三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2019年09月

九太郎様、山のmochi様、ご精査ください。

集合 0900守谷SA=15.5㎞=0915谷田部IC-36㎞-1030真壁消防署前ー6㎞ー上曽峠ー1045西光院(見学)1115-1130ひつじの郷(昼食)1215-湯袋峠ー真壁ー30㎞-1315土浦北IC=46.6㎞=1400三郷IC 流れ解散

我が家の掃除機はダイソンDC62です。
e057ba6d.jpg

購入したのは2014年秋ですから、まだ5年ですが、うんともすんとも言わなくなってしまいました。修理出すかな。しかし妻、この掃除機に修理代出すなら新しいのが欲しいと言い出し、先日コジマへ一緒に行ってきました。

妻がダイソンDC62の気に入らない所は、
1 言うほど吸わない
2 フィルターが抜ける(使用中は負圧で抜けないのですが、停止すると抜けます。)
3 本体が重めで、なおかつヘッドが吸い付いて動かすのも重い。
4 (それまで使っていたキャニスターより)フィルター掃除は簡単ではあるが、中の汚れを掃除出来ない。
5 音がうるさい
6 ダイソン純正以外の、例えば布団用吸い口などを付けられない(付くけど吸わない)。

だそうです。ほぼ私的にも同意かなあ。フィルター掃除が楽でも、結局ゴミを捨てる時に埃は舞うし、分解できない所にゴミが溜まっていくのは気になりますね。

さて、コジマに行くと掃除機は百花繚乱、様々なタイプが売られています。ダイソンDC62で妻が気に入っていた点はコードレスで電源ケーブルの面倒がないこと、スティックタイプでさっと出してちょこっと掃除ができるところなどです。その部分は継続させたいので、やはり買うならコードレススティックタイプが良いという事になります。

店頭で店員お勧めNo.1とされていたのが、日立PV-BFL1でした。試しにいくつもの掃除機をかけさせてもらいましたが、やはり妻が気に入ったのもこれでした。何と言っても本体重量が軽く、パワーヘッドで動かすのも軽いこと、それとスマートなデザインでスタンドに立てれば部屋の隅に置いておくことができる事でした。値段も手ごろです。

さて、これ買うか。店員に伝えると、在庫の確認をしてきますと一旦消えました。再び戻ってきて、現在在庫切れ、最短でも10日はかかるということでした。なんでも現在一番人気だそうで、コジマ各店にも在庫はなく注文が溜まっているとのこと。無いんじゃしょうがないよね。東芝のこれはどう?こっちの方がサイクロンは本格的だし、値段も変わらないし。え、重い?まあね。それとハンドルのグリップが太くて飛び出ているのがダメって、仕方ないじゃん。シャープのは?あれ持っちゃうとやっぱり重く感じるって、いやこれだって十分軽いと思うけどなあ。おお、三菱電機のこれ、かっこいいね。ゲロ、値段が!パナは朝のラジオで宣伝していたからと入念に検討するけど、重さと値段がどうも。

どうするかなあ。妻は案外妥協しないのです。ま、掃除機は息子の実習中用に買ったアイリスオーヤマのキャニスターがあるから、しょうがない、10日待つか。

それから2週間、ようやく本日入荷の連絡があり、取りに行ってきました。P9191311

早速開けてみます。
P9191312

これがヘッドです。ステック型なのに多方向へ曲がる首を持っています。
P9191313

延長パイプは驚異の軽さ!でもさ、スタンドに立てた時にはモーターやバッテリーを持った本体をこれで支えるんだけど、強度や剛性は大丈夫なのかな?心配になるほどの軽さです。繊維強化プラスチックとされていますから、FRPなのですが、繊維は何を使っているのでしょうか。カーボン?ガラス?
P9191314

