三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: リカンベント メカと装備

昨年秋、妻の実家の法事を優先して公休を取得したので参加できなかったイベントがもてぎエンデューロです。参加申し込み直前まで調整を試みていたのですが、締め切りに間に合わず見送ってしまいました。その時、新調しようと思っていたものの一つがヘルメットです。かつて死亡事故を目の当たりにしていることもあり、古いヘルメットで参加することに問題を感じていたからです。しかし、不参加となったので購入を見送っていました。

先日、タキザワサイクルからパンフレットが贈られてきました。そこに私の欲しいと思っていたヘルメットが特価となって掲載されていました。じゃあ、買っておくか。

荷物は本日到着いたしました。早速開けてみましょう。これがそのヘルメット、OGKkabutoのAERO-R1 TRです。


P6040085

箱から出してみました。色はG-1ホワイト-レッドです。種類は艶消し塗装の方が多いのですが、艶消しはヘルメットに対しては好きな塗装ではないし、自転車の色に合わせて赤にしてみました。
P6040086

頭の周囲に合わせて後ろのダイヤルで調節するのは定番ですね。非常に軽く、かつ確実に調整ができるようになっています。
P6040088

あごひものバックルはなんと!マグネット式です。簡単に着脱ができ、固定もしっかりしています。ただし、重量的にはやはり重くなっていますね。この程度でタイムに有意差が生じることはないのは分かっているのですが。
P6040089

中を見てみました。風の通り道が掘られて、入り口も出口も十分な面積が確保されています。これは涼しく走れそうです。
P6040090

マグネットで付けられるものはもう一つ、このシールドがあります。サングラスと違って耳が痛くなることもなく、顔からの距離もあるので結露することもないでしょう。使わない時には上下逆に着ければOKです。
P6040091

風が抜けるのは構造を見れば理解できます。もう一つ、風と進む=空力に優れているのは見た目はもちろん、実走でも体感はできないでしょうね。
P6040092

モーターサイクルヘルメットではOGKは特許機構、ウェイクスタビライザーで空力特性を向上させていますが、こちらもそれに倣うようなデザインになっています。
P6040093

良心的なことに、メッシュのついたパッドも同封されていました。洗い替えにもなるし、こちらは虫の多い時期などには良いかもしれません。
P6040095

驚くべきことに、このヘルメットを買うとおまけでこのポンプがもらえるのです。フロアと携帯、両方が、です。フロアポンプはアルミシリンダーでしっかりした作りで。重量もそれなりにあります。ポンプ口はプレスタ、シュレッダー両用で切り替え操作なしに両方使えるようです。
P6040094

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

12速もある時代に何をいまさらという内容ではありますが。

私のリカンベントバイク、TW-BENTのアクションプラスはVT-TWO購入時に搭載していたコンポを主に、その他余っている部品を利用して組みました。このブログの始まりはまさにそこ、2012年7月のことです。リア9速、フロント2枚で今まで来ました。

前回のレース時に、リアスプロケットにシフトがあいまいな部分ができてしまいました。要するに摩耗が進んできたのです。

チェーンチェッカーで伸びを計測すると、やはり0.75が入るようになってしまっていました。仕方がないなあ。チェーン買うか。でも3本必要なんだぜ。
イメージ 1

いや、まてまて、チェーンを買うだけではだめでしょう、スプロケットも同時に変える方がベターとされているはず。

いやいやいや、も少し待たれよ。どうせそこ替えるなら、どうせなら11速化しちゃうのはどうだ?

