2014年05月

今日は娘の運動会でした。

カメラはPENTAX K100、レンズはF☆1:4.5 300㎜EDとFA☆1:1.4 85㎜です。

校長先生が今時珍しく、生徒のけがを恐れずにガンガンやらせるタイプですので、やっている方も存分に戦え、見ている方も迫力あり、大変に楽しめました。

顔の映り込んだ写真はブログで使えないのは残念ですね。
イメージ 1

今時珍しくなってきた棒倒しもやっています。
イメージ 2

蛇の皮むきという競技です。この砂ぼこりの舞う校庭に寝転がっていくというすさまじい競技で、けが人も出たようです。
イメージ 3

冷めているように見える生徒達も、真剣に競技に取り組み、そして声を嗄らして(からして)応援していました。

そして感動的なことのが、閉会式でもありました。応援合戦の結果発表で、賞に漏れたことが分かった途端、団長をしているごっつい男が、男泣きに泣き、涙が乾ききった校庭を濡らしました。

今までどんな思いで練習してきたのか、その思いは伝わってきます。

解散式で、団長はやはり泣きながら挨拶をしていたそうです。
「最優秀賞を取るという約束で、みんなにかなり無理して練習に参加してもらっていたのに、その約束を守ることができませんでした。3年生はこれが最後だからと、わがままをいっぱい通してきました。本当にごめんなさい。勝てなかったけど、笑顔は我が団は最高でした。」

もらいなきする下級生も続出、いい思い出になったことでしょう。来年は我が娘も最高学年になります。先輩たちに負けない、素晴らしい運動会を作り上げてほしいものです。


ウチの学校も、棒倒しや最上級生の団長の涙のある学校でした。卒業してからも毎年同窓会をやることが出来るのも、そのおかげだと思っています^^ 削除
やまさん
2014/6/1(日) 午後 0:39
返信する
顔アイコン
やまさん、コメントありがとうございます。

毎年の同窓会はすごいですね。さぞかしいい涙を流せたのでしょうね。息子や娘も、将来そういう付き合いのできる友人があってほしいものです。運動会がそのきっかけになることもあるかもしれませんね。 削除
2014/6/1(日) 午後 5:14
返信する
顔アイコン
一生懸命やる姿は、みんな感動して一生懸命
応援しますよね(*^_^*)
チョット見習わなきゃ(⌒-⌒; ) 削除
2014/6/2(月) 午前 5:04
返信する
顔アイコン
kikuさん、むしろ「無理し過ぎ」でしょう。 削除
2014/6/2(月) 午前 10:55
返信する
顔アイコン
運動会の季節ですね。みんな真剣に取り組むって(・∀・)イイ!!
ボクも騎馬戦で一度でいいから一番上に乗りたかったな。 削除
2014/6/3(火) 午後 6:12
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

騎馬戦ですか、私も上はないのです。体重があり過ぎたのが原因でしょうね。 削除
2014/6/3(火) 午後 10:58
返信する

なかなか手に入りにくいマイナーな部品や補修部品は通販で買うと便利ですね。

サイクルベースあさひは補修部品も通販で買えるので、時々利用します。今回は御大へ差し上げてしまったサドルバッグ金具とサドル、それにリカンベントの前輪用チューブを買いました。

7000円以上お買い上げで送料が無料、わずかに足らないなあ。で、つい買ってしまったのがツールボトルです。注文して3日、到着しました。合計金額は7,062円、あさひ泣かせの注文ですね。
イメージ 1

サドルバッグ金具は娘のブサギロードからもらってしまっていました。ブサギロードはボトルケージが1つしかないのでツールカンが使えず、これがないと困るのです。バッグはセミハードタイプで振られることはなく、乗りやすさを損ねません。その分あんまり入らないけど、予備チューブ要らずのチューブラークリンチャーですから十分以上の容量があります。
イメージ 2


サドルはディズナのリフトサドルです。私が買うサドルとしては信じられないくらい安く、3,110円しかしません。
イメージ 3


そんなサドルで大丈夫なのかって?うーん、まだ乗っていませんからわからない!

