三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: 日記

「今日ふぐ食べに帰ります。18時頃練習後に直接そちらに行きます。」

息子から家族のグループLINEに連絡が入りました。娘は、

「なんで帰ってくるの!1/3が1/4になっちゃうじゃん。」

そう、今日の夕食はふぐなのです。

ふぐ!

しかもそれ、天然物の巨大なトラフグで銀座で食べるにはお一人様6万円は下らない店に行かなければ口にすることはできない超高級魚です。なんでそれが我が家に来るのかって?

食べ終わった今でも信じられません。話は7月17日に始まります。山のmochiさんから、愛車ST250Etypeの譲渡先を探してほしいと連絡があり、もらってくれる方を探した結果がIさんであることは先日記したとおりです。最適な譲り相手が見つかったので一安心、ほっとしていたところだったのですが、Iさんからお礼がしたい、何がいいのか検討した結果これになった、という事です。Iさんは高級和食店の調理師なのです。

夕方、息子さんを荷物持ちに連れIさんは現れました。これがてっさ。P9051580

こっちがてっちり。
P9051582

食べ方を聞き、メモに残します。間違ってはいけないし、せっかくだから最良の食べ方でいただきたいからです。

まずは昆布で出汁を取ります。火にかけず、しばらく置いておきます。
P9051584

やがて息子から連絡が入り、駅まで迎えに行きました。帰ってきたら、いよいよ調理開始。味の素のほんだしを入れ火にかけます。
P9051587

沸騰寸前に昆布は引き揚げます。
P9051588

まずは野菜を投入します。
P9051591

薬味も準備完了。分葱は半分取ってあります。取り皿には薬味と味ぽんを入れておきます。
P9051595

せっかくだからと妻が作ってくれたのが茶碗蒸しです。
P9051589

てっさをいただきましょう。てっさとは、テッポウの刺身の略だそうです。大阪では当たると死ぬからふぐをテッポウと隠語で呼ぶのだそうです。
P9051590

分葱を乗せ、紅葉おろしを絡めて巻きます。
P9051599

スダチを絞って味ぽんをチョンと付けて口に運びます。
P9051600

「何このおいしさ、これ凄すぎ!」
息子が悲鳴もどきの歓声をあげます。紅葉おろしは辛みが付けられているので控えめの方が良いようです。
「ふぐがこんなにおいしいなんて、知らなかった~。」
そうかそうか、実は私も50年以上の人生経験で初めてなのですよ。いや、ふぐ刺しは食べたことありますよ。おいしさは知っていました。でもね、ここまでのおいしさではなかったのです。やはり同じふぐとはいっても、ピンキリがあるのでしょう。これはピンの中のピンなのです。


さあてっちりです。これも略称で、テッポウのちり鍋なのだそうです。部位によって加熱の仕方が違うので、まずはこれから行きましょう。皮は30秒だけ湯がいて食べるのです。
P9051592

10秒前、、、、5、4、3、2、1、よし今だ!
P9051603

これがトラフグの皮です。口に入れてビックリ、この不思議な噛み応えは何!
P9051602

うひょー、すんごくうまい!!娘と息子の悲鳴になりそうな歓声が上がります。コリコリした歯ごたえと濃い味がします。

骨付きの部分は2分30秒。皮の食感とは全く違うのですが、弾力は強めで深い味わいがあります。
P9051604

身の部分は普通に煮込みます。これがふぐか、いやこれこそふぐなのか!
P9051607

結構お腹良くなってきたね。そりゃそうだ、みんな食べちゃったからね。でも楽しみはまだまだありますよ。塩、しょうゆ少々、酒90mℓを入れます。
P9051611

炊き立てご飯を水で洗い、鍋に投入します。
P9051612

卵を溶いて入れ蓋をして蒸らします。頃合いに蓋を開け、とっておいた分葱を入れます。
P9051614

出来たかな?
P9051615

ふぐ雑炊です。お腹いっぱいだったんじゃないの?え、もういっぱい食べるの!そういう私も2杯食べてしまいました。
P9051618

「これオートバイ譲ったらごちそうしてくれたんでしょう、もう一台譲りなよ。」
「お父さんのもあげちゃえば。」

Iさんのガレージにモーターサイクルがずらりと並ぶ日も近いかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

感染者が微減状態です。このペースで減っていくようではいつになったら緊急事態から脱せられることやら。ワクチンも予想外のことが起きて計画より大幅に遅れていますし。

「出かけられるようになったら、いっぱい食べにいかないといけない所があるけどそれが増える一方だよ。実籾の伊太ソバだってまだ行っていないし。せっかくグルメ見るとまた増えちゃうよ。」