が、しかしそこで問題になるのはハブです。10速ハブに組み込める11速スプロケットもあるにはあるのですが、ものすごくワイドでサーキット走行に向くギア比の物はありません。さてどうするかなあ。11速ハブで135㎜、クイックシャフト、ディスクの物はなかなかないですね。無いわけではないんだけど、値段がなあ。

なら、間をとって10速化するか。それならハブの問題はないし。しかし、シマノさん同じ10速でも引き代が変わってしまってシフターを替えたらディレイラーも替えなければならなくなっています。なんてこった。マイクロシフトに以前のシマノコンパチがあるにはあるけどなあ。

ま、いっか。こうなればまとめて換装だ。
イメージ 2

買ったのはフラットバー用シフター右のみと、11t~25tリアスプロケット、リアディレイラー、それに10速チェーン3本。左に8速スプロケットとチェーンがありますが、これはちょっと違う用途で使用します。
イメージ 3

今10速を買うとなるとシマノの場合ティアグラになります。
イメージ 4

今まで12t~27tでしたが、11t~25tとギア倍数を増やしました。52t×12tではツインリンクもてぎ逆回りでのファーストアンダーブリッジ手前のコーナー進入時に脚が回り切ってしまっていたのでそれの対策と、登りでも38t×27tは使わないのでこれで十分と考えたのです。そう、全てはもてぎエンデューロに合わせた選定なのです。
イメージ 5

パーツインストールは一応トルクレンチで行いましたが、このグレードはロックナットにワッシャーが入っていないのでガリガリとしていて適正トルクもなんかどうでもいい感じですね。
イメージ 6

グリップを抜いてシフターを入れ替え、仮固定します。
イメージ 7

ディレイラーとチェーンも換装しました。そしてワイヤーはアウターもすべて新品に。
イメージ 8

それから1週間、ようやく時間的に余裕があった今日、久しぶりに走ってみました。ストライダのイベントをやっていたようです。
イメージ 9

駆動部が新しくなるとシフトもスパッと決まるし、チェーン鳴りもしないし、非常に気持ちよく走れました。公園内だから飛ばさずに緩やかに流すだけですけどね。
イメージ 10

フロントは既存のパーツをそのまま使っています。
イメージ 11

チェーンリングはそもそも9,10速兼用ですからね。
イメージ 12

そろそろ帰らなくっちゃ。夕食作らなくてはいけないからね。この腕時計については、またの機会に。
イメージ 13

駆動部が良くなったのですが、他にまた少しいじりたくなる部分が出てきました。
イメージ 14


私の所有する唯一のリカンベントバイクはTW-BENTSのアクションプラスです。もともとは後輪は26インチで設計されているのですが、ディスクブレーキ台座もあるのでそれを利用して700Cを履かせています。ホイールがわずかながらも大きくなってしまうので、キャスターアングルが立ちすぎになるのでしょう、直進安定性に大きくかけるようになってしまいました。また、リジッドのフォークでは突き上げが厳しくて、抜重ができない構造のリカンベントでは衝撃を脚で逃がすこともできず、シートからそのまま体を直撃します。

以上のような理由から、SRサンツアーの20インチ用スイングショックフォークに換装していました。今までサーキットレースでもこれをそのまま使用していました。しかし、昨年前輪を406から451に変更したため、リジッドサスでも十分なキャスターアングルが確保できるようになりました。また、ショック吸収はサーキットでは不要な機能です。

僅かながらの重量軽減と、踏力の逃げを嫌ってレースではリジッドに戻してみることにしました。
イメージ 1

いやまてよ、どうせなら前輪を700Cにするのはどうだ?これなら豊富に持っているホイール資産が生かせるし、エアロスポークで組んだ間引き組のホイールも使えます。

余っているフォークからした玉押しを抜いて、フォークを入れてみます。
イメージ 2

こんな感じになりました。いけないことはなさそうです。ちょっとコラムが長いので、切断する必要はありそうですが。いやいやいや、さらに良い物がその先にあるではないですか。娘に組んだブサギロードにカーボンフォークが付いていますよ。
イメージ 3

頂いてしまいました。すると問題点が発生。
イメージ 4

ブレーキのアウターカップがフレームとチェーンの間に入り込み、ステアリングがほぼ切れません。
イメージ 10

それともう一つ、クランクと前輪が当たります。
イメージ 5

処方箋は、クランクの当たりはブームを伸ばすことで解決しました。チェーンの長さも調節が必要ですが、ローギアを小さい物に変えるのでこの程度では問題はないと思われます。
イメージ 6

