三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

2013年01月

2013年1月15日 北の風 風力1 快晴 気温4度
 
10:30、歩行開始。雪はかなり固く、歩くたびにギュッ、ギュッと音を立てて足の形にもぐる。アイゼンはもはや不要であった。天候は快晴、サングラスを通しても反射される光がまぶしかった。桜土手で担いでいたスキーを下し、履く。シールはすでにつけてある。
 
スキー歩行は快適に進んだ。シールはよく利いた。雪面は温度が低く、表面が凍っていたが板は滑るように前へと進んだ。
イメージ 1
 
夏道は喪失し、赤布も見えない。方角だけを頼りに道を切り開いていく。
イメージ 3
 
 
やがて山のふもとへと到達した。登りになっても、シールは前へと滑り、どんどん標高を稼いだ。最もきつい傾斜ではクライミングサポートを1段あげた。
イメージ 2
 
そして登頂。しかし絶景を楽しむ暇は少ない。日没までに下山しなければ、待っているのはビバークである。
イメージ 4
 
**********************************************
 
そんな感じで水元公園でスキーツアーを楽しんできました。カレンダー通りの休みが少なく、なかなか休日が世間の人と合わない勤務なのですが、本日はやっと合わせた公休日、楽しみにしていたS先生とのMTBライドの予定でした。ところが前日の大雪の為にできなくなり、世界一不幸な男だと自分を思っていたのです。しかし、塞翁が馬とはこのこと、雪が積もればそれなりの楽しみ方をすればいいのです。
 
驚いたことはあちらこちらの大木の枝が折れていたこと。雪の重みのすごさをを恐怖を持って感じました。
イメージ 5
 
野鳥観察舎からは、凍りついた湖面の上に立つアオサギの姿が見られました。寒くても鳥は元気です。
イメージ 6
 
中央広場の山の頂上でシールをはがして滑降してみましたが、雪が圧雪でないので漕がないと滑りませんでした。残念。やはり雪国の雪は違いますね。
 
冬のソナタのような景色です。そっくりさんでも、チェジウがいればね。ん、ヨン様?ああ、撮影に回ってしまっています。何か台があればセルフシャッターで撮るんですが。
イメージ 7
 
3時間ほどスキー散歩を楽しみました。スキーに行くことはハードル高くないですよぉ。それに山スキーも、行先次第で難易度は変わってくるので、それほど尻込みする必要はなし。だって、ここならみんなOKでしょう?ビバークだってここでしている方もいらしたし。
 
新雪にシュプール描けます。
イメージ 8
この気持ち良さ、わかる人だけわかってください。
 

これ、東京の公園なんですか?首都圏はめちゃめちゃ雪が積もったんですねぇ。私の自転車記事にグローブの評価を毎日記入(同じブログ内に追記)していますので、ご参考になるかわかりませんが、読んでみてください。 削除
たかさん
2013/1/16(水) 午後 5:32
返信する
顔アイコン
たかさんさん、コメントありがとうございます。グローブの記事も拝見いたします。

首都圏は大雪で交通網が大打撃を受けました。でも、その代わりの楽しみもありました。 削除
2013/1/16(水) 午後 10:15
返信する
顔アイコン
懐かしい水元公園の雪景色と雪遊び、歩くスキーとは喜ばしいことです。
当方、昔は、途中の年から一通になった桜並木の土手を20年間ほどバイク通勤していました。お花見(サクラもショウブも)にも野鳥観察にもよく行きました。おおらかな造りの開放感ある公園は貴重ですね。 削除
2013/1/17(木) 午前 11:20
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。水元公園は放射線量が高いことで知られていますが、それなりの除染を施されたそうなので(手抜きの可能性もなくはないのですが)お孫さんを連れてお越しください。その際には我が家にもお立ち寄りいただければ幸いです。 削除
2013/1/17(木) 午後 9:42
返信する

今日は大雪。
 
喜んでいるのは子供だけ、大人はいろいろな事情で気が重いのです。
まず、スクーターで出勤してしまった妻を車で迎えに行きます。夏タイヤノーチェーンで走る人たちがいて、渋滞しそう。
 
案の定、橋の登りで車輪が空転する車が数台、なんと警戒中の警察官に押してもらって登っている始末。こいつらそのすぐ後の下りはどうするつもりなんでしょう。おかげで大渋滞でした。
だいぶ早く家を出たので終業時刻より前には到着しました。
 