MTBの登りは高トルクペダリングか押し、下りはサドルは腿ではさむための物になりますから、ロード用ほど神経質でなくても良いと思います。それにこれ、先端裏にゴムの緩衝材が付いています。担ぐことを考えてあるのです。私のMTBはGIANTのVT-Twoですが、フレームは担ぐことができない構造なので、サドルを使って担ぐことになります。今までのサンマルコロールスだとここがレールなので肩に当たります。
イメージ 4

きっと良い担ぎができることでしょう。

さて、ツールボトルです。真ん中からファスナーで2つに開く事ができるタイプです。早速、入れてみました。

入れてみたチューブはミシュランのエアストップ700×23cです。肉厚のあるタイプですが、余裕で収まります。
イメージ 5

入れやすさ、取り出しやすさはツールカンの比ではないですね。でも、クランクブラザースのパワーポンプを入れると他の物が入らなくなってしまいます。
イメージ 6

チューブを肉厚の薄いタイプに替えると、20×11/8(406)のチューブも入りました。そう、これはリカンベントで使うつもりで買ったのです。2種類のホイールサイズを持つ車なので、今までは前輪のパンクにはパッチで対応するつもりでしたが、それでは現場での修理が必要になります。やっぱり暗がりや雨の中では予備チューブが欲しくなります。今回、チューブも買ったので安心してパンクできます。
イメージ 8

チューブを傷つけないように厚紙でカバーをかけてみました。
イメージ 9

ケージへの収まりをよくするために、ボトル同様の場所にへこみが付けられています。でも、これ片方だけで十分なはずですよね。コストダウンの為でしょうか、両側にへこみがあります。その分物は入れにくくなります。
イメージ 7

ポンプはパワーポンプはあきらめ、またケージサイドにアダプターでレザインのインフレーター付けようかな。現在それは娘のブサギにレンタル中ですから、そっちはどうするか悩みどころです。それとも、エアボーンのポケットポンプとCO2カートリッジの併用にするか。エアボーンの99mmでは、700cタイヤを乗れるところまでポンピングするのはかなり困難な作業になります。

じゃあ、ロードはどうする?インフレーターも売るほど有るように見えて、やはり不足気味なのかな?年1回程度のパンクのためにずいぶん出費していますね。でも、無しでよいものではありませんからね。やはりCO2セットもう一つ買うかなあ。

2014年5月22日

朝目が覚めたらずいぶんすっきりした気分でした。他の方の迷惑にならないように、そっと本を取り出します。銀輪の覇者上巻も終わり、下巻へ手を伸ばします。

7時30分、朝食を摂りに食堂へ向かいます。ひじきの煮つけがありました。手術で血液を失っているでしょうから、鉄分の補給になるこの食材はいいですね。ドラマ「てっぱん」で、駅伝君が大家さんに体つくりのためにリクエストした食材でもあります。


イメージ 1



食後に屋上へ出てみるときれいに晴れていました。松戸のニューオータニがよく見えます。
イメージ 2

南の方を見れば、栗山浄水場のドームが見えました。中学生の時には、学校が終ってから自転車に乗ってここを通過し、里見公園へ行きました。あの頃のまま、変わらないのですね。
イメージ 3

午前、午後の点滴と定期的な検温以外は特にやることもなく、かといって右には手術創を、左には留置針を持っているうえ、TVカードを買えない私にできることは本を読むことと、こっそり筋トレをすることくらいです。

10時、回診がありました。今日は執刀医のN先生です。

「ガーゼ取ってみましょう。傷口きれいですね。じゃあテープをはがしてみましょう。」
「!!!!!!!」

「一応消毒しておきましょうか。」
とピンセットで綿球を持ち、ポンポンポーン。
「!!!!!!!!!!!!!!!」

新しくテープを貼れば完了です。いくつか指示通りの動きをしてみました。
「全く問題なし。」

もうガーゼの養生もいらないということです。
イメージ 6

昼食後に屋上へ出ればずいぶん雲が増えてきています。今夜は雨予報ですね。
イメージ 4

銀輪の覇者は読み終えてしまいました。持参した本はこれだけなので、ロビーへ本を借りに行きます。とりあえず手にしたのが「へんな古代生物」という本です。そして読み終えたら次は「悪徳商法わざと引っかかってみました」。どちらも笑ってしまうことがあり、夜中に読んでいなくてよかったなあ。

