三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2013年07月

明日、いよいよ御大へホイールを納品します。タイヤはチューブラークリンチャーなので、独特のはめ方をします。レクチャーしておいた方がよさそうに思いましたが、御大は「試走したいから、タイヤははめておいてね。」と指令が下りました。
 
そんなに時間かかるものではありませんが、ご希望ならそれに沿いましょう。はめ方は、このブログで指南することにします。
 
完成ホイールは傷、ほこりよけに箱の中に仕舞ってあります。
イメージ 5
 
タイヤのパッケージです。
イメージ 1
 
おお、3,980円もするのか、これを3,800円で請求するんだから俺も良心的だな。(ショップでは3,800円で買った来たものですけどね。)
 
そうそう、タイヤ装着前にリムの脱脂をしましょう。アルコールで油分を拭き取ります。
イメージ 2
 
それからマビックリムストーンで仕上げ。これをかけるとブレーキの利きが格段に良くなります。
イメージ 6
 
細かい粉が出るのでそれを掃除したら、いよいよタイヤを装着します。説明書はこうです。
イメージ 7
 
リムのバルブ口を上に向け、まっすぐにバルブを差し込みます。そして左右均等にグイッと伸ばしながら、リムの片側のエッジにタイヤの中央を乗せて行きます。片側だけ強く引っ張るとバルブの所が曲がってしまうので注意。作業は似ていますが、チューブラータイヤをリムセメントで貼る時に比べるとべたべたにならないのではるかに楽な作業です。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
1気圧空気を入れます。片側だけタイヤの溝にリムをはめて行きます。バルブの所ははめにくいのでしごいたりして何とかかませます。そこ以外はコツも力も必要ありません。
イメージ 10
 
イメージ 3
 
反対側もぐるっと1周はめたら、空気を入れます。で、完成。1車輪分で5分くらいです。ついでに、レザイン スチールトラベルドライブの圧力計の正確度を測ってみましょう。ポンプの圧力計で8気圧調度に入れてみました。で、パナゲージで確認すると、おお、ちょうど8気圧ではないの。私の持っているフロアーポンプでは一番正確(正しくはパナゲージに近似)でした。
イメージ 4
 
このタイヤは8気圧~12気圧が指定されています。しかし、私の体重に8気圧では不快な硬さになってしまいます。この構造で8気圧以下で使うとどうなんでしょう?という疑問がありますが、私には7気圧程度で十分な感じです。
 
12気圧は冗談のようですが、アメリカでは「高気圧が入れられるタイヤは高級」という認識があるそうで、その対策でしょうか?御大は8気圧程度か、もう少し入れても大丈夫な体重をお持ちのようですから、心配なく使えます。
 
出番を待つホイールはまた箱の中。明日はどこまで走りましょうか?

昨年の今日、このブログを開設しました。リカンベントフレームを買ったのでその顛末を記していこうと思っていました。当初は、購入物品や使いこなしのメモにしようと思っていただけですので、こんなに多くのコメントを頂けるブログになるとは思ってもいませんでした。コメントを寄せて下さる方々には、ただただ感謝であります。
 
この一年間の書き込みを分析してみましょう。
 
最も多くの訪問をいただいた日の書き込みは、意外なことに5月14日「京成金町線踏切事故」でした。皆さん、どんな写真を期待したのでしょうか?事と次第によっては私も同じ目に遭ったわけで、本当に気をつけなければいけません。
 
現時点でコメントは468戴いております。その半分弱は私ですが、およそ250のコメントを寄せていただきました。そのほとんどがコメント常連の皆様です。ブログコメント欄以外でも、フェースブックや口頭でコメントもいただいております。
 
書き込みは197、これが198目になります。計算上では、1.8日に1回のペースで書き込んできました。もう少しさぼったような気がしていますが、同日に2つ以上の書き込みもあるのでこの結果になりました。字数制限があるから分割しなければいけなかったりするからです。
 
書き込みで一番多かったのが日記、僅差で自転車関係、それからずいぶん開いて山岳関係、キャンプ道具、一番少なかったのはカヤック、カヌーです。日記はもともとそれほど多くはなかったのですが、音楽関係や入院、手術でずいぶん嵩を増しました。カヌー、カヤックは例年だと9月から11月に海へ出ていたのですが、天候と野暮用で、機会に恵まれず行きそびれてしまいました。そして川は6月から鮎釣りのシーズンですから、その前に下るべきなのですが、今年はああ、ギプスしていたので何にもできませんでした。
 
このブログを初めて、山のMochiさんと再会することができました。今の私には大切なアドバイザーであり、また情報と楽しみを提供してくださるブログとサイトの運営者です。この件だけでも、ブログ開設してよかったなあ、と思います。さらに、子供込みでご自宅にまでお招きいただいてしまい、本当に感謝しております。
 
