FODSPORTS M1-S PLUSついてですが、昨日のソロ篇に続き、今回はマスツーリング編を記述します。






0 充電
(前日までにやっておくと忘れなくてよいと思います。)

0-1 タイプCジャックへプラグを差し、充電する。
0-2 充電が完了したら、ヘルメットへ取り付け、ヘルメットスピーカー&マイクの端子をタイプCジャックへ差し込む。

PB130052


1 電源を入れる

1-1 ファンクションボタンとインカムボタンを同時長押しで電源を入れる
1-2 「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。 デバイスの接続に成功しました。」と音声ガイドが流れる。

2 ラインぶら下がりの準備(自宅を出る直前)

2-0 スマホにグループ通話の開始が通知されていたら、その通知をタップし、出てきた画面の「参加」をタップします。

もし、グループ通話の開始が通知されていない場合(自分が一番早かった場合)、以下の操作を行います。
2-1 スマホのラインアプリを起動する
2-2 トーク→三毛ジャガーツーリングクラブグループと選択する
2-3 いちばん上の電話の受話器のマークをタップする
2-4 音声通話、ビデオ通話、Liveと現れるので、一番左の「音声通話」をタップする

すると、全員に通知が行きます。そこへ以後の人は参加していきます。

2-5 参加者が出るとヘルメットスピーカー&マイクで通話ができます。

3 集合場所でインカム同士を接続する

ラインぶら下がりは携帯電話が圏外になると使えなくなるし、わずかとはいえギガを消費するのでインカム同士をブルートゥースで接続します。M1-S PROに比べると手順が圧倒的に少なくなっています。ペアリングしていない機の電源を落とさなくてもよいからです。

3-1 全機電源を入れます。(ライン通話ですでに入っているとは思いますが。)
3-2 1番機のインカムボタン長押し、2番機のファンクションボタン長押ししてペアリングします。
3-3 青い点滅の波長がそろったら、2番機のインカムボタンを押して接続を切断します。
3-4 2番機のインカムボタン、3番機のファンクションボタンを長押ししてペアリングします。
3-5 青い点滅の波長がそろったら、3番機のインカムボタンを押して接続を切断します。
3-6 3番機のインカムボタン、4番機のファンクションボタンを長押ししてペアリングします。
3-7 青い点滅の波長がそろったら、4番機のインカムボタンを押して接続を切断します。

3-8 どれかのインカムボタンを押すと、全機が接続します。

4 走行中、通話が途切れた場合の復旧

パターンが3つあって、そのどれかを見極める必要があります。

A 距離が離れすぎたり、障害物によって接続が切れた場合
4-A1 接近するまで待つ

B 機がハングアップした場合
4-B1 インカムボタンを押す 復旧すれば完了 もう一人との接続が切れたなら、もう一度インカムボタンを押す

 インカムボタンによる復旧が失敗した場合、再立ち上げが必要です。

4-B2 電源を落とす インカムボタン、ファンクションボタン長押し

4-B3 もう一度電源を入れる インカムボタン、ファンクションボタン長押しする。
「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。 デバイスの接続に成功しました。」と音声ガイドが流れる。

4-B4 インカムボタンを押して接続する

C 電話がかかってきて切れた場合

4C-1 電話がかかってくると自動でつながり、他機との接続が切れる
4C-2  電話通話が終了すると、自動で他機との接続が回復する

5 くしゃみ、咳、独り言などをしたいなどの時にはマイクミュート(マイクオフ)させることができます

5-1 プラスボタンを3秒長押し→マイクミュートになる
5-2 プラスボタンを3秒長押し→マイクミュート解除

******************************
マスツーリングは以上のような操作で走行中にコミュニケーションを楽しむことができます。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村