三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: スキー、山スキー

2013年1月15日 北の風 風力1 快晴 気温4度
 
10:30、歩行開始。雪はかなり固く、歩くたびにギュッ、ギュッと音を立てて足の形にもぐる。アイゼンはもはや不要であった。天候は快晴、サングラスを通しても反射される光がまぶしかった。桜土手で担いでいたスキーを下し、履く。シールはすでにつけてある。
 
スキー歩行は快適に進んだ。シールはよく利いた。雪面は温度が低く、表面が凍っていたが板は滑るように前へと進んだ。
イメージ 1
 
夏道は喪失し、赤布も見えない。方角だけを頼りに道を切り開いていく。
イメージ 3
 
 
やがて山のふもとへと到達した。登りになっても、シールは前へと滑り、どんどん標高を稼いだ。最もきつい傾斜ではクライミングサポートを1段あげた。
イメージ 2
 
そして登頂。しかし絶景を楽しむ暇は少ない。日没までに下山しなければ、待っているのはビバークである。
イメージ 4
 
**********************************************
 
そんな感じで水元公園でスキーツアーを楽しんできました。カレンダー通りの休みが少なく、なかなか休日が世間の人と合わない勤務なのですが、本日はやっと合わせた公休日、楽しみにしていたS先生とのMTBライドの予定でした。ところが前日の大雪の為にできなくなり、世界一不幸な男だと自分を思っていたのです。しかし、塞翁が馬とはこのこと、雪が積もればそれなりの楽しみ方をすればいいのです。
 
驚いたことはあちらこちらの大木の枝が折れていたこと。雪の重みのすごさをを恐怖を持って感じました。
イメージ 5
 
野鳥観察舎からは、凍りついた湖面の上に立つアオサギの姿が見られました。寒くても鳥は元気です。
イメージ 6
 
中央広場の山の頂上でシールをはがして滑降してみましたが、雪が圧雪でないので漕がないと滑りませんでした。残念。やはり雪国の雪は違いますね。
 
冬のソナタのような景色です。そっくりさんでも、チェジウがいればね。ん、ヨン様?ああ、撮影に回ってしまっています。何か台があればセルフシャッターで撮るんですが。
イメージ 7
 
3時間ほどスキー散歩を楽しみました。スキーに行くことはハードル高くないですよぉ。それに山スキーも、行先次第で難易度は変わってくるので、それほど尻込みする必要はなし。だって、ここならみんなOKでしょう?ビバークだってここでしている方もいらしたし。
 
新雪にシュプール描けます。
イメージ 8
この気持ち良さ、わかる人だけわかってください。
 

これ、東京の公園なんですか?首都圏はめちゃめちゃ雪が積もったんですねぇ。私の自転車記事にグローブの評価を毎日記入(同じブログ内に追記)していますので、ご参考になるかわかりませんが、読んでみてください。 削除
たかさん
2013/1/16(水) 午後 5:32
返信する
顔アイコン
たかさんさん、コメントありがとうございます。グローブの記事も拝見いたします。

首都圏は大雪で交通網が大打撃を受けました。でも、その代わりの楽しみもありました。 削除
2013/1/16(水) 午後 10:15
返信する
顔アイコン
懐かしい水元公園の雪景色と雪遊び、歩くスキーとは喜ばしいことです。
当方、昔は、途中の年から一通になった桜並木の土手を20年間ほどバイク通勤していました。お花見(サクラもショウブも)にも野鳥観察にもよく行きました。おおらかな造りの開放感ある公園は貴重ですね。 削除
2013/1/17(木) 午前 11:20
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。水元公園は放射線量が高いことで知られていますが、それなりの除染を施されたそうなので(手抜きの可能性もなくはないのですが)お孫さんを連れてお越しください。その際には我が家にもお立ち寄りいただければ幸いです。 削除
2013/1/17(木) 午後 9:42
返信する

2013年1月4日
 
 昨夜は21時前に寝たのに朝は7時まで寝てしまいました。忙しい年末年始期間の疲れが出ていたのかもしれません。朝食は8時から、その前に着替えたり洗面などを済ませます。朝食もおいしい料理で、ご飯も3杯食べてしまいました。スキー場ではまともに食べられないと思うと余計に詰め込みたくなります。湯葉と湯豆腐が特に美味しかったぁ~。
イメージ 1
イメージ 2
 
