三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: キャンプ道具

先月息子の家で隔離生活を送っていた時、まさか息子のベッドに寝るわけにはいかないのでコット(組み立て式簡易ベッド)を使用していました。昨年秋に買ったこのコットはドン・キホーテでかなり安価に買えたのですが、その分品質に劣る部分があり一部修理していました。

やがて息子も戻ってきて同じ部屋で一緒に寝泊まりすることになったのですが、深夜恐れていたことが起こりました。ミシミシと言ってコットの腰の部分が沈んできました。また生地破れちゃったな。息子は寝ているので音を立てるのは憚られ、凹んでない反対側に体重をかけてそのまま朝まで休みました。さらに次の日、反対側も沈み込んでしまいました。夜中にドン!と落ちると怪我してしまうかもしれないし、第一他世帯が何人も住んでいるアパートで深夜に起きな音を出すのはご法度です。コットの脚を抜いてローモードにして休みました。

ようやく時間が取れるようになったので、本格的に修理しましょう。まずは現況の確認から。下の写真の様スリーブになっている部分の端がほつれてしまっています。
P6230058

どうせ修理するなら本格的にやりましょう。リッパーで生地を留めているバイアステープをほどきます。
P6230059

そこへ補強用のストラップを縫い付けます。このストラップは100円ショップで売っていたスーツケースストラップです。
P6230060

待ち針を打ってミシン掛けします。
P6230061

そのままではまた体重をかけると生地が破れてしまうことでしょう。半分に折って倍の厚さにしてしっかりと縫合します。
P6230062

脚の取り付け部は元からついていたバイアステープを戻します。
P6230063

端も元からついていたバイアステープを縫合します。
P6230065

それをミシン目に合わせて生地と縫い合わせ、スリーブを作ります。
P6230066

生地の破れ予防としてバイアステープの内側も縫合しました。
P6230067

ストラップはかつて作ったザックで使った残りだったので長さが足りませんでした。しかたがないなあ、もう一本買ってくるか。
P6230068

こんな感じに出来ました。
P6230069

組み立ててみました。万全ですね。しわもなくしっかりと張れています。寝転がってみましたが、壊れることはありませんでした。長く使うとどうかは分かりませんが。
P6230070

ミシンを出したついでにケースも手を入れました。ファスナー修理とデイジーチェーンも付け直しましょう。破れやすい生地に裏打ちなしにデイジーチェーンが縫い付けられているのでどうも信用できない感じです。
P6230071

ファスナーのスライダーが抜けてるようになってしまったので、とりあえず糸で抜け止めを作っていたのですが、今回15㎜ストラップを使ってエレメントの最後の部分を処理をしました。ついでにスライダーが不要に開かないようにする工夫もしてみました。モーターサイクルに積載する時にファスナーが開いたら大変ですからね。
P6230076

デイジーチェーンの裏打ちには先ほど買ってきたスーツケースストラップの余りを使用しました。
P6230072

デイジーチェーンの端は純正っぽく縫合部から出ているようにしたいので、リッパーで糸を切ります。
P6230073

そこへ差し込み、ストラップを縫い付けます。このストラップも100円ショップの商品ですが、しっかりした材質である上に反射材が付いているので、夜間走行では後続車へのアピールにもなることでしょう。縫合モードはかん止めを使いました。
P6230074

完成です。
P6230075

来月には本格的にこれの出番もあることでしょう。今から楽しみです。



価格の違いは品質の違いでしょうね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

高校生の時、親からもらった3万円でそろえた登山用具。2年生の先輩に連れられて行ったICIで買ったザックはオリジナルのバフィン70ℓでした。1万3千円程度だったように記憶しています。インナーフレーム付きで腰で背負うことができたのは、当時の私には非常に画期的な商品で大のお気に入りでしたが、ショルダースタビライザーもチェストストラップもなくずん胴のメインコンパートメントに雨蓋のみというシンプルさと色使いにどこか野暮ったさを感じるのが残念でした。もっと金額が張るならばその全てがそろったザックも当時からもちろんあったのです。そしてその中で一番の憧れはデザイン的にもカッコいいカリマーでした。

