三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: スキー、山スキー

昨日のことです。怪我で戦線離脱中の息子が、
「明日は練習試合があるんだけど、どうせやっても線審だから行くのやめようかな。」
と言い出しました。
 
え、そんなことしていいのか?
「うん、故障者リストの主、○○君が、ラインで連絡取っていて、明日は俺行かなくても良さそうな感じ。」
牢名主みたいに、故障者を取り仕切る男がいるらしいのです。怪我をすると、メールが来て、彼の主催する故障者ラインへの招待、もしくはメール友達になれ、故障が明けると削除になるということです。故障者がどうしたらよいのか、彼に聞けば何でも答えてくれるという頼もしさ。腰を痛めて長期戦線離脱中という身分で、その中でサッカー部にいかに貢献できるかを考えているようなのです。
 
そして、○○君以外の故障者からのメールもあり、行かないことになりました。それじゃあ、4日は久しぶりに全員オフだぜ。何する?で、スキーに行くと決まったのが20時。それ、準備だ。衣類、道具を用意、食料購入と給油、荷物の積み込みと、まさにスクランブルな我が家。1時間30分後には無事終了。さて、明日も早いし風呂に入るか。
 
ところが、天気を見ようと点けたTVでやっていたのが「リアル脱出ゲーム」です。うーん、このタイミングか。早寝したいのに。ま、何とかなるな。
 
で、PCに向かって謎解き開始。
イメージ 1
 
1問目は、TVで正解を出す遥か前に解答終了。これはいけるぞ!まだ2問目を解いた奴はいない。俺が1位になれば車がもらえる!ところが、これが難しいのです。合わない、どうしても合わない!!その時、娘が
「フィジーって、日本と日付が違うんじゃないの?」
ああ、そうか、そうだった!計算し直し、ああ、でもだめだ、あっという間に解答終了者が2000人突破。そしてどうしても最後の所がわからずに回答できないまま解答受付終了になってしまいました。答えは、うーん、そうだったのか、なるほどなあ。でも、面白かった。
 
いや、面白がっている場合ではない、風呂入って寝るぞ、でベッドにもぐりこんだのが23時15分。
 
そして今日、朝4時30分起床。湯を沸かしてポットへ、紅茶を淹れてこちら水筒へ。やがて他の人も起きてきて、5時丁度、車は北に向けて走り出しました。
 
行先は前回同様、グランディ羽鳥湖スキーリゾートです。娘が気に入ってまた行きたいと言ったことと、前回もらった割引券で格安に滑ることができるからここにしました。また、渋滞が心配なこの時期ですが、関越方面よりはずっとましの予想が出ています。
 
朝はもちろん渋滞知らず、3時間15分で現地入りしました。駐車場は前回より遥かに多く、ゲレンデの混雑がちょっと心配です。
 
息子は1年ぶりです。道具も彼の分だけはないので、レンタルしました。レンタルも結構な混み具合でした。
 
娘は前回のろのろと下るだけでしたが、今回は人が違ったようにすいすいと滑ります。
「なんかわかってきたような気がする。」
と言い出したところで、前回は終了になってしまったのですが、今日は本当にわかってきた滑りができてきたようです。サッカーでほとんどスキーができなくなっている息子の方が大幅な遅れになってしまいます。それでも根性でついてきていますけどね。
 
11時30分ころ、携帯が鳴ります。息子からです。
「転倒して膝痛めたから、今日はもう無理。」
あーあ、また始まったか。どうせ休んだら大丈夫だろう。そこで早目に昼食を食べることにしました。
 
私はカレーを注文しました。すね肉を煮込んだ、結構おいしいカレーでした。値段はまあね。仕方がないくらいかな?リフト券とのセットですから、許せる範囲でしょう。
イメージ 2
 
午後は、案の定、息子もやっぱり滑ると言い出しました。毎度のことなのでこっちは慣れっこです。
だんだん滑りも安定してきましたが、やはり腰が引けてしまっています。
 
温泉に入ってから帰るつもりで、着替えも用意しましたが、結局そっちより滑りたいという娘の意見でそのまま15時30分まで滑ってしまいました。手が冷たいと言い出したので、登山用のウール手袋とオーバーミトンを貸しました。見た目は変ですが、指が冷たくて帰りたくなっちゃうよりいいでしょう。
イメージ 5
 