S先生と九太郎さんも、メールでやり取りはしてはいましたが、お互いにどんな活動をしているのかを知る手段として有効でした。S先生のブログはマニアックな鉄道の話が8割、機関車のルーバーの中を覗いたりと意味不明なことが多いのも事実ですけど。
 
くまそんさんは、おそらく私がコメントするので、お気づかい戴いて私のブログにもコメントくださるのでしょう。偶然新着記事欄で見かけてアクセスしてみたところ、娘が大変に面白がるので私もコメントした次第です。ほのぼのとした絵とぶっ飛んだキャラのコメントが面白いので私も演じております。今は私の楽しみの一部になっております。私のブログはかなりマニアックな内容が多いので、ついてこられない時には無理なさらずにスルーしてください。
 
さて皆様、次の1年に向けてまた、だらだら書いていきますので、お気が向きましたらお読みください。


ブログを長く続けるコツは「きばらないこと」ですね。
自分のブログなんか一ヶ月に一度しか更新しないなんてザラですよ。
今はFacebookに九太郎ブログ出張版として当たり障りのない記事をピックアップして投稿してますのでお楽しみ下さい。
本家?危なすぎて(笑)。約二ヶ月延々とプラモデルの製作記事が続くけどそれでも読みますか?って感じですね。 削除
九太郎 ]
2013/7/4(木) 午前 1:46
返信する
顔アイコン
開設1周年、の由。
連日のように記事を更新しておられて、しかもきちんとした内容が有って、感心して読ませてもらってきました。
しかも「入院日記」まであり、転んでもただでは起きない根性、アッパレです。
引き続きblog友だちをお願いします。 削除
2013/7/4(木) 午前 5:32
返信する

前回買い損ねたTUFOタイヤのパンク修理剤を買いに、会社帰りにmasamasa師匠の所に寄りました。
 
で、買ってきた製品はモデルチェンジしたようで、私の持っている物とは違います。円筒の容器になりました。あらかじめ入れて置くタイプと、パンクしてから入れるタイプとありますが、ここはパンクしてからタイプにしてみました。1本でロードなら3回のパンク修理ができます。
 
説明書はチェコ語(かな?)と、裏が英語、日本語はありません。実はわたくし、この修理剤は使ったことがありません。TUFOのタイヤはそろそろトレッドの限界かな、というくらい走り込んでいますが、パンクはまだないのです。御大に使い方を説明しようと思っていますが、自分でやったことがないので説明書を翻訳してみました。もちろん英語の方を、です。
 
USE、STORAGE、WARNING!、REMOVABLE VALVE CORE、と続き、最後の章がFLAT REPAIR(パンク修理)です。
 
FLAT REPAIRの1は、んんん、どういう意味だ?????
 
原文を掲載します。
 
1.Shake wheel before use!
2.Turn the wheel to place the valve in 8o'clock position
 
そのまま訳すと、使う前にホイールを振れ!となります。いったい何のために?
 
2以降は分かります。バルブが8時の位置になるようにホイールを回せ。
 
御大、すいません。私の英語力が不足しているみたいです。バルブコアを付属の工具(と言うほどの物でもないですが)で抜いた後、Shake wheel before use!してからバルブを8時の位置にして下さい。
 
これ、ホイールではなくSealant bttleと書かれていれば納得できるのですが。何か黒っぽいものがボトルの中で沈殿しています。
イメージ 1
 
わっかの付いた黒い物体がバルブコアを抜くための工具です。

ここのところ自転車に関する書き込みが多かったせいか、いろいろ質問を受けましたので、ここでまとめて解答します。
 
Q:ホイールは何本持っているの?
 
A:ロード用に限っていえば3.5セットです。ローラー台用のタイヤを履いた後輪のみというのがあります。
 
1、普通用 マビック オープンプロのリム DTコンペティション2.0㎜×1.8㎜スポーク、デュラエース7850ハブ、前輪32本ラジアル、後輪32本タンジェントイタリアン。
 
2、ヒルクライム用 マビック リフレックス、DT1.8㎜チャンピオンスポーク、アメリカンクラシックハブ 前輪ラジアル32本、後輪32本タンジェントイタリアン
 
3、平坦用エアロ KINLIN XR300リム、星エアロ+後輪右DTコンペティション2.0㎜×1.8㎜スポーク、前輪ハブ サンツアー シュパーブ、後輪6600系アルテグラ 前輪16本間引き組ラジアル、後輪左間引き組ラジアル、右タンジェントイタリアン。
 
4、ローラー台用 KINLIN XR240リム 星2.0スポーク、ティアグラハブ(これの前輪はばらして、リムはXTハブで組んでリカンベントの後輪になりました。)
 
MTB、リカンベント、小径車はそれぞれ履いている1セットのみです。
 
 
Q:ホイールは何本くらい組んだの?
 