帰ってから、買い物難民化した我が家の老父母は食事作りができず、息子の誕生日ということもあり(本当は一昨日でしたが)回転寿司へ出かけました。いつも席待ちができる店なのですが、今日はがらがらで気の毒になるほど。普段以上になるべく長く回っていそうな寿司を選んで食べてあげました。食品の廃棄が問題になっているので、多くの人に実践してもらいたいと思っています。スーパーの食品も、当然なるべく古い物を選んでいます。
 
家に帰りつくころ、雪も止んでいました。妻と二人で私道の雪かきをしました。雪かきを始めて直ぐ、隣の方も手伝いに出てくださり、やがて近所総出の雪かきとなりました。高齢世帯が多いので全部やるつもりではあったのですが、結構長い私道なので助かります。多くの人出をかけるとみるみる片付いていきます。
 
地域コミュニティの崩壊が問題になっていますが、ここに関して言えばまだ十分に機能しています。共同体としての機能は住んでいる人の意識も大きな要素なので、こうして仲間意識を持って一緒に作業できることは未来に向けても明るい展望を持っていると言えるでしょう。
 
残念なのは明日、Shi*さん(私のブログ内ではS先生、ブログの友達の電気機関車の人)と一緒にMTBライドをする予定になっていたのですが、延期にしてしまいました。雪により私の都合が埋まってしまい、本当に申し訳ございません。また次の機会にご一緒させて下さい。
 
明日の予定
妻を会社まで送迎
母を病院まで送迎
買い物代行
 
昼には時間が空きそうなので、もし雪が融け残っていたら水元公園をシール付けたスキーで探検。
 

初の調理器具Yahoo!ブログカテゴリーです。
 
今日、家に帰ると段ボール箱が玄関に置いてありました。
イメージ 1
 
送り主はネスレプレゼント事務局。ああ、そういえば妻が近所のスーパーの懸賞に応募していましたっけ。リブレ京成全店で20人しか当たらないので無理だと思うよ、といったのを覚えています。ところが私の予想を裏切り、それが今目の前にあるのです。
 
当たったのはネスカフェドルチェグスト ジェニオプレミアムです。15気圧で抽出する、カートリッジ式コーヒーメーカーです。
 
妻の帰宅を待って、開封。夕食を食べた後、飲みたいね、ということになり、私はセブンイレブンへひとっ走り。妻は説明書を見ながら洗浄しました。そして買ってきたカートリッジをセット。赤いボタンを押すと、ブーンという音とともにシューと、抽出されたコーヒーが出て来ます。
イメージ 2
デザインモチーフはペンギン、かわいい外観です。
 
ん、うまい!ちょっと濃いので2番煎じにも挑戦。けど、こっちは薄すぎでした。ブレンドするとちょうど良いかも。カートリッジ式なので後片付けも楽ですが、貧乏性なので中身を入れ替えられないか、とか考えている自分です。
 
16杯分で800円くらいか、ちょっと高いなあ。でも、外で飲むことを思えば格段に安いですね。コーヒーはいろいろ種類が出ているのでしばらくは楽しめそうです。

数名の方から、山板、山スキーという言葉がわからないという質問をいただいたので解説します。
 
まず、大まかに言うと山登りで使うスキーはアルペンとノルディックに分けられます。アルペンは踵を固定するタイプ、ノルディックは踵を固定しないタイプです。最近山では後者の方が主流のようで、八ヶ岳麦草峠を登っていたら、他のパーティーに「あ、あれあれ、アルペンで登っている人いるよ、珍しね。」と写真を撮られたことがあります。もちろん私に許可は求めてきましたが。彼らはノルディックの、テレマークでした。
 
そう、私はアルペンです。登りは踵を開放して登り、下りは踵を固定して滑れるので普通のゲレンデで鍛えた技術で滑ることが出来るタイプです。
 
スキー板
 
私のはTRAB シンテシという板です。詳しいことは私もわかりません。カーボンの表記がありますので、どこかにC-FRPが使われているのでしょう。山板はこれが2代目、2年前に新調しました。普通のゲレンデ用との違いは明確ではありません。トップに穴が開いている、テールにへこみがある、程度です。重量は軽め、最近の板としては寸胴なタイプです。絞り込みがきつい板だと、シールがはみ出してしまいますから。トップの穴はそりを作る時に使います。自力で動けなくなった人を下山させるときに有効な手段です。テールのへこみはシールの金具のはずれ防止です。
 
