カテゴリ: スキー、山スキー

五色沼は四季それぞれに美しいのですが、やはり雪景色は格別です。様々な色の湖面を白い氷が覆い、神秘的な情景が広がっています。

2020年2月10日

スキーで疲れていたのでしょう、深く眠っていた私たちでしたが、早朝に除雪車の鳴らすチャイムで目が覚めました。
IMGP0746 (640x480)

今日はスノーシューハイクですから、準備を万端にしなければなりません。着替えて荷物をまとめ、もう一度天気予報をチェックします。風は1m、天気は晴れ。日中の気温はマイナス3度。これ以上のない好条件です。

美味しい朝食を頂き、身支度を整えたらペンションのスノーシューをレンタルします。フランスのTSLで、フランスにこだわりを持つこのペンションらしいセレクトですね。五色沼とはいえ、雪のフィールドですから計画書をペンションに提出し、日没までにスノーシューの返却に来ない場合には捜索依頼を出すようにお願いしました。

アバランチビーコンをそれぞれの身体に装着し、電源ON!動作確認もしました。

よし、行くぞ。車に乗り込み、五色沼入り口の駐車場へ行きました。

8時53分のバスに乗り込み、裏磐梯高原駅終点で降りました。そこでスノーシューを履きます。(私は山スキーですが)

IMGP0747 (640x480)

まずは階段降りです。スノーシューなら楽勝!スキーならもっと!!
IMGP0749 (640x480)

階段を降りたところにあるのが一つ目の柳沼です。凍っているので途中までなら渡れそうに見えます。
IMGP0751 (640x480)

スノーシューなら足が潜ることなくずんずん歩けます。妻もご機嫌で歩きました。
IMGP0755 (640x361)

雪に染まった樹林の間から沼が見え隠れします。
IMGP0756 (640x361)

こちらは私。ビーコンを付けているのだら、当然ザックにはスコップとプローブが入っています。ロープとガチャも。こんなコースでいるのか?という方がほとんどでしょうが、道具なしでは万が一沼やクレバスに落ちたら、相方は見ている以外何もできなくなってしまいます。もちろん行動食に非常食、燃料、水、ツェルト、などなどあれこれ入っています。
IMGP0757 (640x361)

青沼まで来ました。ここは湖面すぐ脇まで降りられますね。行ってみましょう。道が狭くて岩が露出、スキーでは厳しかったです。一回転んでしまいました。
IMGP0761 (640x361)

なんとも神秘的な色合いですね。これが天然の色付けとは到底信じられません。
IMGP0763 (640x361)

その反対側はるり沼です。こちらは展望台がありました。スノーシューでは楽々登れましたが、スキーだって大丈夫なのさ、階段登行という手があるさ。

セルフシャッターで。
IMGP0769 (640x361)

「道がわかれているよ。右の方が踏みあと多いね。こっちでいい?」
ちょっと待ってね、いや、これ左だよ。地図とコンパス、それにGPSで確認しました。けっこうあちこちに分岐があるので、まあ行き止まりがほとんどですが踏み跡に頼ると道迷いの可能性はあるでしょうね。
IMGP0770 (640x361)

また大きい沼に出たね。
弁天沼でしょう。
弁天て、七福神にもいたね。なんだか今年は縁があるね。
IMGP0772 (640x361)

「ここ、水が流れているよ。スキーじゃ通れないんじゃないの。」
IMGP0773 (640x361)

んなこたーない。
IMGP0774 (640x361)

あれ、弁天沼の向こうにスキー場が見えるね。グランデコじゃないかな。今日は良く晴れているから、山頂からの景色はさぞかしいだろうね。
IMGP0775 (640x361)

竜沼の横を歩きます。
IMGP0780 (640x361)

おお、下りだ。追突すると危ないので、平らなところまで先に行ってね。それじゃあ、行くよ。すいーっと。
IMGP0785 (640x361)

大きく沢の音が聞こえます。雪の下に沢があるのでしょう。
IMGP0789 (640x361)

赤沼に出ました。標柱の上には雪だるまがいました。
「あれ、もうちょっとで終わっちゃうね。」
IMGP0794 (640x361)

橋を渡ります。幅が広いので落ちる心配はまずありません。
IMGP0796 (640x361)

