インカム初心者がFODSPORTS M1-S PLUSを手にすると、どう使っていいのか面食らうかもしれませんね。そこで、初心者向けに使い方の解説をしてみることにしました。今日はソロで行動する時に使う機能を解説します。
PB130052

0 充電する

0-1 タイプCジャックへ充電用ケーブルを奥まで突っ込んで充電する。充電中はファンクションボタンが赤く光り、満充電すると消灯します。

0-2 ヘルメットのベースに取り付け、ヘルメットスピーカー&マイクのタイプCプラグを差し込みます。

1 電源を入れ、スマホ(携帯電話)と接続する

事前準備 インカムとスマホをペアリングします。一度ペアリングしてあれば次へ進めます。

1-1 インターコムボタンとファンクションボタンを同時に3秒長押しします。

1-2 スピーカーから「FODSPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。」とアナウンスが流れ、起動したことが確認できます。ヘルメットを被っていない時にはファンクションボタンが光ることで確認できます。

1-3 すぐさま「デバイスの接続に成功しました。」とアナウンスが流れます。つまり、電源を入れると自動でペアリングしていたスマホと接続するのです。

1-4 以後、スマホのスピーカーとマイクは使用不可となり、代わりにヘルメットに仕込んだスピーカーとマイクがその代わりをするようになっています。

2 乗車中に電話をかける

事前準備:出発前に、掛けたい電話番号に一旦電話をかけます。つながる必要はなく、相手が出る前に切っても大丈夫です。

2-1 ファンクションボタンをダブルクリックします。

2-2 自動でリダイヤル(最後にかけた電話番号へ電話する)機能が働き、電話をかけてくれます。

2-3 相手が出たら通話します。音量が小さい時にはプラスボタンを、大きすぎる時にはマイナスボタンを短く押して調整します。長く押すと違う機能が働いてしまいますので注意。

2-4 通話が終わったら、ファンクションボタンを短く1回押します。これで電話を切ることができます。

3 乗車中に電話に出る

3-1 電話がかかってきたら、しばらく待ちます。

3-2 インカムが自動で電話を取りますので、そのまま通話してください。

3-4 終了する時にはファンクションボタンを短く一回押します。相手が切っても大丈夫です。

4 ラジオを聴く

4-1 マイナスボタンを3秒長押しします。

4-2 「ラジオオン キュウゼロテンゴメガヘルツ」など周波数のアナウンスが流れ、ラジオを番組を聴取できるようになります。チューニングはプラス、あるいはマイナスのボタンをダブルクリックします。

4-3 ボリュームはプラス、マイナスボタンを短く押して調整します。

5 有線AUXを使う

事前準備 ナビゲーションシステムや音楽プレイヤー、電波探知機など音声をAUX端子へ出力する機器と、接続するケーブルを準備し、インカム本体下部の2.5㎜プラグへジャックを差し込みます。

5-1 つないだ機器から音声を流せばそのまま聞こえます。音量はつないだ機器の方で調節します。


より高度な使い方もあり、スマホを2台接続したり電話に出るのを手動にしたりすることもできますが、標準的な使い方に慣れて来てから挑戦した方が良いでしょう。やはりライディング中は運転に集中することが何より大切で、そこがおろそかになってはいけませんから。ライディングの支援機器でもあるので、うまく使いこなせると交通安全にもつながると思います。次回は他のインカムとの接続、切断と、ラインぶら下がり通話について記述します。





 にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村