ビンディング。
 
発音はバインディングと書いた方が近いかな?でも、ビンディングと書いた方が一般的ですね。登山用は踵が解放できるという以外にも、特徴があります。まず、流れ止めがブレーキではありません。オプションで付けらるので、買おうと思ってはいます。ストラップで足に結ぶタイプです。これは転倒時に雪に埋もれてなくしてしまうことを防止することと、そりを作るときにブレーキの存在が困ること(はずせるタイプなら問題なし)などの点が考慮されているのです。
 
私の物はディアミール チターナルⅡです。これの前にはペツルを使っていました。ペツルは登るときには重心を後ろにできる、画期的な構造だったのですが、逆にすぐに固定、すぐに開放ができず、一回外さなければならない点が不便でもありました。壊れたのでさかいやで今のと交換してもらいましたが、その時に処分費用が返却されました。なんと、作業していた方が個人的にコレクションとして欲しいので下さい、とお願いされたのです。もちろん了承しました。
 
ディアミールはペツルのような変わったところはありませんが、その分オーソドックスに使えます。
 
そして踵の開放をして登っているときに、斜面が急なところでは踵を高くするクライミングサポートができます。
イメージ 1
 
さらにもう一段。踵の固定、解放と、クライミングサポートの上げ下げがストックで乗ったままできるのがこのビンディングのいいところです。
イメージ 2
 
ブーツ
 
ブーツは兼用靴です。かつては普通の皮の登山靴で滑っていましたが、滑走という点ではやはり兼用靴の敵ではありません。
 
スキー専用との違いは、まず抜いて単独で使えるインナーブーツ。この姿で電車、バスに乗って移動できます。インナーブーツも濡れに強く、保温も専用靴より優れています。
イメージ 3
アウターも歩行を考えてあります。底は当然ビブラムソール。登山靴として使うことも考えられています。もちろんアイゼン、ワカン、スノーシューを装着できます。また、滑走の時には脛を前傾に固定、歩行の時には後傾まで自由に動くようになります。レバーを上げて脛を前傾させればカチッと音がして固定、レバーを下げて前傾させればカチッと音がして解放されます。かつて使っていたダイナフィットでは後ろについているプラスチックブロックをはめて固定していたのですが、寒い中で手がかじかむと抜けなくなって大変でした。レバー式のこれはそんな心配なく、良くできています。
 
右脚が滑降モード、左足が登行モード。歩行モード時には、一番上のバックルの受けを180度回して赤い金具にバックル金具をかけ、足首の自由度を増す設計になっています。
イメージ 4
 
レバーを上にすればスキー、下にすればウォーク。
イメージ 5
 
ストックも専用品があります。長さの調節ができる物が一般的ですが、ワンゲル部の伝統に従って(?)ゲレンデ用のストックに新雪用バスケットを付けて使っています。このバスケットは1.6スケアIVケーブルで固定してあるので、ニッパーで切断すればたちどころにゲレンデ用、ケーブルをペンチでまけば新雪用と簡単に変身させられる画期的なものです。IVケーブルは学生時代に電気工事のバイトをしていた時に頂いてきたものです。
 
シールとは、アザラシを意味します。毛が片一方に向かって生えているので、前には進めますが、後ろには下がりません。結構な傾斜でも登ることができます。スキーで登ると夏よりもずっと早く進むことができます。もちろん下りは楽しいですよ。
 
下りはシールをはがして下ります。これも部伝統の組み立てシールを使っていましたが、貼り付けタイプを使うとトラブルが少なくてもう戻れません。
イメージ 6
 
冬なら、夏に通行不能なところも通れるようになったりしますし、景色も全く違うので楽しいですよ。ただし、本格的な登山はせず、バックカントリー的な遊びにしておきましょう。また、無線は絶対です。場所によってはビーコン、ゾンデも用意したいところ。ゾンデはたためる棒ですが、これを伸ばして雪面を突っついて、雪崩にのまれた人を探します。
 
雪崩があるようなところには近づかない、寒波や低気圧の影響下では入山しない、など基本を守って安全に楽しみましょう。
 
今日、葬式以来、久しぶりにお会いしたビッツに乗っているS村さん、一緒にいかがですか?


