三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

カテゴリ: ミシン

ふらっと立ち寄ったドン・キホーテにお目当ての物がなく、まあそれは仕方がないので現在ネット通販で注文中なわけなのですが、何とかしたいと思っていた物が「しくじり特価」として投げ売られていたのでやや問題も感じながらも安さにつられて購入してしまいました。
PC268096

ひとつはロックです。このように金属ブレードで構成されている切断に対してワイヤー式よりは抵抗力のある鍵です。自宅や会社では10年も前に購入したコイル状のワイヤーキーを使用していますが、嵩張るのでサイクリングには持って行かず、簡易式のカギを使用していました。そこに不安を感じていたのです。逆説的ですがロードやMTBと違い私の折り畳みは極めて安価なので、買い物などで長時間の放置をする可能性が高いのです。それ故にロックにはある程度の防犯能力を必要と感じていました。

これが600円で買えるのだからドン・キホーテなかなか侮れません。キーもディンプルキーです。
PC268097

ヘッドライトはゴムバンドでハンドルバーなどに留められるタイプの物を2つ付けていましたが、これがやはり簡易的な留め方なので走行中下を向いてしまいます。かなりきつく締めておいても10分もすれば向きの調節が必要な感じです。やはりねじ止めがいいなあ。

これが一つ200円と素晴らしい価格。100円ショップの物と違いは防滴であること。またバーへの設置金具の出来も段違いに剛性感があります。
PC268098

まだあります。輪行袋です。これがなんと2000円とネットでもめったに見かけない超特価。あれ、こないだ買ったばかりじゃないの?実は息子に譲ってしまう予定なのです。どっち譲るかは使ってみてですね。

サイズはH700㎜×W780㎜×D300㎜であり、余裕を持たせて作ってあるとのこと。しかし、Rhinowalkの輪行袋はH690㎜×W850mm×D300㎜と、高さ方向は10㎜大きいものの横幅が70㎜も狭いのです。451ホイールでホイルベースも長めの我が愛車、入るかなあ。
PC268099

輪行袋のブランドはFogliaです。どう読むのかな?調べてみるとイタリア語で葉を意味し、フォグリアと読ませるのだそうです。サイクルパーツTOPの保持するブランドの一つであるとのこと。タグに取り扱い説明が書かれていました。まあ読まなくても分かりますよね。
PC268112

さっそくあけてみましょう。ファスナーは半開式ですね。
PC268108

折りたたんで入れてみました。
PC268118

うん、丁度入りましたね。Rhinowalkとの違いは前述したとおり横幅の狭さとファスナーの長さです。Rhinowalkは全開になりますが、こちらは高さの半分しか開きません。やはり入れやすさはRhinowalkの圧勝です。もう一つ違いがあります。それは収納袋です。こちらは別体ではなく本体に付けられています。下の写真、下部中央の緑のファスナーポケットがありますが、それを裏返すと収納袋になるのです。
PC268119

この位置にポケットが張り出すって、おかしいよね。地面と触れる部分だぜ。どうせつけるならブランドロゴの辺りがいいんじゃないの?

説明書に従って畳んでみましょう。
PC268120

ポケットを裏返します。
PC268121

本体を裏返して、
PC268122

縦に三つ折りにします。
PC268123
それを折りたたんで袋へ仕舞っていきます。
PC268124

収納袋が大きめなので簡単に入りました。
PC268125
 
まだ余裕があるので軍手なども入れておけますね。
PC268127

自転車のサドルに付けてみました。ん、これは良くないな。
PC268128

バックルで留めるタイプなのですが、長さ調節が裏になっています。このタイプはストラップを180度折り返すことで留められるのですが、この構造だと90度になってしまい、ストラップがバックルから抜けてしまいます。走行中どんどん緩んで行って抜けてしまいます。

ここも良くないですね。
PC268129

面ファスナーのオスがむき出しになってしまいます。指で指している部分だけでなく、ピラーを留めている所もオスがむき出しです。面ファスナーオスに衣類が当たるとけば立ってしまうのです。