天気はずっと降雪でした。気温も低く、雪質はいいのですが、車はこんな感じになっていました。つららがすごい。
イメージ 6
 
車で着替えて、そのまま帰りました。途中、さすがに渋滞区間もありましたが、それほど長くは続かずにすみました。
 
羽生PAに寄ると、夏に工事していた建物が完成していました。鬼平犯科帳の江戸を再現したとのことです。
イメージ 3
 
外環だけでなく、中も凝っています。そして人出もすごい。
イメージ 4
 
帰宅後はもちろん荷物を下して洗濯、カラ干し、そしてエッジに給脂と一通り終えました。


タイトルの元ネタは東川篤哉の「謎解きはディナーのあとで」ですね。原作、テレビドラマ、劇場版全制覇の大好きな作品です。
桜井くんの影山が想像以上のハマり役でした。 削除
九太郎 ]
2014/1/5(日) 午前 6:01
返信する
顔アイコン
新年も活力充実でスタートしましたね。何よりです。
息子さん、早く治療が済むよう祈ります。
人間関係には気遣うところがありますね。練習試合なら休める、というのは意外でしたが、合理的な自己判断が可能なのですね。ボクはスポーツ競技団体の連帯責任主義などに馴染めない部分があるので、息子さんの判断は「良い意味で意外」なわけですが。 削除
2014/1/5(日) 午前 10:55
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。KN高校サッカー部は先輩後輩、1軍とそれ以下の上限関係もほとんどなく、コーチの先生方も威圧的ではないようなので、今風というのでしょうか。息子には合っているようです。それに慣れちゃって当たり前と思ってしまうと、その先に行って苦労するかもしれませんが。

今日はさすがに行きましたが、故障者で来たのは彼ひとりだったそうで、行ってよかった、誰もいないではさすがにまずい、とのことです。故障者名主、○○君の采配が光ります。 削除
2014/1/5(日) 午後 5:32
返信する
顔アイコン
九太郎さん、せーかーい。(こっちはクロコーチ) 削除
2014/1/5(日) 午後 5:33
返信する
残念ながらクロコーチは見ていませんがざっとあらすじを見たところ面白そうですね(基本的に原作ありきで好きな原作のためならドラマ版も漫画版もアニメ版も見る人なので)。
三億円事件を題材にしたドラマといえば20年くらい?前のビートたけし版の出来が非常に良かった記憶があります。

息子さんも早く故障者リストから脱出できるといいですね。 削除
九太郎 ]
2014/1/5(日) 午後 6:00
返信する
顔アイコン
九太郎さん、ありがとうございます。息子は8日から復帰できるようです。本当ならもうプレーできるのですが、故障者は1週間練習に参加して、再発しなければ試合に出てよいというルールがあり、練習試合続きの冬休み期間は再開不能なわけです。根性で何とかしろ、という時代ではないみたいです。 削除
2014/1/5(日) 午後 6:24
返信する
顔アイコン
上のやりとりを聞いていると、スポーツ指導も合理的な時代に
なりましたね。「故障者名主」には笑えたとともに、チームに
貢献する何かをしようという名主様の考えには部活への愛と人柄の良さをシミジミ感じました。いい環境の部活ですね( ´∀`) 削除
2014/1/8(水) 午後 6:43
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。今日から息子もプレーに参加し、紅白戦では(本人が言うには)活躍で来たそうです。故障者名主様には感謝ですね。 削除
2014/1/8(水) 午後 9:13
返信する

朝4時30分、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めました。
 
まずはキッチンで湯を沸かします。ポットに入れるお湯と、紅茶を淹れてテルモスに詰めます。湯が沸くまでの間に着替えを済ませ、髭剃りします。そろそろ妻と娘も起きてきて着替え終了。5時丁度、車に乗り込みます。が、しまった、携帯充電するの忘れてる!充電器充電器、ああちょっと遅れたあ。
 
高速で地平線から登る(正確には新幹線から登る)太陽を見ながら車は北へ走ります。白河で降りたらあとは30㎞、すぐ、と言いたいところですが、峠道になっていて、ヘアピンカーブもいくつかあり、あまり飛ばせません。しかも積雪あり。
イメージ 1
 
