三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2017年10月

モーターサイクル用ロックのメインキーにはLEDライトがついています。暗がりで開錠する時に、あるいは他の用途でもちょっと照らしたい時などに便利に使っています。その光がほぼ光らなくなってしまいました。電池切れでしょう。早速開いて取り出してみました。

電池は一般的なCR-2015でしたので自宅に買い置きがあり、それを使いました。下の写真、左端に電池とLEDとがありますが、この状態が回路のすべてです。
イメージ 1

折り曲げられたLEDの脚で電池を挟み、ボタンを押すと電池にLEDの脚が押し付けられて通電、点灯するというこれ以上簡単にはできない回路でした。


イメージ 2

電池を入れ替えて戻して、点灯試験をしました。完全ですね。あとはネジで固定すればOKです。
イメージ 3

さて、この回路で疑問が一つあります。ダイオードは逆方向には抵抗値が大きく、順方向には抵抗値が低くなる性質がありますよね。つまり、この回路には電流制限抵抗が入れられていないので短絡になってしまわないか、という疑問です。バッテーリーのプラスとマイナスを直結すると大変ですものね。回路を極端に単純にするために、うまい所を突いた絶妙な設計なのでしょうね。

朝10時集合にしていましたが、予報ではもう少し長く雨が降りそうということなので、S君に電話して11時に変更しました。

11時に彼の家まで行きました。丁度家から出て駐車場へ向かう後姿を目にしました。雨はまだ降り続いています。タンクバッグには地図と曲がる交差点の一覧を印刷した紙を入れてあります。インクジェットなので、濡れたら読めなくなってしまうので自作透明カバーをかけてあります。そもそもバッグ付属のカバーは地図読めなくなるしね。
イメージ 1

「カッパ着る?」
合羽を持っていないという彼に声を掛けると、いやこれくらいならいいです、とのこと。私も着ていなかったので、それもあったのかもしれません。
イメージ 2

インターコムを接続して、11時10分頃出発しました。まずはR6に出て、松戸隧道前からR464へ入ります。道はやや込み加減です。そしてあがるはずの雨は一向にその気配はなく、黒い雲が抜けたかと思えばまたかかるような状態で小雨ながらずっと降り続きます。隣に並んだ時に彼を見ると、ジーパンが濡れています。

「寒くないかい?これから速度が上がる所走るから、かなり寒くなるよ。」
「大丈夫です。それほど寒さは感じません。」

くぬぎ山交差点を右折、そして初富を左折します。この辺りが一番渋滞が激しい所でした。それから鎌ヶ谷消防署までがやはり渋滞していました。

消防署前で右折したら、今までの渋滞のうっ憤を晴らすように一気に速度が上がります。速度計は60㎞/h程度を示します。

「三毛さん、いま何速入れていますか?」
「6速だね。」
「俺4速です。」
「5速入れた方がいいよ。」
「そうですか、入れておきます。」

「5速入れるの、あのレイクタウン以来です。」
「!」

道は信号で停まる以外、順調に走れました。そして小室駅が見えてきた頃、間に他車が入ってしまいました。

「それじゃあ、右車線入るよ。」
「はい、わかりました。」

「間に一台入っちゃいました。」
「大丈夫、そのまま右車線走っていて。」

一旦左車線へ戻り、間に入った車を行かせてから右車線へ戻ります。そして右側道へ入っていきました。ここからは一般国道初の制限速度70㎞/h区間なのです。

「寒いです。地獄ですね。あとどれくらい続きますか?」
「どれくらい、、、、、。とにかく停まれるところがないから、ここ過ぎたら停まろうか。」

午前に雨は止むという予報は全く外れてしまったようで、12時30分になってもまだ降っています。

「成田まではあとどれくらいですか?」
「今通過した駅が印西牧の原だったから、印旛日医大、成田湯川、そして成田と駅でいうとあと3つだよ。」
「それくらいなら我慢できそうです。一気に行っちゃいましょう。」

印旛沼を抜け、いよいよ終点です。ここから先は交差点名がないので、GPSと勘で行くしかないのです。一回間違えてしまいましたが、何とか予定通りに進めることができました。雷神社前で左の橋を渡ります。道が狭く、曲がりくねっています。先行して状況をインターコムで伝えます。

「対向車あるよ。」
「もう一台、それとカーブ途中にマンホール。」

「はい。狭くて危ないですね、ゆっくり行きましょう。」
「うぉ、カーブが急だなあ。」

狭い道を走り切ると郷部の交差点でようやく広い道へ出ました。ここまで来れば目指すイオンモール成田はすぐそこです。そして13時ちょっと前、到着しました。

お目当てのPom'sCarreへ来ました。オムライスが食べたかったというので、ここへ来たのです。
イメージ 3

ようやく暖かい店内で一息付けますね。
イメージ 4

オムライスを注文したら、ジャケットを脱いで乾かします。昨日防寒インナーにしておいたので、中には濡れもなく、私は寒さは感じていませんでした。しかし、彼は背中のファスナーの閉め忘れが発覚。道理で寒いわけだと納得した様子。
イメージ 5

