4日目はシャーリングの製作と肘上への設置です。

まず、シャーリングを作るための知識収集から始めます。いくつかの方法があるのですが、一般的にはゴムカタン糸を下糸に、上糸はカタン糸で縫うようなのですが、「ボビンの調節を緩める」ということができる垂直釜である必要があるようなのです。私のような家庭用ミシンは水平釜ですので違う方法を探してみました。するとあるブログで
「ゴムカタン糸を真っすぐに置き、上下普通のミシン糸でジグザグに縫っていく。縫い終わったらゴムカタン糸を手繰ってシャーリングを作る。」
という方法を見つけました。これなら水平釜でも問題なくできそうです。

端切れで実験します。押さえは中央に溝の有る物を使用しました。中央にゴムカタン糸を置き、その左右をジグザグで縫っていきます。
PA160458

こんな感じに出来ました。さあ、手繰って寄せて行きますよ。
PA160459

糸でしっかりと締め付けられているので、滑りが悪くなかなかの固さです。
PA160460

しわが寄り、伸び縮みができるようになりました。まあ成功かな?いやいや、表に無数の糸が出てしまって見た目に綺麗ではありませんね。これでは失敗です。
PA160462

次の方法は、ゴムカタン糸の説明書きにある「水平釜の場合は上糸の調整が必要です。」を参考に思い切って下糸にゴムカタンを使ってしまいましょう。

指示通り上糸にはカタン糸(コットンの事らしい)を用意しました。他の材質ではだめなのかどうかわかりませんが、指示があるのだから取りあえず従って置けば無用のトラブルは避けられるでしょう。
PA160467

下糸は手でボビン巻きしないといけないという何とも原始的な方法をとるしかないようです。引っ張りながら丁寧に巻いていきました。
PA160470


先のジグザグ工法と同じように端切れでやってみた結果、上糸を緩めにすれば何とか縫えることが判明しました。

それなら寸法に作ってみましょう。
PA160465

さて、どんな感じになるのかな?ゴムカタンを引っ張っていきます。

PA160477

あまりきれいではないけど、なんとかできたでしょうか?
PA160478

引っ張るとちゃんと伸びます。
PA160480

肘にはプロテクターポケットがあるので、その蓋のキワからシャーリングがはじまるようにしたいとことです。ギリギリに加工するなら、一旦蓋を外した方が良いでしょう。
PA170482

そして、ここへ穴を開けるのです。位置決めは慎重に。
PA170483

線を縫って中央で切り開き、裏へ返します。
PA170486

その穴へシャーリングを当てて待ち針で留めてみました。
PA170487

下の縫合は先ほどほどいた蓋の裏からシャーリングごと行いました。
PA170488

肘シャーリングの完成です。
PA170489

肘を曲げるとちゃんと伸びますよ。
PA170490

5日目に続く





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村