これくらいスタッドレス+4輪駆動ですから、ゆっくり行けばどうということはありませんけど、チェーンで走る人は着け時、外し時が難しいかも。
 
現地到着8時20分くらいでした。SAでの休憩を除けば3時間調度くらいだったでしょうか。意外に近いものです。リフト券は5時間券を購入しました。
 
リフト券をケースに入れます。妻はウェアの腕についているし、私のは主に冬山用なのでそんな便利なものはなく、ケースを使用。娘のウェアはケースが付属、していると思ったらクリアー面がなく、スイカのようなタッチ式専用!仕方がないので、娘にパスケースを貸して妻と先に上に上がって滑っていていいよ、と言って車にケースを取りに行きました。
 
私のブーツケースのポケットにはいくつかのケースがあるのですが、その中に羽鳥湖の物を発見!あれ、俺は来たことないぞ???妻が来たことあったのかな?
 
リフトを降りたところで合流し、妻に聞いてみると来たことないっていうではありませんか。ケースはかなり古そうです。誰だろう???もしかして父かな?東葦達高校御一行様で来たかもしれませんね。
 
コースは初級、中級、上級と別れています。まずは娘のレベルでと、初級コースを滑っていましたが、大丈夫そうなので中級、終いには上級にもシュプールを描きましたが、結論から言えば全く問題なく滑れました。このスキー場の上級コースは、例えばマウントジーンズの中級よりぬるいです。そもそも距離の割には高低差があまりない上に、よく整備してあるので初めて板を履く人を除けばだれでもほとんどのコースを安全に滑れるでしょう。
 
イメージ 3
 
プロムナードコースを行くと、これは漕がなければまともに進まないような緩斜面もありました。その下は第一ペアリフトです。しかし、クワッドリフトの高速を味わってしまうと遅くて参ります。その分ゲレンデは空いているので動画撮影などには打ってつけです。娘や妻のはもちろん、私のも撮影してもらい、滑りの向上に役立てられます。向上するかどうかはともかく、ですけど。
 
クワッドに娘と乗っていると、相席した山のMochiさんと同年配のオジサマ同志で、私のスキーを見てシール登行用の板、という会話をしているのを耳にしました。
「山スキーをやられているのですか?」
「いや、若い頃ね。カンダハー使っているころ。」
カンダハー!懐かしい響きです。5分の乗車中、山スキーの話で盛り上がりました。スキーで国体にも出たことがあるという御仁で、相当な腕前のようです。
 
色々場コースを滑っていると、あっという間に5時間経過。やはりちょっと物足りない、と娘。でも、今シーズン最初だからなあ。私と妻は明日も仕事だし。温泉も入りたいし。
 
これが最後の1本を滑るところです。気温-5度、雪は1日降り続いていて、圧雪の上にふかふかのパウダー、滑りやすいことこの上なしですね。自分がうまくなった気がしてしまいます。
イメージ 2
 
滑り終わったらまず食事です。値段はまあ普通のスキー場並みで、仕方がないかなあ。でも、結構おいしかったですね。
イメージ 4
 
福島県の観光地にお金を落しに行ったと思えば、安すぎるくらいでしょう。
 
そして入浴もしました。入浴の券は売店で購入します。525円ですから、これも4月から値上げで540円になってしまうのですね。参っちゃうね。
 
ここに入浴施設があります。ゲレンデのすぐ脇で、駐車場の目の前です。宿泊もできるのかな?きれいでいい施設ですね。
イメージ 8
入浴は私一人でしたが、出ようとしたところ、若者が数人立て続けに入ってきました。皆さん、そろそろ帰る時間なのでしょう。
イメージ 5
 
帰りは浦和で事故渋滞、久喜で降りて下道で帰りました。それでも4時間かからないくらいで帰れました。三郷まで帰ってきたら、消防車で片側通行に。中川にボート浮かべて棒で突っついていました。何か事故でもあったのでしょうか?
イメージ 6
家に帰ったら荷物を降ろし、洗濯物を分別、ウェアやブーツ、手袋などは干します。そしてこのひと手間。板のエッジに油を塗ります。
イメージ 7
 
エッジの錆はひどくなるとどうにもならなくなりますからね。娘は、楽しいスキー場だった、またあそこに行きたい!と言っています。今度行けるとしたらいつかなあ。できれば泊りがけで行きたいところだなあ。日帰りでも無理はあんまりなかったので、日程調節してみるか。