A:60本くらい、前後30セットかなあ。もっと行っているかもしれないけど、覚えているのはこの辺りまで。
 
最近だと御大の前後輪、自分のエアロを組み直し、息子のはハブダイナモへ交換しています。昨年はリカンベントの前後輪だけだったかな?九太郎さん、S先生も私の組んだホイールをお持ちですね。
 
Q:自転車、総額でいくら?
 
A:これはよく聴かれる質問ですが、答えにくい質問でもあります。
 
ロードはフレームと8点セットは購入しましたが、ホイール、サドル、ピラーなどは手持ちの部品を使っていますし、適宜交換されていますので、はっきりといくらとは言えない状況です。まあ、50万円くらいの物です。ホイールを換えたりサドルを換えると45万~52万円くらいの間をうろうろする感じでしょうか?
 
MTBは旧モデルを特価で買って、部品を交換して液圧ディスク仕様にしているので、20万円と言えばそれほど遠くない感じでしょうか?
 
小径車は一番難しいです。フレーム以外ほとんどが手持ちの物ですから。フロント変速機は7300系デュラエース「Ax」、後輪ブレーキは葛飾原産の東京ブレーキ、クロスボーカンティです。今はリアメカはソラですが、その前はサンツアーシュパーブでした。で、いくら?んー、10万くらいでしょうか?
 
リカンベントは、フレームとシートのみ買ってきて、後はありあわせの部品か、一部自作のワンオフですから。13万くらいかなあ。これも自信ないです。
 
Q:今までいくら自転車につぎ込んだの?
 
A:どうしてお金の質問が多いの?
 
譲った自転車や工具、衣類、鞄類すべて入れると100万円。では絶対済まないだろうね。私もわかりません。いいじゃんいいじゃん、人生お金溜めるだけがすべてじゃないよ。
 
Q:自転車に限らず、山、カヌーと自力で動くスポーツばかり。辛いことが好きなんですか?それとも体力が余っている?マゾですか?
 
A:気持ちいいことが好きです。辛い領域まではまず入りません。体力は人並みか、むしろ劣るくらいです。頭脳で勝負していることにしています。
 
根性がすごいとか、無尽蔵の体力があると勘違いされていますが、そんなことは全くありません。脚がぶっとく、運動神経の塊みたいな人がおりゃーとペダルをぶん回すのがスポーツサイクリングだと思っている人もいるようですが、それは競輪だけですよ。自分の体力に合わせた運動領域で楽しんでいます。
 
Q:100km走るなんて、考えられない!
 
A:やってみればそれほど困難なことではないとすぐにわかります
 
まずは体に合ったスポーツ車に乗ってみてください。すべてはそこから始まります。ママチャリ10㎞は私でも辛いです。
 
 
Q:自転車で鎖骨折ったのに、まだ自転車乗るのはなぜですか?
 
A:食事をして食中毒になっても、日に3食、食べることはやめないのと一緒!
 
実はこれ、質問された時にいい答えが見つからなかったのです。そこで、しばらく考えていましたが、これが一番ぴったりくる答えだと思います。
 
 
Q:エアロスポークに換えて、速くなりましたか?
 
A:その差は体感できていません。でも、風切音は違います。それだけ、かも。
 
それで2,000円弱の出費は高い?そんなことはありません。ひっかけ式スポークの取り扱いや、エアロスポークをねじらないで組む技術、見た目の面白さ、などお金に換算できない価値がありました。
 
 
Q:セルフシャッターで自撮りするの、恥ずかしくないですか?
 
A:ほっとけ。


  • 顔アイコン
    つい先日、偶然、TVで立山の観光道路を上り一方路として使い(美女平→室堂)自転車レースをやっていました。
    懐かしい景色が出てきました。バスを止めてやっていました。
    ボク的暴言では、常時自転車専用道路にしてしまうと申し分ありません。そしたら貴殿と一緒に走ってみたい。 削除
    2013/7/1(月) 午後 5:42
    返信する
  • 顔アイコン
    はい、私もニュースで見ました。空気薄くてつらいでしょうね。

    常時自転車専用道路は無理でも、適宜なら何とかなるかもしれませんね。私も山のMochiさんとそことは言わず、走ってみたいです。山登りももちろん可です。鎖骨のプレートが抜けたらなんでもできるんですけどね~。 削除
    2013/7/1(月) 午後 9:05
    返信する

↑このページのトップヘ