 支払いを済ませ、チェックアウト。スキー終了後の着替えと入浴にも利用してくださいとありがたいお言葉。嬉しいサービスです。車は一晩の降雪でものすごいことに。宿の方が車の雪下ろしをしてくれていました。
イメージ 3
 
 今日は平日扱いなので駐車場は無料。いいところに停められました。今日はパラレルの完成を目指して滑りこむぞ。
 
 昨日以上に気温が低い感じです。1時間経たずに手足が我慢できない痛みになり、カフェテリア湯元へ逃げ込みました。自販機で温かい飲み物を買い、手足を温めてから飲みます。他の客も寒い寒いと逃げ込んできます。ある程度温まったらまたゲレンデへ。昨日以上に強風が吹きつけ、地吹雪になってしまいます。乗車中のリフトが停止することも度々あり、風が納まるまで停止しますとアナウンスが入りました。待っている間が辛い。フェースマスクは加工しているのですが、口元の喋れるように開けてしまった穴から入ってくる冷気が冷たくて参ります。ここまでひどい寒さは学生時代の八幡平→岩手山縦走以来でしょうか?
イメージ 4
フェースマスクは下にずれないように耳かけも縫い付けてあります。
 
 娘はそんな中でもちょっとずつではありますが、内脚のインエッジを立てなくなってきています。スピードがある程度あれば十分パラレルと呼んでもよいくらいになってきました。シュプールにアウトエッジが刻む線が残るようになってきました。
 
 昼食は昨日買ったパンと、クラッカーや米かりんとうなどを食べました。飲み物はやはり自販機で、手足を温めながらです。他の客もザックを背負っていろいろ食品を担いでいる人が多く、何とも珍しいスキー場です。
 
 午後になると、いよいよ地吹雪はひどくなり、視界が奪われることも珍しくありません。それでもやむことなく降る雪が積もります。サラサラすぎて圧雪にならないので雪煙を巻き上げながら滑るのはなかなか楽しいものです。
イメージ 5
 
15時、そろそろ帰る時刻です。娘はもうちょっと滑りたそうではありましたが、夕食は家で食べることにしているので限界でしょう。最後の1本滑って車に戻りました。15時19分発車。時間もないし、寒すぎて湯冷めしそうなので、というか一度車乗ったら降りるのもう無理!せっかくの入浴のお声掛けをいただいていたのですが、このまま帰ることにしました。車の外気温計はマイナス11度、ゲレンデでマイナス13度だったとスキー講師が生徒に話しているのを立ち聞きしています。風速26m、体感温度は-30度くらいでしょうか。
 
イメージ 6
 
所々渋滞はあったものの、たいしたことはなく3時間調度で帰宅できました。娘との2人旅はこれで終わりました。帰宅後、夕食前にまず板の手入れ。エッジにワックスをかけて錆び止めを施しました。次はいつ行けるかな。インラインローラースケートで練習できるけど、水元公園は禁止されてしまっているからなあ。
 
 

2013年1月3日
 
 正月勤務を乗り越え、ようやくもらえた2連休。妻は4日に仕事始め、息子はサッカーチームの初蹴りと参加不能。娘と2人で泊りがけでスキーに行きました。旅館宿泊は本当に久しぶりです。テントに泊まることにこだわる私には実に珍しい企画です。本当は極寒の地でのブラッカン使用テストなんてやってみたかったのですが、娘の同行があるので無理はしないことにしました。
 
 帰りに帰省ラッシュの戻りにかかりそうな日程なので、東北道がなるべく短くなるように考えると、スキー場は当初エーデルワイスが宇都宮(有料では今市)なのでここがいいかなと宿泊先をあたったのですが、空室なしか、あっても正月料金でべらぼうなことをいうところしかみあたらず、他にすることにしました。結局、娘のレベルでは十分なのでまたまた日光にしました。宿は前回入浴したところ、風呂も人も良かったのでかつら荘へ電話してみました。何とか2人分の部屋を確保、値段も鬼怒川より2人で1万円近く安いのでそこに決めました。
 