顔アイコン
ウン、ウン、見て読んで、エキサイティングしてきますね。
哀しいかな、山スキーは10年以上も前にゴミに出してしまいました。セットの登山靴も底が剥がれたので同じく処分。写真に出せれば勝負できたかな? それも見つからない。お宅でお使いのとはかなり異なります。 削除
2013/1/9(水) 午後 10:17
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、ビンディングはカンダハーでしたでしょうか?それともジルブレッタ?皮のミドルカット登山靴を付けると、歩いている最中に外れてしまうことが度々ありました。ああ、写真みたいなああ。おそらく私が部の備品を借りていた時の物か、あるいはその一世代前辺りではないかと思っています。

最近は、ゲレンデ用のビンディングにはめて使うクライミング用のアダプターが売られていて、これとシールを買うとすぐにでも山板に変身、下りはそのアダプターを外せばゲレンデ用アルペンとして下れるものもあります。

日光で光徳牧場付近の林道で乗っている人を見かけました。あの辺ならスキーができる人ならだれでも楽しめそうですね。 削除
2013/1/9(水) 午後 11:32
返信する
顔アイコン
メーカー名も亡失。
金具がかかとだけで、いかつい防水型コイルバネがかかとの両側で登山靴を前に押しつけていました。板とはつま先だけで固定し、2本の鋼鉄棒が前後を繋ぐもの。かなり重く、転倒するとつま先側が横向きにはずれるしかけ。
使いにくくて、よっぽどテレマークに転向しようかと思いましたか、ゲレンデスキーを子供と楽しんでいたら、子供が親離れしていつのまにかスキーからも遠のきました。 削除
2013/1/10(木) 午後 5:46
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、おそらくジルブレッタではないでしょうか。

前は登山靴のコバがはまるワイヤーフレーム、後ろ金具は手で持ち上げてはめるか、後にはステップインになった金具でした。前後は金属の棒で連結され、真ん中に長いねじが配置されて靴の大きさに合わせて後ろ側をスライドさせる仕組みになっていました。
爪先側が外れる仕組みは400型以降でしょう。バナナ型の板に爪先金具が付いていて、スライドして外れる仕組みになっていました。300型にはその機構はないのでスキーブーツや兼用靴は怖くて履けませんでした。登山靴の短いコバだとその前に外れるので必要なかったので、もっぱらそっち専門でした。歩いていても外れてしまうくらいの保持力でした。 削除
2013/1/10(木) 午後 6:29
返信する
顔アイコン
さすが、、、使っていた本人が忘れていたことなのに!
ウチのカミサンは夫の遊びと読書を「無駄」としか見ていない、それを加勢するのが「断捨離」なる屁理屈。
現像機一式、ペンタックス2台、山スキー、古い書籍や文庫本、みんなしまっておく場所が無いわけではなく「あなたが死んだ後で誰が片付けるのですか」というボクの余命を察知しての脅迫です。 削除
2013/1/10(木) 午後 10:31
返信する
顔アイコン
一つ訂正、横にずれる機構は後ろ金具でした。私自身は300しか使ったことがなく、後輩が買った400を見て知っていただけでした。

100歳以上人口が5万人を超える国に住んでいますので、後始末の心配はまだまだ先のことだと思います。そして文化財としての価値もあるわけです。道具を所有するということは、その道具の使用を許可されているだけ、その権利の代わりに発生する義務が後世に残す役割である、ととあるカメラの大家が言っておられました。そして写真はタイムマシンでもあり、庶民の写した写真を専門に研究している人もいるようです。

宝箱のような山のMochiさんのお宅ですね。 削除
2013/1/10(木) 午後 10:46
返信する
顔アイコン
う~む、道がわからなくなって滑って降りたはいいが
遭難...........:(;゙゚'ω゚'):何てことにド素人が行ったらなりそうで
ドキドキします。
でもインナーブーツは荷物が減るので少し便利そうで( ・∀・)イイ!! 削除
2013/1/11(金) 午後 7:46
返信する
顔アイコン
励まして頂いても、肝心の「物」がありません。
前記訂正・・・いかつい防水型コイルバネ・・・は「いかつい紡錘型コイルバネ」の変換ミス。ゲレンデをあれでやる人は滅多に無くて、人の目をひいたので少しはずかしかった記憶があります。新雪の樹間など、とても滑れたものではありませんでした。 削除
2013/1/11(金) 午後 8:17
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、恥ずかしいという気持ち、わかります。
「えー、何それ、ものすごく古いやつなの?」
と、同行者可から好奇の目で見られることも少なくありませんでした。