妻からメールはあり、今日はこちらには来られないとのことでした。来てもらえるとうれしいですが、忙しい中なので申し訳ない気持ちにもなります。

その代わり、息子が来てくれました。今日で試験は終了したそうです。1時間以上も話し込んでいきました。
イメージ 5

夜はやはりポッドキャストを聞きながら眠くなるのを待ち、静かに眠っていきました。

5月23日

5時ころ目が覚め、そっと起き出したらロビーへ行って本をあさります。ふと見つけたのが「世界の中心で愛を叫ぶ」です。病室へ持ち帰って読むと何と漫画の方でした。映画だかドラマだかで評判になっていたようですが、作品に触れるのは初めてです。あっという間に読み終わり、そしてこれを持ってきたことをちょっと後悔しました。内容は全然知らなかったのですが、とにかく暗い、、、、、。最近この手の若い人の死を身近に感じていたのでもう勘弁してください、という感じです。
イメージ 7
朝食後は気を取り直して間違いのない本にしましょう。これならどうだ、で、松本清張の「ゼロの焦点」です。内容的には、行動や動機に疑問もないわけではありませんが、読み物としてはさすがに面白くて一気に読んでしまいました。

今日、明日は学会出席のために休診だそうで、会計は今日中にお願いしますと言われていました。事務から、請求書が来ました。思ったより安いですね。でも、もちろん保証金では不足しますので、銀行へ行く必要があります。ところが、看護師より、留置針を入れたままでは外出を許可できないと言われました。もし、管の盲栓が取れたら血液が吹き出してしまうから仕方がないでしょう。

最後の点滴は本日の19時、それが終了するとなると20時近く、16時で閉まってしまう事務に届けることができません。すると、思いがけない提案がありました。

「あと1回の点滴と、明日朝の採血の時に針を指すことを了承してくれれば今抜いちゃいますけど、どうですか。」

しかも、留置針さえなければシャワーも浴びられるというのです。ありがたい!

で、早速その場で抜いてもらい、まずはシャワー室へ行きます。シャワーはコイン式で、コインは特殊コインなのでナースステーションでもらいます。ついでに石鹸シャンプーも持ってきていなかったので購入しました。

シャワー室に入ったら驚きの指示が!だれかここで排便した人、いるんだろう!
イメージ 8

手術創は濡らさないようにとの指示があり、頭を洗うのにずいぶん気を遣いました。しかも油がたっぷりで、何紙も洗わなければさっぱりしない感じでした。
イメージ 9

シャワーが済んだらまずは昼食です。さっぱりした体なので、特においしく食べることができました。

歯磨きを済ませたら、いよいよ銀行へ行きます。ちょっとの時間でしたが、久しぶりの外出でしたので楽しかったですね。やはり私は家の中でじっとしているのは向かないんだなあ、と改めて感じました。
イメージ 10

ゼロの焦点を読み終えたころ、また息子が面会に来てくれました。今日も1時間以上いました。
イメージ 11

夜のためにロビーで本をあさりますと、井沢元彦の戦乱の日本史という本が目に留まりました。これにしますか。

しかし、正直あんまりおもしろい本ではありませんでした。筆者の思い込みが激しくて、「諸説あるが、事実はこれだ、これがその証拠」のような書き方なのですが、それだけがすべてでないでしょう、と思う部分がたくさん出てきます。

例を挙げれば「本能寺の変は明智光秀の独断であり、陰謀説は間違い」というのがあります。その根拠に上げているのが信長の長男、信忠のうちもらしを上げ、「信忠はたまたま死んだだけで、こいつを残しておいて織田家にとって代わる意思があるとは思えない」としています。そうかあ?だって、次男三男は生きていたけど、天下人としての織田家ではもはやなかったかけで、信長と信忠の人間力の違いを考えれば信忠は最初から眼中になかった可能性もあるのではないでしょうか。

それから中国大返しについて、高松城水攻めの最中だから密書を手にすることができたとあります。でも、数々の謀略が行きかう中、出所不明の密書を信じて「敵前逃亡」すれば信長の逆鱗に触れること間違いないわけです。しかももしその情報が嘘なら本人はこっちに向かってきているところ、よほどの自信がなければあんなことできませんよ。

「その時に人の気分になって考えればよい。」
といいますが、底の浅さにちょっとがっかりでした。読み進めてくるとますます話はおかしくなり、ついには9条を改正しないとテポドンが飛んでくるとまでいう始末。いやあ、あなた、攻撃なければ報復もないわけですよ。向こうが一方的に攻撃してくるというなら、現行憲法でも対応できるわけで、もはや被害妄想の精神疾患者としか思えなくなってきました。

