集合は四つ木IC手前のセブンイレブンです。7時30分集合予定が道が空いていたので7時丁度くらいに到着しました。寒さを感じていたので、温かい胡麻あんまんとカフェオレを飲みながらメンバーの到着を待ちます。

続いて到着したのはバンディット250limitedに乗るNチェブさん。
IMGP0183 (640x360)

しばらく見ないうちに車両はいくつもの変更、更新を受けていました。タイヤやチェーン、見えないけどオイルやブレーキフルードの交換、目を引くのはこのヘッドライトのストーンガード。

「ストーンガード買ったらサイズが小さかったので、純正のライトがデカすぎると思っていたこともありライト小さくしてみました。カウルとの隙間ができたのでウレタンで塞いでみました。それと、ライトが小さくなったのでポジションランプをライトからウインカーに移しました。」
IMGP0184 (640x360)

うーん、凄い仕上げです。思わずうなってしまいました。

最後はボルティ(改)に乗る九太郎さん。
IMGP0185 (640x360)

それではツーリングに行く前の儀式、インカムのペアリングを行いましょう。NチェブさんのBTインターフォンと私のV8をペアリングします。うん、素直に出来ました。接続もできました。一旦電源を落とし、九太郎さんのV4と私のV8をペアリングします。うん、できたよ。あらためまして、電源を入れ直します。モニターランプが落ち着いたところで、それではいよいよハブとなっている私のV8のAボタンでNチェブさんのBTと接続しましょう。
「Nチェブです。」
「三毛です。聞こえているよ。」

次に、V8のBボタンを押します。、、、、、。あれ、接続しないなあ。もう一回押します。、、、、。あれ、エラー音が鳴るよ。これペアリング失敗しているかな。もう一回ペアリングからやってみるか。何度か挑戦しますがどうしても九太郎さんが入ってこられません。諦めるか?いや、腰を据えていくつかのパターンを試してみましょう。いろいろと試してみて最初にV4と、次にBTとペアリングすればチェーン接続ができることを発見、計画より20分遅れでようやく発進しました。
002

首都高速はほぼ渋滞なく気持ちよく走れました。葛飾ハープ橋を渡っています。
003

つばさ大橋を渡り、大黒PAに向かいます。
20191102_083325B_snap (640x360)

渦巻き状の大黒PAへのランプを降りていきます。
20191102_083548B (640x360)

トイレ休憩をして、再び高速へ戻っていきます。
IMGP0188 (640x360)

ベイブリッジを通過。この橋は学生時代、女の子を連れて渡っていましたっけね。
20191102_085622B (640x360)

幸浦で高速を降り、八景島の前で右折、シーサイドラインに沿って走ります。
20191102_091337B (640x360)

16号線に出ると、渋滞模様。20分の遅れは取り戻せないかなあ。
20191102_091801A (640x360)

観音崎方面に向かって走ります。それにしてもいい天気です。日向にいると汗ばむくらいです。ここで9時30分は過ぎているので、10時20分のフェリーは厳しいかな。まあ次に乗ればいいか。それほど急ぐ旅ではないのですから。のんびり、そして安全にね。
20191102_093505B (640x360)

天気の良い日に海沿いを走るのは実に気持ちがいいですね。
20191102_100152A (640x360)

観音崎大橋を渡ります。まるで海の上を走っているように感じます。しかし台風の日には怖い思いもしたでしょうね。
20191102_100345B (640x360)

さあ、もうじき久里浜港です。曲がるところ間違えないようにしないと。
20191102_101617A (640x360)

久里浜港に到着しました。そして乗る予定だった10時20分はまさに出航するところでした。
IMGP0189 (640x360)

係員に誘導されてオートバイと書かれた列に並びます。
IMGP0190 (640x360)

次の便は11時25分、時間はたっぷりあります。まずはチケットを購入しましょう。フェリーターミナルへと入ります。
IMGP0191 (640x360)