と娘。そして、せめてアンテナショップでも行ってご当地グルメくらい食べたいよね、と同意を求めてきました。俺もそうさ、エッセンシャルワーカーとしてそれさえ敬遠しているけど本音で言えばね。

まさにその時でした。インターホンが鳴り、荷物が届きました。あれ、俺なにも購入していないけどな。なんだろう。あれあれあれ、俺宛だぞ。送り主は。え、Nさん!元同僚のスーパー美人で、息子が
「いいなあ、あんなきれいな人と同じ職場なら仕事も楽しいだろうなあ。」
と言っていた方なのです。

早速開梱しました。中に入っていたのは手紙と3つの食品です。え、俺の誕生日プレゼントだって!マジすっげー嬉しい!娘も、今丁度地域グルメが食べたいって話をしていたらまさにそれが来た~と大喜びでした。
P8290106

さすがに手紙はここでは紹介できません。しかし、戴いた物は読者の皆さんと喜びを分かち合いましょう。

マカダミアと書かれたシールの貼ってある、津軽路せんべいです。早速娘が食べたい食べたいというので開封しました
P8290107

「なにこれ、おいしい!」
と悲鳴のような声を上げた娘。そして
「青森っていう雰囲気の味じゃないね。」
と取りようによっては地域差別につながるような危ない発言。真意を問うと、青森と言えば田子のにんにくとか大間のマグロとか、それかりんごなどが名産でマカダミアはハワイを連想させるからだとか。偏狭な見方だなあ。じゃあ葛飾なんて枝豆と小松菜を使わないお菓子は葛飾的ではないってなっちゃうじゃないか。

「もう一枚いい?」
まあいいかな。
「勝手に食べないで一応所有権のある人に聞いてからなのがお兄ちゃんとの違い。」
まあそうだな。

後の二つは冷蔵庫で冷やしておきましょう。そして夕食後。青森の洋菓子店、ジークフリートの「青い森」です。
P8290108

封を開けました。チーズブッセのようです。
P8290109

中にはバターの利いた餡が入っていて濃厚な味わいでした。
P8290110

ジークフリートって青森のお土産で耳にしますが、結構大きい会社なのですね。支店もいくつもあって定番のひとつになっているようです。そりゃこれだけおいしければ売れるよね。

スパークリングアップルはもったいないからとっておき、9月12日の息子の試合後にみんなで飲むとしようか。Nさんからの頂き物だから大喜びすることでしょう。Nさん、本当にありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ





夕食カップラーメン食べたいからご飯作らないで!

なんてこった、私の作るご飯よりカップ麺の方がいいなんて、、、、。とはちょっとだけ思いましたが、実は私も食べたかったのですよ、カップ麺が。だって、これが来たんですから。
P8190003

ざわつく!金曜日であの毒舌3人が絶賛したカップ麺です。5種10個入っていました。
P8190004

あと、これもね。箸置きです。
P8190005

私はニュータッチ凄麺函館塩ラーメンをいただきました。
P8210126

娘は、なに~いきなり花咲がにラーメン食べるのか!
P8210127

妻は、え、ホタテラーメンいっちゃうの!
P8210128

全く忖度を知らない人たちですね。ま、いっか。お湯を入れて4分、函館塩ラーメンには後入れかやくが付いていました。かやくが後入れというのはなかなか面白い発想です。面に浮いている具は先入れかやくです。
P8210129

さらに後入れ液体スープがあります。
P8210131

さあ食べるぞ。函館塩ラーメンというのは初めて聞くご当地ラーメンなのですが、これもうカップ麺のスープじゃないですね。どんぶりに入って出てきたら「この店のスープやけにうまいじゃないか。」と言ってしまうレベルです。値段もそれなりにするようですが、その価値は十分にありそうです。
P8210132

妻のホタテラーメンはさらにびっくり、まるごとホタテが4つも入っていました。スープももろにホタテ出汁でできています。
P8210133

花咲がにラーメンもホタテには負けていません。レトルトを開封するとカニ肉がたっぷりと出てきました。
P8210136

スープはもちろん、カニ!カニの出汁でラーメンを食べるなんて贅沢は初めて、いや過去に一回だけあったな。函館の土産にカニ買ってきた時に、その殻で出汁とって私手打ちの麺で食べっけなあ。正直、一口もらった時に「負けた」と思いました。スープ残しておじやでも作ろうかな。え、全部飲んじゃう!あーあ。
P8210138

まだ味わっていない物は1種類、前回購入して感激する美味しさだったカツオラーメンもあるし、外食できない分はこれで楽しみましょう。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

ラジオを聴きながら料理を作る妻の所に通りがかったら、たまたまスタートミーアップのイントロが流れてきました。歩きながら、曲に合わせてYou can start me up!と歌うと、妻が驚きの情報をくれました。

「ドラマーが死んだんだって。」

ドラマ―って、もしかしてチャーリー・ワッツ?

