3日目は裾と襟を付けました。裾はどうという事もなく付けられたのですが、襟は結構難渋しました。

長すぎて困っていたのですから、裾はなるべく短くしたいので、ファスナーの始まりが裾の半分より下になるようにしました。これ以上上だとポケットに干渉してしまいます。
PA150453

続いて襟です。どのような形、サイズがいいのか厚紙を使って検討しました。走行風が首元から入らないようにしたいのですが、かといって首が振れないようでは困ります。
PA140435

いくつかの形で試して、後ろはまっすぐに立ち上がり、前の方は緩く内側に倒れ込むデザインにしてみました。
PA140436

生地を寸法に切り出したら接着芯を貼って中表で縫い合わせます。角はしっかりと出したいですね。でも内側にすぼまっているので直角では収まりが悪いので、鈍角にしました。角度は計算ではなく厚紙で実際に当てて作り出した角度です。
PA140438

アイロンをかけて襟の形を整えます。
PA140439

しつけ糸で仮縫いしてみました。あれ、ちょっと短いな。なんでだろう。
PA140441

さあどうするって、もう一度作り直すしかないよな。あれ、もうこの長さ、幅の生地がないや。じゃあ他の生地でもいいよ。あれあれ、デニム生地ではもうないぞ。

それなら、禁断の大技を繰り出すまでさ。真ん中に継を入れました。ついでに、さらに30㎜長くして面ファスナーで留められるようにすることにしました。
PA140444

端から一気に縫うほど自信過剰ではないのです。中央から(丁度良いことに生地をつぎ足したところだ)左右に縫いました。
PA140445

出来た、けど何か不自然。あれ、左前になっているじゃん!死んだ人じゃあるまいし、縁起悪いなあ。いや、女性物には左前の物もあるからまあいいか。なんで間違えたかって、そこまで気にしなかったから!縫い目の綺麗な方をつい表にしてしまったんだよなあ。失敗です。
PA140446

面ファスナーを縫い付けました。
PA140447

こんな感じにできました。あとは袖を接合するだけなのですが、これもそのままだと腕が前に伸ばせません。ピッタリサイズ過ぎるのです。処方箋は、背か腕にシャーリングを入れる事。というか、持っているライディングジーンズにはシャーリングが入っているのでこちらにも入れてみたかったのです。
PA140451

4日目に続く。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村