三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2015年02月

今日は早朝に、修学旅行のために成田へ向かう息子の送迎のために起こされました。でも、昨日の頭痛はほぼ消失、腰の痛みは悪化はしていない感じです。よし、計画決行だ。新聞の長篠の戦の「新、新説」読んだりしてしまってちょっと遅れてしまいましたが、8時30分、出発しました。

中川を北上し、野田橋を渡って流山街道へ入ります。関宿城を左に眺めながら橋を渡って茨城県に入れば直ぐに到着するのが道の駅境です。ここで休憩しました。
イメージ 1

ここからはR354で渡良瀬遊水地へ。ここまでは良く自転車で来ていますね。西へ向けて走り、R122へ出たら北上します。さらに県道2号、78号とつないで走れば最初の目的地、ジャパンスネークセンターへ到着です。時刻は12:20くらいでした

しかし、入り口には3月いっぱいの平日はこちらの入り口は閉鎖、ホテルふせじま側にお回りくださいと書いてあります。ふせじまって、どこだ?案内板の通りに進むとなぜか行き止まり、再び看板の前へ。あ、こ矢印こっちの意味か。改めてふせじまを目指します。思ったより大きく回りますね。あったあった、藪塚温泉郷というところか。で、スネークセンター入り口はどこ?ふせじま前を往ったり来たりしますが、どこにも案内がありません。

イメージ 2


歴史民俗資料館の駐車場へ入れて歩いて探すと、その奥に看板発見。これわかんないよな~。それにスネークワンダーランドと書いてあります。スネークセンターじゃないの?
イメージ 3

さて、ようやく入場かと思いきや、なぜか木枯らし門次郎の碑があったりしますが、スネークセンターの案内はありません。
イメージ 4

お墓の側を行くとようやく出てきたスネークセンターの案内板。その曲がり角にある蕎麦屋はなかなか趣のある廃屋でした。
イメージ 5

ようやくたどり着いたジャパンスネークセンター!まずは入場券を買います。大人1,000円ですが、ETCカードを見せると200円割引になります。
イメージ 6

お腹が空いたー、まずは食堂へ行って名物蛇料理を楽しみましょう!

「今日は食堂お休みなんです。」
と売店の人。え、まさか!それじゃあ、何か食べるものがあるところは?
「園内はないんですよ。売店にも食べる物はちょっとなくて。

どういうテーマパークなんだ?ふつう、中でどれだけお金を使ってもらうか考えるだろうに。まあ、この施設の成り立ちからいえば仕方がないですかねー。
イメージ 7

前から蛇のみの動物園がよく成り立つなあ不思議に思っていたのですが、探検爆問を見て納得、そもそも文部科学省管轄の蛇類研究所なのです。仕方がありません。園内を見学しましょう。14時から蛇とのふれあい体験ができるので、1時間30分ほどありますね。ゆっくり見て回りましょう。
イメージ 8
イメージ 9

ニュースで有名になった蛇が結構いました。ああ、あの時の!というのもいましたね。飼い主はルールを守って、責任を持ってしっかりと管理して欲しいものです。

イメージ 11
イメージ 10


坂を上って行くと白蛇観音がありました。浄財は蛇の研究費として使うのだそうで、意味のある賽銭となるでしょう。
イメージ 12

なかなか見晴らしはいいですね。
イメージ 13

ああ、これか。探検爆問で見た、送電線の蛇によるショートを防ぐ研究をしているところだ。なかなかうまくいかないのだそうですが、見た目ではこれでダメとは信じがたい感じです。蛇ってなかなかやりますね。屋外の蛇はほぼ冬眠中でした。
イメージ 14

13時、さすがにおなかが空いてきました。売店に行って、いったん外へ出て食べ物買ってきたいので、再入場させてほしいとお願いすると、ちょっと困った顔。でも、園内は客は私1人です。すぐにいいですよ、と言ってくれました。

しかし売店類は近隣になく、ホテルふせじままで戻ってお土産売り場でこんにゃく大福とせんべいを購入。顔パスで再入場して園内で食べました。
イメージ 15

食べ終わってから再び温室を訪れると、男性2人連れの客がいました。ものすごく蛇が好きなようで、おお、これきれいだね~、なんて言いながら見て回っていました。
イメージ 26
イメージ 27