本体もこれまためちゃ軽!そして小さいですね。その分ゴミ捨ては頻繁に行わなければならないでしょう。
P9191315

このボタンを押すとごみが捨てられます。しかし、けっきょくフィルターも頻繁に掃除しなければならないのがこのタイプの特徴です。
P9191316

フィルターは掃除が面倒なこのクリーンフィルターですが、前面にスポンジフィルターがあるのでまだましかな。かつての使っていたキャニスターはティッシュでしたからね。
P9191317

手入れの頻度はダイソンより高くなるのは欠点ですが、全部簡単に洗えるのでその点はむしろ良いかもしれません。衛生的にもね。
P9191328

掃除と言えば、パワーヘッドも簡単に掃除できるようになっていました。また、補修部品で回転ブラシも購入できます。使用するとどんどん摩耗するのでこれはいいですね。説明書には2400円とあります。スポンジフィルターは350円、クリーンフィルターは1200円と結構安価に手に入ります。
P9191329


ハンディノズルが付属していました。これ付け外し面倒だな、と思ったら、付けたまま延長パイプを差し込めて一安心。
P9191318

こんな感じになります。
P9191319

スタンドの裏には、錘が入っていました。結構重いので、軽量なこの掃除機ならひっくり返ることはないでしょうね。
P9191323

隙間ノズルが付属しています。困ったことに、スタンドにこれを差しておくところがないのです。そう言うきめ細かさは欲しかったなあ。
P9191325

まずは充電からですね。残念ながらスタンドにかけると充電がはじまるというタイプではないので、端子を本体に差し込みます。
P9191326

充電中。
P9191327

充電中にダイソンDC62と並べてみました。圧倒的な軽さは、掃除にどのような違いを生じさせるでしょうか。使用感はしばらく使ったら書き込みます。
P9191330

何ともラッキーな一日でした。

一日の出だしは最悪です。4勝5負と負け先行の錦木を応援しようと、妻と二人国技館へ向かいます。十分早く行ったつもりなのですが、インバウンドの皆様がありがたいことに早朝から自由席券を求めて長蛇の列、整理券は並んだ列の遥か前方でネタ切れとなってしまいました。

朝早く出て来たから朝食も食べていなかったのです。両国駅のいろり庵でまずは腹ごしらえをしましょう。
P9171307

さて、これからどうする?いや、帰ろうか。錦木、直接応援はできなくて申し訳ないが、今日は勝ってくれよ!

いつもは金町から小岩までバスに乗っていたのですが、少しでも早く到着するように京成から都営浅草線周りで行きました。帰りはどうする?時間はたっぷりあるし、大江戸線周りで帰るとしますか。

朝の両国駅は人通りも少なく、それでもひっそりとはせずに店は開き始めています。
P9171308

金町に着いたら、プロントへ。妻が朝食は美味しかったけど、コーヒーが足りなかったというので立ち寄ることにしました。
P9171310

妻のスクーターに乗り、11時に予約してあった歯科へ通院しました。そう、本当は当日券を手にしたら一旦帰って歯科通院、再び両国へととんぼ返りの予定だったのです。ラッキー?なことにそんな忙しい思いをすることなくのんびり過ごせますね。歯科では左下7番に動揺あり、と診断を受け、レントゲン撮影の結果中から歯が崩壊していることが判明。しかし、治療するとかえって歯を失うことになるのでこのまま様子見で、なるべく長く使えるように手入れをしていくことになりました。

口腔内の点検と清掃が終了したら、次は妻のスクーターの点検にモーターサイクルショップへと行きました。後輪をチェックしてもらうと、空気の漏れが確認できました。トレッドにはスリップサインが今にも出そうという事で、交換を勧められお願いしました。ついでに前輪もお願いしたのですが、まだ持ちそうだから大丈夫と言われ、素直に従うことにしました。Lead125のリムはセンターの溝が浅く、付け外しが結構大変だそうです。

昼食を食べたら、山本亭に部屋を借りる予約に行きました。しかしなんていうことでしょう!昨日が休日だったので今日は休館日になっていたのです。仕方がありません。すごすごと家に帰ります。明日午前中に行くかな。