でも暇に任せて最後までお付き合いして読んでしまいました。


5月24日

採血を受ければすべての医療行為は終了です。朝食を食べたら、シーツをはがして荷物をまとめ、ナースステーションへ床頭台のカギと入院のしおりを返却しましす。

正面は休診の為閉鎖中、夜間受付からそっと外へ出ました。駅からはバスに乗って帰宅しました。

イメージ 12

前回に比べれ体がずっと楽だったし、なかなか楽しい入院生活でした。次に来るのは抜糸です。

ああ、あそこから景色を見ていたんだな。外へ出る日を待ち望みながら。
イメージ 13


顔アイコン
退院おめでとうございます❗️
優しい息子さんですね(*^_^*)
入院中は暇ですから、たっぷりと
読書が出来た見たいですな(笑)
抜糸リハビリと頑張って下さいね! 削除
2014/5/27(火) 午前 9:27
返信する
顔アイコン
kikuさん、いつも温かいコメントありがとうございます。

抜糸は来週ですが、それまで入浴に制限があるのがつらいですね。濡らさないようにという指示は極力守っていますが、今日のように蒸すと汗もかきますから。

怪我はしない、これが一番だと心から思います。 削除
2014/5/27(火) 午後 5:34
返信する
顔アイコン
退院オメデトぉv(´∀`*v)
好みでは無い本にも最後まで付き合って読む律儀さは流石です。
偶然にもボクも今日はひじきだよ。 削除
2014/5/28(水) 午後 7:32
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

ひじきは体にいいし、しかも値段も安目と本当に良い食材ですね。子供のころ、海で採っていたこともあるのですが、今は漁協が許してくれないでしょうね。 削除
2014/5/28(水) 午後 8:38
返信する
顔アイコン
ツルッと滑って転んだのは、あの踏切での一瞬。
大事でなくてほんとうによかった。
人体の復元力には改めて感謝、ですね。
入れ替わりに、ボクが今日夕方から市内の病院に入院します。2泊で無呼吸症の検査。先行する自宅2夜の検査でイエローカードを貰っているものですから。
切られたり縫われたりの痛いことは何もありません。 削除
2014/5/29(木) 午前 6:33
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。

疑われているのは睡眠時無呼吸症候群でしょうか?軽く考えられがちですが、生活習慣病を悪化させる要因にもなるようですから、とにかく大事にしてください。 削除
2014/5/29(木) 午前 8:07
返信する

2014年5月20日

朝5時ころ目が覚め、気になっていたのぼうの城の続きを読みました。6時、病室蛍光灯が点灯するころ丁度上巻を読み終え、検温、血圧測定などを受けます。一通り済んだら下巻を取りに行き、読み始めますが、すぐに髭剃りをしておけと指示されていたことを思い出しました。しかし、髭剃りを今回忘れてきてしまいました。

ナースステーションへ行き、つけで髭剃りを購入しました。肌が弱いくせに剛毛のひげなのでところどころ血が出てしまいましたが、何とか終了しました。部屋へ戻り、改めて読書します。

7時30分、朝食が到着しました。
イメージ 1

これ一本です。飲む量は決まっていないそうですが、全部飲んでも全くおなかの足しにはなりません。

じっと手を見ます。
イメージ 2

10分後。
イメージ 3

手術用の太くて長い針が深々とさしてあります。針に柔軟性がるので痛いことはありませんが、何をやるにも不便です。しかし、前回との違いは右腕が使えることです。不便ながらも本は読めました。

手術は午後ですが、それまでずっと点滴は続きます。

3本目の点滴中、お昼ご飯が運ばれてきました。
イメージ 4
玉っころ3つだけ、これを最小限の水で服用するように言われます。

さて、現在の鎖骨の様子です。
イメージ 5

手術創もずいぶん目立たなくなってきましたが、金具の盛り上がりは目で見ても確認できます。

15時ころ、次ですよ、と声をかけてくれました。次か、16時くらいかな?うーん、もうちょっと後になるかも、だそうです。そして、ティッシュを持つように言われましたが、持ってきていませんでした。すると、
「じゃあこれ使って、ナースステーションのだから。」
と、一箱下さいました。使いかけではありましたが、私の部屋番号と名前まで書いてくださいました。