そうこうするうちに14時になりました。集合場所へ行きます。
イメージ 25


おお、競輪の収益金が配分されているぞ!
イメージ 16

さらに2名の男性が来ていて、総勢5名で蛇との触れ合いを楽しみました。この白衣の方が蛇の研究者で、いろいろなことを教えてくださいました。
イメージ 17

次は私の番です。2名組にシャッターを押してもらいました。少しひんやりしていて、なめらかな肌触りが気持ちいいですね。
イメージ 18

子蛇のころから人慣れさせておくと大きくなっても人を恐れなくなるのだそうです。餌は月に2回くらいで十分、病気もめったにしないし、病原菌の媒介もしないので、意外なほど安上がりで手間のかからないペットなんだそうです。

さて、お昼ご飯を食べ損ねたのでブラジルで食べましょう。ブラジルへ向けて飛びます。

45分ほどで、到着。
イメージ 19

日本円も使えるし、わずかに日本語も使えますが、
「会計は前払いですか?」
と尋ねたら、
「カイケって何?」
「わからない、いま日本人に電話して聞く。」
「少し待つ、いい?」

店内はポルトガル語が公用語、日本語は片言ていど。小学生と思われる少年が料理をかきまわしたり補充したりと働いています。ここは本当にブラジルだ!

日本円1,000円で食べ放題!
イメージ 20

ブラジルですから、もちろん肉はたっぷり、種類は豊富!
イメージ 21

「写真、とるいいよ。つぶやく、いいよ」
イメージ 22

お腹いっぱい食べてしまいました。他にもブラジル食材のスーパーなんかにも寄りたかったのですが、まさかの昼食時間ずれをしてしまったので今日は帰りましょう。途中で給油したら、高速に乗って一気に日本まで帰ります。
イメージ 23

蓮田SAで休憩。気温が下がってきたら、ちょっと頭痛がしてきました。温かい飲み物を飲んでゆっくりしました。
イメージ 24

渋滞はなく、5時30分に自宅到着です。結構楽しかったツーリングでした。


  • 蛇可愛いですね。蛙も良いですが蛇もまた違った趣きが有りますね。 削除
    [ 九太郎 ]
    2015/2/11(水) 午前 0:22
    返信する

  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    コメントありがとうございます。スネークセンターにはビオトープもあり、カエル池と名前が付けられていました。カエルも養殖しているようですよ。ぜひ一度、足を運んでみてください。

    養殖したカエルはどうしているのかは考えないこと! 削除
    2015/2/11(水) 午前 8:06
    返信する

  • 顔アイコン
    ブラジルってそこでしたか~♪ 噂には聞いたことあります。(o^^o)

    スーパーなどもあるのですね!
    凄く凄く気になります。ブラジル♪♪ 削除
    玉造
    2015/2/12(木) 午前 7:59
    返信する

  • 顔アイコン
    > 玉造さん
    そうなのです、群馬県邑楽郡大泉町は日本のブラジルと呼ばれているところです。日本語が通用しないという、下手な海外よりよっぽど外国情緒な場所です。今回は時間の都合で省きましたが、スーパーにはブラジル食材が売られていたりして結構面白いですよ。 削除
    2015/2/12(木) 午前 11:49
    返信する

  • 顔アイコン
    ウワー~! 蛇は苦手。

    陽気が良い日に、少し長い道を試走しておきたい。貴殿の今回ぐらいを回ってこられるのが目標。さてどこにいつ行くか。但しアホ娘が帰米の19日までは、たぶん足止め。 削除
    2015/2/13(金) 午後 8:08
    返信する

  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    あれ、蛇ダメでしたか。それは残念です。今回蛇料理食べ損ねたので次は山のmochiさんを誘って行こうかと思っていたものですから。 削除
    2015/2/13(金) 午後 8:35
    返信する

  • 顔アイコン
    その昔、You Tubeでヘビの丸のみ映像にハマって見ていた事があるぉ。卵の丸呑みが好きですね(・∀・)

    そりと、ちょいと前に家にアオダイショウが住んでた。
    箱の中に置いてある卵が斜め交互に無くなっていくので何でだろと思っていたある日、箱を開けたらトグロ巻いたヤツがいた。 削除
    2015/2/16(月) 午後 6:58
    返信する

  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    スネークセンターには人を丸呑みした蛇の情報もありましたよ。これははまると抜け出せない魅力があるかも!飲まれた人も抜け出せませんでした。 削除
    2015/2/17(火) 午前 11:31
    返信する

先日購入したアウトレットジャケットの名称が判明しました。

JK-018 エアストリームメッシュジャケット ジェーラでした。パンツは不明なままです。もしかしてプロトタイプで市販品型ではないのかもしれません。

さて、サンプル品でなおかつ袖口パイピングに破れのあるジャケットなので安かったわけですが、もう2か所、付属していないものがあったのです。それが胸プロテクターと背中のLEDランプです。LEDは正直どうでもいいのですが、頭部に次いで死亡原因となっている胸部を守るプロテクターはぜひともしっかりしたものが欲しいところです。ですから、当然すぐに購入しました。ついでにオプションの脇用と、首の可動域以上の傾きと頸椎の保護の為、ネックブレイスストリートも購入しました。