それから39年の月日を越えて、ついにカリマーのザックを買っちゃいました。
P4230102

カリマーのSPIKE20です。このサイズだと重量物を背負うわけでもないし、ブランドなどなんの関係もなく、下山まで壊れなければなんでもいいと言えばいいのですけどね。しかも購入した店はリサイクルショップでして、3000円程度しかしていないという事実。

ともかくせっかく買ったザックですから、かるーくハイキングしてきましょう。家事が立て込んでいて出発が遅くなってしまったので今日も宝篋山です。
P4230103

宝篋山の飽きない所はコースがいくつもあるところです。今回は宝篋山のコース図にある山口コース(2)の西側にある破線のコースを行ってみました。

一応トイレも完備されていますが、なかなかにワイルドなコースでした。しかし道自体はコンクリート舗装されていたりして歩きやすくできていました。ガーミンGPSでも道は途中で途切れていましたが、実際には舗装が長く続いていました。
P4230104

この茂みの隙間から出てきて山口コース(2)に合流しました。
P4230105

後はコース案内に従って登るだけです。
P4230107

そして登頂。カリマーのザックを背に筑波山を眺めます。
P4230114

下山も今まで歩いていないコースを歩くことにしました。まずは南側に降ります。山桜が咲いていました。
P4230116

そこからこぶしコースを経由して大岩群へ行き、極楽寺コースで下山しました。この道は沢筋なので滝などもあちこち見られなかなか楽しく歩けます。
P4230120

五輪塔のバイパスを歩きます。
P4230123

これが五輪塔だそうです。
P4230124

楽しい道もここまで、あとはひたすら舗装路歩きにですね。
P4230126

一瞬行き止まりかと思ったら、猪ゲートでした。
P4230127

小田休憩所付近から宝篋山案内図には載っていない道があり、そちらを歩いてみました。
P4230132

お地蔵さんがずらりと並んで見送ってくれました。
P4230133

そしてポンとR125に出たらおよそ3㎞、ひたすら国道の歩道歩きです。TVのバスサンドでよく見る光景で、実際この辺りでロケをしていたこともありましたが、なるほどこれ結構きつい物がありますね。毎週毎週大変なロケをこなしていることを感じられました。

平沢駐車場に到着。さあ帰りましょう。
P4230134

とにかく、憧れのザックを使えたことで満足の一日でした。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

なんてタイトルですが、メスティン自体がそもそもダイソーなわけで。

さて、アルコールストーブを持ち運ぶのにメスティンがケースとしても活躍するのですが、その場合五徳は入らないのです。
PB150085

外せば収まります。でも五徳はどうする?
PB150086

ダイソーには110円でアルコールバーナー用の五徳を売っているじゃないですか。
PB150090

げ、この五徳も入らないのか!微妙に角が当たります。もっと小さいサイズの五徳もあって、メスティンに収まりますと書いてあったのですがやはり風防としての機能も兼ねているので大きめの方がいいかと思ってこっちを買ってしまいました。
PB150088

買い直し?そんな無駄が許される家計ではないのです。角が当たるだけなので、やすりをかけて3カ所の角を丸くしました。
PB150092

角を落としただけで収まるようになりました。最初からこうしてくれればいいのにね。その下に入っているのはこれまたダイソーで売っていたメスティンに収まるまな板です。
PB150093

さらにその上にアルコールストーブを乗せても蓋ができました。
PB150095


まあこんなふうに使うわけですね。大小の組み方があり、こちらは小さい組み方。
PB150096

大きい方で組めば火消し、火力調整蓋も使えますね。
PB150097

問題点は、ストーブがメスティンの中で暴れると傷がついてしまうところです。また、食品を扱うメスティンの内側に地面に置いて使うストーブをそのまま入れるのもよくはないですよね。

そこでケースを作ることにしました。まずは設計から。九太郎さんに頂いた露出計算尺を作るために買ったサークルカッターはまた出番が来ました。
PB150099

生地は古ジーパンです。
PB150101

まあできました。
PB160107
うまく入りました。これなら傷つきも防げるし、ガタツキもないから嫌な音もしなくなります。
PB160108

ジーパン生地はまだ余っているのでメスティンケースも作りましょう。
PB160102

口紐を通す穴はボタンホールで作りました。
PB160104

完成。
PB160109

今日の夕食はカレーにしました。基本グリーンカレーだけどそれがあまり好きでない妻の為に別鍋で普通のカレーも作りました。ごはんはアルコールストーブとメスティンで炊いてみました。と言ってもこのメスティン、1.5合炊きなので容量に問題があり、コッヘルを使用しました。ベランダの物置の上で炊きました。米を研いだらザルに上げて30分置き、さらに分量の水を張ったコッヘルに入れてさらに30分置きます。アルコールストーブ本体の1/3程度までアルコールを入れたら着火。そして五徳の上にコッヘルを置きます。噴いたら火力調整蓋で弱火にします。火が消えてもしばらく置いておき、食べる直前に再び強火力で2分ほど加熱すれば完成。わずかなお焦げが底に、わずかに硬めの立ったご飯が炊けました。

