三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: 自転車トレーニングと雑記

今日飛び込んできたニュースに、盗んだロードバイクで900㎞の18歳、いやこれはどうでもいいか、深く反省して償ってくれれば。

それより、妙に家の居心地が悪くなるニュースがタイトルのこれ、自転車レースで4台事故、50代重傷です。

もう13年も前の話になりますが、バイクナビグランプリという未登録者のレースに出場しました。一番は息子が小学1年生の部に出場するのでそれのトランポと応援、ついでに私もレースに出場しました。

私はたまたまネットで知り合った人が同じカテゴリーに出るというので、そこで初顔合わせ、意気投合して楽しくレース本番を迎えました。レースはサーキットを7周回です。一番最初に申し込んでしまったので、スタートは何と最前列中央に据えられてしまいました。号砲一発、スタートします。最初は様子見なのでしょうか、誰も前へ出たがらず、私が先頭を引きます。下りで速度が上がるとそこで抜く選手があり、その後ろへ付きました。

しばらくは先頭交代しながら集団のまま走行していましたが、5周回途中からポジション取りがきつくなってきました。集団中央に閉じ込められてしまい、前に出るには左右どちらかの列車が抜けなければ難しい感じでした。先頭を引いていた3人くらいが登りの途中でスパートをかけます。集団も一気に速度が上がり、アタックを追いかけます。

6周回目で追いつきましたが、集団は縦に長く伸びてきました。そしてついに最終回の7週目に突入。先頭が再びアタック。私の右にいた選手、するすると前へ出ていきます。その前にいた選手も右へレーンを替え前へ出ようとします。そして右にいた選手と接触、その選手がふらつきました。そこへ後続の選手が次々と突っ込みました。

ドンガラガッシャーン!

「落車!」と叫びました。

「落車!」
「落車!」

集団からも声が続きます。あまりの出来事にびっくりしましたが、オフィシャルがすぐそばにいたのでまずはそのまま走り続けました。そしてゴール。先頭から30秒遅れでのゴールとなりました。

そしてレース終了3分後、救急車が到着しました。

*********************************

その時の話を師匠にしたら、いくつかの問題点を指摘されました。まず、未登録者レースがそもそもおかしくないか、という点です。ホビーレースでも選手登録して、ルールやマナーが守られない選手は資格停止などを課して安全に配慮すべきなのに、未登録者レースなら問題を起こしてもまた他のレースに出てきてしまうというのです。私的な感覚では、選手登録がちょっと敷居が高いのが気になります。ヨーロッパではどうなのかわかりませんが、日本では登録者レースはガチンコで私レベルでは躊躇してしまいます。

また、レース初めての人も出るなら、きちんとレースマナーを教育する機会を設けてから出場させるべきではないか、ということです。一応有名レーサーのレース講座もあるのですが、聴講は自由、聴かなくても出場OKでした。

レーサー達にももちろん問題があります。集団で走っていると、蛇行、斜行、ひどい奴になるとボトル落っことしなどがありました。普通の感覚では、ある程度走れるようになってからですよね。しかし世の中そうでない人もいるのですよ。



次の日には笑顔で出勤、これが出来なければ趣味とは言えませんよね。安全第一で楽しみたいものです。

さて、安全な自転車イベントに参加したいと思ったら、何がいいのでしょうか?

レースなら、ヒルクライムが比較的安全でしょう。登りなので速度が遅くなり、より安全といえるでしょう。空気抵抗より勾配抵抗がより大きな要素となるので、ドラフティングがあまり意味をなさず、大集団が形成されません。それも安全につながります。

それ以外では、自動車用サーキット走行は比較的安全でしょう。コース幅が広く、接触を避けやすいうえにコーナーで曲がり切れなくてもセフティゾーンが自転車速度に対して十分以上あります。コーナーもかなり緩やかです。ただ、速度はかなり上がるので下り後のカーブは鬼門です。私の経験からはツインインクもてぎと富士スピードウェイは下りでアウタートップで脚が回り切ります。

どんなレースでも、やはり無理をしていて危険な面はあり、どちらのタイプのレースでも救急車騒動を見ています。ヒルクライムの場合はレース後の下りだったようですが。

サイクリング大会などはタイム計測などしてくれる場合もありますが、それにあまりにもこだわって信号無視などをしてしまう人もいるようです。あくまでも楽しみの一つくらいに考えて、仲間と競うとか、昨年より良いタイムとかむきにならなければ安全に楽しめるでしょう。

自転車の整備もしっかりとお願いします。結構危ない自転車に乗っている人もいるのです。とくにカーボンフレームの人は、クラックなどには細心の注意を払ってください。

趣味ですから、ご安全に。そして楽しく走りましょう。



強豪スカイやアームストロング氏、隠しモーター使用疑惑!?ほんとかな?

いや、自転車レースに出た人なら、特にヒルクライムなら、
「こっそりBBにモーター仕込んでおいて、ここぞという時にバッテリーから電力を供給、、、してくれないかなあ!」
と考えてしまうのではないでしょうか。もちろんそれで勝っても嬉しくはないし、くだらなすぎますよね。しかし、これがプロの世界だとすると話は違ってきます。スポンサーの要求にこたえてこそのプロですからね。結果が残せなければ契約を打ち切られるのは必至です。

TTが速過ぎる、何か怪しいと言われた選手もいましたよね。本当はどうだったのでしょうか。もう何を信じてよいのか、わからなくなってきましたね。

「、、、、集団のまま、いよいよゴール前、列車後方から打ち出されたスプリンター○○、先行する××を抜けるか、そして○○の後ろにぴたりと付く曲者AA、ゴールまでに刺すか!そしてゴール、判定は、、、、。」

