三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2016年06月

朝から大雨でした。妻も私も公休です。今日の予定は?ないよ。
妻から、柏のセブンパークアリオへ行きたいと予想外の提案がありました。4月の営業開始直後位に行ってみないか、と誘ったら嫌だって言っていたのに。

「だってバイクで行こうなんて言うんだもん。今日は雨だから行くなら車でしょう?」

色々面倒だなあ。で、雨と渋滞の中、着ました。
イメージ 1

まだ11時30分だけど、まずは腹ごしらえという妻は入るべきレストランを探して歩きます。こんな面白い所もありました。
イメージ 2

何回か行ったり来たりした結果、串揚げの食べ放題、串家物語へ入りました。
イメージ 3

材料を好きなだけ取ってきます。種類は豊富、野菜、肉、魚介類とそろっています。それに練り粉を付けて、パン粉をまぶして、
イメージ 4

自分で揚げます。
イメージ 5

揚がったら、ソースを付けて食べます。ソースも7種類から選べます。
イメージ 15

季節のハーブソースとチーズソースは私的には大変おいしかったです。
イメージ 6

やり方が分かってきたので、ガンガン行きます。
イメージ 7

焼きそば2種とナポリタンなどももちろん食べ放題。
イメージ 8

ご飯で食べたいなあ。ふりかけとお茶漬け、カレー、たけのこご飯もありました。
イメージ 9

妻はスイーツ。
イメージ 10

チョコレートファウンテンも!
イメージ 11

コーヒーは飲み放題を取らなくても飲めます。これはカフェモカです。
イメージ 12

こんなものまで!ソフトクリームは瞬間冷凍方式なのか、最初に液状のクリームが飛びます。注意が必要です。
イメージ 13

次々と客の胃袋に消える串揚げ、その補充も忙しそうでした。
イメージ 14


1080円カットで髪を切ったあとは本屋でカヌーワールドを買いました。
本屋にあったのが、ぐりとぐらの卵の車です。
イメージ 29

私が子供のころからこの絵本はあったのですが、まだ人気が衰えていないんですね。この本のせいでしょうか、卵型の車への憧れは続き、このモールへ来る足もエスティマとなっています。ただ、「天才卵」というコピーには違和感を感じますけどね。

もう一つ、行ってみたかったのが北原コレクションです。入り口にはピンクのキャデラックがお出迎え。1959年製エルドラドだそうです。
イメージ 16

恐竜マークのガソリン給油機も。
イメージ 17

コレクションホールは500円の有料だし、妻は興味がないので素通りになってしまいました。仕方がありません、通路のコレクションケースを眺めて我慢しましょう。
イメージ 18

これではないけど、似たようなロボット持っていましたよ。
イメージ 19

このデザインで買う子供がいたのかなあ。間抜け顔でコレクションとしてみると貴重でしょうが、商業としてはダメだったような気がします。それにいくら何でも腕がしょぼすぎです。
イメージ 20

意味不明なこの手の物も家にありました。母が同僚からもらってきたおもちゃを誕生日などにプレゼントとしていたのです。ずいぶん安上がりな子育てだなあ。
イメージ 21

これはサンダーバード1号のパチ物!もはや間違い探しの領域です。
イメージ 22

あれ、これなんだったけかなあ。キャプテンウルトラに出てきたかな?いやアメコミだったか?
イメージ 23

隣はミニカーコレクション。ホンダ1300!宗一郎こだわりの空冷エンジンですが、そこがかえって嫌われてしまい、かなりの不人車でしたね。でもぎりぎりミニカーになるくらいの人気はあったようです
イメージ 24

アローラインのコロナ。いや、2ドアだし、トヨタ1600GTでしょうか?三角エンブレムが確認できれば。その向こうにはヨタハチが控えています。
イメージ 25

スバル360はデッサンがちょっと怪しいですね。
イメージ 26

息子の敷布団がボロボロなので、無圧マットレスも買いました。
イメージ 27

帰る頃には青空が広がっていました。
イメージ 28

初めて行ったセブンモールアリオ柏ですが、感想を最後に。

最新のモールだけあって様々な工夫が凝らしてあり楽しく買い物が出来そうです。キッズコーナーは年齢別に用意されているので、特に小さいお子さん連れには安心して遊ばせることができるでしょう。野外にはバーベキュー広場もあるし、一日過ごすことができそうです。ただし、広々としている分歩く距離は長くなりますので歩きやすい靴で行った方がいいと思います。また、駐車場の位置を確認しておくのはこの手の施設では鉄則ですが、ここでもそれは当てはまります。屋上に停めたのですが、車までなかなかたどり着かずに苦労しました。マットレスなどで帰りに大荷物になったので尚更でした。