そして、五色沼のハイライト、毘沙門沼が見えました。
IMGP0799 (640x361)

記念に撮影をしました。
IMGP0802 (640x361)

磐梯山と。
IMGP0804 (640x361)

分岐を右に行きます。せっかくですから、毘沙門沼全て見ていきましょう。
IMGP0805 (640x361)

同じ沼でも場所により色が違います。本当に不思議ですね。
IMGP0810 (640x361)

ゲロ、ここ降りるのか!参ったなあ。
IMGP0811 (640x361)

ここは気合で!
IMGP0815 (640x361)

ここまで降りてきたら一安心。
IMGP0816 (640x361)

じゃないぜ、この狭い木道は下り坂、曲がれなかったらドボン!
IMGP0831 (640x361)

最後の階段はさすがにスキー板を脱ぎ、つぼ足で登りました。
IMGP0836 (640x361)

もうじきゴールです。名残惜しいのでもう一回毘沙門沼を見て行きましょう。
IMGP0839 (640x361)

ここを回り込んで、このスロープを下りますよ。それ!
IMGP0841 (640x480)

あれ、おかしいな。地図と違うんだけど。地図はここから車道になっているのに、壁があって通れません。
IMGP0842 (640x480)

ちょっと待ってね。一旦戻って。地図とコンパスを取り出し、もう一度確認します。GPSでも間違っていません。地図古かったかなあ。

いやいや、この壁、もしかしたら除雪した雪を置いてあるだけじゃないのか?それならこれを越えれば。あ、右に通過できそうな隙間があるぞ。
IMGP0843 (640x480)

抜けた~!さあもうちょっとだ。
IMGP0844 (640x480)

ここをまっすぐくだれば、
IMGP0845 (640x480)

雪が深いのですが、スノーシューならずんずか行けますよ。
IMGP0847 (640x480)

駐車場が見えました。
IMGP0849 (640x480)

到着です。道具を仕舞って、ペンションへスノーシューを返却しに行きました。行動時間は展望台などに立ち寄って2時間ちょっとでした。
IMGP0852 (640x361)

ペンションヴァンブランで昼食に良い店を訪ねたら、ここ水峰(すいほう)を教えていただきました。かつ丼が名物で、「ボリュームあります、覚悟して食べてください。」と言われました。
IMGP0856 (640x361)

なるほど、これですからね。これで並盛です。
IMGP0858 (640x361)

妻は会津山塩使用の塩ラーメンを注文しました。角のないすっきりとした塩味でとてもおいしかったです。
IMGP0859 (640x361)

壁に飾られている写真を眺めていたら、妻もじっと見ています。どの写真が好き?
「写真じゃなくて、ワカサギが食べたい。」
あ、メニュー見ていたのね。檜原湖で取れた希少なワカサギで、身が柔らかくておいしかったです。
IMGP0860 (640x361)



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村

裏磐梯グランデコスノーリゾートでスキー!
IMGP0705 (640x361)

2020年2月9日
妻と二人、グランデコスノーリゾートにいました。妻と私、たまたま2連休が重なったので、スキーに行こう!となったのですが、スキー場に雪がない!という驚愕の事実に行きつけのスキー場はあきらめて、確実にありそうなここにしました。それでもガリガリになっているのではないかという心配もありましたが、数日前から大雪が続いて寒気も深く入り込み、ここグランデコは極上のパウダースノーに恵まれていました。

まずはゴンドラで上に出ましょう。がしかしまさかの超混み!40分もかかってようやく一本目に乗れるというありさまでした。

ゴンドラに乗るとゲレンデも混雑しているように見えました。参ったなあ。
IMGP0706 (640x361)

しかも強風のため、低速運転中とアナウンスがありました。事実、篭は左右に大きく揺れていました。山頂駅を降りたらもう11時です。
「今のうちに昼食食べちゃわない?」

山頂駅にあるブナブナへ入りました。まだ板を全く履いていないのですが、もう行列に並ぶのはうんざりですからね。
IMGP0707 (361x640)

フライドポテトとアメリカンドッグ、それにコーヒー。
IMGP0708 (640x361)

真打はこれ、本格的な窯で焼き上げたピザ。ひめたけのピザにしてみました。焦げまでおいしい香ばしいピザでした。スキー場のメニューも最近はどんどん進化していますね。
IMGP0709 (640x361)