家に帰ると、妻から衝撃の事実を告げられました。今日の錦木の対戦相手、豊ノ島がなんと休場!錦木は不戦勝です。これで勝ち星は5勝5敗とまさに五分まで回復です。せっかく観に行って不戦勝じゃつまらないですからね。結果的にラッキー、そして錦木もラッキーでした。豊ノ島関はアキレス腱を傷めたのだそうで、なんとも気の毒な話ではありますが。

洗濯や買い物、洗濯機の定期清掃など、溜まっていた家事をこなすこともできたし、結果的にラッキーな一日となりましたね。

P9131253

先日購入したOGKエアロブレードVですが、数日使用してみました。アライクァンタムJとの比較を記したいと思います。

被り心地については、頬が押されるだとか頭部のしめつけ感だとか、その辺は個人差があるし、自分自身だって顔が太ったり痩せたりすれば感じ方は変わってくるのでこちらへ置いておいて、肌触りや質感についての感想を述べます。

肌触りは結構違いがあります。やはりクァンタムJの方が高級感を感じます。内装のしっかり感もクァンタムJの方が上です。しかし、エアロブレードVの肌触りが悪いと言いうことではなく、案外しっとりとした面が肌に当たるので不快ということは全くないです。どちらが良いというよりは、個性の違いと表現した方がむしろ当たるでしょう。しっかり感はやはり違うと言わざるを得ません。特にチークパッドは外殻の内側に入っている発泡スチロールに直接スポンジの入ったチークパッドを付けているエアロブレードVに対して、チークパッド用発泡スチロールを持つクァンタムJはよりしっかりと頬を包み込んでくれます。

被った時の重さは、エアロブレードVはやはり軽さを感じます。実測1450gでしたので、1700g程度のクァンタムJとは明らかに軽さが違います。首を振った時にも慣性の少なさを実感できます。しかしアライが言うように、重心の低さとマスの集中の効果なのでしょう、数字ほどの差は感じないかもしれません。

走ってみました。60㎞/hまでなら差はほとんど感じません。風切音も質と発生個所は違いますが、音量に大きな差はないと思われます。インターコムでラジオを聴いていましたが、音量は変えないまま普通に聞こえます。

80㎞/hまで速度を上げるとずいぶんと変わってきます。エアロブレードVも風切音は大きくなってきますが、ラジオの音量を上げなくても十分聴き取れます。メーター読み100㎞/hにまであげると決定的に違います。クァンタムJはほとんど聞こえなくなります。ラジオの音量を上げてもすべてのセリフを聞き取ることはできません。それこそ、耳栓NONOISEなしにはインカムの会話もなかなか成立しなくなります。しかし、エアロブレードVなら音量を少し上げるだけで音は聴き取れます。静音性という面だけでみればクァンタムJをはるかにしのいだ性能ということができます。

高速走行中の空気抵抗については、残念ながら私には違いははっきり分かりませんでした。横を向いた時にいくらかましかなあ、くらいでしょうか。これ以上の速度域や、向かい風などの中では体感できる違いは出てくるかもしれませんので、これから感じ方に違いを感じたらまたレポートいたします。

*********************

比べてみると、あまり変わらない所、かなり差があるところなどが浮き彫りになりました。OGKはコスパに優れるとされていますが、実はこの2つ実売価格の差はあまりないのです。エアロブレードVの方が2000円ほど安い位でした。