くまそんさん、インナーブーツで出歩くのはさらなる好奇の目にさらされることになります。それを覚悟でどうぞ。 削除
2013/1/11(金) 午後 9:19
返信する
顔アイコン
私は札幌秀岳荘の板でジルブレッタです。1977年ころまで使っていました。
大切に保管してたんですが、最近半分に切って廃棄されたことを知りました。
おまけに雪山に行ったら山の道具をみな捨てると宣言されました。
ジルブレッタのビンデングも様変わりしてますね。
わくわくして勉強しています。 削除
a87427 ]
2016/10/11(火) 午後 3:40
返信する
顔アイコン
> a87427さん
お初でしょうか、コメントありがとうございます。

ジルブレッタ、懐かしいです。初めてスキーを履いた時に登山靴にぎゅうぎゅう締め付けたのに、転ぶと簡単に外れて困ったものです。ゲレンデ用ブーツとビンディングがうらやましく見えたのですが、指導してくれたOBは、カンダハーと違って簡単に付けられていいなあ、とうらやましがられたのには驚きました。

また、雪山登山をすることができるといいですね。あれは他では味わえない楽しみがありますから。 削除
2016/10/11(火) 午後 9:19
返信する

2013年1月4日
 
 昨夜は21時前に寝たのに朝は7時まで寝てしまいました。忙しい年末年始期間の疲れが出ていたのかもしれません。朝食は8時から、その前に着替えたり洗面などを済ませます。朝食もおいしい料理で、ご飯も3杯食べてしまいました。スキー場ではまともに食べられないと思うと余計に詰め込みたくなります。湯葉と湯豆腐が特に美味しかったぁ~。
イメージ 1
イメージ 2
 
 支払いを済ませ、チェックアウト。スキー終了後の着替えと入浴にも利用してくださいとありがたいお言葉。嬉しいサービスです。車は一晩の降雪でものすごいことに。宿の方が車の雪下ろしをしてくれていました。
イメージ 3
 
 今日は平日扱いなので駐車場は無料。いいところに停められました。今日はパラレルの完成を目指して滑りこむぞ。
 
 昨日以上に気温が低い感じです。1時間経たずに手足が我慢できない痛みになり、カフェテリア湯元へ逃げ込みました。自販機で温かい飲み物を買い、手足を温めてから飲みます。他の客も寒い寒いと逃げ込んできます。ある程度温まったらまたゲレンデへ。昨日以上に強風が吹きつけ、地吹雪になってしまいます。乗車中のリフトが停止することも度々あり、風が納まるまで停止しますとアナウンスが入りました。待っている間が辛い。フェースマスクは加工しているのですが、口元の喋れるように開けてしまった穴から入ってくる冷気が冷たくて参ります。ここまでひどい寒さは学生時代の八幡平→岩手山縦走以来でしょうか?
イメージ 4
フェースマスクは下にずれないように耳かけも縫い付けてあります。
 
 娘はそんな中でもちょっとずつではありますが、内脚のインエッジを立てなくなってきています。スピードがある程度あれば十分パラレルと呼んでもよいくらいになってきました。シュプールにアウトエッジが刻む線が残るようになってきました。
 
 昼食は昨日買ったパンと、クラッカーや米かりんとうなどを食べました。飲み物はやはり自販機で、手足を温めながらです。他の客もザックを背負っていろいろ食品を担いでいる人が多く、何とも珍しいスキー場です。
 
 午後になると、いよいよ地吹雪はひどくなり、視界が奪われることも珍しくありません。それでもやむことなく降る雪が積もります。サラサラすぎて圧雪にならないので雪煙を巻き上げながら滑るのはなかなか楽しいものです。
イメージ 5
 
15時、そろそろ帰る時刻です。娘はもうちょっと滑りたそうではありましたが、夕食は家で食べることにしているので限界でしょう。最後の1本滑って車に戻りました。15時19分発車。時間もないし、寒すぎて湯冷めしそうなので、というか一度車乗ったら降りるのもう無理!せっかくの入浴のお声掛けをいただいていたのですが、このまま帰ることにしました。車の外気温計はマイナス11度、ゲレンデでマイナス13度だったとスキー講師が生徒に話しているのを立ち聞きしています。風速26m、体感温度は-30度くらいでしょうか。
 
イメージ 6
 
所々渋滞はあったものの、たいしたことはなく3時間調度で帰宅できました。娘との2人旅はこれで終わりました。帰宅後、夕食前にまず板の手入れ。エッジにワックスをかけて錆び止めを施しました。次はいつ行けるかな。インラインローラースケートで練習できるけど、水元公園は禁止されてしまっているからなあ。
 
 

↑このページのトップヘ