そしてのぼうの城、下巻を丁度読み終えたその時、ストレッチャーが病室へ運ばれてきました。そこへ乗るように指示され、点滴の管に気を付けながら横たえます。服用薬のせいでしょうか、すでに眠気があります。

ストレッチャーはエレベーターに乗せられ、手術室の前まで来ました。自動ドアが開くと、また廊下がありました。そこで目隠しをされます。

扉が開く音がして、中へストレッチャーは進みます。いよいよ来たか、ここに。昨年、抜去の時にも来るんだな、と思いながら入ったことを思い出しました。思い返してみれば長い1年でしたね。

麻酔医の声がします。
「マスクしますよ。マスクから酸素が出ていますから、大きく吸ってください。点滴からも麻酔薬が注入されるので、腕に痛みを感じますよ。」

腕に冷たい液体が入ってくることを感じます。死刑に薬物を利用したものがあるそうですが、こんな感じなのかな?絞首刑よりまだましだな、なんてことを考えていました。

「マスクから変なにおいがしてきます。呼吸をつづけてください。」

笑気でしょうか、2回吸ったところで呼吸が止まってしまいました。吸えというのだから、吸わなくては、と吸い、吐き出してまた吸おうとしたところ、もう吸えなくなっています。あれ、やばいかな?でも、もう無理。



妻の声がして目が覚めました。しかし、妻の姿は見えません。ああ、来てくれたのか、と言おうとしたら、
「ガォーーーーーーー、がぉーーーーーーー。」
と変な音が喉からしてうまくしゃべれません。麻酔中に気管挿管していたので、きっと喉を痛めているんだな、と思いました。ガラガラ声のまま、そうだ、あれ言わなくちゃ。

「ティッシュをぉーーーーーー、もってぇーーーーーーきてぇーーーーーー。忘れてきたらぁーーーー、看護師さんに頂いちゃってぇーーーー、返さないとぉーーーーーーがぉーーーーーーー。」

伝わったかどうかわからなかったのですが、それだけ言うとまた意識が遠くなってきました。
そして気が付くと、妻はもういませんでした。ナースステーション横の部屋で、モニターにつながれていました。

時計が見えないので現在時刻が分かりません。しかし、窓からは京成金町線の通過音が聞こえます。まだ日付は変わっていないのでしょう。看護師さんが見回りに来て、声をかけてくれました。

喉がおかしくて声を出すつもりはなくても、口で息をするとがぉーーーーーと声が出てしまいます。その状態ですが、何とかまくらを下さい、と伝えました。

「使ってもいいのですが、もし頭痛がしたら外しますよ。」
と言い、まくらを入れてくれました。

昨年同様、またしても血圧計の腕帯を巻くところが痛みます。これ朝まで持たないな、と感じ、弛めにしてもらいました。

右鎖骨部にはほとんど痛みを感じていません。しかし、眠れずにいました。何とか眠らなきゃ、と思うのですが、目がさえて寝付けません。

「痛みますか?もし、痛くて眠れないなら痛み止め打ちますよ。」
「いや、大丈夫です。」

モルヒネはもう勘弁してください。あれ打つと消化器も止まってしまうらしく、便秘になって辛かったのです。それにプレートを入れたあとには熊にかみつかれたような猛烈な痛みを鎖骨に感じましたが、抜去の今回は本当に痛みは極小でした。

眠れないまま時は過ぎ、やがて金町線の通過音が聞こえなくなってきました。9時に病室に戻してもらえるのですから、あと8時間くらいでしょうか。まだまだ、長いなあ。

5月21日

眠れないままですので、いろいろなことを考えながら過ごしました。夏にはどの山登ろうか、クルーソーのラダーペダルはどういう構造にしようか、そういえばリカンベントのヘッドレストも外れたままだったな、がっちりつける工作をしなくちゃ、などなど。