顔アイコン
つらつら思うに、スキーはマメでないと出来ません。
出発前の準備、現地到着までの道中、現地での気配り(お父さんが大変)、みんな疲れての帰路、お父さんが運転、帰宅後の片付け、翌日の仕事。
ボクは、子供が生意気になり、スキーからスノボーに宗旨替えしてしまって以来、スキーに出かけなくなりました。
松戸市には白樺湖の奥に保養所があり、数年連続して使いました。終りの頃からスノボーがゲレンデで幅を利かせるようになり、ボクも「そいつは面白そうだ!」と思いました、ゲレンデの保守派には嫌われていましたが。スキーでも「ストックなし」でかなり滑れるので、スノボーのセオリーは何となく分かります。経験はゼロですが。 削除
2013/12/23(月) 午後 8:49
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。

スキーだけでなく、登山も相当マメでなければできない遊びですね。山のMochiさんレベルのマメさがあればこそ、遭難せずに単独日本アルプス縦走が出来得るのだと思います。私も山行十話の読者として、その教えをよく守っているだけです。カヌー、シーカヤックも準備、後片付けには登山以上の手間がかかりますが、それがまた楽しかったりします。

我が家ではスノーボードに乗る物は今のところ居りません。ゲレンデでは半分程度混ざっていますが、若い人に交じって年配でもスノボの人がいました。おっしゃる通り、ある程度スキーと交通する技術で滑れるようです。でも、また道具揃えると置く場所に窮するし、スキーと使い分けるほど回数行けないし、シール登行できないし、それにスキーもまだまだ拙い技術ですので、手を出していません。でも、いつか娘はそっちに行っちゃうかな? 削除
2013/12/23(月) 午後 11:08
返信する
顔アイコン
中川の事故は、やはり自動車の転落で2名の水死が確認されたということでした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

車には、水中転落時の脱出用ハンマーは常備しておいた方がいいですね。 削除
2013/12/23(月) 午後 11:44
返信する
顔アイコン
人間は冬に寝ずに沢山遊ぶんだね。
ボクは雪山に行ったら.......多分寝ちゃうな(・∀・)!
新雪は気持ちよさそうですね。中国からの来訪物がなければ
苺シロップとスプーン持ってけるのにね。 削除
2013/12/25(水) 午後 5:46
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

中国の大気汚染は深刻ですね。新疆のシルクロードを旅したものとして、また行きたい気持ちが強いのですが、さすがにあの空気では行く気がそがれます。歴史的文化財も汚れてしまうのではないかと心配ですね。早くどうにかしてほしいものです。

月着陸もそれなりに意味はあると思いますけど、まずは大気汚染に注力してほしいですね。 削除
2013/12/25(水) 午後 6:56
返信する

いろいろありすぎて何から書けばよいやら、、、、
 
2013年3月10日
朝5時30分予定通り起床しました。炒飯を温めながらメールの確認をします。6時30分に集合時刻の変更をした件を九太郎さんも了解したことを確認。そして天気の確認。現地天気、気温14度、晴れ。ただし天気図を見ると前線を伴った低気圧が列島にあり、等圧線が詰まっているので風は強くなる見込み。うーん、午後からはどうかなあ。
 
テーブルの上にある、昨夜作ったメモを見ます。
 
持ち物
トートバッグ2個、ブラッカン、冷蔵庫にプリン、水、充電器から携帯とカメラバッテリー、腕時計、ウエストポーチ
(ここに書いていないものはすでに車の中)
 
予定通り6時15分、家を出て6時29分40秒に九太郎さんのご自宅前に到着。すでに彼は路上で待ってくれていました。荷物を積み込み、走り出します。渋滞知らずですいすいと外環、東北道を進みました。
 
7時36分、自宅から電話。娘からでした。
「お父さん、ここに赤いザックがあるんだけど、これ要らないの?」
 
「!」
いります要ります、要るに決まっているじゃないか。昨日あれこれ悩みながらパッキングしていたの、見ていたでしょう!!ああ、なんてこった。メモには当たり前すぎて書かなかったことだ。こんなことは今までなかった、ここまでひどい忘れ物は初めてだ。masamasa師匠がサイクリングの時に前輪忘れた、靴忘れた、といろいろあって正直、笑っていたところもあるのですが、まさか自分がこれやっちゃうとは!
 