 また5時30分に家を出て、東北道を飛ばします。帰省戻りとは逆方向なのですいすい行けました。
いろは坂を抜けると、中3日しかないのに前回とは景色がずいぶん違います。雪の量がまるで違うのです。戦場ヶ原あたりから路面に雪が積もっています。そして気温が低いのです。車の外気温計がマイナス10度になっています。今日の滑りはどうでしょうか。
 
 駐車場で1,000円払い、入場します。200mほど手前に無料駐車場もあるので、そこから歩いてくる人も少なくないのですが、娘がいるので無理はしないことにしました。一人だったり、気合の入ったメンバーだけならシール付けて踵を開放、という手もあるのですけどね。
 
 リフト券は2日券を買いました。今回の目標は、娘がパラレルターンをできるようになること、に設定しました。怖がりで斜面に向かっていく気持ちの薄い子で、しかも人の言うことを聞きたがらない性格なのでなので、かなり手こずることが予想されます。
 
 まずはまたリフトまで斜面を登っていきます。気温は前回とはまるで違い、とんでもなく低そうです。サラサラのパウダースノーが風に舞舞いながら降りてきます。風が強く吹くときには地吹雪になってしまい、視界が失われることも度々です。
イメージ 1
 
 まずは脱ボーゲン姿勢を目指し、片方の板のエッジのみで滑り、もう片方は横滑りさせる通称エイリアン滑走をさせました。この段階で早くもエッジを立てないことを怖がってしまい、なかなかできません。それでもリフト2本分の練習で何とかできるようになりました。次は斜滑降です。スタンスを大きめにとらせてゆっくり滑降させました。リフト5本分で約1時間。だんだん娘がしゃべらなくなってきました。
「手が冷たい。足先が冷たい。」
私も同じような感じです。山岳用防寒グローブでももはや能力不足となるような強烈な寒さが末端部の血流を阻害しているようです。前回は雨、今回は寒すぎ、この中間にならないのでしょうか。仕方がないのでカフェテリア湯元へ暖を取りに逃げ込みました。何も売っていないのは前回でわかっていたので、今回ヒップバッグにテルモスとパンなどの食料を入れておきました。温かい紅茶を飲んで、手足を温風にさらして温めました。
 
 ある程度回復したところで再度斜滑降に挑戦です。地吹雪は相変わらずで、せっかく積もった新雪はみんなほこりのように舞ってしまい、クラストしたバーンの上を滑ることになっています。どうしても山側板のアウトエッジを立てることができず、ボーゲン癖が抜けきりません。ボーゲン期間が長すぎたのかもしれません。乳離れ、親離れ、インエッジ離れ、なんでも離れ時はあるようです。
 
 リフトに乗っていると、登山者がゲレンデを下りて行くのが見えます。後でこの時期に遭難が相次いでいたことを知りました。装備も歩き方も、かなりのベテランだと推察されます。この方々に限っていえばまず大丈夫でしょうが、それでも心配になるほどの風と気温です。
gイメージ 2
 
 娘は直滑降の練習をさせました。緩い斜面でさせ、スピードが上がりすぎたら制動をかけてまた直滑降と繰り返させました。他大学のワンゲルに直下り(ちょっかり)の山ちゃんと呼ばれる強者がいました。直下りと急制動だけで30kgザックを背負って厳冬期の吾妻連峰を下ってきた猛者です。パラレルができるようになったのは次のシーズンだったようです。
 
 昼食は朝買っておいたパンと紅茶です。紅茶は夏の売れ残りが4割引きだったマンゴー風味紅茶ですが、結構おいしく飲めました。
 
 午後はいよいよ内脚のアウトエッジで滑る練習です。抜重して外脚の重心を小指から親指の方へ移動させ、内脚の重心を抜いて小指側で踏ながら前へ出すようにしていきます。やはりどうしてもアウトエッジで雪面をとらえるのが難しいようで、出来てフラット、気を抜くとインエッジで踏んでしまっています。時間をかけて練習したいのですが、やはり1時間が限度、手足の冷たさに暖を取りに行くしかありません。
 
