タイトルの通りなのですが、ここ最近CB250Fのニュートラルランプが点いたり消えたりするようになっています。乗車中につかないのは不便ではあるけど実害はそうないので無視できますが、困るのはスタンドを出すとエンストすることです。逆に言えば、スタンドを出した状態でエンジンが掛けられないわけです。暖機できないじゃん!なんだこれ。

まあどうせここが悪いんでしょう。エンスト対策として定期的に行っている、ニュートラルスイッチの端子のはめ合いの清掃と増し締めです。
P5100419

ここを外して清掃し、コンタクトスプレーで接点の導通の回復を図ります。そして緩みがちな端子をラジオペンチで締め直してからはめ込みます。
P5100420

ちゃんと点くようになりました。なんでこんな簡単なことの対策をしてくれないのでしょうか、ホンダさん!リコールかサービスキャンペーンで何とかしてくださいよ。
P5100421

手の汚しついでにチェーンの洗浄と給油、チェーンの張り具合の調整もしておきました。ドリブンスプロケットの偏心はやはりありますが、これもかつて調整したので許容範囲に収まっている感じがします。これ、ハブダンパーの交換すれば根本的に直るかなあ。それともホイールの精度が低いのかな?
P5100423

ついでに、ハンドル周りの改良も。ミラーで固定している自作マルチバーホルダーに5㎜Φタップを立てます。
P5100425

そこへダイヤル式ヘルメットホルダーを取り付けます。裏からさらにナットをかませてあるのはゆるみ止めです。
P5100426

これを車両に戻したら、ハンドルにタンデムライダー用、あるいは荷物満載時に純正位置のヘルメットホルダーが使えない時に使用するホルダーになります。あ、写真撮るの忘れてるね。それは次の機会に。

もう一つ、ピリオンシートに荷物を積むときに使うシュリンゲの増設を行いました。今まではこうしてシュリンゲをピリオンシートのレールに結び付けて使っていましたが、この方式では前方に出すと無理がかかっていました。また、中央部に支点が欲しい時には使えませんでした。
P5100429

そこで、このようにシート固定用のボルトを利用して折れ金具を渡し、そこへシュリンゲを通してみました。
P5100430

使用時にはこのようになります。ここへストラップやバンジーコード、ツーリングネットを引っ掛けて使います。
P5100431

もちろん、使わない時には結びをほどくことなくそのまま裏に仕舞えばこの通りです。
P5100432


これで大荷物もさらに安定して、そして早く積載できるようになったと思うのですが。まだ出かけられる気配がありませんね。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村