開いて留めておく部分と、ピラーを巻く部分がこれです。これは作り直しだ。もちろん自分でやります。
PC268100

Rhinowalkの方を息子にあげることにしました。Fogliaは奴には使いこなせそうもありませんから。

ライトなどについてはマグネットなどの設置と一緒に感想を記します。というのもまだ暗がりを走っていないからです。

Rhinowalkの輪行袋


結局これが一番良いのかもしれません




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今まで使っていた極小サイズのトートバッグです。これはミシンを買うはるか前に、借りっぱなしの蛇の目ミシンで作ったものです。裏地を付ける練習用に作成したのですが、サイズ感が丁度良く財布、スマホ、免許証入れを入れておくのにぴったりなので重宝していました。

先日娘からもらった財布が吉田カバンの製品でそれに見合った入れ物が欲しいなあ。
IMG_1729

取っ手紐の付け方が間違っていますね。正直、作成時に裏がえすことに混乱していたのです。
IMG_1730


余り布を使って作ってみました。せっかくの公休ですが、何しろこの暑さですから出かける、スポーツするなんてとんでもないことです。
IMG_1731

物が飛び出ないように、面ファスナーで留められるストラップを付けてみました。
IMG_1732

フロントにはボタン式のポケットを付けました。ポケットティッシュがぴったりです。左右にショルダーストラップをかけるDリングを設置しました。
IMG_1733

まだ6月だというのにこの気温です。この先どうなる事やら。ミシンの前から離れられない日が続きそうです。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




先月息子の家で隔離生活を送っていた時、まさか息子のベッドに寝るわけにはいかないのでコット(組み立て式簡易ベッド)を使用していました。昨年秋に買ったこのコットはドン・キホーテでかなり安価に買えたのですが、その分品質に劣る部分があり一部修理していました。

やがて息子も戻ってきて同じ部屋で一緒に寝泊まりすることになったのですが、深夜恐れていたことが起こりました。ミシミシと言ってコットの腰の部分が沈んできました。また生地破れちゃったな。息子は寝ているので音を立てるのは憚られ、凹んでない反対側に体重をかけてそのまま朝まで休みました。さらに次の日、反対側も沈み込んでしまいました。夜中にドン!と落ちると怪我してしまうかもしれないし、第一他世帯が何人も住んでいるアパートで深夜に起きな音を出すのはご法度です。コットの脚を抜いてローモードにして休みました。

ようやく時間が取れるようになったので、本格的に修理しましょう。まずは現況の確認から。下の写真の様スリーブになっている部分の端がほつれてしまっています。
P6230058

どうせ修理するなら本格的にやりましょう。リッパーで生地を留めているバイアステープをほどきます。
P6230059

そこへ補強用のストラップを縫い付けます。このストラップは100円ショップで売っていたスーツケースストラップです。
P6230060

待ち針を打ってミシン掛けします。
P6230061

そのままではまた体重をかけると生地が破れてしまうことでしょう。半分に折って倍の厚さにしてしっかりと縫合します。
P6230062

脚の取り付け部は元からついていたバイアステープを戻します。
P6230063

端も元からついていたバイアステープを縫合します。
P6230065

それをミシン目に合わせて生地と縫い合わせ、スリーブを作ります。
P6230066

生地の破れ予防としてバイアステープの内側も縫合しました。
P6230067

ストラップはかつて作ったザックで使った残りだったので長さが足りませんでした。しかたがないなあ、もう一本買ってくるか。
P6230068

こんな感じに出来ました。
P6230069

組み立ててみました。万全ですね。しわもなくしっかりと張れています。寝転がってみましたが、壊れることはありませんでした。長く使うとどうかは分かりませんが。
P6230070

ミシンを出したついでにケースも手を入れました。ファスナー修理とデイジーチェーンも付け直しましょう。破れやすい生地に裏打ちなしにデイジーチェーンが縫い付けられているのでどうも信用できない感じです。
P6230071