自宅に忘れたザック。完璧だ。いや、完璧だった、、、、、、、。(;_;)
イメージ 1
 
さて、どうする。ここは東北道、ここから戻ると2時間のタイムロスです。それは冬山では致命的な遅れとなるでしょう。しかも低気圧が、、、、。このまま強行するしかないですね。ザックの中に入っていたものは?アイゼン、これは練習用だからいらない。ハーネスとカラビナ、ザイル、これも練習用だから、九太郎さんには申し訳ないが実施しなければいらないもの。問題はストーブと燃料、食料、ファーストエイドキット、ツェルトなどの非常用装備。
 
これなしにはいくらなんでも雪原歩きはまずいよなあ。予定変更、すでにクロスカントリースキーコースとして整備してある光徳牧場までのスノーハイクに切り替え、ザックは何とか工夫して作ろう、ということに。
 
渋滞ないまま順調に午前9時、三本松の竜胆に到着。ここで九太郎さんはスノーシューをレンタル。その間、ザックの制作に取り掛かかります。まずは今ある荷物を点検。ザック代わりになりそうなものは、ない!ない物はない。
 
スキーブーツを入れるケースが唯一の鞄なので、これに背負い紐をつけるしかないのか。上は取っ手が使えるのですが、下側には何もないっ!そこで、車に常備してあるキャリアストラップを肩紐に、下の支点は細引きにミッテルマンノットで左右2つの輪を作り、その細引きを鞄の底に回して、それが上に抜けないように短い細引きで(しかなかった)底を回して固定。なんとか背負えるようにはなった、かな?
 
次は中身。食料は九太郎さんが作ってきてくれたおにぎりとお茶、私が買ってきたパンなどを詰め、予備に持ってきた替え衣類などを入れます。ブーツケース ザックに入りきらないスノースコップとゾンデは外付け。
 
GPS、財布、携帯、アマチュア無線機はウエストポーチ、カメラはオーバージャケットのポケットへ。
準備万端、いざ行かん光徳牧場へ。
 
かっこいいザックだけど、肩ひもが食い込むのが玉に傷。
イメージ 2
 
雪は固めで、やや水っぽいのが気になりますが、それでもシールはよく利き快適に進みました。が、同行者はスノーシューなので調子よく行きすぎるとちぎれてしまうので、控えめに。
 
レンタルのスノーシューは800円、ストック持参なので100円引きと良心的価格。残念なのはバックルのリリースボタンが欠けていて脱ぐ時に力が必要なこと。まあ、多くの人が使うものだから仕方がないかなあ。踵を上げられる山岳仕様なので上り坂でもガンガン行ける、らしい。実は私履いたことがないのです。ワカンなら履いたことありますが。
イメージ 5
 
天気は良すぎ、風も大したことなく、暑いのでカッターシャツなしでオーバージャケットを着ていましたが、これも脱ぎたくなるほどです。時々水分の補給をしながら行動しました。
 
アストリアホテル専用クロスカントリーコースと案内板が立っていますが、「専用」って、なんだろう。指定の間違いなのでは?
 
雪も十分にあり、楽しく歩けます。
イメージ 6
 
GPSと地図、コンパスで一応確認しながら行動しましたが、ルートは明瞭なのでほとんどその必要は感じません。クロスカントリースキーの人と多くすれ違い、時々スノーシューの方も混じっている感じです。
イメージ 7
 
アストリアホテル前から左に大きく折れ、道路を渡ると、ひと歩きで光徳牧場に到着。広々していて何ともいい気持ち。青い空に白い山、絵に描いたような美しさです。
イメージ 8
 
結構多くの人出。思い思いに雪を楽しんでいます。子供連れもいましたが、小さい子は大はしゃぎで雪と戯れていました。山スキーを履いた人と遭遇。単独行の様。私と同じメーカーの板で、彼は以前私と同じ板を履いていたそうです。スキートラーブを履いている人に初めて遭遇しました。今日は切込み刈込みコースに行こうとしたけど、山は大荒れになると言われたので雪原ハイクに切り替えたとのこと。賢明なご判断でしたね。
 