温かいオムライスをいただきました。
イメージ 6

雨も上がったし、飛行機の見える空の駅さくら館へ行こうかと思っていましたが、帰りましょう、と彼が言うので素直にこのまま帰ることにしました。せっかくだから、違うコースで帰ることにしました。それが計画通りではありますが。

合羽の下を彼に貸して、さらに手袋もウインターグローブを貸しました。私はネオプレンの手袋だし、グリップヒーターもついているし。

13時55分、出発です。雨が上がったのでリアカメラの映像を。
イメージ 8

なかなか落ち着いて走っていますね。ニーグリップもしっかり締めて、脇もあいていません。
イメージ 9

せっかくのリアカメラでしたが、この先の路面の凹凸で雲台が緩んで、それ以降空を映すようになってしまいました。
イメージ 10

成田安食バイパスを通ってR356へ、そして利根川沿いを走ります。栄橋からもまだまだ、利根水郷ラインを走って利根川土手走行を楽しみました。

一瞬小堀で「茨城県」になります。緒と狐につままれたような彼。飛び地はこうして走っていると不思議な感じがしますね。

我孫子でR6へ、心配した呼塚も渋滞なくすいすい行けました。

15時30分、到着です。貸した合羽と手袋を返してもらい、預かっていたサマーグローブを返却しました。

イメージ 11

今日はお疲れ様でした。天気予報に振り回されてしまいましたが、身体がむき出しの乗り物は自然を肌で感じるのも醍醐味です。辛かった思い出が多い一日だったかもしれませんが、いつかしみじみと感慨に浸れるかもしれません。
イメージ 7

彼は見えなくなるまで見送ってくれていました。
イメージ 12

  • 顔アイコン
    こんばんは
    バイクの後ろにのっけてバイクの楽しさを教え、ようやく一人前のライダーになりましたね。
    やはり人は愛情をかけて育てないと思ったようには育ってくれません。半年もかかって免許を取った熱意は頭が下がります。
    それをいちいちアドバイスしてたジャガ―さんの喜びがわかります。
    これから一年くらいかけて実地の安全運転を教えてください。雨道、雪道、凍結道路など難題続出です。そういうことは教習所では教えません。 削除
    a87427 ]
    2017/10/17(火) 午後 9:16
    返信する
  • 顔アイコン
    成田参り、て成田山じゃないんだ。
    昔友達と24時間走りつずけて雨の降る東北道の高速のSBでバイクから降り、雨の降る中芝生の上にそのままで寝込んだ事があるよ、朝起きたら周りに傘を差した人垣ができていたよ、w1の時代だから40年ぐらい前の話だけどね、、 削除
    2017/10/17(火) 午後 10:45
    返信する
  • 小雨のツーリング、バイクのダイゴミを
    十分に感じた?ツーリングですね!
    オムライスも美味しそう。
    インカムは便利ですね! 削除
    beat1 ]
    2017/10/18(水) 午前 0:55
    返信する
  • 顔アイコン
    彼は高速走行していなかったのかなぁ?
    今時のバイクはフケが悪くなったりしないのかな?
    それにしても美味しそうなオムライスです。
    昨日チャーハン食べたのにまた食べたくなっちゃったよ。 削除
    2017/10/18(水) 午後 6:30
    返信する
  • 顔アイコン
    > a87427さん
    今時の若者は少しでも悪条件と感じると乗らないようです。雨でも出発しただけでも大したものかもしれません。 削除
    2017/10/18(水) 午後 7:46
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    雨の中寝込むとは、相当無理したのでしょうね。W1というのがまた泣かせますね。ちなみに弟はW650に乗っています。 削除
    2017/10/18(水) 午後 7:48
    返信する
  • 顔アイコン
    > beat1さん
    若者には厳しすぎたようです。服装がマッチしていなかったこともありますが、いい印象ではなかった様子。まだ若いから、年をとった時に「雨の中走ったなあ、寒くて参ったなあ。」なんて思い返す旅にはなったでしょう。 削除
    2017/10/18(水) 午後 7:52
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    キャブ車だとセカンダリーを開かない走りを続けているとガソリンが変質して使用できない状態になったそうですが、彼の車両はインジェクション車なので全く問題ないと思います。

    高速走行どころか、そもそも納車以来通勤以外に走ったのは私と行ったレイクタウンと今回の成田ぐらいらしいです。積算距離は今回ようやく200㎞を超えたそうです。 削除
    2017/10/18(水) 午後 7:59
    返信する
  • 顔アイコン
    雨天走行も貴重な経験ですね。