ファスナーのスライダーが抜けてるようになってしまったので、とりあえず糸で抜け止めを作っていたのですが、今回15㎜ストラップを使ってエレメントの最後の部分を処理をしました。ついでにスライダーが不要に開かないようにする工夫もしてみました。モーターサイクルに積載する時にファスナーが開いたら大変ですからね。
P6230076

デイジーチェーンの裏打ちには先ほど買ってきたスーツケースストラップの余りを使用しました。
P6230072

デイジーチェーンの端は純正っぽく縫合部から出ているようにしたいので、リッパーで糸を切ります。
P6230073

そこへ差し込み、ストラップを縫い付けます。このストラップも100円ショップの商品ですが、しっかりした材質である上に反射材が付いているので、夜間走行では後続車へのアピールにもなることでしょう。縫合モードはかん止めを使いました。
P6230074

完成です。
P6230075

来月には本格的にこれの出番もあることでしょう。今から楽しみです。



価格の違いは品質の違いでしょうね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

今日は2か月ぶりの日曜日休みです。妻とゆっくり過ごすことにしました。しかし、やりたいことはあるのでそちらも合間にやっておきます。というのも、ボランティアで講師をしているわけなのですが、そこで使う道具を入れるバッグが百貨店の紙袋で破れかけていたのを見てしまったのです。ボランティアセンターにバッグを作らせて欲しいと伝え、在庫の生地をからバッグを作りました。買ったのは持ち手のストラップのみでこちらはダイソーで調達しました。

ポケットの上にもう一つ片玉縁ポケットを作りましたが、こちらにはエタノールスプレーを収納することを狙っています。トートバッグでは普通の位置にあるポケットはアルコール消毒ティッシュを入れられるでしょう。
IMG_1698

メインコンパ―tメントの中にはA3ラミネート加工フリップが、上ははみ出るにしても、収納できるポケットをしつらえました。
IMG_1699

今日は父に日です。ありがたいことに私も娘から財布をいただきました。吉田カバンの財布でした。こんな高級な財布使ったことが無いのでちょっとビビってます。
IMG_1700

ここのところ母の有料ホーム入所に関して新たな介護用品レンタル手続きやケアプランの更新、銀行手続き(銀行には大いに意地悪されました。印鑑の照合に関して寝たきり、点滴中、さらに意思疎通不能を伝えているのに本人連れて来いだって!)に時間をずいぶんと割かれ、仕事も普通にあるので過労気味でしたがようやくのんびりとした時間が過ごせました。さらに夜には息子も帰ってきて何とも楽しい父の日を過ごせました。




このミシンを使っています。厚物に負けないパワーと剛性、きれいな縫い目、ボックス送り、自動糸切、値段を考えれば最良の選択の一つだと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

前回のミシン遊びではレッグバッグを作りましたが、今回はそれを元にワンショルダーバッグ(別名ボディバッグ)を作ってみました。前回と同様長財布とスマホなどを取り出しやすく運べるような構造と寸法です。

レッグバッグと違う所は、ショルダーベルトを取り付ける三角の部分を付けたことと、下部にDリングを付けたとこ。左右に付けたので右かけ、左かけ両方に対応します。
P4020068

裏から。バッグ本体に三角部をつい付けた後、ストラップを使って補強縫いをしました。貴重品を入れることを想定しているので、ここが抜けてしまってはいけませんからね。
P4020071

もう一つ、レッグバッグから進化させたのがここです。ぶら下げて使うレッグバッグでは中の物が落ちる心配はまずありませんが、斜めがけをしてしかも背中側に来るので知らないうちに物を落とすことが無いようにしなければなりません。

そこで、考えたのが、口折れ部の外側を長くすることです。
P4020069

このように、口折れ部内側がポケットの蓋として機能するようにサイズを調節しました。外側はポケットの外側にかぶさります。口折れ部の固定はレッグバッグではマグネットホックを使用しましたが、よりしっかり留まる20㎜ストラップとバックルにしてみました。
P4020070

こんな感じで背負えます。
P4020067

このバッグに使ったストラップをくださった方へ差し上げました。使ってくださるとうれしいのですが。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