとした形で作ろうかと思っています。

シート、ラダー、パドルなど、社外オプション品、作って商売しようかな。意外と需要有るかも?

冗談はともかく、実はもう一つ、バタフライカヤックス特有の欠点の解消を狙って工作を計画中です。 削除
2014/11/4(火) 午後 9:29
返信する
顔アイコン
むむう。BFK特有の欠点の解消・・・すごく気になります。
もしかしてニーブレイス?・・・。 削除
viento ]
2014/11/4(火) 午後 10:52
返信する
顔アイコン

viento ]
内緒 
2014/11/4(火) 午後 11:00
返信する
顔アイコン
vientoさん、丁寧にありがとうございます。

すでに私のブログでも書いているのですが、クルーソーはファルトの禁じ手、「チャインのスライドパイプ接続」を使用しているのです。しかもそのパイプもFRPで、肉厚があるので抵抗になっているはずですし、浅いところで使う場合には底付きした時にハルの破れを引き起こす原因になってしまいます。

処方箋はバウ、スターン側から芯を出してインナースライド式で接続するのが最良だと思うのですが、今度はスライドさせるための溝をFRPパイプに入れなければいけないので、強度が落ちてしまいます。次善の策として、ステンレスアウターパイプで接続すれば肉厚を下げられるのでFRPアウターパイプよりはましになると思っています。チャネルを交換する必要が出てきますので、それの材料をどうするのか目途がたつようなら実行してみようと思っています。 削除
2014/11/4(火) 午後 11:31
返信する
たしかに、接続部分が微妙にふくらんでいますね。あと、コックピットの両サイドにある縦リブのせいでエアチューブがそこだけポコっとふくらんでいるのも気になります。あれも抵抗になりそうです。 削除
viento ]
2014/11/5(水) 午前 7:02
返信する
顔アイコン
便器に構造が似ているね。
やはりO型の椅子はすわり心地が良いのかな?
自転車のサドルもこの形に挑戦しても(・∀・)イイネ!! 削除
2014/11/10(月) 午後 5:50
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

いや、むしろ自動車のバケットシートに似ている構造です。真ん中の穴にはまるわけですから。その証拠にここで○○をすると、、いや、なんでもないです。 削除
2014/11/10(月) 午後 8:21
返信する

やっとここまで来ました。

重量的にもう少し軽くしたいので、まだまだ削ります。先端部が12.1㎜厚もあります。9mmまで削ります。
イメージ 1

電動カンナではあっという間に削り過ぎになる恐れがあるので、カンナで丁寧に仕上げるのですが、これが私得意ではありません。きれいな削りかすが出てこないのです。
イメージ 2

ある程度いったらあとはひたすらサンダーで削ります。もっとカンナが上手にかけられたら、この工程が楽になるのですが。修行が足りないのでしょうか、不器用なのでしょうか。サンダーの削り粉は後の為にとっておきます。
イメージ 4

重心と重量を計りながら削り進めます。Ipodではポッドキャストのミラクルサイクルを流していました。
イメージ 3

だんだんスリムになってきました。そして左右がほぼ同じ形になっているように見えます。重量は片側465gです。目標まで15グラム多いのですが、これくらいいいかな。

中央ピースの丸棒が185g、ステンレス管が170gが2本、計算上の重量は1,455gとなります。2ピースならステンレス管が1本で済むので1,285gですので、ウッドパドルとしては普通でしょうか。

右ブレードは奇跡的に節なしを用意できたのですが、残念なことに削っていったら中に空洞がありました。ここはエポキシ接着剤と先ほどの削り粉をこねたパテで盛ります。
イメージ 5

左ブレードは節がありましたね。こっちは節を抜いてパテで埋めます。
イメージ 6

同量のA剤、B剤を出し、
イメージ 7

よく混ぜたら削り粉をたっぷり入れてこねます。
イメージ 8

これで穴を埋めます。また、数か所に傷をつけてしまったのでそこも埋めました。先端はつっくつ時に使ってしまうことがありますので、補強の意味で塗りました。こちらは乾いたらまたやすり掛けして均します。
イメージ 9

次はステンレス管にねじの穴を開けます。ドリルをスタンドに固定し、センターポンチを打った管をセット。切削油を垂らして、ドリルのトリガーを引くと、あれ、回らないぞ。またか。最近調子悪いな。一番奥まで引けば回るのか。でも、ロックボタンでとめると止まってしまいます。これは参ったな。仕方がありません。トリガーを握ったままハンドルを下げて。んんん、それでも回らなくなっちゃった。何回も握っていると回り出したり止まったり。こりゃダメだ。

ドリルを分解します。トリガーの可変抵抗が傷んでいるのでしょう。あれ、これ以上分解できないな。接点復活剤を注して、かちゃかちゃやってみますが、全くダメです。うーん、18年も使ったからかなー。そろそろ寿命かなあ。いままで本当にいろいろなものを作ってきた愛着あるドリルでしたが、戦力外通告をする日が来たようです。