    レインウエア、ツーリングでは基本は常時携行ですね。
    これからは寒いですから、風邪など引きませんように。

    こちら、先週11-12を1泊で日光と足尾の秋を楽しみました。
    12日が今年最後の夏の暑さでしたが、11日の早朝は寒くて、防寒に雨具を着ました。明日辺りから書き始めようと思っています。 削除
    2017/10/18(水) 午後 9:27
    返信する
  • 顔アイコン
    三毛さん。キャンプに連れてけば 削除
    2017/10/18(水) 午後 11:15
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    基本のレインウェアなのですが、雨が降る気配があったら乗らない、そもそもツーリングにはいかない、というスタンスなので要らないのだそうです。新人類と付き合うのは難しいですね。 削除
    2017/10/20(金) 午前 10:55
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    声をかけてはいるのですが、なかなか勤務の都合がつかないことと、無理はしないと決めている男を連れ出すのは難しいのです。 削除
    2017/10/20(金) 午前 10:56
    返信する
  • 顔アイコン
    後輩のかた、乗り慣れてくればきっとツーリングに行きたくなるでしょう。とにかく、初めは事故を起こさないよう丁寧ににたくさん乗って、ライディング感覚を体に染みこませることですね。
    貴殿の、兄貴としてのご指導はすばらしいです。 削除
    2017/10/22(日) 午前 6:34
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    ありがとうございます。兄貴というよりは、「親父」っぽいでしょうね。年齢的にも息子と2つしか違わないし、彼もそう思っているようです。

    後は彼が独り立ちすればいいのですがね。もう少し時間がかかりそうです。 削除
    2017/10/22(日) 午後 10:20
    返信する

ずいぶんと寒い一日でした。明日も寒そうですね。寒さに対応できるように、ライディングウェアの衣替えをしました。

と言っても押し入れからタンスへ入れ替えるとかではなく、透湿防風インナージャケットを防寒インナージャケットへ入れ替えるのです。
イメージ 1

ライディングパンツには部分メッシュジーンズで使っていたプロテクターを戻して防風インナーを入れました。
イメージ 2

明日の為に、地図には曲がる交差点名を書き込んでいます。さてさて、明日はどんな旅になるのでしょうか。今から楽しみです。

コミネ本社アウトレットで買った本革ライディングショートブーツ、SB-2ですが、左側の底がパカパカになってしまっていたので接着剤で趣里したのはトラックバックの記事に書いたとおりです。今度は右がパカパカになり、どこまで剥がれるのかそっと剥がしていったら、結局この有様になってしまいました。
イメージ 3

接着剤を買いに行きましょう。BSトランジットスーパーライト”トラ次郎”に跨り、ケーヨーD2を目指します。あれ、先頭を行くのはスズキのマー坊こと、マイティボーイではないですか。
イメージ 1

接着剤などを買ったら、水元公園を経由して帰りました。天気が良いのも今日限りらしいですね。
イメージ 2


左で使ったのはセメダインスーパーX黒でしたが、今回はヘンケルのLOCTITE黒ゴム接着剤にしてみました。成分を見るとセメダインとはまるで違っています。セメダインスーパーXブラックはアクリル変成シリコーン樹脂で無溶剤ですが、黒ゴム接着剤はクロロプレンゴム31%、有機溶剤69%となっています。セメダインの方が体に悪くないし、接着した経過も良好なのでそれでいいなとも思ったのですが、試してみたくなって今回はこっちにしてみました。
イメージ 4

接着面の脱脂をしたら、にゅるにゅるっと出してヘラで薄く伸ばします。この段階でもう弾性があるので塗るのはスーパーXの方が良い感じでした。
イメージ 5

両面に塗布したら1分待ちます。手にべたつかなくなったので張り合わせます。
イメージ 6

説明書では木づちで叩いてなどとありますが、なかなかそうはいかないので一旦履いて加圧し、その後に剥がれないようにこうして張り合わせました。
イメージ 7

説明書には「接着強度は時間とともに強くなっていきます。」とありますが、何時間置けばよいのかは書いていないかったので、6時間ほどで締め付けを外しました。
イメージ 8

さて、どちらの接着剤の方が優秀でしょうか?

靴底の貼り付けに使えるという点では一緒なのですが、やはりタイプがまるで違います。使いやすさ、安全性ではやはりセメダインスーパーXの方が上でしょう。黒ゴム接着剤は溶剤で溶いたベタベタの生ゴムっぽい接着剤を塗布して、1分程度で張り合わせというのは結構忙しいし、はみ出した部分をきれいにしようとすると中身が引っ張られて出てきてしまったりとなかなか扱いに難しい面があります。

しかし、一方でネバネバの粘着性が長く生きていて、張り合わせがうまくいかなかった部分を再度圧着したらくっついたりする面もあるし、合成ゴムが成分なので穴を埋めることもできるというメリットもあります。

接着剤も製品によってそれぞれに癖があり、なかなか奥が深くて面白いものですね。

我が家にザクロが鈴なりになりました。妻と協力して収穫しました。
イメージ 1

TV通販で有名な高枝切りばさみですが、これがとても役に立つのです。長さ調節もらくらく、実情に合わせてするすると伸ばしたり縮めたり。もちろんカットしたと落とさないようにもできます。
イメージ 2

昨日はこれくらい収穫しました。
イメージ 3

このあと体育館のトレーニングルームへ出かけ、帰宅したら昼食をいただきました。私は夜勤に備えて昼寝、妻はこうしてザクロの実を取り出してシロップ漬けにしていました。
イメージ 4

↑このページのトップヘ