先日の都内ポタリングで立ち寄ったY's Roadでいくつかの自転車用品を購入しましたが、その中の一つにタイトルのミニポンプ、Airsmuth HPL-Gがあります。これを本日のブログネタにいたします。

いままでの人生で一体どれくらいの自転車空気入れを入手したことでしょう。結構高価な物も中にはあるし、数々のアイデアが盛り込まれているから買ってみた、特価で安かった、おまけで貰った、など枚挙にいとまがありません。特に数多く購入した携帯型ですがそれでも7気圧/100PSI程度まで入れられる物など私の所有した物の中には無く、CO2カートリッジを主としてそれを使い切ったときの補助として携帯するに過ぎませんでした。表記上はかなりの高圧まで可能とされていても実際にはその半分程度で音を上げるものがほとんどです。

パッキンにも寿命もあり、年数の経過とともに空気圧が上げられなくなってきます。今回折りたたみ自転車購入したことにより新たに携帯工具を整えてみたのですが、残念ながらポンプは空気圧を上げられなくなってきていました。

そんなときに出会ったのがこのポンプです。元の販売価格3670円、特価2800円でした。
PC160252

購入後、自宅に帰ってから調べたら台湾の会社で自転車好きが集まって作られた会社であるということです。なるほど細部までよく考えられた製品です。細かくみていきましょう。

全長は225mmです。ツール缶に収めるには長すぎますが、最近長いツール缶も販売されているのでこれが収まるタイプも有るようです。ハンドルの中に写真の上にあるゴムホースが格納されています。
PC220279

ゴムホースの格納状態。ここにネジで留めます。本体、ハンドルはCNC旋盤で削り出された美しく剛性感があります。目で見ても手にしても高級感を感じられます。
PC220278

ホースはリバーシブルで、プレスタ(フレンチバルブ)とシュレッダーバルブのヘッドが両端にそれぞれついています。プレスタで使う場合にはシュレッダーバルブ用ヘッドをポンプに、もちろんバルブにはプレスタ用ヘッドをねじ込みます。
PC220281

ゴムホース中央部には空気圧計が装備されています。単位はbar(バール)、裏側はPSIです。やや大雑把なメモリですが携帯ポンプという性質上とりあえずあることが重要ですね。
PC220280

ピストンシャフトはかなり太めです。しっかりと力をかけられそうです。
PC220282

パッキンをみてみました。Oリングタイプでした。出先でトラブルを起こした時に工具無しで分解できるのは良いポイントです。
PC220284

実際に空気を入れてみました。タイヤはプレスタバルブ20インチ×13/8(451)、タイヤ表記の上限空気圧は85PSIです。最初は極めてスムーズにポンピングでき、ストローク100回でもまだ余裕を感じます。ストローク240回で80PSIに達し、そこで終わりにしましたが手応え的にはまだいけないことはなさそうです。ミニポンプとしてはかなりの性能と言えるでしょう。
PC160260

その後パナソニックの空気圧計で計測しましたが、HPL-Gのメーターの誤差は殆どありませんでした。これは使えますね。正直、これさえあれば小径車ではCO2カートリッジタイプを蛍光する必要を感じません。

さて、あとはこれをどう携行するかですね。ボトルケージの下に付属アダプターでつけるか、もしくはこれが入るツール缶を用意するか。じっくり検討しましょう。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村br />