準備は万端、そろそろどこかへ行きたいなあ。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

昨日、今日と過ごしやすい天気でしかも2連休だったのですが、母の入院している病院からの連絡を待ったり(連絡くれることになっている上に急変の場合もある)しなければならず、その場合駆けつけられなければいけないので家で過ごすことになりました。昨日は2台の洗車とインカムのテストでおしまいだったので、今日は午前中だけちょっと出かけることにしました。午前に連絡が入ることは今までなかったことと、留守電が入っていればそれからかけることもできたし非常連絡なら携帯に入れてもらえるからです。

出かけると言ってもレイクタウンです。スポーツオーソリティの会員特別割引期間が今日から始まるのでそれに合わせ行ってきました。クレジットポイントから交換したワオンポイントの期限も近くなってきていますしね。
買ったのは細引きなどの消耗品などですが、一つストーブも買ってしまいました。それがタイトルのタラスブルバのアルコールストーブです。

タラスブルバのアルコールストーブ

一番有名なのはトランギアですよね。


さあ、買ってきましたよ。早速開けてみましょう。
PB120019

箱から出してみました。収納ケース付きです。
PB120021

アルコールストーブは30年ほど前に買った右の物があるので比べてみました。
PB120023

それぞれケースから出してみました。
PB120024

タラスブルバは4つのパートに分かれています。本体、消火蓋、キャップ、五徳です。このタラスブルバブランドのアルスト、トランギアのそっくりさんで特にこれといった特徴はないのですが、逆にそれゆえに普遍的な使い方ができるのではないかと思います。トランギアにはアルコールストーブをセットして使うコッヘルセットがあり、チムニー効果で火力増大というセットがあるのですが、カタログにはこのような五徳タイプもあり
「これはこれで捨てがたいです。」
と記載されていたように記憶しています。
PB120025

トランギアのコッヘルとチムニー効果のあるベースのセット、ストームクッカー。とことんアルコールバーナーで調理するならこれが最強でしょう。


キャップにはパッキンがはめられています。ストーブ本体にアルコールを残したまま保存や持ち運びができるようです。
PB120026

こちらが本体です。穴が大小交互に並んでいます。13穴ずつ、計26穴もあいています。
PB120027

今まで持っていた物はかなり下側に穴が開いています。大きさは一定で、20穴開いています。
PB120051


重量を計ってみました。本体は62gです。
PB120040

消火、火力調整蓋は24gです。
PB120038

キャップは20gです。
PB120039

見た目には重く見える五徳ですが、アルミ製なので案外軽く38gしかありません。
PB120042

ケースは10gでした。
PB120047

合計すると本体+消火蓋+キャップ=106g 五徳とケースを足すと154gでした。

対して、今まで持っていたブランド不明のアルストはケース抜きで261g、
PB120030

ケースが45gで、合計312gにもなります。ほぼ倍の重量があります。ケースにベルト通しが付いているのは不思議ですが、欧州ではこれが必要な人が一定量居るのでしょうか?何でも付いているイメージがあります。
PB120046

さて、昼ご飯を作ってみましょう。アルコールストーブのツーバーナーです。まずは燃料用アルコールを入れます。
PB120054

今日の献立は、これ、マルちゃん正麺旨塩味にバター炒めの具をのせた旨塩バタラーメンです。スキレットはダイソーの300円もの、コッヘルはEPIの深型チタンLLを使用しました。アルコールストーブはコッヘルの底を煤で汚さないのがいいですね。
PB120059