 午後3時30分、手足の痛みはもはや限界、本日の宿へ行きます。道なり900mしかないのであっという間に到着しました。早速チェックイン、まずは部屋でくつろぎます。小奇麗な和室で、部屋にトイレもあり、なかなか居心地の良い宿です。
イメージ 3
 
 さて、勉強するぞ、勉強道具を車に取りに行くというと、娘は
「えー、ここでするの!」
と小学生にあるまじき発言。小はついても学生ですよ、あなたの身分は。そして昨夜作ったYouTUBE動画を編集したDVDをポータブルプレイヤーで再生し、パラレルの勉強をします。
「なんだ、勉強ってこれのこと、これならやる!」
じゃあ、どんな勉強ならやらないんだよ。観終わってからおまけで入れておいたお笑い系動画をかけていたら眠くなってしまい、寝てしまいました。気が付けば娘もうとうとしています。目が覚める頃夕食の時刻を知らせる電話が鳴りました。
 
イメージ 4
 
 これに鉄板焼きと茶碗蒸し、蕎麦など数品が付きます。そして米がまたうまいんです。4日前に入浴に来て気にったので予約したという話を電話でしていたこともあり、宿の方から宿泊をとても喜んでいただけました。
 
 食後は特にやることなく、とりあえずTVを点けたら、ぴったんこカンカンで力士19人と新年会をやっていました。何の気なしに見ていたのですが結構娘が気にいり、結局最後まで見てしましました。観終わったら8時45分、娘は眠いと布団に入ったので、私も同時に寝ました。暖房は切って寝たのですが、朝までぐっすりと寝ました。

久しぶりの書き込みになってしまいました。とにかく忙しくて。正月は勤務、その前後にスキーに行っているので忙しいのは自分のせいではあるのですが。まずは1回目のスキー旅行から。
 
**********************************************
2012年12月30日
 
 5時30分、自宅発。高速は全く渋滞なく、いろは坂も雪なしであっさり日光湯元温泉ファミリースキー場到着しました。このスキー場は来るのは初めてです。本当は那須温泉に行こうかと思ったのですが、あちらは雪なしで営業はまだ、マウントジーンズはやっていたけどリフト券が高いのです。今シーズン初めてで、息子の腰痛もあり、どうせ滑るコースはぬるいところばかりなら安い方がいいのです。また、帰省ラッシュが絡みにくい宇都宮までしか東北道を使わずに済むという点でもポイントを上げられます。
 
 駐車場に車を入れると目の前にはもうそりゲレンデが広がっています。早速更衣室へ。これがどういうわけかそりゲレンデを登っていかなければいけないのです。そして更衣室がびっくり。更衣室ではなく、まるでアパレルの試着室のようなカーテンで仕切られたボックスなのです。息子のスキーセットをレンタルました。これはカービングスキーでなかなか良い物でした。かつて、とあるスキー場で借りたらとんでもなく古い板で滑走面は傷だらけ、ちっとも滑らずにこちらの道具で、ワックスがけして何とか滑ったことがありました。
 
 また荷物かついで車へ戻り、ブーツ履いて板を担いで再度雪の斜面を登ります。気の利いたスキー場ならリフト券を売っているすぐそばからリフトに乗れるのですが。これが結構長くてつらいのです。
 
 さて、ようやくリフト乗り場に到着。各自板に乗り、リフトに乗ります。3年ぶりの息子はリフトに乗る方法を忘れたというので、私が一緒に乗ることにしました。まあそれくらい、いいでしょう。数学の公式忘れた、英語のスペル忘れたよりまだましです。心配することなく、リフトを止めることなく普通に乗ることができました。数学もこうあってほしいものです。
 
 リフトを下りると、いよいよ今シーズンの初滑りです。ゲレンデは気温が高く、ややウェットなのが残念ですが、積雪は十分あるので板を傷める心配はなさそうです。
イメージ 1
 
娘の着ている赤いウェアは息子が使っていたもの、息子が着ている白いつなぎは私の。昔風ではありますが、かっこいいと思うのは私だけの様子。息子は
「なにこれ、宇宙服みたいだよ。これでスキーすんの!これだめだよ、宇宙以外では使えませんってラベルに書いてあるよ。」
などと冗談を飛ばしていましたが、ない物はないのです。これ着てやるしかないが、さすがに寒そうと妻のジャケットを上から追加。これはモンベルの山岳グレードの物なので寒さは大丈夫でしょう。妻はデザインがどうの言って数年前に買いかえてしまっていました。私は大学生の時に買ったゴアテックスのオーバージャケット、オーバーパンツです。かれこれ25年も前の物ですが、まだ現役で使っています。スキー、山スキーだけでなく、寒冷期の登山やキャンプ、ほか寒い時の野外活動でも着ています。
 