三郷鷹野のケーヨーD2へ直行、ドリルスタンドに使える根元寸法を持つ振動ドリルを探しました。すると、同じく日立工機の振動ドリルを発見。えい、買っちゃえ。

ドリルの話は明日します。パドルは現在エポキシ接着剤の乾燥待ちです。でも、充填か所は痩せが発生するでしょうから、また明日も充填作業があるでしょう。

いつになったら完成する事やら。

あ、そうそう、アマゾンからマナスルの部品が届きました。予定より早くの到着でした。山のmochiさん、お伺いいたしますね。

昨日はこの作業で過労気味、口内炎ができてしまいました。今日は会社のボーリング大会、突然表彰式の司会を頼まれ、うまくしゃべれないまま入賞者の名前を絶叫していました。熱中するとほどほどができなくなる性格なのを恨みますが、もう仕方がないかな。失敗の多い人生ですが、この性格が足引っ張っているのは確実です。

***********************************

昨日の午前中、まずは家事を済ませて9時ころから作業開始です。

電気代の安いうちに(10時前)多量に電力を食うディスクグラインダーを使いましょう。ステンレス30φ管を160㎜の長さ、2本を切り出します。この管は2ピースパドルを作った時の残りですが、まだ3本は取れますね。
イメージ 1

スピードカッターがあればもう少し簡単に、そして正確に切断できるのですが、そんなの家に置くところがありません。自分専用工作室が欲しいなあ。

左パドルをまだまだ削って行きます。515gまで削りました。
イメージ 2

右パドルも電気かんなで削って行きます。左を参考に、同じ形になるように心がけて削って行きます。重量を計りながら、520gまで削りました。

次はパドルの重心を見ます。左右の手、1本づつで支え、中央に寄せていくとぴたり、重心の真ん中で左右の指が出合います。その位置をパドルブレードの左右で見比べます。

イメージ 3

重心の位置が違っていました。左は先端が重く、右は根元が重かったのです。それが一致するように、厚みを計測しながら削って行きます。

大体同じになったかな?まだ片側505gもあります。目標は450g程度だったのでもう少しぜい肉を落として行きたいですね。人間は便利ですよ。自転車乗って食事控えれば簡単にダイエットできますから。パドルはそうはいきません。全部手作業で削らなければいけないのです。

ある程度いけたら次は真ん中の部分を製作します。ここも2×4材から削り出そうかとも思ったのですが、節なし板を見つけられず、安直に30㎜φ丸棒を買ってきました。

問題は長さです。何回も握って適正な長さを探ります。そして、それより少し長めに切断、両端をステンレス管に入る太さまで削ります。もちろん木工旋盤のない私は手削りです。
イメージ 4

丸棒を長めにしたのは必要に応じて寸詰めする為です。短くし過ぎるともう後戻りはできません。丸棒をもう一本買うしかありませんから。

もとが丸棒で、サイズもそれほど違わないので楽に入れられました。多少きつめですが、こちらはエポキシ接着剤で固めるのでいいことにします。
イメージ 5

取りあえずは形になってきました。やはり丸棒はわずかに長いかなあ。10mm減らすか。
イメージ 6

グリップ部は握る手の形に合わせて、長円形にしてみました。前後に長く、上下に薄いのです。
イメージ 7

しかし、これ構造的には問題がありますね。グリップは前後に厚いのに、ブレードは上下に広がっているのですから。どうしてもグリップからブレードにかけての変化している部分が厚ぼったくなっています。ここが軽くならない元凶のように思えます。
イメージ 8

ただでさえ重たいステンレスジョイントを2つも使っているのです。

そうこうしていると、日が傾き加減です。そうだ、今日は自動車学校に入学するんだった。あれ、そろそろやばいかな?受け付け混んでいると今日の適性検査受けられなくなっちゃうぞ。ご飯食べて、食器洗って、シャワー浴びたら行かなくちゃ!

続きは明日にでもやります。飛び石で明日も公休なのです。しかし雨予報。塗装までは無理かな~。

タイトルはもちろん冗談ですよ。

バタフライカヤックス高嶋さんへメールをした話はコメント欄に記しましたが、何と!バタフライのファクトリーブログに写真を掲載していただきました。

http://bfkayaks.blogspot.jp/2014/10/blog-post_43.html

そこで彼が述べているので言ってもいいでしょう、コックピットポッドの取扱説明書は私が校正、再構成しました。

実は、クリアウォーターカヤックスで艇を購入し、レジェンド清水さんから艇の組み立てを教えていただいたのですが、改良が入っていたのでさすがの清水さんも???なところがありました。そこで開いた取説。んんんん、どこに書いてあるんだ?これ、どういう意味だ?