ブレーキキャリパーは前後を逆に付ければOKでしょう。いや、だめだ、そうはできないんだね。前側の穴は小さくてナットを飲み込まず、後ろ側の穴は太くてシャフトががばがばです。いくつかの工夫をしてみましたが、ことが前ブレーキという安全の要ですから無理はしないでハイレーサー化は断念することにしました。
イメージ 7

ステムを何回も締めたり緩めたりしていたら、アルミなので雌ねじが音を上げてしまいました。長いネジに交換して、反対側をナットで締め付けて対処しました。
イメージ 8

ホイールはそのまま451で、サスをリジッドに換装しただけになりました。明日は試走とエンデューロ前最後の走り込みをします。
イメージ 9

なかなかうまくいかないものです。

  • 顔アイコン
    工夫してますね!
    頑張って下さ~い。 削除
    2018/11/19(月) 午前 10:12
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    なかなか一筋縄にはいかないのです、リカンベントという乗り物は。普通の部品が使えると言っても規格だけの問題で、実際に入れて見なくては不具合はなかなかわかりにくいのです。

    そこがまた面白くて、壁を工夫で乗り越えた時に「下町ロケット」を味わえるのではありますが。 削除
    2018/11/19(月) 午後 10:08
    返信する
  • 顔アイコン
    おもしろそーですね

    でも用語がわからずちんぷんかんぷん

    (@_@;) あはは 削除
    2018/11/20(火) 午前 10:03
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    リカンベントは独特の構造ですからね。用語も独特なのです。 削除
    2018/11/21(水) 午前 10:49
    返信する

シマノSM-RT81ディスクはヘイズのキャリパーで使えない!

5月のレースに向けてホイールを組んだ時のこと、在庫として持っていたブレーキディスクを付けたところ、スパイダーがブレーキパッドの交換用つまみに当たってしまって使用できなかったのです。下の写真がSM-RT81です。
イメージ 1


とりあえず、今まで使っていたディスクを入れて使っていたのですが、ホイール交換するたびにディスクも入れ替えなければならずに不便な思いをしていました。

解決策は、スパイダーの小さい、あるいはほぼないディスクを2枚買ってくればいいのです。でももったいないなあ。じゃあ、片側だけシマノのキャリパーに換装すればいいんじゃないの?

前輪のディスクを取り外し、リアクリンチャーホイールへ付け直します。
イメージ 2

クリンチャーホイールのタイヤ、チューブはブサギロードから頂きました。
イメージ 3

ホイールは準備完了です。
イメージ 4

キャリパーはシマノBR-M375を用意しました。
イメージ 5

ヘイズのキャリパーを外して、インターナショナルアダプターを固定します。
イメージ 6

インナーワイヤーを固定したら、ブレーキレバーを握りながら上下の固定ボルトを交互に締め付けながらキャリパーを固定します。
イメージ 7

そのままでは内側パッドはディスクの面一になっています。そこで、ディスクから内側パッドが離れるように、パッド調整ネジを2クリック緩めます。あとはアウターワイヤー受けの調節をして、引き具合の調節をすれば完了です。
イメージ 8

次はコグの交換です。MTB用の11t~32tがついています。これはクリンチャーホイールへ移植します。
イメージ 9

そしてこれまた、ブサギロードから12t~27tのロード用コグを提供してもらい、チューブラーホイールへ入れます。
イメージ 11
こうして比べると、ロー27tとはいえやはりロード用であることが分かりますね。
イメージ 10

本来、ディレイラーもスラント角度が違うのでロードコグを付けたらロードディレイラーにした方が良いのですが、シフト自体はこなせるのでとりあえずこのままXTで行くことにします。