食べている間にもどんどん食事を求める列は長くなっていき、早めに入って本当に良かったなあ。

お腹もいっぱいになったし、滑るか。2年ぶりの私たちですから、まずは緩い所から足慣らしをしましょう。
IMGP0711 (640x361)

ここのクワッドはフード付きで快適です。混雑するゴンドラに並ぶより、こっちを乗り継いだ方が早かったかもね。どのクワッドもそれほど並ばずに乗れました。
IMGP0717 (640x361)

3本ほど第2クワッドを乗ったら、第3クワッドに乗ってみました。降車の係員に左の方がきついと教えてもらい、右へ行きました。それでもここ、崖のように見えるぜ。大丈夫か?
IMGP0723 (640x361)

恐る恐る滑り始める妻。ターンがうまくできません。あ、転倒!

とりあえず。(古くてすいません、私をスキーに連れてってネタです。)
IMGP0721 (640x361)

私でもちょっとは怖い、けど、本当にちょっとだよ。
IMGP0740

もう一回上に行ってみようぜ。今度はもっと果敢に攻めてみるからさ。

おりゃ!
01

コブ!なんのなんの。
02

ぬおおお!
03

ふう、何とか転ばずに滑り切ったぜ。
04

リフト8本ほど滑ったところで、妻は疲れたとカフェに消えました。それなら、その間にガンガン行かせてもらいますよ。休憩?そんなのリフトのシートで取ればいいのさ。あんなに天気が良かったのに、雪の降りが強くなってきました。風は一向に止む気配なしです。
IMGP0728 (640x361)

一人で滑るんだから何の遠慮もいりません。ほとんど人気のない上級コースをガンガン行きましょう。
IMGP0729 (640x361)

いったんセンターハウスに戻り、妻と合流。マリオンクレープは大行列でした。
「食べる?」
「いい。」
IMGP0730 (640x361)

ゴンドラも空いたし、最後に一本一緒に滑ろうぜ。
IMGP0732 (640x361)

さあいくぞ。
IMGP0727 (640x361)

最後にお土産のお買い物をしました。買った金額3000円ごとに一回くじが引けるのですが、なんとリフト半額券が大当たり!
IMGP0736 (640x361)

グランデコではお土産を先に買ってからリフト券を買った方がよさそうです。ちなみに、私たちはペンション発行の割引引換券で購入ですから実際いくらだったのかは私たちにはわかりません。

クルマは雪だらけ。寒い!早くペンションへ行こう。
IMGP0737 (640x361)

車外温度計はマイナス7度を示していました。
IMGP0738 (640x361)

今夜の宿はここ、ペンションヴァンブランです。こじゃれたログハウス風の建物に自動演奏ピアノを聴きながらデロンギのコーヒーメーカーで淹れたコーヒーを頂け、夕食は超本格的なフランス料理です。オーナーさんもとても良い方でした。
IMGP0739 (640x361)

2日目はスキー場ではないフィールドで遊びました。記述は明日に。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日は会社のパーティーで帰りが遅くなってしまいました。帰ったら、歯だけ磨いて即、寝ます。

朝4時2分、目が覚めました。さあ行くぞ!
4時35分、家を出ます。値上げされた外環、そして東北道へと進み、北へ向かいます。

日が昇ってきた頃、上河内SAで朝食を摂りました。ルーフには昨日ホットワクシングしておいたスキー板が3人分積んであります。

イメージ 1

目指すは南会津たかつえスキー場です。道路には雪が全くなく、普通に走れたので予定より早く現地入りできました。
イメージ 2

8時10分、駐車場へ車を入れました。リフトは試運転でしょうか、もう動いているのが見えました。いいね、早速着替えて準備しましょう。
イメージ 3

リフト券は一日券が4200円です。しかし、セブンイレブンで予約券を購入すると3500円、さらに温泉入浴500円のところ200円引きで300円で入れる券までついています。レンタルする人はそれも割引なるので、是非予約券を購入してください。

窓口で一日券に交換したら、早速リフトに乗ります。このスキー場へ来るのは20年ぶりくらいでしょうか、記憶ではペアリフトとシングルリフトしかなく、4本つないでようやく山頂へたどり着いたイメージがあるのですが、知らないうちに(かな?記憶違いかも?)フード付きクワッドリフトが増設されていて、快適に中腹より上まで出られるようになっていました。リフトを降りるとこの景色!風もなく、霞もなく空気は澄み渡っています。
イメージ 4