耳にはめているのはブルートゥース受信機。携帯に入る妻からの指令は滑走中でも、もれなく受信できます。
イメージ 2
 
 滑走を始めて1時間、霧のような雨が降り始めました。雪ならともかく、それは困ります。手が冷たくなると帰りたくなる人たちばかりなので、スキー用手袋はまるで駄目、山岳用の手袋を買い与えてあるのですが、さすがに雨では歯が立ちません。水がしみてきます。だんだん辛くなってきました。
 
上下のリフトの中間にあるカフェテリア湯元で暖を取ります。カフェテリアは元で、今は営業していません。無料休憩室で、自販機のドリンク類だけが唯一の商品です。ということは、昼食食べたい人はまた下まで下りて、食べ終わったらまたあの坂を上らなければならないのです。民営化されればサービスが良くなるなんて幻想に過ぎないことがわかります。これでも歴とした民営、スカイツリーで名高い東武系会社の経営です。利用者の不便より赤字カフェテリアの廃止が優先されています。どんな業種でも、民営化されれば、すべて経済の原理でしか動かなくなります。
 
デジカメの動画で滑りを撮影しました。俺のも撮ってくれと息子に預けたら、一本目は操作がわからなかったと静止画のみ、操作を教え、セットまでして、それでは2本目と重たい雪を蹴散らし渾身のウェーデルンを披露。ただし、私のスキーの先生の一人、葦立第2高校の体育科教諭K先生は、勢いではできたように見えるけど、緩斜面でできない人は本当には出来ていない、と言われました。その通り、私はある程度の速度でなければできません。それはともかく、映像を楽しみに息子に駆け寄り、いましがた撮影した映像をチェックしました。が、またしてもスカ。どうしてシャッターボタン押すだけなのに理解できないんでしょう。ま、仕方がないですね。
 
静止画から私の滑りをご想像ください。
イメージ 5
 
 リフト券は半日券を買ったので13時までです。本当は1日件でたっぷり滑りたかったのですが、妻が早く帰りたいと言って半日券を買ってしまいました。私の親と同居しているのにすぐに帰りたい帰りたいというのはある意味、大変に感謝すべきことではありますが、せっかく遊びに来てもう帰るの、という場面も少なくありません。でも、今回はたまたまではありますが、半日で十分です。12時30分を前に、びしょびしょになったウェアを着て滑ることは苦行となってしまっているので上がることにしました。
イメージ 4
 
また更衣室まで行く気力もありません。車に戻ったらスキーウェアのまま乗り込み、せっかく温泉に来たので入浴してから帰ることにしました。G-Bookを使って検索をかけ、温泉街をうろうろして入浴料が2番目に安く、かつ建物もきれいなかつら荘で入浴しました。
イメージ 3
 
帰りに戦場ヶ原の竜胆で食事を食べてから帰りました。大晦日は仕事、正月も仕事。次の休みは1月3日。その日はまた、この地に居ました。続きはまた。


  • 顔アイコン
    湯本スキー場がみぞれでしたか。登山でもこの中途半端な寒さはとてもこわい。
    お父さん、家族へのサービスにこれ努めていますね。
    ゲレンデの一番下部が冬以外はキャンプ場になり、1回は家族(子供が小学校)で、他の2回は山岳部のプレ夏山の白根山登山とキャンピング練習で数年の間をとりながら幕営。10年ほど前、最後のキャンプは、回りにテントがわずか2張りという寂しさ。白根登山のメインルートが変わってしまっていたのです。『日本百名山を登る・上卷』昭文社には「菅沼登山口から登るのが最もラクで人気が高い」とある。ラクが目的なら家で昼寝が一番。また、オートキャンプ場として見るなら設備が3流(15年前の話です)。スキー施設としても客のニーズを無視の不親切な殿様商売をしているようですね。
    めげずにスキー(ボードでなく)にいそしんで来られたのは素晴らしいことです。
    貴殿のお正月のお仕事ご苦労様です。当家も孫の暮れからの入院で地元病院の医師・看護士はじめ大勢のスタッフにお世話になりました。また、嚥下障害が出始めている母も老人施設で年を越しました。命を支えるお仕事の方たちの「おかげ」を改めて深く思う年末年始で 削除
    2013/1/4(金) 午後 11:36
    返信する
  • 顔アイコン
    山のMochiさん、コメントありがとうございます。