さて、今日もいい天気です。早速シェイクダウンをしてきました。水元公園も紅葉してきています。青空に銀杏の黄色が良く映えます。
イメージ 12

江戸川堤を走りました。今日は玉葉橋まで走ってきました。
イメージ 13

風はほぼ無風、気持ちよく走れました。多くのロード乗りとすれ違いました。
イメージ 14

1時間30分ほど流してきて、水元公園に帰着。
イメージ 15

もうちょっとで真っ赤になるでしょうか。
イメージ 16

ひと休み。
イメージ 17

水元公園は桜と菖蒲が有名ですが、紅葉も捨てた物ではありませんよ。是非お出かけください。
イメージ 18

水元大橋と。
イメージ 19

水面に紅葉が映り込みます。
イメージ 20

シマノのブレーキはヘイズよりはっきりした利き味を持っていました。パッド、ディスクが新品だたことも影響があるかもしれませんが。あたりも出てきましたし、レースもこれでいけるでしょう。あと3週間で、もてぎエンデューロです。


今日はいい天気です。昨日の当直明けは非常に疲れていて、疲労しすぎで昼寝もあまりできずに、それならとスポーク切断と仮組をしたところまでは書きました。疲労の件は書かなかったかな?

一晩寝ても体が休まった感じがありません。体は何とかする努力をするとして、とにかく今は決戦ホイールを完成させましょう。
イメージ 1

TNiCx22は初めて扱いますが、スポークテンションを均一にするとほぼ振れの出ない組み易いリムでした。
イメージ 2

センターもテンションも振れも納得の範囲に収まりました。
イメージ 3

リムセンターにタイヤの縫い目が入るグルーブが付けられています。いいですね。これをリムセメントクリーナーで脱脂し、乾燥させます。
イメージ 4

げ、久しぶりにリムセメントを開けようとしたら、がちがちに固まっていました。中身は全く問題ありませんでしたけどね。リムにリムセメントを3回重ね塗りをしてベッドを作ります。
イメージ 5

前輪はクリンチャーなのですぐにはめられますね。
イメージ 6

タイヤをはめたら、ブレーキディスクを付けます。
イメージ 7

40N・mで締め付けます。
イメージ 8

さて、前輪はどうなったのでしょうか、比較してみましょう。下の写真、一番右が20×11/8、中央が20×1.35インチ、左は700cチューブラーリムです。直径が大きくなっていることが分かるでしょうか。そしてタイヤは細く、高圧になっています。より速度を維持しやすくなるでしょう。

分かる人様に書けば、右がETRTO451、中央が同406、左はまあ説明不要ですね。

分からない人用に書けば、20インチと呼ばれるサイズには2種類あるのです。それぞれETRTO451、ETRTO406、と表記されます。ETRTOを略さずに書けば”The European Tire and Rim Technical Organization” ヨーロッパのタイヤとリムの標準規格)、エトルトと発音すればよいようです。リムのタイヤをはめる部分の直径が示してあり、それが45㎜も違うので当然互換性は全くありません。
イメージ 9

他のサイズでも例えば26インチではWO(ワイヤードオン)に26×13/8(650A) 、26×11/2(650B) 、MTBに使われる26インチHE(フックドエッジ)、その他レーサー用に650C があり、それぞれ互換性は全くありません。さらに、13/8リムにはまる11/2なんかもあり、あまりにも複雑なので表記に標準規格を導入し、どれを買えばいいのか混乱しないようにしたのです。

それぞれETRTOで表記すれば、
26×13/8(650A)=590 、26×11/2(650B)=584 、26HE=559、650C=571
となります。

いや、その話題は今は置いておきましょう。406で設計されたフォークですが、計測したら十分入りそうでした。で、入れてみたら、このクリアランス。計算通りでした。リム径の変更はリムブレーキだと厄介なのですが、ディスクブレーキなのでその点は問題ありません。
イメージ 10

ところが、問題点もありました。シマノXTのブレーキディスクを使っていたので、安心しきってその後継となる買い置きXTブレーキディスクを入れたのです。しかし、ヘイズのメカキャリパーではアームが本体に当たるのです。シマノさん、ほんといい加減にしてくださいよね。仕方がないので406から移植しました。これじゃスペアホイールにならないじゃんか!
イメージ 11