チケットを購入したら、ひとまずトイレへ。そこで悲劇が起こったのです。なんと、ポケットに入れていたカメラが小便便器の中へカチン!と音を立ててダイブしてしまいました。げげげ!なんてこった。自分の小水を出す前であったのがせめてもの救い、それと防水カメラだったことも幸いです。石けんで2度しっかりと洗いました。参ったなあ。

港にポツンとグラディウスが置かれていました。
IMGP0193 (640x360)

時間までターミナルの中や行きかう船舶を見て過ごしました。やがて、アナウンスがあり、車両へ戻りました。乗船口まで案内され、フェリーの到着を待ちます。まるでレールが敷かれているかのような正確さで、音もなく接岸させてゲートを降ろすと載せていた車両が一斉に降りてきました。
IMGP0199 (640x360)

いよいよ乗船開始です。係員の指示に従って船内へ進入します。
20191102_110719A (640x360)

固定は速やかに、そして確実に行ってくれました。さあ、人間用デッキへ上がりましょう。
IMGP0200 (640x360)

このフェリーはサイドスラスターを前後に持っているのでしょうか、無限軌道車で言う所の超信地旋回のようにその場で回転しました。
IMGP0202 (640x360)

なにしろ乗り物大好き、機械大好き、そして好奇心旺盛な「男の子」が3人もいるのですから、落ち着いて座っているはずはありません。あっちこっちを見て回ります。

しかし歳はそれなりなので、ちょっとひと休み。
IMGP0220 (640x360)

しかしこの少年たちは犬が出てくればまた動き出すのです。
IMGP0225 (640x360)

楽しい時間はあっという間に過ぎ、浜金谷港に到着です。あれ、でもこの向きじゃダメじゃん。と思ったら、なんとこの狭い港の中で再びその場回転をして接岸したのです。うーん、ものすごい技術だ。
IMGP0228 (640x360)

「俺のカナディアンカヌーの接岸よりうまいよ。」
とはアリー乗りの九太郎さん。

下船したら、12時10分です。まさにその場にあるザ・フィッシュへと入りました。2度の台風で大きな被害を受け、復旧作業していたのですが、ようやく昨日から営業再開となりました。

客は意外なほど多く、待合の用紙に名前を書いてしばらく待ちました。それほど時間はかからずに呼ばれ、席に案内されました。

私が注文したのはこれ、「おすすめ」と唯一かかれたメニュー、ザ・フィッシュセットにしました。魚は量も多く、活きもよく本当においしかったですよ。ごはんとみそ汁までおいしかったです。
IMGP0235 (640x360)

実は会計伝票に計算間違いがあり、2000円ほど安く記載されていました。会計係は計算間違いしたまま請求してきたのですが、3人分まとめて会計したNチェブさん、復興支援しに来たのにこれでは何にもならないと再計算をお願いし、適正料金を支払ってきました。

私たちの食事中、自動二輪駐車場はその仲間をうんと増やしていました。おいしい物があればそこに人は集まるのです。房総の復興は思ったより早くなるでしょう。
IMGP0239 (640x360)

いや、復興が早いと思ったのは間違いでした。あちらこちらにブルーシートで養生された家を見かけました。その数は数十分走っただけでも数えきれないほどで、台風被害のすさまじさ、そしてそこに暮らす人々のご苦労を感じさせます。この屋根では先週の大雨、さぞや辛かったことでしょう。
20191102_131249B (640x360)

保田から長狭街道へ入ります。この道沿いでも多くの台風被害を目にしました。復興を願って訪れてはいますが、正直復興作業をしり目にツーリングでは何か気まずさも感じます。20191102_131557B (640x360)

横根峠を越えたら、県道182号線、おなじみもみじ街道へと進みます。
20191102_132626A (640x360)

気持ちよくワインディングを流していたら、なんと!完全に右側車線を走る軽自動車が対向してきました。「危ない!!!」
001 (640x360)

左側道まで車両を寄せ、何とか衝突は免れました。こちらが飛ばしていたら完全にアウトでしょう。ドライブレコーダーが無ければ、
「無謀な2輪車が猛スピードで突っ込んできた。」
と証言されて、こっちは死人に口なしとなってしまうことでしょう。まだ付けていない皆様、是非付けることをお勧めすると同時に、こういう人も道路を走っているのであまり飛ばさず、くれぐれもご安全に。