事前に組み立て動画を見ていた私ですから、何とか判明して事なきを得ました。YouTubeのtanko8299さんの動画です。私のブログにはgot*tat*kiさんとしてコメントをいただきました。これがなければおそらく清水さんはバタフライまで電話していたことでしょう。本当にありがたかったです。

納品後、電車で自宅に帰る間、マニュアルは何回も読みました。熟読してもわかりにくいところ、あきらかに間違っている表記がありました。取説の校正、再構成が必要だと感じました。最初は修正点を高嶋さんへメールしようかとも思ったのですが、何しろバックオーダー抱えている御身、さらに納品が遅れてはいけません。待っている人の気持ちは私にもよくわかりますから。

そこで、厚かましいことにボランティアでマニュアルを校正することを申し出たのです。高嶋さん、快くお許し下さいました。そしておよそ1週間かけて作り直しました。写真も取り直し、構成から変更しました。現在付属しているマニュアルは私が手を入れたものだそうです。

私にできるのはコックピットポッドだけですので、トランスフォーマーとタンデムについては請け負っておりません。どなたかボランティアでいかがでしょうか。

私タイプのマニュアルの見分け方、簡単なのは3ページ下に目次がついていることです。14年5月以降の納品の方、いかがでしょうか?ただし、もう印刷済みのマニュアルが在庫していたらそれがはけてからでしょう。いつから変更になったかは私にはわかりません。

vientoさんの付属マニュアル、いかがでしょうか?


顔アイコン
いやいや、公認と行っても良いのでは?
マニアルの校正など凄すぎですσ(^_^;)
メーカーからお誘いが来てもおかしくないと
思いますよ!(o^^o) 削除
2014/10/27(月) 午後 4:45
返信する
バタフライカヤックス公式ホームページへの掲載、見ました!おめでとうございます♪
高嶋さんはユーザーの声に真摯に耳を傾け、冒険であれ、改良であれ、ユーザーがクルーソーに情熱を傾けることを純粋に喜んでくれますよね。
それにしても取扱説明書の校正までされるとは、驚きです! 削除
やまさん
2014/10/27(月) 午後 9:24
返信する
顔アイコン
しばらくブログを拝見しておりませんでした。ラダーの実地試験も合格された由、おめでとうございます。今度ぜひ現物を拝見したいです。
さて、私のマニュアルを見ましたが、おっしゃる通り、P3の下に目次があります。ということは三毛ジャガーさんの校正済のものだったのですね。ボランティア精神に頭が下がります。HPにも登場されていますね。
私も、例のyoutubeのビデオでイメージトレーニングしていたため、間違えずに組むことができました。
忘れやすく、忘れるとかなり危険な状態になるポイントがいくつかあるのでビデオは大助かりでした。 削除
viento ]
2014/10/27(月) 午後 9:26
返信する
顔アイコン
クルーソーのラダー、凄いですね!製作から完成までの作業工程を興味深く拝見しました。素晴らしいアイデアと加工技術には驚きの連続でした。
このアイデアを参考に高嶋さんもラダーを製作してくれそうですね。自分では難しくてとても真似できないです。 削除
[ tr-k ]
2014/10/27(月) 午後 10:25
返信する
顔アイコン
kikuさん、やまさんさん、Vientoさん、tr-kさん、コメントとナイスポチリありがとうございます。

kikuさん、もしバタフライカヤックスで開発、製作、営業のお誘いがあったら単身赴任で兵庫県行っちゃいますよ~。条件次第なんて、上から目線ですけど。

やまさんさん、高嶋さんの生き方に共感する所があり、なにか応援できるものはないかと思っていたので、採用していただけたこと、感謝しています。ラダーもブログで取り上げていただき、嬉しいです。 削除
2014/10/28(火) 午後 7:37
返信する
顔アイコン
vientoさん、やはり私マニュアルがついていましたか。写真の一部は私の艇です。手も私のが映り込んでいます。ご一緒に漕ぐ日があれば秘話でもお話ししましょう。

tr-kさん、それほどのものではございません。一度グリーンランダーで作っていたので、それの延長で設計しました。やってみれば案外できるものですよ。材料もほとんどホームセンターで調達していますし、電動工具もプロ用は持っていませんけど。何とかかるものです。

まだ完成しているわけではなく、修正もしたいし、あるいは継ぎはぎ無駄穴があるのでもう一度ベースは作り直そうかとも思っています。量産化の予定はありませんが、いかにも「色々試しながら作りました」では見た目が何ですから。 削除
2014/10/28(火) 午後 7:37
返信する
顔アイコン
三毛ジャガーさん、こんばんは。

あのビデオは後で振り返られるよう、自分用に撮っておいたものですが、公開することで少しは皆さんのお役にたてたようで、よかったです。
公開後しばらくは、自分自身でもあのYoutubeを繰り返し見て学習しました^^;


バタフライカヤックス公開のビデオには、もっとゆっくりとした組み立て説明のバージョンを加えてほしいですね。 削除
TANKO ]
2014/10/28(火) 午後 9:44
返信する
顔アイコン
TANKOさん、コメントありがとうございます。

付属のマニュアルの不備の点があり、校正板では書き加えた個所がいくつかあります。もちろんあの動画がその原本です。間違ったことはマニュアルに載せられないので、何回も繰り返し見ました。

私的には完璧を目指した校正版マニュアルですが、やはり動画での説明の方がわかりやすいでしょう。

おそらくあの動画アップ以降に購入した人は、ほとんどの方がお世話になっていると思います。 削除
2014/10/28(火) 午後 10:10
返信する

↑このページのトップヘ