娘が自分の部屋として使っている部屋は本来リビングの一部で、家具や自作の壁で区切って使っているのです。広いリビングを家具で区切るというのは自由にレイアウトができるので、成長期の子供がいる家庭では大変便利なのですが、冷暖房の空気が逃げていくという欠点も持ち合わせています。

本棚をしきりとして使っていますが、上の空間はがら空きなので製品の入っていた箱などを並べて冷気の逃げをふさいでいました。冷気は下の方に訛るからまあいいかな。出入り口はフロアモップの柄を細引きで留めて作った即席カーテンレールに洗濯ばさみでカーテンを挟んで留めていました。
P8090062

しかしここへきて大幅な電気料金の値上げがありました。時間帯別料金設定の電化上手というプランに加入しているのですが、深夜料金がなんと倍額になってしまいました。それでも通常と同一の朝夕、もはや罰金並みの昼間料金と比べればまだ安いのですが。

夜寝ていて、暑くなったらエアコンをかける時がある娘。エアコンをかけた朝には娘の部屋だけでなくリビング中がさわやかな風に包まれています。うーんこんなに冷気が漏れているのか。なんとかするかな。

発砲樹脂製の板を買ってきました。厚さは10㎜にしました。軽量で加工性が良く、それでいてある程度の強度は持ち合わせているし、断熱性能もそこそこありそうです。
P8090063

必要な幅にカットしますボールペンで強く折り目をつけて、バキッと行きます。
P8090066

カーテンレールはさすがにフロアモップの柄ではどうしようもないので余っているカーテンレールを持ち込み、1×3材を天井に打ち付けてそこに設置しました。発泡樹脂の板は1×2材を上下左右にタッピングビスで留め、それを本棚と突っ張り棒に固定しました。
P8090069

幅が広すぎるカーテンは適当な長さにカットしました。
P8090070

カーテンフックが足りない!でも大丈夫、ワイヤーハンガーから自作するのさ。
P8090071

カーテンをぶら下げてみました。
P8090072

逆サイドから。本当は娘の部屋側からも撮影したいところですが、ベッドがありますからね。まさかそこをブログに乗せるわけにはいきませんよね。
P8090073

今日は遅くなっちゃったから、作業はここまで。明日はカーテンの切った個所をミシン掛けだな。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村