「いや、本当の判定はドーピング検査とメカニカルドーピングの検査後までお預けです。なお、結果は数年後に変更になるかもしれません。」

こんなの見て、面白でしょうか?自転車レースを見る楽しみがどんどん減ってくるのを感じます。プロの皆様、ちゃんとルールを守ることからやり直しましょう。自転車レース文化を守らなければ、プロも活躍する場を失うのですよ。

本日測定してみました。

前回のスコア:現在のスコア

日:9月28日:10月18日
体重:63.5㎏:63.4㎏
体脂肪率:13.0%:11.2%
筋肉量:53㎏:53.4㎏
筋肉スコア:0:0
骨量:2.9㎏:2.9㎏
基礎代謝:1515Kcal:1532Kcal
内臓脂肪レベル 7:5

僅かながら改善がみられているようです。内臓脂肪レベルの低下はもう少しあってもいいかな。運動がまだ不足しているのでしょうね。

現在のトレーニング状況
ローラー台は3日に2回程度の割合、30分から45分程度。
筋トレ ブルワーカー週5日くらい
野外活動 白砂山登山以外ほぼゼロ
食事制限 全くなし

ちょっとずつ、ちょっとずつ改善していきましょう。焦らずにね。

息子のダイエットのことは先日触れましたが、いよいよ私のダイエット開始です。

タニタの体組成計では内臓脂肪レベル7と高値を示しています。ここを3以下にするのが目標です。

現在のスコア

体重:63.5㎏
体脂肪率:13.0%
筋肉量:53㎏
筋肉スコア:0
骨量:2.9㎏
基礎代謝:1515Kcal
内臓脂肪レベル 7

となっています。今日からローラー台1時間乗り始めました。さて、この先このスコアがどう変化するのでしょうか、楽しみです。不定期ですが、ブログへ記録していきます。なお、きわめて個人的な記録ですのでコメント欄は閉じました。


まえばし赤城山ヒルクライムレースで60代の部の優勝者は、同じチームの30代のメンバーだった!

私も時々ではありますが、ヒルクライムレースに出ます。正直、勝ちたいとは思いますが、勝てるようになる気がしません。そもそも登りは苦手なのです。

でも、代わりに誰かに走ってもらったら、ものすごく損してしまいます。自転車レース特有の、あの雰囲気の中で、自分の筋力と持久力を計算しながら、心拍数の危険な領域に入らないすれすれを使って登るからこそ、面白くもあり、それをしたくて安くはないお金を払っているのです。

それがたとえ優勝したとしても、他人に走られたのではまさしく金返せ、です。名前を貸した60代の人は30代の部で走ったのかな?それはそれでばかばかしくならないかなあ。せっかく同世代とのデットヒートが楽しめたというのにね。

主催者は今後この手の不正が起きない様に対策を講じるということですが、それ必要なのかなあ。ひとグループのバカのせいで余計な手間が参加者や主催者にかかるようなことは避けてほしいものです。いや、ドーピングもチェックないし、今後そっちも怪しくなるのかな?

勝つための最善を尽くす時、勝っても負けても大きな感動があるのです。勝つために不正をしたとき、得た物は賞状という紙切れだけで、その他すべての努力は無駄になるのです。そして発覚した時には大きな汚名を残してしまいます。

それでも不正をしますか?

下の写真は参考です。宇都宮サイクルピクニックにて、ジャパンカップのコースを登る三毛ジャガーのオンボードより。
イメージ 1


  • 顔アイコン
    怪我とか風邪とかで参加料がもったいないから、軽い気持ちで代走してもらったんじゃないかなあ?

    自分の名前で優勝したいから代走させるような人はあまりいないような気がします。

    おっしゃる通り、参加料払ったのに自分で走らないなんて、もったいない 削除
    2016/9/28(水) 午後 0:44
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    せめて、その程度であってほしい物ですね。それでももちろんだめは、だめですけど。真相はプロレースではないので明かされることはないでしょうね。 削除
    2016/9/28(水) 午後 3:36
    返信する
  • 顔アイコン
    何のために申し込んだかわからんヒトもいるんですね。
    何だか虚しいなぁ。 削除
    2016/9/29(木) 午後 6:31
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    まさに、そしてレースへ出た人も気分よくないでしょうね。 削除
    2016/9/29(木) 午後 8:47
    返信する
  • 顔アイコン
    レースのカテゴリーとかは公平でなければ全く意味がありません。
    なので不正とかは論外!

    ノンリザルトで永久追放が当然のむくい。

    そんな奴がいるから競技の底辺が盛り上がらないのかな~っと。
    スポーツマンシップと言う意味からも論外ですよね~~。(-_-) 削除
    玉造
    2016/9/29(木) 午後 10:05
    返信する
  • 顔アイコン
    > 玉造さん
    この手のレースで不正があるとは、本当にあきれた話です。自転車乗りにいたことがまた不思議です。

    永久追放はされて当然でしょうね。 削除
    2016/9/30(金) 午前 6:55
    返信する
  • 顔アイコン
    このニュース、ボクもTVで見て呆れました。

    動機が「参加料が勿体ない」だったとしても、軽率で人迷惑なことをする年寄りがいたもんです。
    おおせのように、こんな低次元のことから、主催者が今後ややこしい予防措置に走る必要があるのかな?とも思います。 削除
    2016/10/1(土) 午前 6:03
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    まさしく、そんな感じですね。しかし、60代の部に出ている人は「お年寄り」ではないですよ、今時。そうでなくては私、お年寄りに負けていることになってしまいます。60歳以上の部のトップタイムは、私よりほとんどの場合速いです。 削除
    2016/10/1(土) 午後 6:38
    返信する

↑このページのトップヘ