久しぶりのスキーなので、まずは林間コースへ。しかしこのコース、中級のバーンへ直結なので初級と思って入ってはいけませんね。でもなんとかドボーゲンで娘も降りてきました。
イメージ 5

やや込み加減、そして雪面は硬めで滑りにくさはありましたが、変化に富んだ斜面が続いて娘の練習にもなるし、私も飛ばしどころでガツンと滑走できるので満足度は高めでした。コース幅が狭い部分があるのでそこは注意が必要です。
イメージ 14

千葉県スキー連盟のスラローム大会が開かれていて、コース幅の半分が閉鎖されていました。

「え、千葉県にもスキー場あるの!」
ないけどスキー連盟はあるみたいだね。それと、かつては2つあったんですよね。スキーイング津田沼と船橋のザウス。どちらも滑ったことあるのは今となっては貴重な体験ですね。
イメージ 15

2時間ほどガンガン滑ったら、レストランが込み合う前に昼食にしましょう。私が食べたのは「けっとばし丼」という馬肉のどんぶりです。歯ごたえの強めの肉ですが、さっぱりした油で美味しく食べられました。
イメージ 6

昼食後はシングルリフトに乗って山頂まで!この景色を見ながらの滑走、たまりませんね。
イメージ 7

頂上の方は標高が高いので、雪質もばっちり、とても滑りやすかったです。しかし、シングルのリフトが怖い、コース幅が狭くて怖い、と娘には不評でした。幅はこれだけあれば十分だろう。それに俺の学生時代にはシングルリフトばっかりというスキー場さえあったのに。時代だなあ。
イメージ 8
イメージ 9

さらに2時間ほど滑ったところでもう一度休憩、妻は脚に痛みを訴えて上がります。財布を渡して何か食べながら待っててもらいます。あとは娘の気が済むまで付き合いましょう。
イメージ 10

なかなかローテーションが抜けないなあ。いくつかの練習方法を試しますが、やはりスピードを出さないのでうまくできないようです。ま、私もごく低速では実はできませんが。

「きちんとエッジで雪面を削れるターン技術がある人は、極低速でもできます。速度を上げていけば遠心力で勝手に張り付くので、出来た気がするだけなのです。」
とスキーの師匠のお言葉。未だにその域には達することが出来ません。
イメージ 11
圧雪されていないコースもありました。こういくところが好きならば、山スキーに連れてった方がいいかな?
イメージ 12

もう疲れたから、あがる!
イメージ 13

せっかく300円で温泉に入れるのだから、入っていくか。白樺の湯へ立ち寄ります。ゲレンデの中と言ってもいいほどの場所です。
イメージ 16

帰りはやや渋滞気味の箇所もありましたが、走行は3時間半ほどで家に帰りました。家に帰ったらスキーのエッジにオイルを塗って、後は乾燥と洗濯、そしてブログ記入です。

おお、もう3月だというのにこのタイトルとは!

土曜日に学校の合唱コンクールが終わり、伴奏担当の娘はようやくピアノから解放、やっとおとっつあんとも遊んでくれるようになりました。妻を含めて3人で朝5時、家を出ます。向かう先はエーデルワイススキーリゾートです。日塩有料道路沿いにハンタマと並んであるスキー場です。私、ここを訪れるのは実は初めてだったりします。さてさて、どんなスキー場なのでしょうか。

日塩有料道路はスキー場直前まで雨が降っていました。いやな予感がします。

着替えたら、早速リフト券売り場へ。大人2枚、中人1枚の割引券使用のセットチケットを購入しました。

嫌な予感は的中、かちんかちんのバーンの上に重たい湿った雪が乗っかり、滑りやすい状態ではありませんでした。降る雪も重たく、ウェアに当たるとすぐさま滴になってしまう状態でした。撥水効果の落ちてきた妻のウェアはしみてきたそうです。

10時30分、早めに昼食にしました。ここの名物は3人で食べて丁度良いくらいのサイズのジャンボカツカレーです。サイズ比較するものがこれくらいしかないので、わかりにくいでしょうが、とにかくものすごいボリュームです。味も良かったですよ。
イメージ 1