紅葉まであと一か月はかかるかなあ。その頃また走りたいですね。
20191102_132842B

地蔵堂の滝へ立ち寄りました。
IMGP0246 (640x360)

まだ葉は青々としています。それはそれでよい景色です。いつか沢登りの装備持ってきて、下から見てみるかなあ。
IMGP0245 (640x360)

もみじロードを堪能したら、次はマザー牧場横を抜けていきます。この牧場も台風で大きな被害を受けています。
20191102_140118A (640x360)

そして、毎度恒例となっているここへ来ました。
IMGP0252 (640x360)

九十九谷です。
IMGP0250 (640x360)

さて、この先はうまくたの里へ立ち寄るだけなのですが、コースは3通り考えてきました。県道163号、県道93号、そして房総スカイラインを経由して、R410へ向かうのです。九太郎さんのご希望により、房総スカイラインコースを選択しました。

あ、あれゴガンじゃん!
20191102_144255A (640x360)

そう、2ストスクエア4の500Γが前を走っていたのです。信号で追いつき、青になったので走り出します。あ、ごめん、ここ直進だった、ついつられて右折しちゃったよ。ぐるっと回って、再度信号待ちをします。ただでさえ遅れているのに、正直すまなかったです。

房総スカイラインは動物飛び出し注意の標識があります。私もかつてすぐ前を鹿や猿などが飛び出し、ブレーキを踏んだことがあります。
「猪も出るらしいね。」
「俺は飛び出されたことないけど、あれでてきたら怖いね。」
「あとはどんなの出るかな。」
「さっきパンダの絵があったね。パンダじゃないの。」
20191102_144748A (640x360)

無料になったので交通量が多くなったかと思っていましたが、案外そうでもなかったです。

県道24号線へ出たら左折、久留里方面へ走ります。亀山湖にかかる赤いトラス橋を渡ります。このダム湖はいろいろな思い出があるのです。友人家族をカヌーに乗せようと走っていたら、後ろから見たような車がついてきたらなんと!九太郎さん家族。それもカヌーしようと思って来たと、偶然のバッティング。みんなで艇をシェアして乗りましたっけね。
20191102_145806A (640x360)

台風前と景色は変わらないようにも感じますが、久留里線はまだ復旧していないのです。夕暮れを感じる光線具合に旅の終わりが近くなっていることを教えられます。
20191102_151450A (640x360)

最後の立ち寄り場所にしたのはここ、道の駅うまくたの里です。
IMGP0259 (640x360)

九太郎さんとNチェブさんはお土産のお買い物。先週岩手でお土産を買った私は、ピーナッツソフトクリームをいただきました。巨大な落花生のオブジェを眺めつつ。
IMGP0257 (640x360)

うまくたの里の隣が圏央道の木更津東ICの入路です。
20191102_155754B_snap (640x360)


スタートの20分遅れがフェリーを次の便にしてしまい65分遅れになり、木更津東ではその遅れは1時間30分に達しています。その遅れはさらに京葉道路の渋滞にはまる要因となって結局計画より2時間近くも遅くなってしまいました。

疲れを感じたので、幕張PAで一休み。右端はGSR250、4台そろえばリッターバイク、8気筒にもなります。
IMGP0260 (640x360)

京葉道路から外環道へ分岐するところでNチェブさんとはお別れ、インカムはトンネルに入ると途切れました。そして外環道松戸ICを降りて三郷方面と6号線方面の分岐で九太郎さんとお別れです。

今日は天気も良く、さわやかな気候、様々な出会いもあり、そして美味しい物に美しい景色、楽しい走り。素晴らしい仲間と過ごせた充実の一日となりました。房総の台風被害の復興はまだまだという部分も散見されました。募金やボランティア活動など、できる所から尽力していきたいですね。そして観光に行くのも大切な復興支援ですから、また行きましょう。