三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: 自転車 車両とメカ

昨日のフロアポンプの続きになります。

左から二番目の、まだタグが付いているポンプが今日のブログネタです。
PC300001

サーファスブランドのフロアポンプは九太郎さんのおすすめ品で、使わせていただいた時に7気圧程度入れるのに十分な性能だったことは感じられたものの、正直入れ心地に安っぽさを感じて購入には至りませんでした。主として上の写真一番右のシリカピスタ+ヒラメ横ヘッドを使っていたし、シュレッダーバルブやウッズバルブ、通勤用のプレスタには外に置きっぱなしにしていたトピークジョーブロースポーツが合ったからです。

ジョーブローは故障してしまったのでGIYO GF6325に更新しましたが、このポンプは息子が当時の彼女にクロスバイクを誕プレとして購入した時にあげてしまいました。たまたまBETO CFL-003AGDをタキザワでヘルメットを買ったらいただけたので、不要になっていましたしね。

ところがこのベトちゃんがなかなかいう事を聞かないのです。時として空気を入れても入れた分逆流してくるのです。チェックバルブの動きが悪いのだろうと、分解清掃したりメンテルーブを入れてみたり色々とやってみたのですが、一向に症状は改善されず、うまく入るかどうかはその時次第というありさまで、何回も無駄ポンピングをさせられてしまうのです。また、シリンダーが上になっているという天邪鬼仕様で持ち運ぼうと本体を持つとピストンが下がって全長が長くなってしまうという不便さ。

我慢して使う必要は無し、買う!で、購入したのがサーファスTCPGだったのです。

さて、サーファスも久しく見ないうちにずいぶんと進化していました。チェックバルブの動きも滑らかになっていてスムーズに圧を高められます。7気圧は全く余裕で入れられます。また、メーターも少しだけ高い位置に配置されていてやや見やすくなっています。惜しむらくはPSIは見やすい物のBERは内側に小さく表記されていてちょっと見にくいところですね。でも、メーター外周の▽マークを合わせておけばそこまで入れることで対応できます。正確な空気圧はパナレーサーのメーターを使うし、まあ困らないかな。

空気を入れるとメーターは一旦大きく振れますがピタッと計測位置になり、非常に使い易かったです。

進化はヘッドにもあります。口を付け替えることなくシュレッダー、プレスタ両用なのです。この低価格でこの機能は正直驚きですね。横ヒラメの口金だけより安価なポンプなのに、ですよ。ついでにトンボ口も付いているのでウッズバルブにも使えます。トラさん(BSトランジットスーパーライト)の14インチタイヤはウッズバルブだし、娘の通学用もそれなのでこれはありがたいですね。
PC300005

良いできたヘッドです。ただし、プレスタに使用する時に、
空気を入れる時に抵抗を感じたり、メーターの針の戻りがゆっくりになったりすることもありました。バルブへヘッドがしっかりとはめられていない時にその状態になるようです。しっかりと奥まで差し込んでからレバーを起こして付ける必要がありました。自動両用ヘッドゆえの注意点でしょう。

車のタイヤにも空気を入れてみました。こちらも余裕で空気を入れることができました。

使ってみて、ロードバイクでの使用に性能は十分あると感じました。切り替え操作なしにシュレッダー、プレスタ両用である点も高評価できます。ホースの長さも十分あります。これでこの値段なのは大変ありがたいので、この先に書くことは「値段が上がるなら」このままでもいいことです。残念な点は、ハンドルが全樹脂製で剛性感に欠けることと、フットペダルも樹脂で高さがあるので踏みにくさがやや感じられる点です。もっとも、ハンドルは三角形断面で案外手の収まりが良く、材質も悪くは無いように見えるので紫外線を避けておけば早々に壊れることもないでしょう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



現在私が所有するフロアポンプです。右から古い順に並べてあります。一番右の赤いポンプは定番中の定番、シリカのピスタにポンプヘッドは横ヒラメに換装の物。その隣の背の低い黒いポンプはレザインスチールトラベルフロアドライブです。中央はこの中では一番高価なBETO CFL-003AGDで、こいつがなかなかに使いにくくて仕方が無いのでその左、サーファスTCPGを新規購入しました。一番左の長いセミハードケースが今日のブログネタ、スペシャライズドのコンパック(COMPAK)です。
PC300001

早速見ていきましょう。ケースには赤いファスナーが付いています。フロアポンプが入っているとは思えない細さです。これでスムーズに7気圧も入れられるのか、心配になってきますよね。
PC300007