ロコモコも、ハンバーグが軟らかでジューシー、おいしかったです。
イメージ 2

ちょっと食べすぎだよ。
イメージ 3

食べながら、スキー場のパンフレットを読んでいて驚愕の事態が判明します。買ったチケットは大人2枚の中人1枚でしたが、なんと!45歳以上は「シニア料金」で中人と一緒じゃないですか!私も妻も、ここではもうシニアだよ。結局一人当たり500円余分に払ってしまったのです。ちなみに60歳以上になるとシルバー料金でさらに安くなります。

昼食後、降る雪が少し軽くなってきました。最奥部の枯木ゲレンデへ行ってみました。ところどころギャグのあるスキー場ですね。
イメージ 4

ほっとけ!
イメージ 6

82番リフトには幸せの鐘がついています。偶然ここに乗り合わせたカップルは幸せになれるのだとか。
イメージ 5

雪質が良くないのにもだんだん慣れてきました。
イメージ 11

娘はパラレルの練習をしました。ロータリーモーションがなかなか抜けなかったのですが、いろいろな練習を積むうちに時々「板なりの曲がり」を見せるようになってきました。本人も

「なんかわかってきた!」

と、休憩する私たちを置いて一人でガンガン滑っていました。

15時30分ころ、これまた名物のクレープを並んで買いました。
イメージ 7
イメージ 8

帰りは西那須野の方へ降りました。大谷PAで一休み。
イメージ 9
イメージ 10

滑る印象よりも、むしろ食べまくった感じがする一日となりました。

自宅に到着したら、荷物を降ろして片付けます。もちろん、3セットの板は水分を拭き取ってエッジには油を塗って錆止めします。これをやっておかないと後悔することになりますからね。

  • 今時、スキー場の涙ぐましい営業努力を知りました。切符に45歳の区切りがあるのも初耳。

    こちら夫婦、いつでもどこでもシルバー。残っているのは75歳の後期高齢者のみ。 削除
    2015/3/8(日) 午後 10:26
    返信する

  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん、コメントありがとうございます。

    最近のスキー場は若者よりむしろ、かつてのブーム時代に若者だった人とその子供、孫をターゲットにしているようですね。

    スキー、スノボ人口が減少する中、少ないパイの奪い合いに涙ぐましい努力をしているようなので、1,000円余分に寄付しても営業を続けてくれるならその方が良いと思えてしまいます。 削除
    2015/3/8(日) 午後 10:59
    返信する

  • 顔アイコン
    い~ですね~スキー アッ氏今シーズンは0回、いゃここ数年滑っていません。(田沢湖まで行ったのに(^_^)a...) スキー場で食べるカレーライスって海の家で食べるラーメンに匹敵、最高ですよね!(((o(*゚▽゚*)o))) 削除
    玉造
    2015/3/9(月) 午前 7:53
    返信する

  • 顔アイコン
    > 玉造さん、コメントありがとうございます。

    「スキー場のカレーライスは海の家のラーメン」説、ごもっとも! 削除
    2015/3/9(月) 午後 9:23
    返信する

  • 顔アイコン
    リフト券の割引に涙ぐましい努力を感じます。
    高齢になればナルホド、リフトを使用回数が減るわけ
    でもないのに。集客って大変だぁ!
    今回は使用カロリーを摂取カロリーオーバーで
    (・∀・)イイネ!! 削除
    2015/3/10(火) 午後 7:04
    返信する
  • 顔アイコン
    ほんと、食べすぎました。自転車乗ってダイエットしたいところですが、天候が不順でどうにもなりません。ローラー台でも乗ろうかなあ。 削除
    2015/3/10(火) 午後 9:18
    返信する

息子がスキー教室から帰ってきました。
 
本来もっと前に計画されていた学校のスキー教室でしたが、大雪の影響で2月24~26日に変更になりました。
 
サッカー一筋の男ですので、回数は少ないのですが、小さい頃からスキーを履かせていたのでプルーク崩れパラレルもどきくらいには滑れていました。
 
帰ってきて、
「すっげー楽しかった!部屋も5人で楽しかったし、スキーはコーチの教え方がうまくて、俺もちゃんとしたパラレル滑れるようになったよ。最終日に検定やったんだけど、俺も受かったよ。スキー場が終了した後、暗い中を松明持って滑るんだけど、俺もメンバーに選ばれたんだ。リフト止まっているからツボ足で、斜面上がるのはきつかったけど、でも星が今まで見たことのない美しさで見えたよ。」
 
そうか、それはよかったなあ。うまくなった滑りを見たいね。でも、週末は全部サッカーだろう?
 