  • 俺は昔デズニーの駐車場で迷って迷ってどうしようもなくなって閉園時間まで待ったことありますよ。
    周囲の車がいなくなればあら不思議。我が家の車が一発で見つかりました(笑)。 削除
    九太郎 ]
    2016/6/21(火) 午後 6:39
    返信する
  • 顔アイコン
    人間の発明の中でも重要な「串」の料理を選ぶなんて
    流石です!!
    何だかとっても広そうな施設ですねぇ。
    こういうトコって駐車場面積と売り場面積ってどんくらいの比率で作るんだろうとふと思いました。 削除
    2016/6/21(火) 午後 6:54
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    その手がありましたか(笑)。 削除
    2016/6/21(火) 午後 8:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    比率はどうなんでしょうね。とにかくどちらも広大ですね。

    串は使い捨てなのかな?一串が本当にわずかな食材を刺しているだけなのでもったいない気もしました。 削除
    2016/6/21(火) 午後 8:53
    返信する
  • 顔アイコン
    こんばんは

    串カツの食べ放題ってあるんですね~

    自分で揚げて食べるんですか? 良いですね~

    この辺にも有るのかな?探してみよう~ 削除
    ぽぽめぐ
    2016/6/21(火) 午後 11:46
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぽぽめぐさん
    でも正直、揚げ物はたくさん食べるとカロリーが気になります。なんでもほどほどがいいようです。 削除
    2016/6/21(火) 午後 11:48
    返信する
  • 顔アイコン
    北原コレクション、気になります。
    河口湖にも北原ミュージアムが有ります、カフェ併設で。
    懐かしいおもちゃもたくさんあるんでしょうね。 削除
    beat1 ]
    2016/6/22(水) 午前 6:46
    返信する
  • 顔アイコン
    > beat1さん
    今度は一人で行って北原コレクションを見てこようと思っています。河口湖のも知ってはいましたが、行ったことないですね。あと、三浦半島を漕ぐと海の上に張り出した北原さんの別荘が見えます。中が見てみたいものです。 削除
    2016/6/22(水) 午後 6:57
    返信する
  • 顔アイコン
    うちは今まで、同じ柏でも、もっぱら柏イオンでしたが、串揚げが気になるので行って見ようかな。
    でも、まだ道が渋滞してますか! そのつもりで出かけることに。 削除
    2016/6/22(水) 午後 8:01
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    柏は呼塚交差点の渋滞はどうしようもないので他へ回りますが、それでもスムーズに行けることは少ないですね。アリオ自体は平日ならそれほどの混みようではないとおもわれます。

    柏のイオンは私も行ったことがあります。場所的には少し離れているのですが、送迎バスもあるし強力なライバルになっているでしょうね。

    所得が増えていないので、少ないパイの奪い合いなのでしょう。それもほどほどにしておかないと巨大な廃墟があちこちにできてしまいそうです。 削除
    2016/6/22(水) 午後 8:13
    返信する

明日から2連休なのでキャンプと登山を考えていました。西丹沢のキャンプ場をベースに、畦が丸、檜洞丸をそれぞれ回ってこようかとか、中禅寺湖菖蒲が浜をベースに日光白根、男体山にしようか、それともbeat1 さんが行かれて急に行きたくなった長兵衛ベースに大菩薩、それぞれ調べていました。しかし、どうも天候が思わしくないので現在諦めている最中です。梅雨ですから、しかたがないですね。それに降らなくても困りますから、これでいいのでしょう。

今月の私の俳句

雨蛙降りが足らぬと天睨む
イメージ 1


水源地は渇水状態だそうです。八木沢ダムのダム諸量を見ると、現在貯水率12パーセント、流入量7.47m³/S、放流量は0.00です。状況は改善されず厳しい状況が続いています。


キャットアイのポジションライト、SL-LD110の電池が切れました。どうやって開けるのかわからず、ひねってみたりしていましたが、結局無理やり引っ張るとこのように開けられることが分かりました。
イメージ 2

LED電球をもって引っ張ると外れます。ただ入っているだけですから。
イメージ 3

CR2032が2枚です。今日会社の帰りにこれを買ってきました。
イメージ 4

戻せばこの通り。
イメージ 1

さて、このライトはヘッドライトとして使えるのでしょうか?答えはもちろん「不可」です。照度が不足しているからです。

赤ならテールライトとして使えますね。でもこの色は後ろ側には使えないのです。じゃあ何の役に立つのでしょう?かつて私も赤以外のセイフティーライトには存在意義を感じないこともありました。それが使うようになったのは、通勤で夜間走行をするようになってからです。白色ヘッドライトは路面を照らせても、被視認性は案外低くてほかの街の明かりと同化してしまうことがあります。