そうこうするうちに会社の同僚が遊びに来ました。というか、来ていただきました。小学生のお子様がいる同僚に、使い古しのキックボードと一輪車をあげたいとのこと、整備してくれと言われたのですが、会社にある工具では到底足らずに、自宅まで運んでいただきました。
イメージ 12

一輪車はバルブの虫ゴムがダメで交換、チューブは水調べしたらとりあえず穴は発見できなかったので戻します。

続いてキックボード。ヘッドパーツがグラグラで、よく回らなかったので分解、洗浄、グリスアップを施して締め合わせました。
イメージ 23

問題はホイールのベアリングです。ばらばらになってしまっています。2台あったので、使える4つのベアリングを一台分にまとめて一台だけ稼働させることにしました。不足する一台はうちの物を持って行ってもらいました。また、グリップの中に入っているショックコードはカヌー用から供出、コードが太くて穴に入らなかったのでドリルでもんで穴を大きくしてみました。
イメージ 13

古いけど、喜んでもらえるかな?子供はどうせすぐに大きくなっちゃうからね、新しいの買うことはないと思います。
イメージ 14

さて、3度塗りしたリムセメントも十分乾いたので、いよいよタイヤを貼り付けましょう。
イメージ 15

適度に空気を入れてフンドシが上を向くようにして、そこにリムセメントを塗ります。
イメージ 16

それが乾いたら、リムに薄くリムセメントを塗っていよいよ貼り付けです。貼り付けたら振れ取り台に乗せ、センター出しをします。精度の高いタイヤ、センターグルーブのあるリムなので、ほとんど修正することなくビシッとセンターが決まりました。
イメージ 17

リムは太めのタイヤを履くことを想定されているので、タイヤと同じくらい幅があります。
イメージ 18

タイヤを貼り終えても、しばらくは乗らないほうがよいのです。一晩おいた方が本来いいのです。そこで前輪だけ新決戦ホイールにして江戸川堤を流してきました。
イメージ 19

帰宅したら、スプロケットとブレーキディスクを交換します。今日貼ったチューブラータイヤですが、気温も高かったし、ある程度時間を置いたので乗ってみましょう。
イメージ 20

後輪もシェイクダウンになりますね。回転すしまで行ってきました。他の家族5人は息子の運転する車です。その車、5人乗りだから仕方がありませんよね。
イメージ 21

サーキットではどんな走りができるでしょうか。楽しみです。しかし、体はいつになく不安です。まずはこの異常な過労状態から体を抜けださせることから始めましょう。もう寝ます。
イメージ 22


  • 顔アイコン
    歳なんだから無理して怪我をしないように帰還してね。。。
    来年レギレーションがなくなるとこまるから、皆がね・・ 削除
    2017/5/1(月) 午前 11:44
    返信する
  • 顔アイコン
    頑張ってきてください! 削除
    2017/5/1(月) 午後 2:48
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    リカンベントの人数が減り過ぎても、カテゴリーを失ってしまいますからね。ね、ファントムさん! 削除
    2017/5/1(月) 午後 10:32
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    ありがとうございます。無理しない程度に頑張ってきます。 削除
    2017/5/1(月) 午後 10:32
    返信する
  • 顔アイコン
    三毛ジャガー 出れるだけでも幸せだよ。。暇な人は良いな~、悪態ついてやる、、、楽しんできてね、、、 削除
    2017/5/1(月) 午後 10:45
    返信する
  • 顔アイコン
    サーキット、準備万端です。
    相変わらず三毛ジャガーさん、器用です。
    ゆっくり体を休め 
    万全の体調で臨んで下さい! 削除
    beat1 ]
    2017/5/1(月) 午後 10:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    暇がないのでしょうか?それとも膝でしょうか?いずれにしても、とても残念だし、心配しています。 削除
    2017/5/1(月) 午後 11:12
    返信する
  • 顔アイコン
    > beat1さん
    ありがとうございます。明日は休みなので、体調を整えることに時間を使いたいとおもいます。 削除
    2017/5/1(月) 午後 11:13
    返信する

↑このページのトップヘ