7時集合でしたが、朝食を食べようと30分も前に蓮田SAに到着したのに山のmochiさんすでに到着でした。2輪駐車場はモーターサイクルであふれ、あちらこちらに集団で停められていました。たまたま山のmochiさんのST250Eの隣が開いていたのでそちらへ私のCB250Fを入れました。
イメージ 1

山のmochiさんを探しますが、見当たりません。パンを買ってきて食べながら待ちます。5分ほどでお戻りになりました。まずはインターコムをヘルメットへ装着します。そしての頃のパンをいただき、トイレを済ませたら出発です。いや、ちょっと待ってください、インターコム繋がらないぞ。おかしいな、先日娘とタンデムした時にはつながっていたのに。それじゃあペアリングからやるか。あれ、それでもだめ。仕方がないや、一旦ペアリング情報をリセットして再度ペアリング、やっとつながった!これで出発が予定よりも遅れてしまいました。申し訳ございませんでした。

やや流れが悪い所もありましたが、行楽日和ですから仕方がないですよね。でもさ、ものすごい勢いで車列を縫うようにぶっ飛ばしていく2輪軍団は危ないので勘弁してください。

岩舟JCTから北関東道へ入ります。最近できたばかりの強戸PAで休憩と給油をしました。
イメージ 2

伊勢崎ICで北関東道を降りたら、国道17号、そして県道114を北上します。
イメージ 3

県道333で左折、16号へと入ります。そこでインターコムの電源が落ちました。あれ、持たないなあ。電池が弱くなってきているようです。寒さもあるのかな?

あれ、タクシーが後ろ突っついてくるね。先へ行かせました。するとこの看板を見落とし、直進してしまいました。
イメージ 4

よりにもよってインターコムがつながっていない状態での道間違いです。山のmochiさんのクラクションで気がつき、先導していただいて正規のルートへ戻ることができました。
イメージ 5

紅葉がはじまっていますね。楽しみです。
イメージ 6

強烈なカーブが続きますが、狭小路なので飛ばすことは良くないですね。安全に、ゆっくりと登っていきました。
イメージ 7

青い空と白い雲のキャンバスに紅葉が描かれているようです。
イメージ 8

もうちょっとで目的地です。
イメージ 9

赤城大洞の駐車場へ車両を入れました。
イメージ 10

登山の準備を整えたら、歩き出します。八丁峠へ向かう道の分岐から登る予定でした。国土地理院地図ではある道が昭文社の山と高原地図には載っていません。なんでだろう?あ、廃道?道が見当たりません。一旦大洞へ戻って改めて登り直しました。

こっちなら確実ですよね。
イメージ 11

やぶ漕ぎのようにも見えますが、写真で見るよりは道はしっかりと付いています。
イメージ 12

直登の道なので、結構な傾斜です。岩も多く、土はヌカヌカで滑りやすい部分もありました。
イメージ 13

右からの道との合流点まで登ると、樹林から抜けてこの景色です。大沼の対岸は黒檜山ですね。
イメージ 14

地蔵岳頂上にある電波塔が見えてきました。もうすぐですよ。
イメージ 15

赤城山地蔵岳登頂!
イメージ 16

当初の計画では長七郎山で昼食と思ったのですが、遅れ気味だったので地蔵岳でいただきました。SVEA123Rは快調に燃焼し、湯を沸かせました。私はトマトリゾットとサバの味噌煮のレトルトを温めて食べました。気温が低く、寒さを感じます。温かい食事がおいしかったですよ。
イメージ 17