やがて外は白みだし、金町線の通過もするようになってきました。そのころになってようやく眠気が襲ってきました。

声を掛けられ、目をあけました。

「朝食です。この中から、3つ選んでください。」
昨年はなんにも知らずに大いに喜び、そして落胆しましたが、今回は最初から分かっているので大丈夫です。

メニューにならんでいるものは

ほうじ茶(温冷)、スポーツドリンク、ヤクルト、味噌スープ、りんごジュース、ジョア、アイスクリーム

「アイスクリームがお勧めですよ、冷たくておいしいですよ。」

りんごジュースとアイスクリーム、あともう一つは味噌汁ならぬ味噌スープ。思った通り、具なしでした。でも、おいしかったですね。

そして9時、病室へ戻されました。

持って行った唯一の本、銀輪の覇者の上下巻を読んでいると、導尿カテーテルを抜きに来ました。

「大きく深呼吸を3回してください。」
2回目をし終えたところで、抜けていました。3回目は、もうしなくていいですよ、とちょっと拍子抜けしました。そして、入院予定表をいただきました。抗生剤の点滴が金曜の夜まで入っています。すると退院は土曜日でしょうか。

もう歩いてトイレに行っても良いとのことなので、携帯電話コーナーまで歩いて行って、会社に報告しました。

看護師が聴診器でおなかの音を聞きにきました。もう大丈夫ですね、とのことでした。自分でも腸がぐるぐるいっているのが分かります。

そして12時、お昼ご飯が運ばれてきました。残念ながら粥ですが、昨年はもう一回今朝の7種類からの選択だったので贅沢は言ってられませんね。手術は簡単で、その分麻酔時間も短いので消化器の動き出しも早いのだそうです。
イメージ 6

午後は少し昼寝をして、そしてまた銀輪の覇者を読み、そしてまた寝て、と繰り返しました。その間に点滴や検温、いくつかの検査がありました。

夕食からもう普通のご飯で大丈夫、ということになりました。それなら、食堂で食べたいです、と申し出ました。しばらく考えていた看護師さん、まあいいでしょう、厨房には言っておきます、と言ってくれました。

そして18時。食堂へ行くと、ちゃんと私の食事は用意されていました。
イメージ 7
蓮根のはさみ揚げ、ソフトイカフライなどでした。揚げ物でしたが、おいしく食べられました。帰りにメニュー表をカメラで撮影しました。拡大表示させれば献立が分かって楽しみが増えます。

病室へ戻ると、妻が面会に来てくれていました。ティッシュボックスも持ってきてくれていました。通じていたのか、よかった~。早速看護師さんに返却しました。

銀輪の覇者は友人がずいぶん前に送ってくれたものです。表題の通り、自転車のレースの話なのですが、これが戦前の話で、実用車で未舗装路を含む長距離ステージレースに挑む話なのです。しかも、登場人物の背景などが突然挿入されるので、続けて読まないと「活躍しているけど、ところであんた誰?」状態になってしまうのです。入院生活は続けて一気に読める千載一遇の機会でしょう。

21時、消灯になりました。昼寝が利いてきてなかなか寝付けませんでした。仕方がありません。またポッドキャストを聞きましょう。今回は爆笑問題のジャンクでした。


顔アイコン
無事に手術は終わったみたいですね!
本当にお疲れ様でした❗️(*^_^*)

退院はまだですか?
リハビリとかもあるのかな?
頑張って下さいね~( ^ω^ ) 削除
2014/5/26(月) 午後 3:08
返信する
顔アイコン
手術の成功オメデトございます。
手術時間より事前の準備が色々大変だなぁと思います。
麻酔なしで痛みも感じないで手術が出来るよおうになればいいのにと
いつも思います。 削除
2014/5/26(月) 午後 6:42
返信する
顔アイコン
kikuさん、くまそんさん、コメントありがとうございます。

皆様の事も、入院中に考えていることもありました。早くフィールドに出たくて出たくて、考え出すと止まらなくなってしまいます。 削除
2014/5/27(火) 午後 5:37
返信する

本日午前、無事に鎖骨プレートの抜去を終え、退院いたしました。皆様には、特に会社の同僚の方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。明日から職場復帰できるように、体調の調整に取り組んでおります。



2014年5月19日

14時
荷物を詰めたキャスターバッグを引いてバス停へ向かいました。以前直した、あれです。ガラガラうるさいし、頑丈にし過ぎて重くなってしまったバッグですが、帰りにどんな状況なのかわからないのでこれにしてみました。

駅でバスを降り、まずは銀行へ行きます。入院保証金を入れなくてはいけないのです。

14時30分少し前、受付でお金を払ったらいよいよ2階へ行きます。ナースステーションで受付を済ませ、書類へのサイン、捺印をします。何枚もあります。今回は右手で書けるので楽勝です。いろいろと生活についてお尋ねがあります。