ところが、なんとそのスキー教室で感染が広がったインフルエンザ。学級閉鎖に追い込まれたのです。もちろん部活も参加不可。これは絶好の機会だぜ。
 
「でも、学級閉鎖中だし、来週末は期末試験があるし。」
 
何回か声をかけても、悪い親父にそそのかされることはなく、結局行かないことになりました。
 
娘は試験が明けて暇なはず。それを見込んで公休希望を出してあったのですが、これがなんと学校行事が入ってしまいました。なんでも陸上部は強制参加だとか。仕方がありません。
 
しかし、こっちはこっちで、その学校行事が「悪天候の予報が出ているので中止」になったのです。それが判明したのが金曜日夜。
 
よし、スキー行くぞ。しかし妻を入れても3人だけ、それではつまらないので同行者を探します。この短時間に行く相手が見つかるでしょうか?
 
まずメールを入れてみたのが娘の保育園時代の同級生の家族です。土曜日朝、つまり昨日ですが、返事が着ました。参加OKとのこと。メールでやり取りしながら工程を練ります。
 
日曜日日帰りのつもりでしたが、その家族で持っている別荘へ宿泊し、そこからアクセスという提案がありました。それはありがたいですね。出発はつまり、当日夜ということになります。
 
準備を整えます。妻は仕事だったので、帰ってきたら自分の荷物だけ作ってもらえればよいようにします。
7人乗って行けるように、スキーブーツとウェアはルーフキャリアに積み込みます。ルーフバッグは荷物の出し入れが不便ではありますが、ジェットバッグの様に使わない時に仕舞う場所を取らない所がありがたいですね。いつも付けっぱなしという人も居るでしょうが、カヌー、自転車と積む私にはそうはいかないのです。
 
向かって左からルーフバッグ、ストック、スキー3本です。
イメージ 1
 
これで広々と車内が使えます。
 
妻が帰ってきて準備万端、先方のご主人も仕事から帰ってきて準備万端整った19時、7人乗ったエスティマは栃木を目指します。
 
そしてこの別荘へ到着です。
イメージ 2
 
元は蕎麦屋だったという広大な建物です。2階へ通されました。2階も元は客を通す場所だったので、推定26畳もある広大な部屋です。あまりにも広すぎて、寒いということですので、テントを張らせてもらいました。
イメージ 3
 
家の中にテントいうだけでも贅沢なのに、さらにホットカーペットも敷いていただきました。実はブラッカンも用意したのですが、ご厚意に甘えさせていただきました。
 
さて、本日は昨夜の別荘会議の結果、またまたまたの羽鳥湖へ行くことになりました。
イメージ 4
 
気温が高くなった後にまた下がったせいでしょうか、硬くゴリゴリに凍った雪面に雪が降り積もった感じで、あまり滑り易い状態ではありませんでした。また、同行家族は3年ぶりということで、午前中はかなり手こずっていた方もいらっしゃいました。お父さんと息子さんはその中でも抜群の運動神経を活かしてびゅんびゅん飛ばして行きました。あんまり飛ばすので写真、動画をあまり写せませんでした。
 
お昼ご飯の後はそれぞれのペースで滑り、私も「全員の様子を見ている」という言い訳で、私のペースでどんどん滑りました。結局リフトが止まる寸前の16時15分頃までゲレンデに居ました。
 
帰りは渋滞が全くなく、おしゃべりしているうちにあっという間に羽生PAに到着しました。ここで夕食を食べ、自宅まで帰りました。
 
帰宅後は洗濯とエッジの錆止め処理を忘れてはいませんよ。
 
ご一緒して下さったご家族の皆様、本当に突然の申し出に快く参加していただいたこと、さらに別荘を使わせていただけたので朝も1時間はゆっくりすることができました。ここに感謝を申し上げます。

↑このページのトップヘ