今回の購入商品はこちらです。
イメージ 1

一つずつ見ていきましょう。まずは胸部プロテクターからです。本来SK-619が入っているはずなのですが、モデルチェンジして入手ができなくなっているので、そのアップデート版であるSK-689を購入しました。
イメージ 2

型番が変わったので心配した挿入ですが、あっさりできました。
イメージ 3

次は脇用に買ったK-302Sショルダーガードです。左がジェーラに入っていたショルダー、右がK-302Sです。少し大きいですね。
イメージ 4

脇用ポケットに入れてみたら、大きすぎて入りませんでした。でも心配ご無用、切ればいいのです。重ねて線を引き、はさみで切りました。
イメージ 5
イメージ 7
見た目はやわらかいスポンジ風ですが、実際にはかなり硬度の高い材質で、中にはパリパリの芯が入っていました。
イメージ 6

これでばっちり入りました。
イメージ 8

同じ物をもう一セット買いました。こちらはパンツのサイドに入れます。もともと低反発クッションが入っていたのですが、やはりこちらの方が安心できますから。サイズはむしろ小さくて、加工せずに挿入できました。パンツ自体に余裕があったので、体に近い方に低反発の元から入っていたクッションも入れて置きました。着心地の点でも良くなりそうです。
イメージ 9

いよいよ最後、ネックブレイスストリートです。これを装着するとせっかくの反射材が隠れてしまいますが、その代わりにこのプロテクターに反射材が付いていました。
イメージ 10

一応通風も考えられているようです。
イメージ 11

装着はコネクションファスナーで首の後ろへ接合し、
イメージ 12

前部のストラップで前へ引っ張れば完了です。
イメージ 13

こんな形に付きます。首が破壊されるほど後傾されるのを防ぎ、また頸椎を衝撃から保護します。前のストラップを引っ張るとより後傾を防ぐ効果が高くなりますが、目視のために首を振っても邪魔にならない程度にする必要があります。
イメージ 16

いいね!
イメージ 14

着心地はプロテクターを入れると、やはり胸部にやや違和感を感じます。でもライディングなら問題なくこなせることでしょう。

パンツは脚長83㎝です。私の脚は83㎝程度しかないので、普通に穿くとかかとを踏みます。10mmほど切りたいところです。しかも、膝の位置が下すぎる感じがします。
イメージ 15

ところが、乗車してみると長さもちょうど、膝も曲げて乗るので丁度良い位置にプロテクターが来ました。良く考えられているんですね。

これで安心して走れるようになりました。でも、まだ駄目なのです。ジャケットは色の濃いグレーの部分はメッシュだから、今の時期では凍死してしまいます。夏になるまでお預けですね。

オプションのインナーライニングジャケットを買えば春くらいからは使えそうです。またコミネ本社行ってくるかな。いや、ウインドーブレーカーの上から着れば大丈夫かな?ちょっと考え中です。ちなみにパンツはライナーを付けてあれば今の季節でもなんとか使えています。ローラースケートはこのパンツで行きました。

明日の予定
早朝:修学旅行で成田に向かう息子を駅まで送る。
朝食後:食器洗い、風呂掃除
その後:現在やや腰が痛いのと、軽い片頭痛が出ています。もし症状が軽快していたら、モーターサイクルツーリングに行こうかと思っています。行先はブラジルです。

昨日作ったチャーハンの作り方を記します。

まずは残りご飯の処理から。生卵を入れてかき混ぜ、ご飯一粒一粒に絡むようにシャリ切りをするようにからめていきます。

料理人は熱した中華鍋に卵を入れ、半生くらいになったらご飯投入ですが、手際が良くないとうまくできないので火の無いところでできることはやっておきます。
イメージ 1

具材は油通しをしてザーレンにあげて油切りをします。
イメージ 2

続いて調味料を用意します。今回はこれを使用しました。下の調味料はあらかじめ必要量を(目見当)皿に入れて混ぜ合わせておきます。炒めはじめてから蓋を開けて、分量を取って、とやっていると焦げ付いてしまいますから。
イメージ 3

こちらは味を見ながら入れますので、このまま置いておきます。
イメージ 4

準備ができたら、一気に作ります。ガスコンロのセンサーを解除します。強火で中華鍋を熱し、うーんと熱くなって煙が出て来たら油を適量入れ、ニンニク生姜のみじん切りを投入、香り出しをしたら焦げる前に卵を回したご飯を投入します。ここからは玉杓子は止めてはいけません。