具を炒めるのはタラスブルバのアルコールストーブです。火をつけてすぐにスキレットは熱くなりました。火力の立ち上がりが早いですね。
PB120060

順調に調理が進みます。
PB120061

こちらのストーブな火力はさすが、立ち上がりに時間がかかるものの、穴に火が回り本燃焼状態になるとかなりの火力になります。沸いてきました。
PB120063

3分麺を茹でます。アルコールストーブにはちょっとした欠点があります。風に弱く風防で囲む必要があるのですが、その内側全体に熱が回ってしまい手袋なしでは調理不能になってしまいます。今回もチタンの持ち手は素手では到底持てないし、そもそも風防の内側に手を入れられないほどの熱さでした。
PB120066

湯であがった麺にスープの素を入れてかき混ぜ、具を入れたら完成です。
PB120067

うん、おいしくできていましたよ。

さて、タラスブルバブランドのアルコールストーブですが、トランギアとほぼ同じと思ってよいでしょう。値段もほぼ同じなのであえてこれでなくてはという魅力もないのですけどね。今回は消滅しそうなポイントを使って、さらに会員割引で買えたので非常に満足でしたけど。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




タラスブルバのネイチャーストーブが思いの外よかったので、もう少し大きなサイズの焚火グリルが欲しくなってきました。

タラスブルバを買った時の記事です。


ドン・キホーテに買い物に行った時に、ついアウトドアコーナーに立ち寄ってしまい焚火グリルを見て回りました。けっこういい値段がしますね。カタカナの「ロ」が付くブランドなんかピラミッドを逆さにしたようなデザインで、なかなか理にかなっているように見えますがこの値段じゃなあ。ん、そっくりさんもある?値段は半額以下?ちょっと買ってみるか。

コンパクト焚火&グリルです。
PA310148

早速開梱してみましょう。周囲をテープでばっちり固定してあるので、化粧箱はもはや使い物にはなりません。これに入れて収納なんて考えていないようです。煤だらけになった後に車に積むなんてとき、便利だと思うんだけどなあ。
PA310149

ケースと本体が出てきました。本体は濃いブルーに見えますが、養生のビニールが掛けられているだけでステンレスそのままの地の色です。
PA310152

PA310148

開けると部品が入っていました。思った通りだ。(当たり前か)
PA310153

これがピラミッド形状の燃焼室になります。
PA310155

説明書に従って組み立ててみましょう。え、組み立て説明書入っていないよ。化粧箱の裏に書いてあるだけか、その箱を粘着テープでぐるぐる巻きにするなんて。

でもまあ、説明書が要らないくらい簡単だからいいことにしましょう。
1キャリーベースを広げます。
2キャリーベースにフレームを載せます。
PA310158

3フレームに本体を載せます。本体とはピラミッド型のあれです。
4本体ベースをピラミッドの底に入れます。
PA310160

5ロストルをピラミッドに入れます。
PA310161

6最後に網を載せればバーベキュー仕様の完成です。
PA310165

バーベキュー使用って、何?他の仕様にもできるの?オプションあるの?何の説明もないんですけど。ま、いっか。ロゴスの使えそうな気がするし。いやいや、よく読むと網を載せない状態を「焚火仕様」と呼称するという事でした。

もう一つ付属していたのがこれです。
PA310167

ケースから取り出し、ロッドアンテナの要領で引っ張るとこんなに長くなります。火吹き棒だそうです。口を付ける物だから、こうしてケースがあるのは衛生上よいかもしれませんね。
PA310168

さて、保護シートをはがして使えるようにしておきましょう。けっこう剥がしにくいです。保護シートを貼ってから組み立てているからです。これ、買っていきなり現地に行って焚火をしようと思ったら大変なことになります。
PA310170

つーか、リベットで固定した中の部分捕れないじゃん。何やっているんだよ。
PA310171

ダイオキシン発生しそう。
PA310172

いや分かるんですよ、そりゃ日本のユーザーは新品に傷がついていたとなると、異常なほどクレーム入れるから。養生して販売したいというのは当然と言えば当然。でもさ、これ薪くべて煤だらけにして、熱で歪みだって出てくるし、そんなに最初の傷なしが大事な商品ですか?剥がす手間と剥がしきれない部分が出てくるなら、傷がついていても養生なしの方がいいんだけどなあ。

これもバカの壁ってやつかもしれませんね。ちゃんとしたピラミッド型焚火台が欲しい方は、迷わず「ロ」が付く会社の製品をお買い求めください。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