2022年元旦 手術後25日目

元旦も仕事です。朝の排便時にやはり出血はかなりありましたが、痛みは不思議なほどなく(痛みレベル1)まあこれならいかな。年賀状には「痛みでのたうち回っている正月を過ごしている。」と書いてしまいましたが、外れていると断言レベルでした。

1月5日 手術後29日目

今日は通院日です。自転車で行きました。もう手術後2週間以内の「優先的に診察が受けられる特典」の適用外ですので、たっぷりと2時間30分待つことになりました。村上もとかの「仁」が面白いのと持って行った気象の本などを読むなどしていたので苦痛ではありませんでした。診察では内視鏡を入れる手筈が整えてあるようでしたが、傷口を確認したドクターは「まだ傷が癒えていないから今日は内視鏡挿入は無理、次回にしましょう。」と言われました。薬はポステリザン注入軟膏が切れていたのでそれを2週間分、カマも2週間分処方してもらいました。帰りに本屋に寄って山の本を購入。しばらく行けていないから、冬でも登れる低山のガイド本を買い求めました。

1月7日 手術後31日目

ついに1か月経過となった本日は当直明けです。前日に振った大雪の中、車検に出した車を自転車で引き取りに行ったりとなかなかにハードな日でした。前日夕食は会社で摂ったのですが、朝までにお腹がゴロゴロしてはいけないと泊まり勤務の時にはカマの服用量を半分にしています。そのせいもあるのでしょう、固くて太めの排便があり、かなりの出血がありました。(痛みレベル3)痛い痛いとトイレから出てくると妻が、まだそんなに痛いの?と言ってきましたが、はい、痛かったです。でもピーク時に比べれば天と地との差があります。

1月9日 手術後33日目 

今日から大相撲がはじまります。午後からは妻はテレビに釘付けになってしまいます。私は仕事でしたが、肛門に何か皮膚のただれが出ているような違和感があるものの痛みはほぼないと言っても差し支えないような感じになってきました。

1月12日 手術後36日目

排便時に出血がありませんでした。手術後初めてです。もう傷が完治したのでしょう。しおりにも30日後~45日で傷が完治とあります。(痛みレベル0無痛)

1月13日 手術後37日目

傷の完治は幻でした。昨日、今日と連休だったせいもあり、カマは朝昼1錠ずつ、夕食に2錠服用していたし、水分もたっぷりとっていました。便は最初から柔らかめバナナのような物が出てきました。しかし、かえってそれが良くなかったのかもしれません。肛門の通過速度が速くて摩擦で痛みを引きを越した感じです。(痛みレベル3)出血も結構あり、久しぶりに便器の底の方が見えないくらい出てしまいました。昨日は出血しなかったのに、また振出しに戻っちゃったのか!ああ。

1月14日 手術後38日目

やはり排便時に出血がありましたが、極めて軽微でした。昨日のあれは何だったのでしょう。(痛みレベル1)肛門にひりひりするような感覚がわずかにありますが、仕事中には忘れてしまう程度です。

1月16日 手術後40日目

排便時に出血が無くなりました。(痛みレベル0無痛)肛門の違和感も感じられません。今日は当直、カマは控えて明日朝に硬めの排便が出ても帰宅すれば朝湯に入れるから安心です。

1月17日 手術後41日目

当直明けです。会社で食事を摂ったので排便がしたくなりましたが、家に帰る前にジェーソンに立ち寄り画用紙を買いました。明日は母の誕生日なので、誕生カードを作って持って行くつもりなのです。家帰ったら排便欲求は引っ込み加減、飲むヨーグルトと水分摂取で排便を促してトイレへ行きました。普通の便が痛みもなく普通に出て、出血もありませんでした。(もちろん痛みレベル0)そして朝湯です。妻が公休なので家事はやってもらえるし、痔核手術貴族のいい身分ですなあ。

1月18日 手術後42日目

通院日です。もちろん自転車で行きました。問診で「出血はなくなった、痛みも感じなくなった。」ことを伝え、ドクターに質問は、という問いにはちょっと考えてから、「特には無いけどポステリザンはいつまで使用するのでしょうか。」とだけ答えました。

診察では前回の予告通り内視鏡を入れました。ドクター、経過はまあいいけどまだ傷があり、出血があったりなかったりするのは傷口の上にで来ている幕が薄いので破れる時には痛みと出血があり破れずに排便できればそれが無い状態という事でした。なるほどそういう事だったのですね。次回は1か月後でいいという事でした。初期には診察が2日間空いただけでも大いに不安でしたが、1か月後と言われてももう何も感じなくなっています。ここのところ急速に良くなっていますからね。ポステリザンは使い切り終了で、使い切ったら8月に処方されているヘルチミン座薬を使用するようにと指示がありました。残数を聞かれ、10本くらいと答えるとそれで十分ということで新しく処方はありませんでした。また、ヘルチミン座薬を挿入する時にかつてはポステリザンを塗って、と指示されていましたが、今回は違う軟膏、プロスタンディンが処方されました。

帰りにヒラタ薬局で薬をいただき、帰りました。北風が強くて帰りは結構きつかったです。帰宅後は妻と買い物に出かけたり、母への誕生カードを作って施設に届けたりしました。

痔核根治手術7に続く



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村