ケースを開くと「ああ、そういう事か!」と納得です。ペダルは折り畳み式、ハンドルが脱着式なのです。
PC300008

シリンダーと同じ太さに見えるアルミの棒がハンドルです。中央のボタンを押すとシリンダーのブラケットから外すことができます。
PC300009

そしてピストンの頭に取り付けます。ここもボタンを押しながら押し当てるだけです。簡単な操作ですが、ホゾとミゾが精巧に出来ていて十分な剛性感を得ることができるようになっています。
PC300010

ハンドル幅も十分、携帯型とは思えない感じです。
PC300012

ポンプヘッドはプレスタ/シュレッダー両用で、先端のアダプターをひっくり返すことで切り替えることができます。また、バルブへの装着はネジを回して装着します。ネジ無しタイプのプレスタだとこのままでは入れられないかもしれませんね。
PC300015

早速空気を入れてみましょう。意外なほど軽く空気が入っていきます。ハンドルの剛性感もばっちり、フリクションロスも少なく、携帯用としてだけではなく、日常的に使用しても良いくらいです。ただ、困ったことにこのポンプ、メーターがありません。それは不便だな。いやいや、ここにあったか!ホースの途中にスライド式の空気圧計が付いていました。
PC300017

あれ、8気圧以上入れちゃっていたか!
PC300018

使用感の感想です。空気を入れる機能は一流です。携帯型というネガを感じることはないでしょう。組立も収納も簡単、場所を取らずに保管できるのでイベント参加の時にはこれを主にすると思います。

問題点が二つあったのでそれも記載しておきましょう。一つはもう記しましたが、空気圧計が見にくいことです。見にくいを通り越して見えないと言った方がむしろ正確でしょう。ホースの途中にあるし、老眼では見にくいスライド式ですから。ただし、だからダメという事ではなく、どうせ他のフロアポンプでも多めに入れてパナレーサーの空気圧計で正確な値に直しているから特にイベントなどきっちりと空気圧管理をしたい時にはむしろマイナス点とは感じないかもしれません。

もう一つの問題点は倒れやすいという事です。脚が折り畳み式ですからこれは仕方がないことなのですが、立てておいたポンプが自転車に倒れて塗装に傷が!なんてことになると困ります。使わない時には横にしておくなどの処置が必要ですね。

究極の入れ心地を求める方にはSKSのレンコンプレッサーを


安い割に使用感もよく、軽い力で入るサーファス


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

年末年始、大変に忙しい日々でした。そもそもが31日から3日まで出勤で、2日は夜勤入りでそこへ弟と姪の来訪、5日は公休ですが通院と母の所へ持って行弟や姪のポートレート写真の製作とお届け、6日は当日までが期限の車の車検なのに引き取りが当日、その日は当直なので前日まで(つまり5日)に車検の準備、もちろん入れるなら午前、寝る前に1時間の入浴(内痔核手術の治癒を早める為)と大忙しのここ10日を過ごしました。

それでも4日、買い物には出かけました。行先は新松戸のバイシクルセオです。自転車用のヘルメットがずいぶんと傷んできています。命にかかわるものですから、更新しましょう。ヘルメットは寸法を合わせても頭の形によって合ったり合わなかったりするので試着は欠かせません。更新するのはレースやツーリング用ではなく、通勤買い物、それにローラースケートに使うための物です。

いくつか試着したのですが、やはりOGKカブトの物がしっくりきました。一番安くてローラースケートでも似合いそうなキャンバスポーツを買いました。


早速見ていきましょう。
P1040019

開封します。サイズはM/Lです。
P1040020

通気口は大きめですが、サイド部にはないので夏はどうでしょうか?もうちょっとお金を出すとバイザー(つば)が付属しているアーバンもありますが、私的には要らないなあ。
P1040021

安いヘルメットはかつて後頭部の部分は発泡スチロールむき出しだったのですが、この値段でもきちんとカバーされていますね。なかなかかっこいいのではないでしょうか?また、安価な製品では後頭部の調整機構が面ファスナーやポッチを穴に入れる方式の物もある中で、驚くべきことにダイヤル式が装備されています。やるじゃん、OGK。
P1040022

頭の形が人によって違うので、ヘルメットの被り心地のインプレはまるで意味がないのですが、私の頭には良くフィットしました。
P1040023

後はフロアポンプも購入(しかも2本も!)してきたので、次回はそのお話を。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

S先生から緊急要請がありました。
「ママチャリの後輪スポークが首のところで破断、東京MERに出動を要請。」
すぐさま返信。
「東京MER了解。」

と、まあ終わってしまったあのドラマ風にスタートさせたわけですが、M=三毛ジャガー E=Enjoy R=Recreation なわけで、自転車いじりさえやらせてもらえればコロナ禍の憂鬱な気分を転換させられる私にとってこの上ない楽しみをいただけたというわけです。というか、これを言い訳に久しぶりにゆっくり会って話し込みましょう、が本当の正解かな?

