今日は胴の部分を完成させましょう。

まずは背中です。バックプロテクターを入れるポケットを作ります。外生地に縫い目を出したくないので、背中にだけ裏地を付けることにしました。左右対称はもちろん、上下位置も良い位置に来るように慎重に調整します。
PC060118

ポケットの外周は三巻をかけましたが、下部は洗濯などの時にバックプロテクターを出す必要があるのでこのようにスリーブにして縫い付けました。
PC060120

裏地にバックプロテクターポケットを付けました。こんな感じになり、下部は面ファスナーで留められるようにしました。この後表地の裏に裏地を縫合しました。
PC060121

バックプロテクターが付いたら、今度はチェストプロテクターを付けます。脱ぎ着のしやすさではセパレートタイプがいいのですが、やはり心臓も守れる1枚型の方が安全上好ましいので私のHONDAプロテクターを供出することにしました。それを留める面ファスナーを見返しに縫い付けます。
PC060124

いよいよ前身頃と後身頃を縫合します。
PC060122

一回着てみました。チェストプロテクターはこんな感じに付くのです。上下位置の調整もできるので、万全の位置に固定してもらいましょう。
PC060126

後ろから。それほどカメックスではないかな?バックプロテクターの位置もちょうどいい所でしょう。寸法的に大丈夫そうなので、次の行程に進みます。
PC060128

肩の部分はデニムらしく中裏で縫合し、巻いてさらに縫合する方法にしました。まずは前身頃の生地を半分に切断します。
PC060129

それを巻いて縫い留めれば巻縫いの完成です。
PC060131

縫合したところにはかがり縫いをかけました。襟のつく部分にもかけておきます。
PC060132

次は裾の部分ですね。縫い付ける線を引いておきます。そして不要部分をカットします。
PC060133

裾のサイドにアジャスターを付けます。アジャスターの形はトライ&エラーで設計し、納得のいく方ににするまで3枚の無駄を作りました。
PC060135

アジャスターにボタンホールを開けます。これが自動なので本当に楽ですね。
PC060136

裾はアジャスターをかませるために3分割にしました。
PC060139

さあ行きますよ。まずは表側に中表で裾を縫い付け、両端のファスナーの下からは中表で縫合して返し、その上は10㎜の縫い代を返して縫い付けて行きます。
PC060140

裾縫い付け中。
PC060142

着きました。脇の縫合線の延長に裾の縫合線が来るようになっていて、そこからあアジャスターが生えているようになっています。
PC060143

バック、チェストプロテクターを入れて着てみました。素人の2作品目としてはまずまずではないでしょうか?
PC060144

ちょっと時間があったので右袖のファスナーと袖口も作ってみました。こちらはエルボー、ショルダーのプロテクターを付けなければならないのでまだまだ時間はかかりそうです。
PC060145





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村