三毛ジャガーツーリングクラブ(仮)の主力インターコムはFODSPORTS M1-S PROです。しかし、次の問題点があり、解決の方策を講じる必要を感じていました。

1 距離が離れすぎて通信が途切れた場合、接近しただけでは通信の復旧ができずインカムボタンでつなぎ直す必要がある。しかもその場合頻繁にハングアップするので、一旦電源を切って再度入れ直す必要がある場合が多い。

2 3台のM1-S PROと1台の4ridersV4を使用しているが、うまくつながらないことが多い。

3 私の個体は他機と接続すると頻繁にハングアップする。

4 ライン通話ぶら下がりだとトンネルや山間部、過疎地では圏外になってしまう。(過疎地で圏外になりがちなキャリアの携帯を使用しているメンバーがいる。)

5 V4は設計寿命を越えたようで、バッテリーは持たなくなったし本体がベトベトしてきた。加水分解かな?

ということで、先日急遽私と九太郎さんのチャット会談が夜間に行われ、M1-S PLUSの2機導入が決定しました。そして本日、ヤマト運輸集配所留め置きにて無事に到着いたしました。
PB130048

早速開梱してみましょう。購入したのは一台当たりの単価がちょっと安くなる2台セットです。
PB130050

箱の中身は、おお、かっこいいではないですか。
PB130051

M1-S PROと並べてみました。基本的には似ていますが、明らかに違うのは+-ボタンが側面にあるのか、上部にあるのかです。これは絶対上部がいいですね。+ボタンと間違えてファンクションボタンを押してしまうことがありましたから。
PB130052

取り付けベース(ユニットベースと説明書には記載)は同じ構造の物で、違いはFODSPORTSのシールが貼られていることだけです。完全互換性があります。私はヘルメットに両面テープで貼り付けているので、これはいいですね。そのまま使うことができます。
PB130057

残念なのはここ、ミニUSBだったのかタイプCになったことです。つまりはスピーカー&マイクを入れ替えなければならないのです。
PB130053

下から見た図です。下がPLUSです。厚みが増してますね。有線AUX端子は健在ですが、充電端子が省かれています。スピーカー&マイクと接続するタイプCで充電も行うのです。これによる弊害は充電しながらの使用ができないことになりますが、バッテリーの持ちが非常に良いのでなくても困ることはないでしょう。
PB130054

上から見た図です。-、+は大きく飛び出ているうえ、間隔も十分でかなり厚手の手袋をしていても押し間違えは無いでしょう。
PB130055

スピーカーとマイクは基本的にPROもPLUSも同じ物のようです。違いはPLUSはケーブルに透明な皮膜が被せてあることと、スピーカーにカプラーがなく直接ついていることです。
PB130056

フルフェイス用マイクももちろん付属。こちらも見た目にはPROと同じに見えますが、やはり透明な皮膜はかけてありました。右がPLUSです。
PB130064


貼り付け用の面ファスナーメスと耳との距離調節ようのEVAゴムも付属しています。これはPROにもあったと思います。
PB130059

充電ケーブルはこれです。タイプCなのでこれ以外にも汎用品が使えるのはいいのですね。
PB130060

ただし、根本は削らないと入りませんでした。
PB130061

まずは充電です。両方とも付属の物を使いました。
PB130062

充電している間に、スピーカー&マイクを交換しましょう。
PB130063

まずはついていたM1-S PROのスピーカー&マイクを取ります。スピーカーがカプラーで外れるので、作業はしやすいですね。PLUSにはこれが無いので、狭い所を通すのはむずかしいです。違う方法で配線しました。でも、こっちの方がむしろ普通で、PROがとりわけ通線しやすかったというのが正解でしょう。
PB130065

マイクのカプラーと3本をまとめるこの部分が頭や顔に当たらないようにしないといけませんね。
PB130066

OGKのエアロブレードVですから、そしてM1-S PROを付けていたのですから、加工などせずにきれいに収まります。
PB130069

作業中。

PB130070

作業完了。
PB130072

PROはゲスト用コミネプルートXへ移植しました。さあ、使ってみますよ。
PB130073

インカムボタンとファンクションボタン3秒長押しします。
「FOD SPORTS Bluetooth コミュニケーションシステムへようこそ。」
と、PROと全く同じ声の女性がこれまた全く同じセリフをしゃべりました。同じ音源を使ったのでしょうね。

3台とも立ち上げました。さあ、それでは接続しますよ。

まずはPLUSのA(エアロブレ―ドVについている物をAと呼称します。)とPLUSのB(スピーカー&マイクも付けていないものをBと呼称します。この個体は後に山のmochiさんへ進呈しました。)を接続します。

Aのファンクションボタン、Bのインカムボタンを1.3秒長押しします。ファンクションボタンが赤青激しく点滅します。1~2秒くらいでしょうか、ほぼそろって接続が完了しました。PROだともっと長くかかることがほとんどでした。ファンクションボタン長押しはパッシブペアリングモード、インカムボタン長押しはアクティブペアリングモードだそうです。よってファンクション同士、あるいはインカム同士を押してもペアリングはしないようです。V4、V8のAボタン、Bボタンとは意味が違うのですね。あちらはA同士でも、どちらかのボタンをもう一度短押しすることでパッシブに切り替えられるのではないでしょうか。