玉杓子の背でご飯をほぐしながら、強火で炒めていきます。焦げ付かない様に時々鍋をあおりますが、プロの様にあおってかき混ぜようなんて思ってはいけません。素人は素人らしく、無理のない範囲でやるのです。

ある程度火が通ってくるとご飯がパラパラになってきます。そのタイミングで具材、混ぜ調味料を投入。ごま油を鍋肌から回し、スープの素、塩コショウで味を調えます。
イメージ 5

この段階で鍋にご飯がくっついていたら失敗、パラパラになっていたら成功です。良く炒めたら後は盛り付けるだけです。

鍋のサイズに対してやや量が多すぎなきらいはありましたが、何とかパラパラ状態へ持って行くことができました。
イメージ 6

今日はダブルヘッダーです。まずはリカンベントライドから。江戸川堤を走ります。

菜の花が咲き始めていました。春は名のみの冬の寒さですが、それでも実の春が近いことが感じられますね。
イメージ 1

逃げ水が見られました。写真にはうまく写っていませんけど。
イメージ 2

玉葉橋までの往復、およそ40㎞ほどのリカンベントライドでした。
イメージ 3

水元公園へ立ち寄ると、鳥がたくさんいました。スズメはスズメでかたまり、鳩は鳩でかたまり、そして写真のこれはカモかな?やはり固まって餌をついばんでいました。
イメージ 4
イメージ 5

菜の花の畑です。水元公園は江戸川より早く咲いていましたね。
イメージ 6

正午に自宅へ帰着しました。息子と娘に昼食を作ります。今日はあまりご飯があったのでチャーハンと野菜と鶏肉でカレー味のダッチオーブン煮込みを作りました。
イメージ 12


3人で食べた後は片付け、歯磨きをして、次なる活動の準備をします。運動不足なので、久しぶりにインラインローラースケートで滑走することにしました。

水元公園はローラースケート禁止のお達しが出ているので、道満グリーンパークへ行くことにしました。モーターサイクルの練習にも、距離は丁度良い感じです。
イメージ 7

プロテクターが入っている服なので、手首用以外は持って行きませんでした。
イメージ 8

周回路へ出る所で、左右の確認をしていて足元への注意がおろそかになってしまっていました。側溝のふたの溝に車輪を落とし、転倒してしまいました。左手小指から少し出血してしまいました。しかも血をジャケットに付けてしまいました。すぐに水洗いして対処、シミにしなかっただけでもいいか。
イメージ 9
イメージ 10

小一時間滑っていると、日が傾いてきました。駐車場は17時30分までです。そろそろ上がりましょう。
イメージ 11

帰りは外環に乗り、一気に走りました。外観を降りるころぽつぽつと雨が降ってきました。18時10分、家に着きました。そのころには濡れるほどの雨になっていました。

2月4日朝、妻と今日の夕食をどうするのか話していると、たまたま点けていたTVがモーニングバードで、陳健太郎さんが麻婆春雨を作っていました。

妻が言いました。
「いいこと考えた、今日の夕食はあなたがこれ作ればいいのよ。」

それはいい考えだ。さっそくメモを開始。番組途中からだったので今一つ不明確ではありますが、調味料の配合などはしっかりメモしました。

番組では2人分だったので、6人分へ材料を3倍にしました。辛い物が苦手な娘がいるので豆板醤を半分程度まで控えたこと、調理がプロ中のプロと私の違いがある事などはありますが、見た目は番組と同じような具合に出来上がりました。
イメージ 1

それともう一品、イカともやし、豆苗の炒め物も作りました。イカは油通しをして処理しました。参考レシピはなく、味つけは毎度おなじみのなんとなく調味料を放り込むだけです。
イメージ 2

こちらは妻が作った揚げ出し豆腐です。
イメージ 3


さて、味はどうでしょう?うん、番組と一緒!かどうかは確認できませんね。でもおいしくできていました。豆板醤は半分でもまだ辛めの味つけでした。さすがは四川料理です。

ポイントは、春雨は緑豆を使うことと、ぬるま湯で2分だけ戻すことらしいです。緑豆は味を吸いやすく、完全に戻さない春雨はまだ水分を吸うので味を吸いこむ余地を残しておけるのだそうです。

陳健太郎は中華料理界のサラブレッドですが、解説が分かり易いですね。私でも理解できる説明でした。おやじ(陳健一)を超える日も近いかもしれませんね。

↑このページのトップヘ