牧場を抜けるとそこは光徳沼の看板。で、どこにあるの、沼は?
イメージ 9
時刻11時。ちょっと早いけど昼食にしましょう。
 
ザックを下してスキーを脱ぐと、ズボ!と脚が潜ってしまいました。スキーとスノーシューは偉大な発明であると実感した次第。せっかく買ったゾンデ棒、伸ばして試に雪面に差してみました。積雪78㎝、ルート上でも65㎝あります。上の方に硬めの雪があるのですが、その下はものすごく柔らかいのです。なるほど、これでは脚が潜ってしまいますね。
 
椅子がない、テーブルがない、そんなときにはスノースコップの出番。あっという間に掘りごたつとテーブルが完成です。
イメージ 10
 
帰りは元来た道を帰りました。途中、いろいろと遊びながら、おしゃべりしながら帰りました。斜面があれば滑降をします。雪は途中から舞出しました。
イメージ 3
 
 
雪はちらちら舞っているだけだったのですが、途中から急に風が出てきて、気温が急降下してきました。降雪量も増えてきました。これがあるから山岳気候はなめてはいけないのです。休憩しようと思いますが、停まると寒く感じるのでブラッカンを焚いてみました。あたたか~。
イメージ 4
 
帰りも渋滞なく、すいすい行けたのですが、すいすい行き過ぎたようで、首都高四つ木出口合流で一時停止違反、7,000円の切符をいただきました。って、おい、合流に加速しないでどうやってすんのよ!20年ぶりの反則金、そして初めてのザック忘れと、はあ、いろいろあった1日だったなあ。(13年ほど前、警察の嘘が原因で罰金納付5,000円、前科1犯になったことがありますが。)
 
ただし、考えようで、たまたまザックを忘れたために手軽、安全なコースにしたので天候の急変で寒い思いをしないですんだともいえますね。塞翁が馬、ということにしましょう。
 
九太郎さん、そういうことにさせていただいてよろしいでしょうか?


顔アイコン
今日は日光地方、暴風警報が出ていたので、安全コースで良かったのでは?上納金は、まあこれで厄が落ちたということで。 削除
2013/3/10(日) 午後 10:59
返信する
顔アイコン
shi*さん、コメントありがとうございます。そういうことにしていただければ幸いであります。

上納金の方は、高い厄払い料でありました。 削除
2013/3/10(日) 午後 11:09
返信する
顔アイコン
私もフェイスブックを更新しました。 削除
[ 九太郎 ]
2013/3/11(月) 午後 3:48
返信する
顔アイコン
九太郎さん、コメントありがとうございます。フェースブック読みに行きますね。 削除
2013/3/11(月) 午後 5:20
返信する
顔アイコン
〆(しめ)の「塞翁が馬」でレポートが決まりましたね。
同種のカメラを二台持つとヤヤコシイ(ボクの経験)ので、出てきたら子供か奥さんにあげてしまうのがいいと思います。
で、もう見つかりましたか? ザック忘れといい、そのときは本当に忘れたから、置き忘れたり無くしたりするわけで、ボクの得意芸なのでとっても親しみを覚えました。 削除
2013/3/12(火) 午後 9:45
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。最近、何かいろいろとかみ合わないことが多くなっています。気をつけないといけませんね。

カメラの操作系は全く一緒なので、混乱せずにつかえています。
いまだW60は出てきておりません。「盗まれた」と感じると認知症の症状、被害妄想が疑われるのですが、もしかして盗まれたかも??? 削除
2013/3/12(火) 午後 11:32
返信する
顔アイコン
オマワリさんは嫌なとこで見張っているもんだねぇ。
でもそれ以外は、忘れ物のおかげで楽しく過ごせてよかったね! 削除
2013/3/13(水) 午後 6:56
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

「忘れ物」と、「忘れたころに御用」には注意しましょう。 削除
2013/3/13(水) 午後 7:01
返信する

さて、本日はスノーハイク前最後の休日。しっかりと準備しなくては。まず登山具の手入れから。錆びたり汚れていたピッケルを磨きます。これ、物がいいので表面にさびが浮いていても中までは痛みません。油を吹いてワイヤーブラシでこすればあっという間にピカピカです。
 