トイレは?「自立」 
食事は?「自立」 
歩行は?「自立」 
着替え、シャワーは?「自立」 
現在の痛みは、10段階で表現すると?「ゼロ」 
現在できないことはなにかありますか?「退院」

書類作成のために確認するのでしょうが、「介助お願いします。」と言っても信じてもらえないでしょう。

そして麻酔医の問診、説明、サインと続きます。

それが済んだら部屋へ行きます。昨年10日もいたところですから、勝手知ったる別荘のようなものです。部屋は前回とは東西反対側でした。変わらないのは差額ベッド代の発生しない6人部屋だということです。ここで十分快適な生活を送れます。

読んでいる本は「のぼうの城 上」和田竜著 です。本も持って行きましたが、昨年退院間際にこの本が病院に置いてあることに気が付き、プレート抜去手術の時にはぜひ読もうと思っていました。今、その本懐を遂げている最中です。
イメージ 1

入院した今日が、早速手術前日に当たるわけで、いろいろと忙しいのです。検温、血圧の測定、身長体重の問診計測、先週受けた検査結果の開示(コレステロール値が高め以外問題なし)、食事の聞き取りなどをそれぞれの職種に人が入れ代わり立ち代わりきます。なかなかじっくり本を読む時間も取れません。

さらに毛を剃りに処置室へつれて行かれます。胸毛、わき毛、そして電気メスの電極用に脚、、、あれ、こっち剃ってありますね、と言われます。はい、自転車乗りですから。
「ええ、自転車レーサーって、すね毛そるんですか!」
という反応でした。え、知らない人もいるんだ、と私も新鮮な驚きでした。

すね毛を剃っている理由を、かつて、会社に来た実習生に冗談で、
「生活きついので、夜は新宿でこっち系のアルバイトしているから。」
と言ったら本気にされて、店の名前を後に尋ねれたことがありました。実習日誌に書かれても困るので本当に理由を明かしました。その実習生も、そういえば知りませんでしたね。

夕食は食堂で摂ることを希望します。何しろ、今現在はどこも悪いところはないのです。

食事は病院のそれとは思えないほど、毎度量も質も味も良いものです。
イメージ 2

残念なことは、この食事をもってしばらくは水を除き、飲み物さえ口に入れてはいけなくなることです。唯一の例外がこれです。
イメージ 3

眠前に飲むように指示されました。軽い安定剤だそうです。

食後に屋上に出て沈みゆく太陽を見ていました。明日、日が高くなるころには左手には留置針が刺さり、ここまで出てくることはできなくなっているでしょう。

イメージ 4

20時30分、浣腸のために看護師が訪室しました。昨年はすぐにトイレに行くことができなかったせいか、排便ショックに襲われ、のたうちまわった嫌な記憶が残っています。しかし今回は異常ない体ですので、全く問題なくトイレまで歩くことができます。それでもやや気分は悪くなりました。問題ない範囲で済みましたが。

21時、消灯になりました。そうだ、レンドルミンの服用があった、と思いだし、飲みました。しかし眠気は全く来ることなく、結局22時30分までiPOD Touchでポッドキャストのミラクルサイクルを聞きながら過ごしました。


顔アイコン
前回の入院の緊張感とは違う
ものが伝わって来ますね!(*^_^*)
今回は、プレート除去と言っても
手術は手術、あの独特な場所に向かう
前日ですね(⌒-⌒; ) 削除
2014/5/25(日) 午前 4:56
返信する
顔アイコン
kikuさん、コメントありがとうございます。

やはり手術を受けるのは嫌なものですが、受けなければよくならないと思えばなんてことはありません。でも、この「独特の緊張感」はやった者にしかわからないでしょうね。怪我はするものではありませんね。 削除
2014/5/25(日) 午前 8:08
返信する
顔アイコン
何にしろ、手術は大変ですね。鎖骨の手術でも色んなとこ
剃ってハゲ散らかされてしまうんですね(´・ω・`)
毛、ハヤク生えてきてチクチクしない事願っています。
お身体お大事に。 削除
2014/5/26(月) 午後 6:38
返信する
顔アイコン
くまそんさん、こめんとありがとうございます。

どうせ毛が生えるなら、頭頂の方に生えてほしいものです。こっちは剃ったわけでもないのになぜか地肌が見えまする。 削除
2014/5/27(火) 午後 5:38
返信する

↑このページのトップヘ