「たぶんそう。」

1990年、私22歳の冬でした。合気道部の男に
「ストーンズのチケット2枚取れたけど、行く?」
と尋ねられ、二つ返事で  行く! と答えてその場で代金を渡しました。そりゃ行くさ、だってあいつら来日できるようになるまで長い道のりだったんだから。

東京ドームの暗闇の中にコンチネンタルドリフトが流れ、音が途切れます。そして閃光と共にメンバーが見えるようになり、スタートミーアップのイントロが流れます。私を含め、満員の会場全員総立ちです。

コンサートが進むうちにメンバーがリラックスしてきてビルワイマンは煙草をふかしながらベースを弾き、キースは脚のキックパフォーマンス連発と和やかに進んでいきます。そんな中、白髪のドラマーは表情を変えずに坦々とリズムを刻んでいました。しかし、最大のトラブルもこのドラマー、曲が終わった後ミックのMCの時間を取らずに続けてカウントを入れて始めてしまいました。完全なフライングです。メンバーが声をかけて止めました。場内笑いに包まれ、そして拍手が贈られました。ここで初めてチャーリーの笑顔が見られました。

そんなチャーリーももう80歳だったんですね。勇気を、希望を、元気を与えて下さったチャーリーのご冥福を心からお祈りいたします。





ブログランキング・にほんブログ村へ



今日は日曜出勤です。日中は仕事で忙殺されました。しかし、それが終われば、、、。

男子職員更衣室でラインを打ちます。
「仕事終了しました。これから帰ります。予定通り18時自宅へお越しください。」
ラインの相手はST250Etypeの新オーナー、Iさんです。

すぐさま返信がありました。
「了解しました。」

南風に邪魔されながらも猛烈な勢いで14インチ小径車のペダルをぶん回し、自宅へ到着。準備を整えるとすぐさまIさんは登場しました。

積もる話は後のお楽しみとして、書類の引き渡しと自賠責保険の引き継ぎ手続き書の記入をしました。そして装備をお見せし、必要な物品を引き取っていただきました。タンクバッグ、レッドバロンロック、それに工具類と左右の予備レバーなどをお持ちいただきました。そして私からのプレゼントはM1-S PLUSインターコム。もう早速使いたかったのでその場で取り付けさせてもらいました。

それではいよいよ車両へ乗りましょう。いやその前に、ナンバープレートの装着と充電していたバッテリーを車両へ戻さなければ。この車両はバッテリーアクセスは抜群に簡単なのですぐに終了します。取り付けたらもう一度ネジ締めの確認をして、さあ完成だ。

まずは自賠責保険の書き換えに行くという新オーナー、それなら一緒に走らせてよ。積もる話はさ、インカムでね。

それでは、スタート。

 久しぶりの連れ立ってのツーリングです。行先は片道10㎞に満たない市街地なのは残念ではありますが、そんなの全く気にならないほど楽しく走れます。インカムから流れてくる中学時代の話、同級生の今、そしてここに至るまでの人生。中学卒業から38年が過ぎています。あっという間であったけど、それでもいろいろあったなあ。

そして、レッドバロン松戸に到着。そうだ、ここまで来たんだったら山のmochiさん宅へ寄ってみるか。電話をかけると大丈夫と言うありがたいお言葉。それじゃあ、ちょっとだけ顔出ししましょう。

手続きを終えもどってきたIさん。え、まだ終わらない?前所有者の免許証のコピーが必要だって!なんてこった、でもどうせ行くのだからその時にコピー頂くか。

山のmochiさん宅へ行くと、駐車場まで出てきてくださいました。感染爆破中、まさにコロナ禍ですからマスクをしたまま立ち話しかできませんが、山のmochiさんにも喜んでいただけたようです。件の免許コピーもいただきました。まだ19時30分くらいだったでしょうか、20時が閉店のレッドバロンですが余裕で行けますね。

今度こそ、3回目の来店で手続きをしてきています。
IMG_1126

それでは帰ろうか。Iさんの、「これ楽だわ。」「意外に加速いいね。」「マニュアルミッションは楽しさがスクーターとは違う。」という声に私も喜びを感じながら、そしてこれからのツーリング企画を頭に浮かべながら、のんびりと帰路を走りました。

山のmochiさん、よくぞ私にお声がけくださいました。本当に感謝しています。これがきっかけで中学2年で同じクラスの同級生とこうして楽しく走ることができました。そしてこれから、長く私たちはオートバイを含む何らかの趣味で一緒にいることが確約されました。九太郎さん、Nチェブさん、どうぞよろしくお願い致します。

それにしても、早くコロナ鎮静化しないかなあ!もう心が折れそうです。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