スキーにはシールを付けて、ブーツからは中敷きを抜いて1枚に。ゲレンデで滑りを楽しむ時にはしっかりと足を締め付けたいので2枚使っていたのです。
 
そして、必要物品リストを作り、午後からは水道橋サカイヤへひとっ走り。本日のお供は小径車。
 
持っていなかったアバランチ3種の神器の一つ、ゾンデを購入。後はシュリンゲと、雪山登山の本。私の大学時代とずいぶん変わってきているようなので、もう一度勉強し直さないと自信を持って教えられませんから。
 
それと確保器を購入。これがなんと515円と激安。今までエイト環を使っていたけど、8mmφザイルではダブルで使っても滑りすぎて左手が疲れるのです。店員に尋ねると、11㎜φなら十分な制動がかかるけど、9mm以下なら確保器の方がいいとのこと。使い方も教わりました。
 
アバランチ3種の神器の2つとピッケル。
イメージ 1
赤い袋が今日買ったゾンデ棒です。スノースコップは学生時代から使っているからボロボロ、ではなくて、私のおとーさまがこともあろうに「セメント混ぜ」「土さらい」さらに「雨ざらし」、普通のスコップのような激しい使い方をガンガンやってしまったのです。一時期、雪かきしようとスノースコップを捜してもなぜかなく、あれこれ見ていたら他のスコップに混ざってコンクリートがガチガチにこびりついたこいつを発見しました。ドリルにワイヤーカップを付けて磨いたのですが、後の祭り。もうかつての輝きはありません。
 
ゾンデ棒は袋から出したら手前のこの紐を引きます。すると一本の棒になります。これで人がいるであろう場所を(ビーコン使っておよその位置を割り出してから)突っついて遭難者を探索するのです。
 
イメージ 2
 
店員に、まず雪崩が発生するとは考えられないところしか行かないが、一応持っていたい程度、と言ったら、最低3mは必要、最長でも3m程度で十分と言われました。2m程度では、その下にいる遭難者を発見できないし、3m以上あってもどうせ圧死しているので緊急性は薄いということらしいです。
 
本当にこれが有効かどうかはやったことがある人自体が周りにいないのでよくわからないのですが、統計を取った国があったそうで、15パーセント程度生存率が上昇するそうです。
 
雪崩紐って、今はないの?あれ付けておけばビーコン、ゾンデ要らない気がするのは気のせいでしょうか?さて、店員さんおすすめの使い方が、雪の中を探るのに使う方法だそうです。積雪がどれくらいか、中の雪の硬さは積もり方などが手ごたえでわかるので便利だそうです。
 
ザイル、ハーネス、カラビナも点検、こんな装備、もっていくのが戦場ヶ原とは信じられないくらい重装備。あとは地図に磁北線を入れて、GPSにポイント作成、食料の用意ですね。
 
九太郎さん、食料は私が用意します。燃料と時間の節約もできる温かいメニューを考えて用意していきます。


顔アイコン
私も昨晩から準備を始めています。 削除
[ 九太郎 ]
2013/3/7(木) 午前 11:08
返信する
顔アイコン
(´ヘ`;)ウーム…冬は日帰りでもやっぱ重装備だね。
ゾンデ棒、使わずに済むこと願ってます。 削除
2013/3/7(木) 午後 5:56
返信する
顔アイコン
九太郎さん、万全の準備で楽しいツアーにしましょう。前日お忙しそうですが、よろしくお願いします。

くまそんさん、ゾンデは使う分には一向に構いません。「使われて探してもらう身」には、絶対になりたくないです。

アバランチゾンデ(アバランチ=雪崩)は、プローブとも言いますが、別名オロク捜索棒と言うとか言わないとか。オロク、漢字で書くと御六、南無阿弥陀仏の6文字のことです。山男の符丁です。 削除
2013/3/7(木) 午後 6:18
返信する
顔アイコン
なんだかとても楽しそう。
応募できる年を(年齢ではないのかな--怠けきってるだけ)超えてしまいました。雪があるだけで、でもスキー場では味わえないものがありますよね。
どんな山でも十分気をつけてお出かけ下さい。貴殿に言うのは「釈迦に説法」なんですが。 削除
2013/3/8(金) 午後 9:49
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。急激な気温の上昇もあるようなので、十分注意して楽しんで参りたいと思います。寒波の来襲、降雨、大降雪、強風の場合中止にして東照宮参拝でもしてこようかと。 削除
2013/3/8(金) 午後 10:32
返信する