次にBとPROを接続します。PROだけならここでAの電源を落とす必要があるのですが、どうやらそのままで大丈夫のようです。Bのインカムボタンを押してAとの接続を切り、ファンクションボタンを長押しします。PROのインカムボタンを長押しします。こちらはPROとPLUSなのでどうかと思いましたが、PLUS同士までとはいかずともかなり短時間でペアリングに成功しました。PROのインカムボタンを押して接続を切ります。

これで、PLUS(A)―PLUS(B)―PROと言う順番につながったことになります。

Aのインカムボタンを押しました。するとどうでしょう、B、PROと言う順番に、そちらのボタンは触ることなくファンクションボタンの青い点滅がそろい、接続しました。PROのマイクを触ってその音がAのスピーカーから出ることを確認しました。

次は、Aのついているヘルメットを被り、PROのマイクに前にスマホを置いてYouTubeの音声を流しておきました。ヘルメットの中に音楽が流れます。そして家から出て歩いてみました。

しばらく歩くと、音楽は途切れたり◯△◇✖とデジタル崩れして何を言っているのかわからなくなり、さらに離れると接続が切れました。そしてピー音が鳴りました。つまりは接続が切れたことを意味しています。さらに遠くまで歩き再び自宅へ向かいました。切れた位置まで来てもうんともすんとも言いません。さらに近ずくとデジタル崩れし始めたところまで来ました。そしてその辺りでポン音がして再接続に成功しました。PROが混じっていても再接続は自動でできることが確認できました。

次に、Aのマイクの前にスマホを置いてPROのヘルメットを被って歩きました。PLUSと同じ位置でデジタル崩れを起こし、さらに歩いてほぼ同じところでピー音が鳴って接続が切れました。さあ、自動接続はできるでしょうか?PLUSの自動接続ポイントに差し掛かった時でした。ポン音がして再接続が自動でできました。

ただし、3回実験したうちの1回は再接続せず、ハングアップしてしまいました。やはり私のPROはハングアップする癖があるようです。

次に、スマホとのBluetooth接続をしてみました。PLUSのファンクションボタンを長押しし、パッシブペアリングモードに入ります。そしてスマホのBluetoothをオンにしてM1-sPLUSを選択すると、瞬くうちにペアリングができました。スマホでネコアップをやると音楽がヘルメットスピーカーから流れてきました。もう一台同じ方法でBluetooth機器を接続することもできるそうです。

次に、ミュージックシェアを試してみました。インカムボタンを押して接続を一旦切り、+ボタン3秒長押しします。
「音楽共有を開始します。」
と音声ガイドが入ります。Bにはスピーカー&マイクをつないでいないので音が出ているかどうかは分かりませんが、PROからは出ていませんでした。残念。でもさ、ミュージックシェア中はインカム通話できないからまず使わない機能だよね、僕らの場合はさ。(説明書に依れば、ミュージックシェアはそもそも2台までのようです。)

さあ、PROになくてPLUSにあるFMラジオ受信機能を使ってみましょう。-ボタン3秒長押しします。
「ラジオオン キュウゼロテンゴメガヘルツ」
今までもFMラジオ受信機能を持ったインカムは所有していましたが、というよりM1-S PRO以外みんな持っていましたが、周波数の案内をしてくれるのは初めてです。そして聞いていた周波数は電源を切っても記憶してくれているので、そのまま続きを聴くことができます。TBSヘビーリスナーの私には大変うれしい機能です。もう一度マイナスボタンを長押しすると
「ラジオオフ」
と言って切れます。

バッテリー残量を音声でアナウンスしてくれるのはPROと一緒ですが、押すボタンが変わりました。-ボタンとファンクションボタン同時押しです。押しにくい!PROは+-と押しやすかったので、ここは一歩後退ですね。まあ走行中は使わないかな。

AUX機能はまだ使っておりません。近いうちに試してみます。

午後には山のmochiさんのお宅へ伺い、ヘルメットへ装着いたしました。インナーサンシェードのレバーがあるために、干渉を避けるとどうしてもかなり後ろの位置になってしまいます。そこは残念です。でも何とか手が届く範囲ですから。それか、両面テープでレバーの上に付けるなどの方法もあるかなあ。あるいはもうちょと前でも何とかなるかな?そこはオーナーさんに試行錯誤して使い安くしていただきましょうか。
PB130074

さて、FODSPORTS M1-S PLUSを使ってみて、PROと比較もしてみました。まだ初日で使いこんでいるわけではないのですが、結論はもう出ております。これから新規で買おうと思っている方、このどちらにしようかと悩んでいるなら、間違いなくPLUSを買ってください。自動でペアリングが復旧でき、(もっともPROが自動ペアリング回復ができなかった私の所有したインカムでは唯一の機種)動作も安定していて、周波数を教えてくれる、つまりは本当に使えるラジオ受信機能があり、+-ボタンとファンクション、インカムボタンが違う面に配置されているので押し間違えはまずないです。いくつかの面で後退もないわけではなさそうですが、総合的に見て今更PROを買うのは得策ではないと私は思います。













にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村