まずは現況の確認から。ニップルがリムに残っていますが、これは破断したスポークが邪魔で走行できないのでS先生が外したとのこと。
IMG_1163

出張修理に持ち込んだのがこれです。まずはスポークルーラーで元のスポーク長を計測します。290㎜でした。けっこう長めだね。
IMG_1164

困ったことが一つ、ハブ穴が引っ掛け式ではないじゃん。これ、コグ抜かないとスポーク交換できないよ。さて、どうした物か。
IMG_1166

それなら、これはどうだ!300㎜のスポークの首をカットし、290㎜の引っ掛け式スポークを作り出しました。エアロスポークなどでこのタイプがあるので、何とかなるんじゃないかな?
IMG_1167

それでもなかなかうまく行かず、ニップルがチューブをいじめてパンクさせてしまったりしました。いやニップルも交換が必要だ。予備ニップル持って来てよかった~。スポークも3本目で何とか成功。テンションメーターでテンションをそろえ、指先で振れ取り、センター出しをそこそこ行って作業は終了。
IMG_1168

後は奥様の作るすき焼きをお腹いっぱいいただきました。

次は、フリー抜き持って行くのでスポークの完全な交換作業します。また行かなくちゃね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

昨日、今日と2連休でした。二日ともボランティア三昧の充実した時間を過ごせました。

でもまずは、これから。BSトランジットスーパーライトのクランクにガタツキを感じてきたので、それの調整です。どうせなら分解して清掃、グリスアップもやったほうがいいでしょう。
P6220001

脚が直ったので午後からはウェルピアかつしかへ行きました。本日の出前講座で使うフェースシールドの加工をするのです。担当とよしなしごとを話しながらの作業はとても楽しく充実の時間となりました。”トラさん”も快調だったので、帰りにナップス足立に寄ってちょっと買い物をしました。

そして今日、午前は出前講座でアイマスク、ガイドヘルプの体験の講師を務めました。緊急事態宣言で予定されていた出前講座がほぼ全滅だったこともあり、久しぶりの講座でしたので勘が鈍っているところもあって今一つ納得の講座にはなりませんでしたが他の講師たちのおかげで無事こなすことができました。昨日作ったフェースシールドも万全に使えました。

一回家に帰って昼を食べたら、もう一つボランティアに行きました。それが今日のタイトル、献血です。400mℓ全血はもう11回やっていますが、成分献血は初めてです。これまたトラさんで行きました。そして先日改良した輪行袋を使用してクロークへ預けました。上を閉じているので万全に汚れの防止が出来ていると思います。
IMGP0039 (640x426)

受付をして健康チェックを受けますが、全血献血にはない心電図がありました。ブルガタ波形の出る私なので医師に相談しました。大丈夫でしょう、という事で一安心。さらに計測した後波形を見ていただき、今日はブルガタは出ていないことも確認できました。

成分献血は時間がかかるので、希望すればDVDをかけてもらえます。献血ルーム松戸PUREのラインナップはなかなか面白い物がそろっています。今日は俺たちは天使だ1話にしてみました。

番号が呼ばれ、成分献血の機械があるシートへ案内されました。そして機械につながれます。成分献血は、一旦抜いた血液を遠心分離器にかけて赤血球と血漿を分離、赤血球を体に戻すのです。2本針を刺すのかと思ったら、1本の針で抜き、またその針で戻していくそうです。数分で細かく抜いては戻しを繰り返していき、必要な血漿が抜けたら終了となります。

コマーシャルカットされている俺たちは天使だ1話を見終わって数分で成分献血は終了しました。時間はかかるものの、感覚的な違いはあまり感じませんでしたが、体への負担は随分少ないのだそうです。ですから、2週間後以降に再び献血ができるようになるのです。

手軽にできるボランティアですから、あまり間を開けずに行こうかと思っています。コロナウイルスのワクチン接種が控えているので、それが済んで既定の時間が過ぎてからにはなりますけどね。8月中旬からまた400mℓ全血献血もできるので、次はそれかな。






にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