東電から通知が来ていました。3月22日にFITの終了ということです。

3月22日夜、今までの売電量、自家消費量の料金換算を確認してみました。

IMG_1511 (1)

売電額1,419,727円はほぼ間違いのない数字と思われます。自家消費に関して言えば夏料金、冬料金の切り替えがきちんとできておらず、また値上げを知らずに適切に管理していなかったのでこれより上であるということは確実ですがそれがいくらなのかはわかりません。また、電化上手契約なので時間帯別料金なので総消費量からは計算できないのです。

これ以外に区のグリーン電気事業として最初の5年間は自家消費分の電力量にいくらかの補助がありました。ざっとですがこれが合計で5万円くらいでしょうか。

元が取れたかどうかですが、足場代や屋根の補強工事などを含めてもトントンくらい、太陽光発電システム単体では大幅な黒字になりました。

今後は8.5円/KWhと大幅に安くなります。これは電化上手の深夜帯電力より大幅に安いので販売するより自家消費した方が得となります。エコキュートを昼間に運転するなどの対応が良いようですが、我が家の場合かつての名残でエコキュートは別メーターとして分離されているのでそうもいかないのです。じゃあ、EV(電気自動車)の充電するのがいいかな?EV買っちゃおうかなー。

家庭用蓄電池はハウスメーカーに確認しましたが、補助金を目いっぱい使えるようにしても元は取れないようです。ただ、大規模停電時などでは大変有用なので検討には値すると思いまます。我が家の場合小型蓄電池でもいいくらいですが。








ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村