どちらを買うべきか、と問われたら、

高級感、安心感を重視し、プロシェードを使いたいならクァンタムJ。
静音性と軽さを重視し、高速を長時間連続して使い続ける用途ならエアロブレードV。

と私は答えたいと思います。


秘密のツーリング計画書

A案 秩父でモーモー、ブーブー

0600 外環三郷南手前、ダイソーの前の写真屋さん45集合=外環道=関越道=三郷南ICから67㎞、0700高坂SA(朝食)0800=13㎞=嵐山小川IC-R254小川バイパス北上ー高谷交差点左折ー消防署東交差点右折ーR254-相生町交差点直進方向ー嵐山小川IC から24㎞-落合橋交差点直進ー堂平左折ー二本木峠ー落合橋から8㎞-0900彩の国ふれあい牧場モーモーハウス1000- 4㎞橋場交差点右折ー10㎞-定峰峠ー3㎞-白石峠ー奥武蔵グリーンライン5.5㎞ー苅場坂峠右折ー10㎞-1100正丸峠ー名栗元気プラザ前右折ー正丸トンネル入り口交差点左折ーR299-正丸峠から8㎞-1200あしがくぼ渓谷国際釣場(昼食、もしくは道の駅果樹公園あしがくぼで昼食)1300ーR299 正丸トンネル通過ー24㎞-1345巾着田(曼殊沙華見学)1440-県道15号東進ー高萩東右折R404-最初の信号左折ー総合公園通りー突き当り右折ー巾着田から9㎞-1500サイボクハム(豚のテーマパーク、軽食とお土産)1600ー入間川大橋経由、8㎞R16-1630関越川越IC=54㎞=1700三郷南、流れ解散

ポイントの紹介
集合時刻はちょっと早めですが、これより遅いと渋滞という予測が出ているので(出典、ドラぷら)これでいかがでしょうか。サイボクハムから川越ICまでは渋滞すると思われますが、これは回避できそうもないのであきらめ、時間は倍見ています。

彩の国ふれあい牧場は山の稜線上にあり、最寄り駅からバスに乗ってバス停から徒歩90分という凄い場所です。稜線に出る道はワインディングを楽しめます。しぼりたて牛乳のソフトクリームなど、ここならではのおやつも楽しめるでしょう。

あしがくぼ渓谷国際釣場は食事のみの利用も可能です。あるいは道の駅あしがくぼもいいかもしれません。

巾着田は朝鮮渡来人たちが川の曲がりを利用して先進的な農業を営み、その技術を日本に根付かせたとされている場所だそうです。曼殊沙華が有名なのですが、まさに今真っ盛りのはずです。

サイボクハムは豚のテーマパークとしてガッチリマンデーに紹介された場所で、豚肉はもちろん、ハムやソーセージ、お勧めは餃子などの販売や、軽食もいろいろと楽しめるし、子豚とのふれあいもできます。ミニSLもあるし、その気になれば入浴もできますよ。


B案 滝巡りと日立でギョギョギョ!

集合 0700守谷SA=105㎞=0830日立北IC-2.5㎞-0845小木津不動滝0920-県道10号北上ー秋山交差点左折ーR461ー20㎞-1000花貫渓谷1030-R349-猪の鼻峠ー小生瀬十字路右折ー県道33号ー花貫渓谷から36㎞ー1130月待の滝 滝見学ともみじ苑で滝を見ながら昼食1300-R118-R461-県道33-月待の滝から26㎞ー1345竜神大吊橋1430-県道33-松平交差点左ー県道29-R349-R293-R245-竜神大橋から31㎞-1530道の駅ひたちおさかなセンター1600ー5㎞-日立南太田IC=101㎞=1730三郷IC流れ解散

ポイントの紹介

海沿い以外は全般にワインディングですが、秩父と比べると走りやすいでしょう。

小木津不動の滝は大河ドラマMUSASHIでも使われた、秘瀑と言った風情のある滝だそうです。行ったことないですけど。

花貫渓谷は吊橋の上から滝が眺められます。また、キャンプ場があり、私のプロトレック持ち去り事件の現場でもあります。(ここに置き忘れ、1年後に行ったらもうなかった!)

月待の滝は裏に回ることができる裏見の滝で、そこにある蕎麦屋は絶品と言いう意見が


竜神大吊橋はかつて歩道専用としては日本一の長さを誇っていて、バンジージャンプもできるようです。

日立おさかなセンターはお土産を買うのに良いポイントで、干物などが安く購入できます。

さあ、あなたはどっち!

※投票権はあらかじめ声をかけてある人のみにあります。

↑このページのトップヘ