ところが、バカにしていた照度の低いポジションライトでしたが、この手の色なら遠くからでもはっきりと視認出来たのです。特に点滅させていると強烈に自転車がいることをアピールできます。対向車のポジションライトを見て、自分もつけた方がいいなとこれを求めました。ゴムのループが付いて簡単に着脱できるのが便利です。また、日中でも暗がりの峠などでほかの車両にいち早く発見してもらえるように使用することもあります。

夜間はヘッドライトと併用しなくてはいけませんが、その価値はあると私は思います。


以前から気になっていたPFDの修理をしてみました。PFDとは、Personal Floatation Device、一般的にはライフジャケットと呼ばれているものです。しかし、本当はライフジャケットの定義には当てはまらないのでP,F,Dと呼ぶのが正確なのだそうです。

PFDで浮いている例。
イメージ 17

  

いくつかのブランドの物を持っていますが、川ではもっぱらヒコのエクストリームプロを使っています。レスキューキットが付いているしポケットも多く便利なのですが、そのポケットの生地が破れてしまっていたのです。
イメージ 1

ほつれがひどいので糸を切り、火であぶってほつれ止めをします。
イメージ 2

マチの部分をつぶして縫っていきます。
イメージ 3

こんな感じにできました。
イメージ 4

いいね。
イメージ 5

HIKOというブランドですが、アオキカヌーが千葉市にショップを展開していた時にそこで買いました。値段が比較的安く、使いやすい工夫がしてあるところが気に入りました。

各部を見ていきましょう。背中に大きなポケットがあります。ここにはスローロープを入れています。ファスナーを開け閉めが着たままできるように長いストラップがスライダーについていて、そのストラップは前で固定できるようになっています。
イメージ 6

下の写真、上の方のバックルが背中のポケットを開くためのストラップです。
イメージ 10

カウテールも装備。沈脱した後の艇を回収する時に安全に曳航できます。
イメージ 7

パドルを持った象形文字がストラップに描かれています。これも私のお気に入りです。
イメージ 8

背中のポケットにもパドルを持った象形文字が描かれています。
イメージ 9

前身頃にも2つのポケットがあります。右にはキーホルダー付きメッシュポケットが付いています。残念ながら現在の私の車のカギは電子キーなのでここを使うことはできなくなってしまいました。
イメージ 11

左身頃には修理した大型ポケットが付いています。そのポケット全面にも小物入れがついています。中央の太いストラップはカウテール用の物です。クイックリリースすることができるようになっています。これは流れの中で曳航していたものがなにかに引っかかってしまった場合など、緊急事態の場合に素早く外すことが要求されるので重要な部品です。
イメージ 12

小物ポケットにはホイッスルとノーズクリップ、つまり鼻つまみを入れています。ノーズクリップはロールの練習には必需品でしょう。また、声が通りにくい瀬音の激しい所の意思伝達にはホイッスルが有効になる場合もあります。
イメージ 15

オプションホルダーにはナイフを付けています。
イメージ 13

ナイフはガーバーのリバーランナー(だったかな?)です。先端がとがっていると陸にあがっている時に警察に没収される恐れがあるので平型になっているこちらを買いました。水の中でロープを使うスポーツなので、絡んだりすると命の危険があります。瞬時に取り出せ、スパッと切らなければいけないシーンも来るかもしれません。
イメージ 14

このPFDの良い所はもうひとつ、サイズと用途が一目でわかる表が裏に印刷されています。人に貸す場合など、体重の制限が分かるのでいいですね。説明書に記載では、現場に持っていくわけではないので実用的ではないのです。
イメージ 16

でも、実は私この表からするとLサイズが必要な体重なのですが、Mサイズを買いました。Lを着用したら胴回りが太すぎてフィットせず、上に引っ張るとずれてしまうのです。Mでもストラップを目いっぱい締めてちょうどくらいです。店員に尋ねたら、浮力にはかなり余裕のある設計だからまったく大丈夫、むしろすっぽ抜けの恐れがある物は使わないでほしい、と言われて安心してMサイズを買いました。

これも買って16年くらい経つでしょうか、本当は安全のためにはもう買い替えないといけないのかもしれません。

読んでみました。
イメージ 1

アメリカのことだから~とか、言っている場合ではない日本です。反知性主義は日本にも十分蔓延中、都知事が3代続いて反知性主義、首相は反知性主義の権化、これを長と仰いでいる日本人にアメリカを笑う資格なんてないでしょう。

トランプ現象は、海外や日本国内の知性派から見れば日本そのものでもあります。

コメント、トラックバックは不可にしました。皆様、知性をもって選挙に臨みましょう。

↑このページのトップヘ