日時 2013年3月10日
パーティーメンバー ◎三毛ジャガー ○九太郎 ○募集中 ○募集中
コース 日光戦場ヶ原付近
 赤沼茶屋→赤沼分岐→展望台→弓張峠→光徳入り口→赤沼茶屋
 
下記URLにモデルコースが写真つきで載っています。
 
日程 0600九太郎さん自宅=0900赤沼茶屋、スノーシューレンタル(800円)0930出発
    弓張峠付近で昼食=1500赤沼茶屋帰着、帰宅
 
装備
 
行動時
登山用インナー上下、カッターシャツ、フリース系衣類、オーバージャケット、登山用スラックス、オーバーパンツ、登山用靴下、冬山用手袋、防寒帽子、ゴーグル、フェースマスク、スパッツ、登山靴、スキーストック、
 
※レンタル可能品 オーバージャケット、登山用インナー、防寒帽子、ゴーグル、スパッツ、冬山用手袋、
※代用可 オーバーパンツ→合羽のパンツ 
 
ザックの中に
予備セーター、予備インナー、予備手袋、予備靴下、予備靴ひも(今回九太郎さんはなくてもいいよ)、合羽、非常食、非常燃料(固形燃料か、ろうそく)、ライター、火にかけられる食器、水筒(できれば保温できる物、凍ってしまうので)、ビーコン、、、の代わりにエマージェンシーオートマチックID機能のアマチュア無線機、アイゼン(軽アイゼン可)食器、ブキ、ロールペーパー、レジ袋3枚程度、ヘッドランプ、タオル、ナイフ、
 
ザックの外に
ピッケル(レンタル可)
 
ウエストポーチに
地図、コンパス、GPS、高度計、筆記具、メモ用紙、財布、
 
共同装備
コッヘル、ストーブ、燃料、昼食、予備食、
たわし、ゾンデ、スノースコップ、ツェルト、細引き数本、ファーストエイドキット大
 
アンザイレンと確保の練習用
ザイル30m、カラビナ8、シュリンゲ5~6、エイト環、ハーネス、およびスワミベルト
 
車の中で
運転手さん、ご苦労様です、これでもお召し上がりください、の物
 
*********************************************
 
持っていないものがあったらお申し出ください。ほとんどの物がお貸しできるでしょう。私はスキーで行動します。


名前がYahooIDだと使い辛いですね。九太郎です。
携行品リストを見ると殆ど持ってないです。
まずは完璧に持ってないもの。
カッターシャツ(登山用ですよね?)
スキーストック
スパッツ
アマチュア無線機
GPS
高度計
固形燃料(これは近くのホムセンで買えるかも)
次に持ってないけど代用できそうなもの。
登山用インナー→スキー用のインナー及びヒートテック上下
登山用スラックス→裏フリースのウォームズボン
オーバーパンツ→カッパのズボン
冬山用手袋→スキー用手袋
防寒帽子→ニット帽
フェースマスク→マスク兼用ネックウォーマー
こんな感じですが難しいですか? 削除
九太郎 ]
2013/3/6(水) 午前 10:20
返信する
顔アイコン
カッターシャツ→化繊系の衣類
スキーストック→レンタル可(スノーシューと一緒に借りられるらしい)
スパッツ→貸します
アマチュア無線機→貸します
GPS→共同装備でOK
高度計→共同装備でOK
固形燃料→さしあげます

代用品は、全てOKです。

平地なので雪崩の危険性は0%、今のところ降雨や豪雪の予報なし。楽しいツアーにしましょう。 削除
2013/3/6(水) 午前 10:39
返信する
そんな装備では無理だよ寒いよ死ぬよと言われたら行くのを諦めようかと思っていましたが大丈夫そうなので安心しました(添付のモデルコースでは運動靴で来て埋まってる人も居るみたいなのでそれよりはマシかと)。
10日の奥日光方面の予報は曇り時々雪、最高気温5℃最低気温-3℃となっていますね。
昼食はどうしますか?この間明神ヶ岳で食べたアルファ米のドライカレーとフリーズドライのスープは時間がかかるのが難点だけど寒い山頂で温かいカレーが食べられるのが新鮮でした。 削除
九太郎 ]
2013/3/6(水) 午前 11:18
返信する

↑このページのトップヘ