    日光白根初登頂は高校生の時、ワンゲル部の仲間と登りました。9月に登ったのですが、秋晴れでどこまでも見渡せる眺望にゆかいな仲間との登山で大変にいい思い出となっています。菅沼キャンプ場に行くとテント禁止で、バンガローへ強制的に入れられ、無駄に重荷を背負った山旅となりました。仲間の一人が
    「さすが東照大権現を祭る地域だ、人生とは重荷を背負った、、をいまだに実行させてくれる。」
    なんて言っていましたっけ。登頂後、湯元へ降りて東武日光駅までタクシーで帰りました。

    その後白根は反対側にゴンドラがかかり、登頂する気をなくしてしまいました。

    環境保護と利便のバランスを取るのはやはり規制であり、規制緩和すれば何でもよくなるという竹中小泉路線には大いに怒りを覚えます。 削除
    2013/1/5(土) 午前 11:38
    返信する
  • 顔アイコン
    濡れて手が冷たいのは、ツライな(´・ω・`)、
    でも、人が少ないと滑りやすいかな?
    子供の頃「リフト降りる時は板の前をあげろ」と言われ
    「下げたらどうなる?」と思い→実行→降り場の前に積もった雪に
    ぶっ刺さる→リフトから落ちる→リフト止める
    というチャレンジをした事があるよ。
    あれはかなり恥ずかしかった(*´ω`*) 削除
    2013/1/8(火) 午後 7:39
    返信する
  • 顔アイコン
    へーいくまそん、そんなばかやるとリフト乗っている全員に迷惑かかるぜ。

    俺も最初はこけてリフト止めたことあるけど。 削除
    2013/1/8(火) 午後 8:31
    返信する

今日は娘のスキーを買って来ました。今までずっとレンタルだったのですが、成長が止まりつつあるようなので思い切って買ってみました。ジュニアサイズの物は安かったのですが、身長があるのでもう大人用と店員に言われ、特価コーナーから適当なものを見繕ってもらいました。この子は「買って買って!」がない子で、今回も特価コーナーの中からの選択で全く文句は言いませんでした。
 
選んだのはエランの板、ビンディングはチロリア。ストックは知らないブランドでした。靴は国産のビッグホーンブランドの物。
イメージ 1
 
これなら中級バーンでもガンガン行けるはずです。あとは恐怖に打ち勝つ心だけかな?
 
もう一つ買ってしまったのがスキーアイロン。自分でやってみたかったホットワクシング。初めてだったので説明書を見ながらやってみました。
 
流れ止めをトーストラップでひっこめます。自転車のペダルはもうほとんどがビンディング式なので、トーストラップを使うことはまずありませんが、これがいろいろと使えて便利なのです。私のは山スキー用ビンディングなので流れ止めはストラップ式で、その作業は不要です。それからスキーを調整台に乗せ、クリーナーできれいにします。そしてワックスをアイロンで溶かしながら全体に配ります。いよいよ滑走面にかけて行きます。ワクシングペーパーを敷いてからアイロンでワックスを溶かしながら進めてきます。難しそうに見えたのですが、案外うまく溶けてそれほど時間もかからずにできました。
イメージ 2
そしてプラスチックスクレーパーで削り、ブラシ掛け。この2つの方が大変だったかな。ワックスの粉があたり一面散らばってしまいました。時間をかけてしっかりと滑走面を整えました。
 
