昨日アンモニア吸収型冷蔵庫のヒンジ修理を行いましたが、今日はその続きです。鉄のアングル材を切ってネジ頭の通る穴をあけて、ゴリラグルーで接着しましたが、24時間経過したのでその作業の続きをすることにしました。

こんな感じです。接着剤ははみ出していますが、透明なのでそれほど目立ちません。そして見た目より何より驚くのはその接着力です。ガチガチに固定されています。もうビスなどで機械的に接合する必要を感じないほどです。
IMGP1350


湿度に反応して硬化するというゴリラグルーですが、これマジお勧めできます。接着力が高いだけではなく、硬化するまでに位置合わせなどで動かすこともできるので、一発シビアな位置決めをせずに済むので扱いも楽なものです。よろしかったら下のアフィリエイトからご購入いただけるとありがたいです。


蓋を付けて、開けようとしたら開かない!ああ、角が当たってしまうんだ。
IMGP1351

ディスクグラインダーだと削り過ぎてしまう恐れもあるので、ここは手で地道に削っていきましょう。それほど大げさに削らなくても大丈夫でしょうから。
IMGP1352

これくらいでどうかな?
IMGP1353

おお、ぎりぎりだけど蓋が開くようになったぞ。
IMGP1354

蓋を開け閉めしてもびくともしません。ゴリラグルーの威力は大したものです。しかし、一応タッピングビスで補強はしておきましょう。ドリルで下穴を開けます。
IMGP1355

手持ちのタッピングビスにこんな小さいものはこれしか在庫がなく、とりあえずの作業です。なべ頭のビスを買ったら交換しましょう。
IMGP1356

何回か開け閉めしてみましたが、万全です。剛性も十分でしっかりとしています。
IMGP1357

むしろ反対側に不安を感じます。こっちは壊れる前に補強しておこうかな。今日はまあいいことにしますか。
IMGP1358

選挙に家族で出かけたのですが、その時に息子の自転車のタイヤがひび割れていることに気がつきました。それじゃあ買い置きのタイヤがあるからそれと交換しろよ。ついでにチューブもあげるから一緒に交換すればなお安心だろう。
IMGP1360


どうも不器用でいけませんね。後輪脱着など一部手伝ってしまいました。また、間違いのないようにチューブ噛みこみの確認などの指導付きです。奴は来週の日曜日から一人暮らしがはじまるのです。パンク修理未満のただの交換作業なんだから、それくらいできるようになっておこうぜ。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村