今度キャンプ行くにあたって道具のチェックをしています。その中で、故障があったのがエアマットです。で、そのままでは困るので新調しました。

ラベルにある通り、オフハウスで880円でした。
P9270105

早速使ってみましょう。袋から出しました。
P9270106

広げてみます。なかなかに大きいではないですか。190㎝ほどありました。
P9270107

バルブキャップを開けると、ワンウェイバルブが出てきました。ここからポンプで空気を入れるのでしょう。
P9270109

バルブを抜くと空気が抜けるようになります。収納時にこれだけの穴があれば早くたたむことができるでしょう。
P9270110

足元にもバルブがありますね。これはなんでしょうか?
P9270111

こちらにもワンウェイバルブが。そしてその下にはスポンジが入っています。
P9270112

色々考えたのですが、もしかしてこれポンプ?試しに踏んでみました。おお、空気入るじゃないですか。
P9270113

無事空気が入りました。枕付きで、寝心地も良く長さも幅も十二分、なかなか快適でした。ただし、ここまで膨らませるのに3分30秒ほどかかりました。
P9270121

仕舞ってみましょう。エアバルブを抜いて空気を抜き、縦に三つ折りにしてスポンジバルブから巻いていきます。空気が大量に抜けていくので思った通り、簡単に空気を抜くことができました。
P9270122

うん、これいいですね。ただし山には持って行かないなあ。嵩は大したことないというか、プロモンテの1050㎜自動膨張エアマットと比べても細い分パッキングが楽そうですが、重量が786g実測でありました。プロモンテは298gですからね。
P9270119

モーターサイクルキャンプツーリングには最適のエアマットの一つでしょう。

似ている物はアマゾンで販売されていますね。


登山で使うならやはりこちらでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村