下りは八丁峠方向です。
イメージ 18

小沼が見えました。きれいな緑色をしています。せっかくだから、一周してみませんか?
イメージ 19

登ってきた道よりはしっかりと整備されていました。
イメージ 20

やや雲が多く、遠景がもやってしまっているのは残念です。
イメージ 21

八丁峠へ降りました。
イメージ 22

小沼に向けて少し車道を歩きます。
イメージ 23

小沼湖畔へ出ました。長七郎山はすぐそこですが、時間が押しているのでパスしました。
イメージ 24

小沼湖畔は一周できます。なかなか楽しい散歩道です。
イメージ 25

大沼はすぐ側なのですが、趣はだいぶ違いますね。
イメージ 26

大沼に負けず、神社もあります。いや、祠だけですが。
イメージ 27

この辺りは今が紅葉の最盛期でしょうか。
イメージ 28

対岸の向こうに今しがた昼食を食べていた地蔵岳が。国土地理院のドームは何をしているのでしょうね。
イメージ 29

この赤い実は何でしょう。
イメージ 30

小沼を一周してしまいました。さあ、戻りますか。
イメージ 31

一旦八丁峠へ戻り、赤城大洞へ向けて歩きます。
イメージ 32

この辺りは秋を通り過ぎて、冬の様子を見出すこともできます。しかし頂上に比べればまだまだ寒さはましですけどね。
イメージ 33

山のmochiさんによると、ダケカンバの木肌は灯すと長く燃えるのだそうで、知っておくと何かの役に立つかもしれません。
イメージ 34

さあ、もうちょっとで車道へでます。ここが赤城第一スキー場だそうで、ロープトゥしか見当たりませんが、それでも子供には楽しいかもしれませんね。
イメージ 35

標高を下げると紅葉しています。これからの下りが楽しみですね。
イメージ 36

大洞駐車場へ戻ってきました。今度は登山姿からライダーへと変身します。
イメージ 37

今度は県道4号を行きます。ここで左ですね。
イメージ 39

思った通り、素晴らしい光景が広がっていました。
イメージ 40

ただし車がつっかえ気味で、ペースは上げられません。その分長く景色を楽しめると前向きに捉えましょう。
イメージ 41

逆光気味の日の光を透かせた紅葉が、空気に彩を与えているような雰囲気のワインディングです。このままずっと続いてほしいなあ。
イメージ 42

まだ続きます。
イメージ 43

まだまだ、まだ続きます。
イメージ 44

しかしそれもここでおしまいです。畜産フェアだったかな、何かイベントをやっているようで、大変な混雑でした。畜産試験場がやっていたのでしょうか。
イメージ 45

道の駅ふじみへ到着です。
イメージ 46

さあ、温泉に入りましょう。展望露天風呂があります。今日はちょっともやがかかっていてあまり景色は良くありませんでしたが。サウナと水風呂もあり、さっぱりといたしました。
イメージ 38

帰路は国道353を東へ進みます。だいじょうぶ、まだまだ良いカーブはあるのです。
イメージ 47

県道16、74とつなぎ、渋滞する車列を横目に伊勢崎から高速の上。
イメージ 48

山のmochiさん、今日は道を間違えたり時間を余分にかけてしまったりとご迷惑をおかけいたしました。山登りも楽しかったし、温泉もちょっと込んでいたのは何ですがよかったし、そして紅葉のワインディングが何と言っても心に残る旅でした。またお付き合いをお願いいたします。あと、みかんごちそうさまでした。

  • 天気が良くて最高だったですね。
    私も午前中だけ跨ろうかと思い
    バイクを引っ張り出しましたが
    冷えていて機嫌が悪いみたいで
    キックしても全然ダメだったので
    諦めてしまいました。
    こんな時はセル付きが欲しいなぁ。 削除
    tatsundo3 ]
    2018/10/29(月) 午前 8:17
    返信する
  • 顔アイコン
    今回ツーリングは全部お任せ。
    お陰様で走ることと景色を楽しむことだけに気持が集中できました。秋日和を堪能しました。

    動画の編集ができたらご案内します。

    またそのうちお誘い下さい。 削除
    2018/10/29(月) 午前 8:44
    返信する
  • 顔アイコン
    もう紅葉なんですねー 削除
    2018/10/29(月) 午後 3:18
    返信する
  • 顔アイコン
    > tatsundo3さん
    コメントありがとうございます。本当に天気が良くて最高でした。

    こちらはこちらでセル付き、というかセルのみインジェクションなのに謎のエンスト現象が発生して困っています。キック付きキャブ車が欲しいくらいです。 削除
    2018/10/29(月) 午後 6:09
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    ご一緒させていただいて、本当に楽しかったです。道を間違えたり時間がかかってしまったりとご迷惑をおかけしてしまいました。

    こちらこそ、またお付き合いください。 削除
    2018/10/29(月) 午後 6:14
    返信する
  • 顔アイコン
    > ぶーぶーさん
    紅葉してきましたね。そろそろ裾野へと降りてくるでしょう。 削除
    2018/10/29(月) 午後 6:18
    返信する