妻の物と、私の2セットの作業で2時間くらいかかりました。かかり過ぎかな?どの程度の滑りになるのか試したいのですが、雪がないのでできません。これはスキーに行くときまでのお楽しみ。もし滑りが悪かったら?アイロン持って行けばやり直せます。エスティマハイブリッドにはAC100V15Aの電源があるので、アイロンなら余裕で駆動できます。せっかく行くのにワックスがけで時間をつぶしてはもったいないので一発でよい滑りであってほしい物ですけどね。
 
スキーを楽しみに、正月勤務に耐えましょう。
 

顔アイコン
スキーですね。うれしくおもいます。
今はスノボー真っ盛り。
ウチの娘にも、小さいときにはスキーの初歩を教えたつもりでしたが、長女は寒いのが嫌いで脱落。他の2人はスノボーに転向してしまいました。スキーで生き残って下さい。スノボーの回転競技なんか見たくもありませんし、ハーフパイプなんかスポーツでなく曲芸雑伎団です。 削除
2012/12/29(土) 午前 1:30
返信する
顔アイコン
追伸:いろいろ貴殿のゴチャゴチャ経緯は勝手にすっ飛ばすことにして、ボクは相当の年数、登山靴でスキーをやっていました。なぜなら、登山者用山スキーの金具が付いた板だったからです。
「それでよく曲がれるね」とか言われていい気になっていましたが、実力たるや笑い話です。
でも古物にも関心を向けて下さっておられるので、恥を承知であえて一筆。
蛇足;キーンと引き締まった空気を胸に吸い込むだけでも子供は一回り大きくなります。一冬スキーをやるごとに大きくなった娘、ボクの体験です。 削除
2012/12/29(土) 午前 1:47
返信する
顔アイコン
登山靴でスキーとは、もしかしてビンディングはカンダハーでしょうか?私は流石に次の世代、ジルブレッタからでした。大学のクラブには、新品手つかずのカンダハーがあり、「それ俺の、あげるから使えば。」とOBに言われたのですが、先輩からやめておけ、ジルブレッタの付いた板が部にあるからそっち使えと言われ、使わずに終わりました。

革の登山靴で滑っていましたが、さすがに今は兼用靴です。専用ブーツにフィット感は遠く及びませんが、2つを買うほど山スキーにもゲレンデにも行きませんのでこれで両方まかなっています。

赤面山スキー場が閉鎖され、山スキーのツアーコースに良いというブログを見かけました。夏に行った夏沢峠越えも温泉絡めていきたいと思うのですが。流石に単独行はリスクが高すぎるので平日休暇の取れる同行者がいればいいのですが。

スノーボード、あれは足が両方くっついていてダメです。シール登行ができない道具に価値は見いだせないです。リフトがないと使えない、ああ、電気止まったらゴミですよ。 削除
2012/12/29(土) 午前 10:08
返信する
顔アイコン
お久しぶりです。こんばんは。
あのレースのあとも精力的に活動されているようですね。
私はあの時罹患した胃腸炎が(潜伏期間的にはもう少し前だと思いますが)原因で「具合悪いモード」に入ってしまいあれからずっとちょっと回復してはまた寝込んでを繰り返しています。
このシーズンはこのまま具合悪いモードを引きずるのが予感…。
スキーは昨シーズン行って道具をレンタルして道具の進歩に驚きました。最近の板は曲がりやすいですね。 削除
[ 九太郎 ]
2012/12/29(土) 午後 7:29
返信する
顔アイコン
あれあれ、それは大変ですね。大事にしてください。とにかく体が一番大事ですからね。

スキーは我々の世代の常識が全く通用しなくなっていますね。私も2年前に買った山板がカービングではないのですが、驚くほど滑りやすくなっています。

初めてスキーを履いた20歳、皮の登山靴に部室の肥やしだったジルブレッタビンディングのウッドコアスキーを付けて滑った苦労は何だったのでしょうか。

体調が回復したら、かるーくスキーにでも行きましょう。もし買うなら山板、山ビンディング、それに兼用靴にしましょうね。あとシールも忘れずに。 削除
2012/12/29(土) 午後 9:38
返信する
顔アイコン
新年明けましてオメデトございます。
初スベリ楽しんでるのでしょうか?
丁寧なワックスがけが功を奏してる頃と思います。

今年も一年よろしくお願いします(・∀・)。 削除
2013/1/1(火) 午前 9:16
返信する

↑このページのトップヘ